Low-Eガラスを選択して後悔した5つの理由とは?メリットと賢く理想の家を建てる方法

「Low-Eガラスを選択すると後悔するってホント?」

「Low-Eガラスのメリットは?どんな人に向いてる?」

夢のマイホームに欠かせない窓選び。
その窓選びの中で、一度は耳にしたことがある「Low-Eガラス」

実際、Low-Eガラスにしたことで後悔した声も聞かれますが、なぜでしょうか?

注文住宅・家づくりでLow-Eガラスを選択するか迷っている方にとっては、気になる情報です。

そこで!Low-Eガラスを選択して後悔した理由と賢く理想の家を建てる方法について詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

Low-Eガラスを選択して後悔した理由はあります。
特に、初期費用の高さや設置場所で失敗したとの声が目立ちました。

ただ、後悔する声がある一方で、もちろんLow-Eガラスを設置するメリットもあります。

つまり、家づくりにおいてLow-Eガラスの設置には、向き不向きがあるということ。向かない間取りや当初の家づくり計画で、Low-Eガラスは必要か?設置したほうがいいかは決まります。

なんですが、多くは設置したほうがいいのか?必要なのか?分からず、結局後悔してします人が多くいます。

でも実は、Low-Eガラスで後悔する前に賢く理想の家を建てる方法があることをご存知でしょうか?

その方法というのが「家づくり計画書の作成依頼」を活用することです。

結局のところ、後悔するリスクを回避するには「家づくりのプロ」にお願いするのが最適解です。

なかでも、運営歴11年の歴史を持つ「タウンライフを活用すれば、全国1,130社以上(2024年5月現在)の注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれます。

✅タウンライフを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。だからこそ、窓選びから設置の要否まで後悔したくないし、後悔するわけにはいかない。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的には考えていなくても将来的にマイホームを持ちたい方で、後悔したくない方に活用してもらいたいサービスです。

Low-Eガラスを選択して後悔した5つの理由

なぜ、Low-Eガラスを選択すると後悔するのか?

家づくりや注文住宅でLow-Eガラスを検討している方にとっては、非常に気になる情報です。

Low-Eガラスを選択して後悔した5つの理由を深堀解説していきます。

【理由1】通常のガラスよりも初期費用が高いから

まず1つ目の理由として「通常のガラスよりも初期費用が高いから」

Low-Eガラスは、表面部分に金属加工を施した特殊なガラスなので、値段が高額になります。

複層ガラスや防犯ガラスに中には、Low-E複層ガラスよりも単価の高いものがありますが、通常のガラスに比べると割高になります。

実際、種類別でのガラスの一般的な単価を調べてみると、

  • Low-E複層ガラス:約2万円~3万5,000円
  • フロートガラス:約1万円~1万5,000円
  • 網入りガラス:約1万5,000円~2万3,000円
  • 型板ガラス:約1万2,000円~1万6,000円
  • 複層ガラス:約1万5,000円~5万円

上記の通りで、通常のガラスよりも2~2.5倍程度、割高であることがわかります。

しかも、上記はガラス単価なので、実際の施工費用・出張費・廃材処理費を含めると、費用相場は(90x180cm)の場合、4~6万円かかります。

したがって、通常のガラスより初期費用が高くなる点が、Low-Eガラスを選択して後悔した理由のひとつに挙げられます。

【理由2】設置場所によって効果が変わるから

次に2つ目の理由として「設置場所によって効果が変わるから」

Low-Eガラスは、「断熱タイプ」と「遮熱タイプ」の大きく2種類に分けられます。

断熱タイプは室内の保温性を高める効果があり、遮熱タイプは日射熱で室内が暑くなるのを軽減する効果があります。

上記タイプは、設置場所を間違えると、逆効果になるため注意が必要です。

具体的な注意点を挙げると以下の通り。

  • 窓の向き
  • 日照条件
  • 正確な取り付け
  • 気候に合わせた適切なタイプの選択

たとえば、西日の当たる部屋に「遮熱タイプ」を使用すると、夏場は遮熱効果がありますが、冬場は部屋が温まらなくなります。

以上の考えると、 Low-Eガラスを選択して後悔した理由として、設置場所によって逆効果になる点が挙げられます。

【理由3】フィルムを貼ると熱割れを起こすから

3つ目の理由が「フィルムを貼ると熱割れを起こすから」

Low-Eガラスを設置した場合、通常のガラスのように、プライバシー保護のためのフィルムを貼れなくなるので注意が必要です。

主な理由としては、フィルムを貼ることで効果が強くなり、窓の中空層に熱がこもることで割れるリスクが高まるから。

具体的にリスクの高いLow-Eガラスは、左側にいくほどリスクが高くなるようです。

  • ガラスの色:シルバー>クリア>グリーン・ブルー
  • ガラスタイプ:断熱タイプ>遮熱タイプ
  • ガラスの厚み:厚い>薄い
  • 中空層:厚い>薄い
  • 中空層のガスの種類:クリプトン>アルゴン>空気

ですので、防音対策や目隠し対策のためにフィルムを貼ることは難しくなります。

以上のように、Low-Eガラスを選択して後悔した理由として、フィルムを貼ると熱割れを起こすリスクがある点があります。

【理由4】メンテナンスが必要になるから

4つ目の理由が「メンテナンスが必要になるから」

Low-Eガラスを設置すると、通常のガラスよりもメンテナンスに手間がかかる場合があります。

主な理由としては、Low-Eガラスは特殊な金属膜が施されているため、耐久性にバラつきがあるから。

実際、種類別での耐用年数の目安を調べてみると以下のようになり、Low-Eガラスは低いことがわかります。

  • Low-Eガラス:約10年
  • フロートガラス:約20年~30年
  • すりガラス:約20年~30年
  • 網入りガラス:約20年~30年
  • 強化ガラス:約30年
  • ペアガラス(複層ガラス):約10年
  • 合わせガラス(防犯ガラスなど):約10年~20年

設置場所や環境によって変化はあるものの、Low-Eガラスのような複層ガラスは中空層を密封する「封着材」が用いられているため、「内部結露」のリスクがあります。

内部結露を予防するためには、サッシの排水などを念入りにチェックする必要があります。

以上を踏まえると、メンテナンスが必要になる点も、 Low-Eガラスを選択して後悔した理由のひとつになります。

【理由5】景観に影響が出てくるから

そして5つ目の理由として「景観に影響が出てくるから」

Low-Eガラスは、特殊な加工がなされているため、無色透明にはなりません。

つまり、設置後に住宅の印象が異なるために、後悔する可能性があるということ。

実際、「YKK AP」の公式ページでLow-Eガラスのカラーバリエーションを見てみると、

  • Low-E複層ガラス(遮熱タイプ):ブルーのみ
  • Low-E複層ガラス(断熱タイプ):ブルー、ブロンズ、ニュートラル

通常ガラスのような「無色透明」はありません。

一般的に、Low-Eガラスは金属膜加工の影響で、若干グリーンがかった色味になるガラスが多いようです。

ですので、外からの自宅の見え方はもちろん、室内側から見える外の景色の色味も変わってくる場合があります。

以上のように、景観に影響が出てくる点も、 Low-Eガラスを選択して後悔した理由のひとつになるでしょう。

※ 今すぐLow-Eガラスで後悔する前に賢く理想の家を建てる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で家づくりに必要な「あなたオリジナル」の家づくり計画書を提案してもらえます。

後悔してない?Low-Eガラスにするメリット

ここまで、Low-Eガラスを選択して後悔した理由について深掘りしてきました。

後悔した理由があるのは事実。
Low-Eガラスを選択するかは、慎重に検討したほうがいいでしょう。

ただ、後悔ばかりではありません。
もちろん、Low-Eガラスにすることで得られるメリットもあります。

ここからは、後悔してない?Low-Eガラスにするメリットについてご紹介します!

【メリット1】快適な室内環境

まず1つ目のメリットとして「快適な室内環境」

Low-Eガラスを選択するメリットの一つに、年間を通じて快適な室内環境が保たれる点があります。このガラスの特性により、夏は外部からの熱の侵入を大幅に抑え、冬は室内の暖かい空気が外に逃げるのを防ぎます。

たとえば、夏場に外気温が30度を超える日が多い地域でも、Low-Eガラスの使用により、室内温度の上昇を抑えることができます。実際、Low-Eガラスを使用した部屋では、使用していない部屋に比べて室内温度が低く抑えられるというデータがあります。環境省の調査でも、Low-E ガラスに住宅仕様を変更することで、快適性への変化は大きいとの事例も報告されているほど。冬場においても、室内の暖かさを保つことで、暖房費の削済みにつながります。これらの特性により、Low-Eガラスは快適な室内環境を提供し、生活の質を向上させる選択肢であると言えます。

【メリット2】省エネルギー性

次に2つ目のメリットが「省エネルギー性」

Low-Eガラスの採用は、省エネルギー性に大きく寄与します。このガラスは、特殊なコーティング技術により太陽熱の室内への進入を効果的に制御し、また、室内の暖かい空気が外に逃げるのを防ぎます。この結果、冷暖房のエネルギー消費を大幅に削減できるのです。

例えば、冬場においては、Low-Eガラスを使用することで、室内の暖かい空気を逃がさずに温度を保つことが可能になり、暖房コストを削減できるという特徴があります。夏場においても、冷房の効率を上げることにより、同様にエネルギー消費を抑制することができます。このように、Low-Eガラスは年間を通じてエネルギー消費を削減し、経済的にも環境にも優しい選択肢です。

【メリット3】UVカット

3つ目のメリットとして「UVカット」

Low-Eガラスは紫外線を効果的にカットすることで、室内の家具や床材を長期間保護します。紫外線は、家具や床材の色あせや劣化の主要な原因ですが、Low-Eガラスは紫外線の透過を大幅に低減させることができます。

具体的には、一般的なガラスと比較して紫外線を約90%以上カットすることが可能です。この効果により、直射日光が当たる場所にある家具や絨毯も、色褪せや劣化を著しく抑えることができ、長期間にわたって新品同様の状態を維持できます。また、美術品や写真など、紫外線による損傷が懸念されるアイテムの保護にも効果的です。このように、Low-Eガラスは紫外線から室内を守ることで、居住空間の美観と資産価値の維持に貢献します。

※ 今すぐLow-Eガラスで後悔する前に賢く理想の家を建てる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で家づくりに必要な「あなたオリジナル」の家づくり計画書を提案してもらえます。

【メリット4】結露防止

4つ目のメリットとして「結露防止」

Low-Eガラスは結露の発生を効果的に防止します。結露は、室内の暖かい空気が冷たい窓ガラスに触れた時に水滴となって現れますが、Low-Eガラスはその内側の表面温度を高めに保つことができます。この特性は、冬場の低温時でもガラス表面が外気の冷たさを受けにくくするため、室内の湿度が高い状況でも結露が発生しにくくなります。

実際、Low-Eガラスを利用した場合、通常のガラスに比べて結露が起こりにくいことが数多くの実例で報告されています。この効果により、窓周りの木材の腐食やカビの発生リスクを大幅に減らし、健康的な室内環境を維持することができます。結露を防ぐことは、快適な居住空間の維持だけでなく、住宅の長期的な保護にも繋がるため、Low-Eガラスは多くの住宅での採用が推奨されます。

【メリット5】長期的なコスト削減

5つ目のメリットが「長期的なコスト削減」

Low-Eガラスを採用することで、長期的なコスト削減が期待できます。このガラスの省エネルギー性能は、冷暖房の効率を大幅に向上させるため、エネルギー消費を削減し、電気代の節約に直結します。例えば、一般的な家庭でLow-Eガラスを導入した場合、エネルギーコストの削減、Low-E複層ガラスにした場合、約34%の年間光熱費削減につながるデータもあります。

この削減効果は、初期投資のコストを上回ることが多く、特に冷暖房を多用する地域では、その節約効果はさらに顕著になります。また、UVカット機能による家具や床材の保護効果も、長期的な家財の維持費用の削減に寄与します。このように、Low-Eガラスは初期費用は掛かるものの、電気代の節約や家財の長期保護により、長期的には経済的メリットが大きい選択肢です。

【メリット6】不動産価値の向上

そして6つ目のメリットが「不動産価値の向上」

Low-Eガラスの導入は不動産価値の向上に寄与します。その理由は、省エネルギー性能の高さや居住環境の快適性が現代の住宅市場において高く評価されるためです。

具体例として、省エネルギー効率が高い住宅は、エネルギー消費が少なく、維持費が低いことから購入希望者にとって魅力的です。また、快適な室内環境やUVカットによる内装の長期的な保護は、住宅の質を長く維持することに繋がります。これらの特性は、特に環境意識が高い層や、長期的な住宅投資を考えている層からの需要を引き出します。実際に、省エネ性能を備えた住宅は、そうでない住宅に比べて市場価値が高くなる傾向にあります。したがって、Low-Eガラスを採用することは、住宅の将来的な売却価値を高め、良好な投資回収率を期待できる戦略です。

※ 今すぐLow-Eガラスで後悔する前に賢く理想の家を建てる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で家づくりに必要な「あなたオリジナル」の家づくり計画書を提案してもらえます。

後悔したと言われてもLow-Eガラスに向いてる人の特徴

ここまで、Low-Eガラスの評判を解説してきました。

ではどういった人に、Low-Eガラスは向いているのか?

後悔したと言われてもLow-Eガラスに向いてる人の特徴をまとめていきます!

【特徴1】室内の快適性を大切にしたい人

まず1つ目の特徴が「室内の快適性を大切にしたい人」

室内の快適性を大切にしたい人にLow-Eガラスは適しています。

このガラスは、熱の透過を抑える特性を持っており、夏は外部の熱を遮断し、冬は室内の暖かさを保持する効果があります。たとえば、夏場に外気温が35度に達する日でも、Low-Eガラスを使用することで室内温度の上昇を抑え、エアコンの効率を向上させることができます。冬場でも、外部の冷気を遮断し、室内の暖かい空気を逃がさないため、暖房費の節約にも繋がります。このように、一年を通じて快適な室内環境を維持したいと考えている人に、Low-Eガラスは最適な選択です。

【特徴2】長期的なコスト削減を重視したい人

次に2つ目の特徴として「長期的なコスト削減を重視したい人」

長期的なコスト削減を重視したい人にとって、Low-Eガラスは有効な選択肢です。

このガラスの特性が冷暖房費の削減に直接繋がるため、初期投資を上回る節約が期待できます。具体的には、Low-Eガラスの導入により、冷暖房にかかるエネルギー消費を削減できるとされています。この削減効果は、特に気候変動による極端な気温の変動が予想される現代において、非常に価値が高いです。加えて、UVカット機能により家具や床材の長期的な保護も可能になり、これによる交換コストの削減も見込めます。したがって、初期費用は高くても、長期にわたるコスト削済みを実現したいと考える人にとって、Low-Eガラスは経済的にも合理的な選択と言えます。

【特徴3】家具や床材を日光から保護したい人

そして3つ目の特徴が「家具や床材を日光から保護したい人」

家具や床材を日光から保護したい人には、Low-Eガラスが適しています。

このガラスは紫外線を約90%カットすることができ、家具や床材が日光によって色あせたり劣化したりするのを効果的に防ぎます。例えば、直射日光が当たるリビングの床や、窓際に置かれたソファは、時間と共に色褪せのリスクが高まりますが、Low-Eガラスを使用することで、その影響を大きく減少させることが可能です。このため、インテリアを長期間にわたって保護し、美観を維持したいと考える人にとって、Low-Eガラスは理想的な選択肢と言えます。

※ 今すぐLow-Eガラスで後悔する前に賢く理想の家を建てる方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で家づくりに必要な「あなたオリジナル」の家づくり計画書を提案してもらえます。

Low-Eガラスで後悔する前に!賢く理想の家を建てる方法

ここまで、Low-Eガラスで後悔する理由や評判についてご紹介してきました。

Low-Eガラスを設置して後悔する理由があるのは事実。
ですが、Low-Eガラスにはそれ以上のメリットや魅力を持つのも事実です。

つまり、家づくりにおいてLow-Eガラスの設置には、向き不向きがあるということ。向かない間取りや当初の家づくり計画で、Low-Eガラスは必要か?設置したほうがいいかは決まります。

なんですが、多くは設置したほうがいいのか?必要なのか?分からず、結局後悔してします人が多くいます。

でも実は、Low-Eガラスで後悔する前に賢く理想の家を建てる方法があることをご存知でしょうか?

その方法というのが「家づくり計画書の作成依頼」を活用することです。

結局のところ、後悔するリスクを回避するには「家づくりのプロ」にお願いするのが最適解です。

なかでも、運営歴11年の歴史を持つ「タウンライフを活用すれば、全国1,130社以上(2024年5月現在)の注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれます。

タウンライフを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。だからこそ、窓選びから設置の要否まで後悔したくないし、後悔するわけにはいかない。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的には考えていなくても将来的にマイホームを持ちたい方で、後悔したくない方に活用してもらいたいサービスです。

【Q&A】後悔したと囁かれるLow-Eガラスに関するよくある疑問

最後に後悔したと囁かれるLow-Eガラスに関するよくある疑問をまとめます。

【疑問1】Low-Eガラスにすると冬も寒いですか?

「Low-Eガラスにすると冬も寒いですか?」

Low-Eガラスを使用しても冬に寒くなることはありません。

実際には、Low-Eガラスは冬の寒さを軽減する効果があります。このガラスは、室内の暖かい空気が外へ逃げ出すのを防ぎ、外部からの冷たい空気の侵入を低減させる特性を持っています。例えば、冬場に外気温が0度の環境でも、Low-Eガラスを採用した部屋は、通常のガラスを使用した部屋に比べて室内温度が数度高く保たれることが報告されています。このため、Low-Eガラスは冬の寒さを和らげ、より快適な室内環境を提供します。

【疑問2】Low-Eガラスは外から中が見えにくいってホント?

「Low-Eガラスは外から中が見えにくいってホント?」

Low-Eガラスは外から室内が見えにくいという話は一定の根拠があります。

このガラスは特殊なコーティングが施されており、太陽の熱を反射することで室内の温度調節を助けます。この反射作用が、外から室内を見る際の視界に影響を与える場合があります。特に、外と室内の光の差が大きい時、例えば室内が暗く外が明るい日中などには、室内が外から見えにくくなる効果が顕著になります。しかし、この効果は光の条件によって変わるため、全ての状況で室内が完全に見えないわけではありません。したがって、プライバシー保護を重視する場合には、Low-Eガラスが一定の効果を提供すると言えます。

【疑問3】Low-Eガラスを南側の窓に設置すると後悔する?

「Low-Eガラスを南側の窓に設置すると後悔する?」

Low-Eガラスを南側の窓に設置すると後悔するかどうかは、建物の位置や使用するガラスの種類、および個人のニーズによります。

Low-Eガラスは熱の透過を抑える特性があり、夏場に外からの強い日射を遮断し、冬場は室内の暖かい空気を保持する効果があるため、一般的にはエネルギー効率の向上に寄与します。特に、夏の強い日差しを受けやすい南側の窓に設置することで、冷房費の節約に繋がります。しかし、太陽光を好む植物の育成や自然光を多用するインテリアデザインを好む場合は、Low-Eガラスの光の透過率が低いことがマイナスに感じられることもあります。したがって、南側の窓にLow-Eガラスを設置する際は、エネルギー効率の向上と自然光へのニーズを総合的に考慮することが重要です。

まとめ:Low-Eガラスを選択して後悔した理由とメリット

Low-Eガラスを選択して後悔した理由とメリットに関する情報をまとめてきました。

改めて、Low-Eガラスを選択して後悔した理由をまとめると、

Low-Eガラスを選択して後悔した理由

  • 通常のガラスよりも初期費用が高いから
  • 設置場所によって効果が変わるから
  • フィルムを貼ると熱割れを起こすから
  • メンテナンスが必要になるから
  • 景観に影響が出てくるから

もちろん、後悔するばかりでなく、Low-Eガラスを選択するメリットもあります。

Low-Eガラスを選択するメリット

  • 快適な室内環境
  • 省エネルギー性
  • UVカット
  • 結露防止
  • 長期的なコスト削減
  • 不動産価値の向上