家づくりで勝手口はいらなかった?それとも勝手口なしは後悔する?体験談から必要性を考察

「家づくりで勝手口はいらなかった?」

「どんな家庭なら勝手口は必要?後悔しないために対策は?」

初めてのマイホーム購入。一つ一つの間取りに、こだわりたいのが本音。

そんな中で悩ましいのが「勝手口」、あったほうがいいのか?それとも不要か?悩みますよね。

設置した後に「勝手口はやっぱりいらなかった」なんてことになったら、リフォーム代も高くつきます。

本記事では、家づくりで勝手口はいらなかった体験談と勝手口なしだと後悔した理由からその必要性を詳しく解説していきます!

家づくりで勝手口はいらなかった体験談6選

家づくりで、「勝手口はいらなかった」と感じた理由は何なのか?

具体的な家づくりで勝手口はいらなかった体験談6選をご紹介します。

【体験談1】防犯セキュリティが心配

まず特に多い声として「防犯セキュリティが心配」

勝手口を設置すると、防犯面に対するリスクで後悔する人がいます。

主な理由として、勝手口は周囲から人目につきにくい死角になる場合が多く、窃盗の侵入経路になりやすいからだと考えられます。

実際、旭化成が実施した「戸建て住宅侵入被害15年間調査」によると、全国の開口種類別の侵入率は、

開口種類別の侵入率

  • 窓:79%
  • 勝手口:72%
  • 玄関:65%

勝手口は、窓の次に侵入率は高い割合であることがわかります。

ですので、家のセキュリティ面を特に重視したい人は、勝手口を設置するとリスクが高くなる可能性があります。

以上のように、勝手口はいらなかった体験談のひとつに、防犯セキュリティが心配な点が挙げられます。

【体験談2】気密性が失われてしまう

防犯リスクだけでなく「気密性が失われてしまう」

勝手口があると、部屋の気密性は失われる可能性があります。

たとえば、勝手口からの出入りで、外気が入り込みやすくなったり、逆に室内温度が逃げやすくなるなど、室内温度を一定に保つのが難しくなります。

実際に、国が定めた「断熱等性能等級」の基準では、住宅のなかでも、断熱構造にしなくても良い部分として、

断熱構造にしなくても良い部分

  • 物置、車庫
  • 床裏、天井裏
  • 軒、袖壁、ベランダ
  • 玄関、勝手口
  • 浴室下部

「勝手口」も入っています。

つまり、勝手口は通常の壁のような断熱対策が施されていないため、外気の影響を受けやすい場所であることがわかります。

以上のように、気密性の失われる点が、勝手口はいらなかった体験談に該当します。

【体験談3】設置費用が余計にかかっただけ

いらなかった理由で特に多いのが「設置費用が余計にかかっただけ」

勝手口を利用する必要がないのであれば、設置しないほうが建築費用を浮かせることができます。

たとえば、家の裏に何もなかったり、玄関の出入口のみで特に不便がない場合は、勝手口を取り付けると費用面の負担が大きくなってしまいます。

実際、あるリフォーム業者紹介サイトで、ドアを新設する際にかかる費用を見てみると、

ドアを新設する際にかかる費用(目安)

  • 開き戸:8万円~12万円程
  • 折れ戸:12万円~17万円程
  • 引き戸:8万円~13万円程

新たにドアを設けるだけで、上記費用の加算されることがわかります。

逆に言うと、勝手口を設置しない場合は、10万円程度の費用が浮くため、本当に必要であるかどうかを慎重に見極める必要があるでしょう。

以上のように、勝手口はいらなかった体験談として、設置費用のかかる点が挙げられます。

もし、複数のハウスメーカーから見積もりを簡単に取りたい場合、「タウンライフ家づくり」を活用するのが便利です。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけて、見積もりをとることができます。

\累計利用者数40万人を突破!/
まずは無料の一括見積もりを依頼する
申込者全員にプレゼントあり!

【PR】タウンライフ

【体験談4】遮音性が保てない場合がある

さらに4つ目の体験談として「遮音性が保てない場合がある」

勝手口があると、何もない壁に比べると、外部からの環境音が聞こえやすくなります。

そのため、立地条件によっては、ストレスを強いられる可能性は否定できません。

実際、環境省の「騒音規制法等施行状況調査(2022)」によると、全国における騒音苦情の発生源を見てみると、

騒音苦情の発生源

  1. 建設作業:37.9%
  2. 工場・事業場:25.6%
  3. 営業:9.5%
  4. 家庭生活:6.8%
  5. 自動車・航空機:各2.1%

上記のような外部騒音による苦情が、多く発生しています。

したがって、工事現場の多い場所や、付近に工場などがある場合は、うるさいと感じやすくなる可能性があります。

以上のように、遮音性が保てない場合のある点が、勝手口はいらなかった体験談として入ります。

【体験談5】敷地の外構工事が必要になる

5つ目の体験談として「敷地の外構工事が必要になる」

勝手口を設置すると、ドアの取り付け以外にも、費用がかかる可能性があります。

具体的には、家裏の敷地の整備や、勝手口へ通じる通路です。

実際、外構工事の専用サイトで、項目別で大まかな費用相場を見てみたところ、

費用相場

  • 玄関アプローチ:約10万円~15万円
  • 門周り:約15万円~30万円
  • 塀囲い:約50万円~100万円
  • フェンス:約40万円~60万円

住宅周辺の整備には、大きなコストがかかります。

したがって、勝手口ひとつ設置するだけで、周辺整備を含め、大幅な費用負担を強いられる可能性があります。

以上のように、勝手口はいらなかった体験談に、敷地の外構工事が必要になる点が挙げられます。

【体験談6】家全体のデザインを損ねる

そして6つ目の体験談として「家全体のデザインを損ねる」

勝手口は外観上、通常のドアと異なるデザインや材質が使われることが多く、統一感を欠く場合があります。

例えば、主な出入り口と異なる色や質感のドアが設置されると、全体の調和が崩れてしまいます。また、内装でも同様の問題が生じます。キッチンやリビングに勝手口があると、その部分だけが不自然に感じられることがあります。結果として、家全体の美しさや一貫性が損なわれ、インテリアデザインに悪影響を与える可能性があります。

そのため、家のデザインや美観を重視する場合、勝手口の設置には慎重な検討が必要です。

住んでみてわかった勝手口なしだと後悔した理由

ここまで、家づくりで勝手口はいらなかった体験談をご紹介してきました。

勝手口はいらなかったと感じても、個々人の生活スタイルや価値観は異なります。

中には「勝手口は必要」と主張する人もいるでしょう。

ここからは、住んでみてわかった勝手口なしだと後悔した理由についてまとめます。

【理由1】生ゴミを捨てるのが大変だから

まず1つ目の理由として「生ゴミを捨てるのが大変だから」

勝手口がないために、ゴミ出しを大変に感じる人はいるようです。

特に生ゴミは、すぐに捨てられる場所が外にないと、衛生的にも良くないですよね。

実際、積水ハウスのアンケート調査で、勝手口が必要な理由を尋ねたところ、

勝手口が必要な理由

  • ゴミ出しに便利だから:69.6%
  • 家庭菜園への行き来がしやすい:22.6%
  • 選択が干しやすいから:19.3%

圧倒的に「ゴミ出し」と答えた人が多かったです。

ゴミは毎日発生するものなので、日常的な利便性の観点からも、勝手口の役割は大きいと言えるでしょう。

以上のように、勝手口なしだと後悔した理由に、生ゴミを捨てるのが大変な点が挙げられます。

【理由2】防災上のリスクが高くなるから

次に2つ目の理由として「防災上のリスクが高くなるから」

勝手口がないと、防災上のリスクも高まるため、後悔する可能性があります。

たとえば、勝手口がない部屋で、外に出る手段が限られている場合、火災や地震が起こったときに、逃げ遅れてしまうリスクがあります。

実際、ソフトバンクのライフスタイル情報によると、地震が起こったときに必要な行動は、

地震が起こったときに必要な行動

  • 「安全ゾーン」へのすみやかな移動
  • 家の中に閉じ込められないようドアを開ける
  • ドアが閉まらないような工夫をする
  • しゃがんで手で首筋を守る姿勢をとる

上記のような方法を挙げています。

つまり、すぐに外に出られる対策が必要であり、勝手口があるといかに避難しやすいかがわかります。

以上のように、防災上のリスクが高くなる点が、勝手口なしで後悔した理由となるでしょう。

【理由3】家事動線が効率的ではないから

3つ目の理由として「家事動線が効率的ではないから」

家事動線が効率的になるのも、勝手口があると便利な点です。

具体的に、重い荷物を持って洗濯する時や、買い物に行く時など、勝手口があることで非常にストレスなく行動することができます。

家事動線は、特に勝手口のあるキッチンまわりが重要だと言えます。

実際、ある企業のアンケート調査で、家事や生活動線のなかでどの動線に悩みがあるのか尋ねたところ、

家事や生活動線のなかでどの動線に悩みがあるのか

  • キッチン動線:50.0%
  • ランドリー動線:42.1%
  • リビングから各部屋への動線:15.8%

「キッチン動線」と答える人が最も多い結果となっています。

したがって、勝手口をつけるなどの工夫をしないと、家事をする上でストレスのたまる結果になりかねません。

以上のように、勝手口なしで後悔した理由として、家事動線が効率的ではない点が挙げられます。

勝手口がいらない場合になくすためのリフォーム費用

ここまで、勝手口の必要性について解説してきました。

では仮に、勝手口を設置していらなかったら、撤去費用としてどれくらいかかるのか?

結論からいうと、勝手口がいらない場合になくすためのリフォーム費用は、目安として15万円程度かかります。

具体的には、

  • ドアの撤去工賃:5万円~10万円
  • ドアの廃材処分費:1万円~2万円

ドアの撤去・廃材処分費用だけで6万~12万円はかかります。

また、開口部を埋めて壁にする費用は、外壁の場合、

開口部を埋めて壁にする費用(目安)

  • 壁の材料費:6,000~7,000円程度/㎡
  • 足場の設置費用:700~1,000円程度/㎡
  • シーリング費用:約1.5万円(壁全体費用5万円から予想)

上記データから壁の材料費と足場の設置費用は、ドア面積(H2m×W0.8m=1.6㎡)から考えると、

壁の材料費と足場の設置費用

  • ドア面積分の材料費:約1万円
  • ドア面積分の足場設置費用:約2,000円(2㎡で計上)

すべて合計すると、約8.7万円 ~ 約14.7万円といった概算となります。

実際には、材料費や工賃の相場は異なりますので、余裕を持たせて15万円~20万円くらいを見越しておくのがよいでしょう。

いらなかったと言われる勝手口はどんな家庭なら必要?

ここまで、勝手口についての賛否を詳しく解説してきました。

では、どういったご家庭には勝手口は必要なのか?

最も気になるいらなかったと言われる勝手口はどんな家庭なら必要なのか?、その特徴についてまとめています!

【特徴1】庭仕事が多い家庭

まず1つ目の特徴として「庭仕事が多い家庭」

庭仕事が多い家庭には、勝手口が非常に便利です。

庭仕事をする際、土や泥がついた道具や衣服を玄関から運ぶのは大変です。勝手口があれば、庭と直接繋がっているため、道具や衣服をすぐに洗い流すことができます。また、庭仕事で収穫した野菜や花をすぐにキッチンに運ぶことができるため、作業がスムーズに進みます。さらに、庭の手入れ中に休憩を取りたい時も、勝手口を利用すれば、汚れたまま室内に入る心配がありません。

以上の理由から、庭仕事が多い家庭にとって、勝手口は作業の効率を高め、家の中を清潔に保つための重要な設備です。

【特徴2】防災対策を重視する家庭

次に2つ目の特徴として「防災対策を重視する家庭」

防災対策を重視する家庭には、勝手口が有用です。

災害時には迅速な避難が求められます。勝手口があれば、複数の避難経路を確保できるため、安全性が高まります。特に火災や地震時、玄関が使用できない状況でも、勝手口を利用して迅速に避難できます。また、避難訓練を行う際にも、勝手口を活用することで、家族全員が複数の避難経路を把握でき、緊急時に慌てずに行動できます。さらに、災害用品の保管場所としても勝手口は便利です。水や食料、救急用品をすぐに取り出せる場所に置くことで、緊急時の対応が迅速になります。

したがって、防災対策を重視する家庭にとって、勝手口は安心と安全を提供する重要な要素です。

【特徴3】ペットを飼っている家庭

そして3つ目の特徴として「ペットを飼っている家庭」

ペットを飼っている家庭にとって、勝手口は非常に便利です。

ペットの散歩や外遊びの際、汚れた足をすぐに洗えるため、室内を清潔に保つことができます。玄関から出入りすると泥や汚れが広がる恐れがありますが、勝手口を利用すれば被害を最小限に抑えられます。また、ペットが庭で遊ぶ場合、勝手口から直接出入りできるので、ペットも自由に動けます。さらに、ペットのトイレ掃除や餌の管理も勝手口を使えばスムーズに行えます。ペットのトイレ用品や餌をすぐに外に出せるため、臭いや汚れを室内に持ち込まずに済みます。

以上のように、ペットを飼っている家庭にとって、勝手口は生活を快適にし、ペットとの共生をより楽しくするための重要な設備です。

勝手口はいらなかったと後悔しないための具体的な対策

では、勝手口の要否で後悔しないためには、どうすればいいのか?

これから家づくりや注文住宅を計画している人にとって、最も知りたいのが「具体的な対策」です。

ここからは、勝手口はいらなかったと後悔しないための具体的な対策について詳しく解説していきます!

【対策1】使用目的を明確にする

まず必ず考えたいのが「使用目的を明確にする」

勝手口の設置を検討する際には、使用目的を明確にすることが重要です。

例えば、庭仕事が多い場合、土や植物を扱うために使用することを想定すると便利です。また、ペットを飼っている場合、ペットの出入り口として利用することを考えると良いでしょう。さらに、ゴミの処理やリサイクル品の運搬を簡単にするために利用することも一つの方法です。

これらの具体的な使用目的を明確にすることで、勝手口の設置場所や機能を最適化し、日常生活の中で最大限に活用できます。勝手口の使用目的を明確にすることで、設置後に「いらなかった」と後悔することを避け、家事や生活がよりスムーズに行えるようになります。

【対策2】設置場所を慎重に決定する

次に目的が明確になったら「設置場所を慎重に決定する」

勝手口の設置場所を慎重に決定することは、後悔を防ぐために重要です。まず、勝手口を設置する場所は家事動線を考慮する必要があります。

例えば、キッチンや洗濯室に近い場所に設置すれば、ゴミ捨てや洗濯物の干し作業がスムーズに行えます。また、庭や駐車場に直接アクセスできる位置に設置することで、外作業や買い物後の荷物運びが楽になります。さらに、プライバシーを保つために、通りから見えにくい場所を選ぶことも大切です。防犯面も考慮し、人目につきやすい位置に設置することで、不審者の侵入を防ぐことができます。

これらのポイントを踏まえ、家全体のデザインや外構工事の影響を考えながら設置場所を決定することで、勝手口の利便性を最大限に引き出せます。設置場所を慎重に決めることで、後悔することなく、快適な住まい作りが実現できます。

もし、家づくりについての疑問や悩みをお持ちなら「スーモカウンター」の個別相談を受けるのがおすすめです。

スーモカウンターとは、経験豊富なアドバイザーが家づくりに関する疑問や悩みを伺って、要望に合ったハウスメーカーを紹介するだけでなく、家づくりに関する予算の決め方や契約前の注意点など、家づくりの流れを学べる講座も無料で受けられるサービスです。

家づくりについての疑問や悩みがある方は、まずはスーモカウンターの個別相談を受けてみてください、不安の解消に繋がります。

\営業は一切なしだから安心!/
まずは『無料の個別相談』を予約する
個別相談は「店舗」「電話」「ZOOM」のいずれかで受付中

【PR】

【対策3】設置にかかる費用の見積もりをとる

さらに対策しておきたいのが「設置にかかる費用の見積もりをとる」

勝手口の設置にかかる費用を見積もりをとることは重要です。なぜなら、設置にかかる費用を把握することで予算内での計画が可能になるからです。

例えば、ドア本体の費用だけでなく、工事費用や周囲の外構工事費用も含めた総額を確認することが大切です。また、複数の業者から見積もりを取ることで、適正な価格を把握し、コストを抑えることができます。さらに、追加機能やオプションの費用も確認しておくと良いでしょう。防犯性能や気密性を高めるためのオプションがある場合、それらの費用を事前に知っておくことで、後から追加費用が発生することを防げます。

最終的に、詳細な見積もりを基に予算計画を立てることで、勝手口の設置後に予算オーバーで後悔することを避けられます。費用の見積もりを取ることは、計画的で満足度の高い家づくりを実現するための重要なステップです。

もし、複数のハウスメーカーから見積もりを簡単に取りたい場合、「タウンライフ家づくり」を活用するのが便利です。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけて、見積もりをとることができます。

\累計利用者数40万人を突破!/
まずは無料の一括見積もりを依頼する
申込者全員にプレゼントあり!

【PR】タウンライフ

【対策4】外観や内装と統一感のあるデザインを選ぶ

留意しておきたいのは「外観や内装と統一感のあるデザインを選ぶ」

勝手口を設置する際には、外観や内装と統一感のあるデザインを選ぶことが重要です。なぜなら、家全体のデザインに調和する勝手口を選ぶことで、住宅の美観を損なわずに済むからです。

例えば、外壁の色や素材に合わせたドアを選ぶことで、統一感を持たせることができます。また、内装との統一感を考慮することも大切です。キッチンやリビングから見える位置に勝手口がある場合、内装のカラーや素材に合わせたデザインを選ぶことで、室内の雰囲気を保つことができます。さらに、取っ手や鍵のデザインも細部まで統一感を持たせることで、全体の印象が整います。

外観や内装との統一感を考慮したデザインを選ぶことで、勝手口が家の一部として自然に溶け込み、美しい住まいを保つことができます。デザインの統一感は、住まい全体の満足度を高めるために重要なポイントです。

では、どうすれば間取りプランはもらえるのか?できれば無料で簡単に、ネットで手に入る方法があれば楽ですよね。

そんな忙しい方に、最もおすすめなのは「タウンライフ家づくり」を利用する方法です。

タウンライフ家づくりは、ネットで簡単に複数の住宅会社にあなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で一括依頼できるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

\累計利用者数40万人を突破!/
無料で家づくり計画書の作成を依頼する
申込者全員にプレゼントあり!

【PR】タウンライフ

【対策5】経験豊富なアドバイザーに意見を求める

そして何より重要なのが「経験豊富なアドバイザーに意見を求める」

勝手口の設置を検討する際には、経験豊富なアドバイザーに意見を求めることが有益です。プロのアドバイザーは多くの実例を知っており、様々な家庭に適したアドバイスを提供できます。

例えば、勝手口の設置場所やデザイン、機能について具体的な提案を受けることで、最適な選択が可能になります。また、アドバイザーの意見を参考にすることで、見落としがちなポイントや潜在的な問題点を事前に把握でき、トラブルを未然に防ぐことができます。さらに、アドバイザーは最新の住宅トレンドや技術についても知識が豊富であり、最新の設備や素材を取り入れた提案を受けることができます。

経験豊富なアドバイザーに相談することで、勝手口の設置後に後悔するリスクを減らし、満足度の高い家づくりを実現できます。アドバイザーの意見を活用することは、成功する家づくりのための重要なステップです。

もし、家づくりについての疑問や悩みをお持ちなら「スーモカウンター」の個別相談を受けるのがおすすめです。

スーモカウンターとは、経験豊富なアドバイザーが家づくりに関する疑問や悩みを伺って、要望に合ったハウスメーカーを紹介するだけでなく、家づくりに関する予算の決め方や契約前の注意点など、家づくりの流れを学べる講座も無料で受けられるサービスです。

家づくりについての疑問や悩みがある方は、まずはスーモカウンターの個別相談を受けてみてください、不安の解消に繋がります。

\営業は一切なしだから安心!/
まずは『無料の個別相談』を予約する
個別相談は「店舗」「電話」「ZOOM」のいずれかで受付中

【PR】

【Q&A】いらなかったと囁かれる勝手口のよくある疑問

最後にいらなかったと囁かれる勝手口のよくある疑問をまとめます。

【疑問1】勝手口は法律上必要ですか?

勝手口は法律上必要ではありません。建築基準法やその他の法令において、勝手口の設置を義務付ける規定は存在しません。

多くの住宅では勝手口が便利であるとされる一方で、必ずしも必要な設備ではないため、設置するかどうかは家庭のニーズや設計プランによります。例えば、庭仕事が多い家庭やペットを飼っている家庭では、勝手口があると便利です。しかし、勝手口を設置することで防犯上のリスクや気密性の低下といった問題も考慮する必要があります。最終的には、家族のライフスタイルや住宅の構造に応じて、設置の有無を検討することが重要です。法律上の義務はないため、各家庭のニーズに合わせた判断が求められます。設置するかどうかは、個々の状況に応じて最適な選択をすることが大切です。

【疑問2】勝手口がない家は風水的に良い?悪い?

結論からいうと、勝手口がない家は風水的に良い面も悪い面もあります。

まず、風水では家の気の流れを重視しますが、勝手口がないことで気の流れが安定し、家全体のエネルギーが落ち着くとされることがあります。このため、勝手口がない家は風水的に良いと考える人もいます。しかし、逆に勝手口がないことで通気性が悪くなり、家の中に新鮮な空気が入りにくくなるため、風水的に悪いとされる場合もあります。例えば、勝手口を設けることで家全体の換気が良くなり、気の流れがスムーズになるという考え方もあります。最終的には、家の設計や住む人のライフスタイルに応じて判断することが大切です。風水を重視する場合は、専門家の意見を参考にして、家の気の流れを最適に保つ方法を検討することが良いです。勝手口がない家の風水的な評価は一概には言えず、個々の状況によります。

【疑問3】勝手口はあってよかったと感じるメリットは?

勝手口はあってよかったと感じるメリットがいくつかあります。

まず、勝手口があると、日常の家事がスムーズに進みます。例えば、キッチンの近くに設置すれば、生ゴミやリサイクル品を外に出すのが簡単になり、家の中を清潔に保つことができます。また、庭やベランダへのアクセスが容易になるため、庭仕事や洗濯物干しが効率的に行えます。さらに、勝手口を通じてペットの出入りがしやすくなり、室内外の移動がスムーズになります。防災面でもメリットがあり、非常時の避難経路として利用できるため、安全性が向上します。これらのメリットから、勝手口は生活の質を向上させる役割を果たすと感じる家庭が多いです。勝手口の利便性を活用することで、日々の生活がより快適になります。

【疑問4】勝手口の代わりに窓を設置するにはいくら費用がかかる?

勝手口の代わりに窓を設置する場合、費用は様々な要因によって変動します。

まず、窓のサイズや種類、素材によって価格が異なります。一般的な窓の設置費用は、標準的なアルミサッシの窓で約5万円から10万円程度かかります。さらに、高性能な断熱窓や防犯窓を選ぶと、費用はさらに高くなり、10万円から20万円程度になることもあります。設置費用には、窓枠の取り付けや壁の補強工事も含まれるため、追加費用が発生することもあります。また、業者によって施工費用が異なるため、複数の見積もりを取ることが大切です。最終的には、選ぶ窓の種類や設置場所、工事の内容によって費用が決まります。窓を設置することで、室内の通風や採光が改善され、快適な住環境が整います。費用をしっかりと見積もることで、計画的な予算内での工事が可能です。

まとめ:家づくりで勝手口はいらなかった体験談と必要性

家づくりで勝手口はいらなかった体験談と必要性に関する情報をまとめてきました。

改めて、家づくりで勝手口はいらなかった体験談をまとめると、

家づくりで勝手口はいらなかった体験談

  • 防犯セキュリティが心配
  • 気密性が失われてしまう
  • 設置費用が余計にかかっただけ
  • 遮音性が保てない場合がある
  • 敷地の外構工事が必要になる
  • 家全体のデザインを損ねる

勝手口の設置を検討する際には、いくつかの重要なポイントを考慮することが必要です。

まず、防犯面でのリスクを理解し、安全性を高めるための対策を講じることが重要です。また、気密性を保つためには高品質なドアを選び、エネルギー効率を確保することが大切です。最後に、外観や内装との調和を考え、デザイン性にもこだわることで、後悔のない家づくりが実現します。

家づくりで勝手口の設置を考える際には、これらのポイントを総合的に判断することが大切です。