いらない?お風呂にアクセントパネルを採用して後悔した理由とは?色の選び方と対策

「お風呂をアクセントパネルにすると後悔するってホント?」

「アクセントパネルはどの色がおすすめ?後悔しないための対策はある?」

お風呂の空間や過ごす時間は、とても大事にしたいですよね。

大事だからこそ慎重にリフォームしたいのが本音。
「アクセントパネル」が気になっているけど、実際のところどうなのか?メリットはあるのか?

調べてみると「お風呂のアクセントパネルで後悔した」との声もあって、設置するか迷いますよね。

そこで!お風呂にアクセントパネルを採用して後悔した理由とメリットや色の選び方について詳しく解説していきます!

忙しい方に先に結論をお伝えすると・・・

お風呂のアクセントパネルを設置して後悔した声はあります。ですが、すべてのユーザーが後悔しているわけではなく、設置して得られるメリットもあります。

つまり、お風呂のアクセントパネル設置にも向き不向きがあるということ。リフォームの目的次第ですが、必要ないのに設置してしまえば、それこそお風呂に入るたびに「後悔する末路」が待っています。

では、アクセントパネルは必要なのか?設置するにもどれくらいの費用がかかるのか?正直わからないですよね。

調べるにも手間で、何よりリフォーム会社1社1社に連絡して見積りを取るなんてしていたら、いくら時間があっても労力がかかり過ぎて発狂してしまいます。

でも実は、お風呂のリフォームで後悔したくない人におすすめの対策があります!

その対策というのが、「無料の一括見積もり」を活用することです。

リフォーム会社を複数社まとめて比較して、その中から最も自分の理想に近いリフォームプランを決めるのが後悔しない最適な方法です。

一人で悩んでいても解決策は見出せません。
複数のリフォームプランをもらって比較した方が、イメージは湧きやすいですし、何より複数比較するので後悔するリスクも回避できます。

そして、リフォーム会社から一括見積もりを取るのにおすすめなのが「タウンライフリフォーム」を利用する方法です。

タウンライフリフォームは、リフォーム会社があなたの要望や希望に基づいて、リフォームのアドバイスや見積もりを無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフリフォームのリフォーム会社は、全国710社以上(2024年5月現在)。大手リフォーム会社から地域密型工務店まで独自の基準をクリアした優良リフォーム会社の中から、好みにあった会社を自分で選んで見積りをもらうことができます。

✅タウンライフリフォームを活用するメリット

  • 無料で「見積り」「リフォームプラン」「アイデア&アドバイス」が届く!
  • しつこい営業なし!優良リフォーム会社のみ登録しているから安心して依頼できる!
  • 提案への断りがしにくいときはタウンライフリフォームが代わりにお断りを伝言できる!

アクセントパネルの設置だけでなく、リフォーム・家づくりで後悔したくない、でも何から手を付けたらいいのかわからない。

今まさにリフォームを計画している方、今はまだ具体的には考えていなくても将来的にリフォームを検討していて情報収集したい方に活用してもらいたいサービスです。

\累計利用者数40万人を突破!/
『タウンライフリフォーム』で無料の一括見積りを依頼する
【公式サイト:https://www.town-life.jp

お風呂をおしゃれにするアクセントパネルとは

お風呂にアクセントパネルを採用して後悔した理由に触れる前に。お風呂をおしゃれにするアクセントパネルとは何なのか?特徴についてご紹介します。

アクセントパネルとは、お風呂の壁面にデザイン性を加えるための装飾パネルです。通常、既存の壁面に取り付けてリフォームする形で使用されます。パネルの素材は、防水性・耐久性に優れたものが使用されており、例えばタイルやガラス、プラスチック、木材などが一般的です。デザインも多様で、シンプルな無地から、木目調や石材調、さらにはカラフルな柄模様まで、様々なテイストが揃っています。これにより、空間の雰囲気を劇的に変え、リラックスできるおしゃれなお風呂場を実現することができます。

アクセントパネルの設置には次のような特徴があります。

アクセントパネルの特徴

  • リフォームが比較的簡単で、短期間でお風呂の雰囲気を変えることができる。
  • 特に全面的なリフォームが難しい場合や、手軽に空間を刷新したい場合に適している。
  • 防水性が高い素材を使っているため、お風呂の湿度に強く、カビや水垢の発生も抑えられる。
  • 汚れが付きにくく、掃除も容易なので、長期にわたって美しい状態を保つことができる。

デザイン面では、他のインテリアと調和させることができるだけでなく、独自のアクセントとしてお風呂場に個性を持たせることができます。例えば、シンプルな白いタイルの壁に木目調のアクセントパネルを配置すれば、温かみのある空間が演出できますし、鮮やかなカラフルパネルを用いれば、活気のあるモダンなお風呂に早変わりします。シーンに合わせて、自分だけのお気に入りのデザインを選べるのも魅力です。

このように、アクセントパネルはお風呂場のリフォームにおいて、手軽さとデザイン性を両立させる素晴らしいアイテムです。設置を検討しているご家庭には、自分の好みに合わせたスタイルでお風呂場を彩り、新しいバスタイムを楽しんでみることをおすすめします。

今すぐお風呂のリフォームで後悔したくない人におすすめの対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。自分の理想に近いリフォームプランを無料でもらうことができます。

お風呂にアクセントパネルを採用して後悔した5つの理由

お風呂にアクセントパネルを採用して、何に後悔しているのか?

今後、リフォームなどでアクセントパネル設置を検討している人にとっては、非常に気になる情報です。

ここからは、お風呂にアクセントパネルを採用して後悔した5つの理由を解説します。

【理由1】ダサいデザインのものが多いから

まず1つ目の理由として「ダサいデザインのものが多いから」

実体験だけでなく口コミを見ても分かりますが、アクセントパネルは、設置するとデザインがダサいといった意見があります。

アクセントパネルは、あくまで装飾用の化粧パネルなので、平面的なプリントが安っぽく見えると感じる人がいるかもしれません。

実際、パナソニックのアクセントパネルのバリエーションを見てみると、大理石調のものから、木目調のものまで、幅広いラインナップがあります。

プレミアムグレードにすると、質感の高いものがあるものの、標準タイプだと、若干目劣りする素材に見える可能性は否定できません。

以上のように、ダサいデザインのものが多い点が、アクセントパネルを採用して後悔した理由のひとつとなります。

【理由2】掃除しないと水垢が目立つから

次に2つ目の理由として「掃除しないと水垢が目立つから」

アクセントパネルは、色味によって、水垢が目立ってしまいます。ですので、こまめにメンテナンスするか、水垢が目立たない色を選ぶ必要があります。

実際に、タカラスタンダードが実施した「お風呂掃除」に関する調査で、家の中で掃除が面倒・大変だと感じる場所を尋ねたところ、

家の中で掃除が面倒・大変だと感じる場所

  • お風呂:80%
  • トイレ:75%
  • キッチン:70%

お風呂掃除が最も大変だとの回答を集めました。さらに、別の調査で風呂掃除の困りごとを調べてみると、

  • 面倒くさい:73人
  • 水垢がつく、取りにくい:72人
  • カビが生える、とりにくい:67人

上記結果の通りで、水垢の困りごとが上位にあることがわかります。

したがって、アクセントパネルを設置すると、メンテナンスのために常に気を配る必要があり、ストレスを感じる可能性があります。

以上のように、アクセントパネルを採用して後悔した理由として、掃除しないと水垢が目立つ点が挙げられます。

【理由3】設置のオプション費用が高いから

3つ目の理由として「設置のオプション費用が高いから」

アクセントパネルを設置すると、オプション費用が高額になる可能性があります。

費用がかさむと、経済的に圧迫されるので、計画性を持って選択することをおすすめします。

たとえば、パネルの中でも、デザイン性の高いものは、価格が高く設定されています。

実際に、リフォーム業者の情報をみても、浴室パネルの費用相場は、約36,000円~92,000円と非常に幅広いです。

したがって、アクセントパネルをオプションで設定すると、最低でも4万以上の追加費用がかかる可能性が高いです。

以上のように、設置のオプション費用が高い点は、アクセントパネルを採用して後悔した理由に入ります。

【理由4】全体のカラーバランスが難しいから

4つ目の理由として「全体のカラーバランスが難しいから」

筆者も感じる理由ですが、アクセントパネルを設置すると、浴室全体の色味を合わせるのが大変との意見があります。

柄付きのパネルは、デザイン性が高いものの、全体の調和を考えないと、色味が浮いてしまう恐れがあります。

実際、三菱地所の生活情報サイトのアンケート調査では、自宅の浴室の設備で改善した、または改善したいことを尋ねたところ、

ご自宅の浴室の設備で改善したもしくは改善したいこと

  • 浴室全体を汚れの目立ちにくい色にする:28.27%
  • 小物を引っかけるバーを増やす:19.49%
  • シャワーヘッドの位置を変えられるようにする:16.96%

上記結果の通り、特になし(31.38%)を除けば、色に関する悩みが多い結果となっています。

ですので、アクセントパネルの色味の選択次第で、後悔する可能性が出てくることがわかります。

以上を踏まえると、全体のカラーバランスが難しい点は、アクセントパネルを採用して後悔した理由になると言えます。

【理由5】柄なしだと掃除が大変になるから

5つ目の理由として「柄なしだと掃除が大変になるから」

色味の関係で、柄なしを選んでしまうと、汚れが目立ちやすいといった声もあります。

汚れは、水垢以外にも、石けんカスやカビ汚れなど、さまざまなタイプのものがあります。

実際、アンケート調査によると、浴室内の汚れでもっとも気になるものを尋ねたところ、

浴室内の汚れでもっとも気になるもの

  • 床、壁についた黒カビ:約4割
  • 浴槽内の皮脂汚れ:約3割
  • 浴槽外部の赤カビ(ピンク汚れ):約2割

水垢よりも、カビを気にする人が多いことがわかります。

したがって、柄なしを選ぶと、メンテナンスが大変になり、後悔してしまう可能性があります。

アクセントパネル設置後の掃除やメンテナンスを考慮するなら、柄ありもしくは汚れが目立たない灰色や青色を選ぶのがおすすめです。

以上のように、アクセントパネルを採用して後悔した理由として、柄なしだと掃除が大変な点が挙げられます。

今すぐお風呂のリフォームで後悔したくない人におすすめの対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。自分の理想に近いリフォームプランを無料でもらうことができます。

後悔してない!お風呂にアクセントパネルを設置するメリット

ここまで、お風呂にアクセントパネルを採用して後悔した理由を解説してきました。

後悔した声は挙がるものの、すべてのユーザーが後悔しているとは限りません。

お風呂をアクセントパネルにすることで得られるメリットももちろんあります。

具体的な後悔してない!お風呂にアクセントパネルを設置するメリットをご紹介します!

【メリット1】手軽にお風呂のリフォームができる

まず1つ目のメリットとして「手軽にお風呂のリフォームができる」

お風呂にアクセントパネルを設置すると、手軽にお風呂のリフォームができます。理由は、既存の壁面に直接貼り付けるだけであり、工事期間を短縮できるからです。通常のリフォームでは、壁材の取り外しや新規の防水施工に時間を要しますが、アクセントパネルはシンプルな取り付け方法で済むため、1日から2日で施工が可能です。

例えば、タイル壁に木目調のアクセントパネルを取り付ければ、既存のタイルの上から温かみのあるデザインに変えられます。さらに、石材風やカラフルなパネルを使用すれば、家庭でもリゾートホテルのような高級感や華やかさを演出することも可能です。アクセントパネルは防カビ・防汚加工が施されており、掃除も容易で長期間にわたって清潔な状態を保てます。

したがって、アクセントパネルの設置は、短期間でお風呂のデザインを刷新しながら、メンテナンスも容易にできる効率的なリフォーム方法だといえますね。

【メリット2】湿気によるカビや腐食のリスクを軽減できる

次に2つ目のメリットとして「湿気によるカビや腐食のリスクを軽減できる」

お風呂にアクセントパネルを設置することで、湿気によるカビや腐食のリスクを軽減できます。防水性に優れた素材が使われているため、水分の浸透を防ぎ、湿度が高い環境でも問題が生じにくいからです。特にパネルの接合部分には防水加工が施され、湿気が内部に入るのを防ぐ構造となっています。

具体的には、タイルの目地や隙間に汚れやカビが発生しがちな浴室でも、アクセントパネルを使えば掃除が簡単です。例えば、汚れが付きにくく、防カビ剤を配合した表面加工がなされたパネルを使用すれば、普段の掃除で軽く拭くだけで衛生的な状態を維持できます。また、木材や金属が腐食しやすい浴室でも、防水素材で覆うことで長期間使い続けることができます。

以上のことから、防水性と防カビ性に優れたアクセントパネルを設置することは、浴室の衛生環境を守り、カビや腐食のリスクを大幅に軽減するために有効です。

【メリット3】バリアフリー性が向上して安心して利用できる

3つ目のメリットとして「バリアフリー性が向上して安心して利用できる」

お風呂にアクセントパネルを設置することで、バリアフリー性が向上し安心して利用できます。なぜなら、滑りにくい表面加工が施されたパネルは、高齢者や子供でも安全にお風呂場を利用できるからです。通常の浴室は湿気によって床が滑りやすくなるため、転倒のリスクが高くなりがちです。

例えば、表面に凹凸のあるパネルや滑り止め加工された素材を使うと、濡れた場所でもしっかりとした足元を保つことが可能です。また、アクセントパネルは壁にも取り付けられるため、滑り止めの手すりと組み合わせると更に安全性が高まります。車椅子を使用する場合でも、パネルで段差をカバーすることでスムーズに移動できるお風呂場を実現できます。

ですので、滑り止め加工や凹凸のあるアクセントパネルを採用することで、バリアフリー性が向上し、あらゆる年代の人が安心して利用できるお風呂場が作れます。

【メリット4】冬場のヒートショック対策や省エネにつながる

4つ目のメリットとして「冬場のヒートショック対策や省エネにつながる」

アクセントパネルの設置は、冬場のヒートショック対策や省エネにつながります。アクセントパネルの中でも断熱性の高い素材を使うことで、お風呂場の室温を一定に保ち、温度変化による体への負担を軽減するからです。特に冬場、暖かいお風呂場と寒い脱衣所の温度差が極端だと、血圧の急激な変動でヒートショックのリスクが高まります。

具体的には、保温効果のあるアクセントパネルでお風呂場全体を囲むと、断熱性能が向上して室温を効率的に保持できます。その結果、浴室暖房の使用時間が減り、電気代やガス代の節約にもつながります。さらに、特に寒冷地では暖房を頻繁に使う必要があるため、断熱効果によって省エネがより際立ってメリットを受け取れます。

したがって、断熱性に優れたアクセントパネルの設置により、冬場の急激な温度変化から体を守り、省エネにもつながるお風呂場を作ることができます。

【メリット5】静かでリラックスできるバスタイムを楽しめる

そして5つ目のメリットとして「静かでリラックスできるバスタイムを楽しめる」

お風呂にアクセントパネルを設置することで、静かでリラックスできるバスタイムを楽しめます。吸音性に優れた素材が使われるため、外部からの騒音や水の音の反響を和らげ、バスルーム内の音響環境を改善できるからです。一般的な浴室では、壁や床に反射するシャワーの音が響きやすく、せっかくのバスタイムでもリラックスできない場合があります。

実際、吸音性能の高いフォーム素材や繊維素材で作られたパネルは、音の反響を吸収し、浴室内の騒音を大幅に抑えます。さらに、パネルの設置によって壁面からの断熱効果も得られるため、外部の騒音をシャットアウトしながら、お湯の音だけを心地よく感じることができます。リラックスしたいときにぴったりの静かで穏やかな環境を作り出せます。

以上のことから、吸音性の高いアクセントパネルの設置により、外部からの音を遮断し、静かで落ち着いたバスタイムを楽しむことが可能です。

今すぐお風呂のリフォームで後悔したくない人におすすめの対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。自分の理想に近いリフォームプランを無料でもらうことができます。

お風呂のアクセントパネルの色で後悔しないための選び方

ここまで、お風呂にアクセントパネルを設置するメリットをご紹介してきました。

アクセントパネルの設置も利用目的を明確にすれば、後悔することなく存分にメリットを受け取れます。

ただ、すでにリフォームを前向きに検討している人でも、「アクセントパネルの色の選び方」は迷いますよね。どれを選べばいいのか?

ここからは、お風呂のアクセントパネルの色で後悔しないための選び方についてまとめていきます!

【選び方1】汚れが目立たない色が「灰色や青色系」

まず、ベターな選び方として、汚れが目立たない色が「灰色や青色系」です。

お風呂のアクセントパネルの色を選ぶ際、灰色や青色系の色は汚れが目立ちにくいため、おすすめです。これらの色合いは、水垢や石鹸カスなどの汚れと似たトーンであるため、細かな汚れが目に付きにくいからです。特に浴室は湿気が多く、カビや水垢が付きやすい環境であるため、汚れが目立たない色を選ぶことは、長く美しい状態を維持するために重要です。

例えば、灰色系のパネルを選ぶと、一般的な水垢や石鹸カスが付着してもすぐには分かりにくくなります。さらに、青色系の色合いは爽やかで清潔な印象を与えるだけでなく、カビの発生を抑える抗菌加工が施されている場合が多く、衛生的な状態を保つことにも役立ちます。

よって、汚れが目立ちにくい灰色や青色系のアクセントパネルを選ぶことで、浴室のメンテナンスが容易になり、清潔で美しいお風呂を保つことができます。

【選び方2】開放的で清潔感を出すなら「白系」

次に、開放的で清潔感を出すなら「白系」がおすすめです。

白系のパネルは光を反射しやすく、明るく広々とした印象を与えるため、浴室が狭い場合でも開放感を得られるようになります。また、白は清潔感が強く、バスルーム全体を清楚な雰囲気にする効果もあります。

実際、光沢のあるホワイトパネルを使うと、照明の光が反射してバスルーム全体が一層明るくなります。さらに、パネル表面に防汚加工が施されているものを選ぶと、石鹸カスや水垢が付きにくく、白いパネルでも清潔さを維持しやすくなります。また、白系のパネルは他のインテリアやアクセサリーとも合わせやすく、アクセントカラーのタオルや浴室マットを取り入れることで、おしゃれで個性的な空間を作り出せます。

以上のことから、白系のアクセントパネルを使うと、バスルームに開放的な雰囲気と清潔感をもたらし、より快適な空間を演出できます。

【選び方3】高級感と非日常を楽しむなら「黒系や赤系」

もし、高級感と非日常を楽しむなら「黒系や赤系」を選ぶのがおすすめです。

黒系や赤系といった色は視覚的なインパクトがあり、重厚で独特な雰囲気を演出するため、バスルーム全体に高級感をもたらすことができます。

例えば、黒系のパネルは光沢のあるものを選べば、シックで洗練された雰囲気を作り出せます。高級ホテルのようなラグジュアリーな空間を演出するためにも効果的で、落ち着いたリラックス空間が実現します。一方で、赤系のパネルは鮮やかな色彩が特徴であり、浴室全体にエネルギーと活気を与えます。明るい照明と組み合わせることで、温泉旅館のような華やかな空間が生まれ、特別な時間を楽しめます。

したがって、黒系や赤系のアクセントパネルは、普段のバスルームに非日常の高級感とエレガントな雰囲気をもたらし、特別なリラックスタイムを演出できます。

【選び方4】特におすすめ!人気の色・模様が「木目」

特におすすめ!人気の色・模様が「木目」になります!

木目の模様は温かみを感じさせると同時に、自然な雰囲気でバスルームを包み込み、落ち着きとリラックスをもたらします。お風呂場はしばしばタイルやプラスチック製のパネルが使われるため、自然素材に近い見た目が特徴的な木目調パネルはバスルーム全体に柔らかな印象を与えます。

具体的には、ウォールナットやメープル、オークといった木材の模様を再現したパネルが人気であり、それぞれが異なる風合いを持ちます。ウォールナットは深い色合いで高級感を、メープルやオークは明るい色調で優しい雰囲気を作り出します。木目パネルを使うことで、お風呂場に自然と調和した温かい空間が広がり、家庭内でも森の中や温泉施設のような癒しの時間を楽しめます。

ですので、木目のアクセントパネルは、温かみと自然の雰囲気を取り入れたいバスルームで後悔しない選択肢として特におすすめです。

【選び方5】「パステルカラー」を選ぶと後々後悔する可能性大

ただし、「パステルカラー」を選ぶと後々後悔する可能性大です!

なぜなら、パステルカラーは柔らかな印象を与える一方で、色が淡いために汚れが目立ちやすく、清潔感を保つための手入れに時間と手間がかかるからです。

実際、淡いピンクやライトブルーといったパステルカラーのパネルは、水垢や石鹸カスが目立ちやすい傾向があります。さらに、湿気の多い浴室ではカビが生えやすく、定期的な掃除を怠ると清潔さを損ないます。加えて、パステルカラーはトレンドの変化に影響されやすく、数年後にはデザインが古く感じられることがあるため、飽きてしまうリスクもあります。

以上の理由から、お風呂のアクセントパネルにパステルカラーを選ぶと、汚れやカビが目立ちやすくなるため、手入れに手間がかかり、さらにデザインの陳腐化による後悔のリスクが高まります。

今すぐお風呂のリフォームで後悔したくない人におすすめの対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。自分の理想に近いリフォームプランを無料でもらうことができます。

お風呂のリフォームで後悔したくない人におすすめの対策

ここまで、お風呂のアクセントパネルに関する評判をご紹介してきました。

お風呂のアクセントパネルを設置して後悔した声はあります。ですが、すべてのユーザーが後悔しているわけではなく、設置して得られるメリットもあります。

つまり、お風呂のアクセントパネル設置にも向き不向きがあるということ。リフォームの目的次第ですが、必要ないのに設置してしまえば、それこそお風呂に入るたびに「後悔する末路」が待っています。

では、アクセントパネルは必要なのか?設置するにもどれくらいの費用がかかるのか?正直わからないですよね。

調べるにも手間で、何よりリフォーム会社1社1社に連絡して見積りを取るなんてしていたら、いくら時間があっても労力がかかり過ぎて発狂してしまいます。

でも実は、お風呂のリフォームで後悔したくない人におすすめの対策があることをご存知でしょうか?

その対策というのが、「無料の一括見積もり」を活用することです。

リフォーム会社を複数社まとめて比較して、その中から最も自分の理想に近いリフォームプランを決めるのが後悔しない最適な方法です。

一人で悩んでいても解決策は見出せません。
複数のリフォームプランをもらって比較した方が、イメージは湧きやすいですし、何より複数比較するので後悔するリスクも回避できます。

そして、リフォーム会社から一括見積もりを取るのにおすすめなのが「タウンライフリフォーム」を利用する方法です。

タウンライフリフォームは、リフォーム会社があなたの要望や希望に基づいて、リフォームのアドバイスや見積もりを無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフリフォームのリフォーム会社は、全国710社以上(2024年5月現在)。大手リフォーム会社から地域密型工務店まで独自の基準をクリアした優良リフォーム会社の中から、好みにあった会社を自分で選んで見積りをもらうことができます。

タウンライフリフォームを活用するメリット

  • 無料で「見積り」「リフォームプラン」「アイデア&アドバイス」が届く!
  • しつこい営業なし!優良リフォーム会社のみ登録しているから安心して依頼できる!
  • 提案への断りがしにくいときはタウンライフリフォームが代わりにお断りを伝言できる!

タウンライフリフォームの利用に向いてる人

  • リフォーム会社の見積りやプランをまとめて比較したい人
  • 無料の一括見積もりを依頼して、しつこい営業を受けたくない人
  • ネットで簡単に情報を集めたいけど、優良リフォーム会社とだけやり取りしたい人

アクセントパネルの設置だけでなく、リフォーム・家づくりで後悔したくない、でも何から手を付けたらいいのかわからない。

今まさにリフォームを計画している方、今はまだ具体的には考えていなくても将来的にリフォームを検討していて情報収集したい方に活用してもらいたいサービスです。

\累計利用者数40万人を突破!/
『タウンライフリフォーム』で無料の一括見積りを依頼する
【公式サイト:https://www.town-life.jp

【Q&A】後悔した声が聞こえるお風呂のアクセントパネルのよくある疑問

最後に後悔した声が聞こえるお風呂のアクセントパネルのよくある疑問をまとめます。

【質問1】お風呂の水垢が目立つ色は何色ですか?

「お風呂の水垢が目立つ色は何色ですか?」

お風呂のアクセントパネルで水垢が目立つ色は、濃い色と淡い色の両方が該当します。濃い色では水垢の白い痕跡が際立ちやすく、特に黒やダークブラウン、濃い青といった色合いでは顕著です。逆に、淡い色ではカビや汚れの黒ずみが浮かび上がりやすく、白や淡いピンク、ライトブルーなどで目立ちます。

実際、黒系のパネルを選ぶと、シャワーの水や石鹸カスの白い痕跡が明らかになり、頻繁な掃除が必要になります。一方で、白系のパネルでは、石鹸カスが茶色に変色したり、カビの黒ずみが生じたりすると特に汚れが目立ちます。いずれの場合も、定期的な掃除と適切な清掃方法が大切です。

したがって、水垢が目立つ色は濃い黒系や淡い白系の色であるため、お風呂のアクセントパネルを選ぶ際は、掃除の頻度やお手入れのしやすさも考慮することが大切です。

【質問2】風呂のカビが目立たない色は何色ですか?

「風呂のカビが目立たない色は何色ですか?」

お風呂のアクセントパネルでカビが目立たない色は、グレーや青系の色が挙げられます。カビの多くは黒や緑、赤茶色といった色合いで発生するため、グレーや青系のパネルと色味が似ているためにカビが目立ちにくいからです。

例えば、グレー系のパネルでは黒いカビが付着しても、色味のコントラストが少ないために気づきにくくなります。また、ブルー系のパネルは水や石鹸カスの汚れと似たトーンで、微細なカビや汚れが目立ちにくい傾向があります。ただし、カビ自体が健康に悪影響を与える可能性があるため、目立たない色を選ぶ場合でも、定期的な清掃と換気は欠かさないようにすることが大切です。

以上のことから、お風呂のアクセントパネルでカビが目立たない色はグレーや青系であるため、カビの存在感を軽減したい場合におすすめです。ただし、清潔で衛生的な浴室を維持するためには、定期的な掃除と換気を心がけることが大切です。

【質問3】ユニットバスの床の色はどれがおすすめ?

「ユニットバスの床の色はどれがおすすめ?」

ユニットバスの床の色としておすすめは、グレーやベージュなどの中間色です。なぜなら、これらの色は汚れが目立ちにくく、カビや水垢のコントラストが控えめであるため、手入れのしやすさと清潔感を保ちやすいからです。

例えば、グレーの床材は水や石鹸カスの白い痕跡が比較的目立ちにくく、頻繁な清掃をしなくても見た目の清潔感を維持しやすいです。さらに、ベージュの床材は明るい雰囲気を保ちつつも、汚れが他の色に比べて浮かびにくい特徴があります。これにより、カビが発生した場合も清掃が行いやすく、衛生的な状態を保ちやすくなります。

ですので、ユニットバスの床の色はグレーやベージュの中間色が特におすすめです。見た目と実用性を兼ね備えたこれらの色を選ぶことで、清潔感を保ちながら、快適なバスルーム空間を作り出せます。

まとめ:お風呂にアクセントパネルを採用して後悔した理由と色の選び方

お風呂にアクセントパネルを採用して後悔した理由と色の選び方をまとめてきました。

改めて、お風呂にアクセントパネルを採用して後悔した理由をまとめると、

お風呂にアクセントパネルを採用して後悔した理由

  • ダサいデザインのものが多いから
  • 掃除しないと水垢が目立つから
  • 設置のオプション費用が高いから
  • 全体のカラーバランスが難しいから
  • 柄なしだと掃除が大変になるから

お風呂のアクセントパネルを設置して後悔した声はあります。

ですが、すべてのユーザーが後悔しているわけではなく、設置して得られるメリットもあります。