子供部屋は3畳だと狭い?後悔する?理想的な広さと間取り決めで失敗しないための対策

「子供部屋は3畳だと狭いかな?」

「子供部屋の理想的な広さはどれくらい?」

夢のマイホーム実現で悩ましいのが「子供部屋の広さ」

子供はすぐに大きくなります。
今の広さが最適でも、年齢を重ねるごとに手狭になるのは容易に想像できること。

では、どれくらいの広さがいいのか?間取り決めで失敗しないために何をすればいいのか?

このようなお悩みに、子供部屋は3畳だと後悔するのかの結論と理想的な広さや間取り決めで失敗しないための対策を詳しく解説していきます!

子供部屋の広さで悩まないためにはどうすればいいのか?

子供部屋の広さには悩みますよね。注文住宅や家づくりで着工後の変更は難しいです。かといってリフォームするにも多額の費用がかかるため、後々後悔したくないのが本音。

後悔しないためにも、家づくりは事前の検討や入念なリサーチが欠かせない一大イベントなんです。

とはいえ、どうすればいいのか?何を調べればいいのか?迷っているから、今まさに検索して情報収集しているんですよね。

でも実は、子供部屋の間取り決めで失敗しないための対策があります。

その対策というのが「家づくり計画書の作成依頼」を活用することです。

結局のところ、後悔するリスクを回避するには「家づくりのプロ」にお願いするのが最適解です。

なかでも、運営歴11年の歴史を持つ「タウンライフ家づくりを活用すれば、全国1,180社以上(2024年6月現在)の注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれます。

✅タウンライフ家づくりを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。子供にも喜んで欲しいし、何より後悔も妥協もしたくない。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的に考えていなくても将来的にはマイホームを持ちたい方で、失敗したくない方に活用してもらいたいサービスです。

\累計利用者数40万人を突破!/
『タウンライフ家づくり』今すぐ無料で家づくり計画書の作成を依頼する
【PR】タウンライフ

【結論】子供部屋は3畳だと後悔する?

子供部屋は3畳だと後悔するのかどうか?

結論からいうと、子供部屋が3畳だと後悔するかどうかは、個々の家庭のニーズやライフスタイルによって異なります。

ただし、子供部屋の広さは平均6.4畳です(出典:アットホーム調べ)。ですので、3畳の部屋は非常にコンパクトで、特に家具や収納スペースが限られるため、成長する子供の生活には窮屈に感じることが多いといえるでしょう。

例えば、学習机やベッド、クローゼットを置くと、動き回るスペースがほとんどなくなってしまうことがあります。また、友達を招いたり遊ぶスペースがないため、子供がストレスを感じることも考えられます。

このように、3畳の子供部屋はスペースの制約からくる様々な問題を抱えやすく、結果として後悔することが多いと言えるでしょう。したがって、可能であれば、もう少し広い部屋を用意することが子供にとって理想的な環境を提供する上で望ましいと考えられます。

ただし、収納の工夫や家具の選び方によっては、十分に機能的な空間にすることも可能です。最終的には、家庭の環境や子供の性格、ライフスタイルに応じて、適切な部屋の広さを選ぶことが重要です。

今すぐ子供部屋の間取り決めで失敗しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で間取りプランなど家づくりに必要な計画書をもらうことができます。

子供部屋が3畳だと後悔した事例6選

結論、子供部屋が3畳だと一般的には狭い(=後悔する)です。

では具体的に、子供部屋が3畳だとどういった点に後悔するのか?

実体験も交えながら子供部屋が3畳だと後悔した事例6選をご紹介します。

【後悔1】大きくなると狭くてしんどい

まず1つ目の感じた後悔した点は「大きくなると狭くてしんどい」

3畳の子ども部屋は、小学校の低学年だと不足のないサイズでも、高学年以上になると、窮屈に感じる可能性があります。

たとえば、シングルベッドと勉強机を置くと、ほとんど部屋が埋まってしまうため、身体の大きくなったお子さんには、つらくなるかもしれません。

実際に、リフォーム業者が実施した子育て世帯に対するアンケート調査によると、必要だと感じる子ども部屋の広さは、

必要だと感じる子ども部屋の広さ

  • 6畳:54.6%
  • 5畳:17.3%
  • 4.5畳:14.7%

6畳が最も多いことがわかります。

上記のアンケートからわかるように、3畳だと狭いと感じる可能性が高いです。

以上のように、大きくなると狭くてしんどい点が、子供部屋が3畳だと後悔した事例のひとつとなります。

【後悔2】収納部分の確保が難しい

次に2つ目の感じた後悔した点は「収納部分の確保が難しい」

実体験ですが、子供部屋が3畳だと、収納部分の確保が難しいことも後悔ポイントのひとつ。

子供の学年が上がるにつれて、授業に必要な道具や教材も増えるため、荷物は多くなる一方です。

実際に、ハウスメーカーのアンケート調査で、子供部屋に設けた収納の広さを尋ねたところ、

子供部屋に設けた収納の広さ

  • ~1帖:37%
  • 収納は無い:29.6%
  • ~0.5帖:22.2%

収納が無いと答える世帯が意外と多い結果となっています。

上記の結果からわかることは、どの家庭も、収納の見立てが難しいことを表しているということ。

したがって、収納は後悔ポイントとして、十分ありえる項目だと言えます。

以上のように、子供部屋が3畳だと後悔した事例として、収納部分の確保が難しい点が挙げられます。

【後悔3】圧迫感があってくつろげない

3つ目の感じた後悔した点として「圧迫感があってくつろげない」

3畳の子供部屋は、実質的な広さが約180cm×約270cmしかありません。

ですので、狭い場所が苦手なお子さんには、圧迫感を覚える可能性があります。

実際、日本建築学会の「床面積の違いが空間の印象評価に与える影響」の論文によると、空間の広さは、落ち着きと関係性が高いことが実証されています。

したがって、狭い子供部屋は、お子さんが落ち着けないと感じることは容易に起こりえるため、事前の検討はしっかり行っておく必要があります。

以上のように、圧迫感があってくつろげない点が、子供部屋が3畳だと後悔した事例に挙げられます。

今すぐ子供部屋の間取り決めで失敗しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で間取りプランなど家づくりに必要な計画書をもらうことができます。

【後悔4】恥ずかしくて友達が呼べない

4つ目に感じた後悔した点として「恥ずかしくて友達が呼べない」

体験談にもある通り、部屋が狭いと、子供が学校の友達を呼べないと感じることもあります。

主な理由として、3畳の部屋は、一般的な子供部屋よりも狭いため、恥ずかしいと感じてしまう事例があるから。

実際、アットホームが実施した子どものための住まい探しに関する調査では、子育ての経験がある男女に、子供部屋の広さを尋ねたところ、

子ども部屋の広さはどのくらいですか?

  1. 6.0~6.9畳:56.0%
  2. 5.0~5.9畳:17.2%
  3. 4.0~4.9畳:9.6%

上記の通り、6.0畳~が半数以上という結果が出ています。

子供部屋の平均が6.4畳なので、3畳の部屋だと友達に小さいと思われる可能性が高いですね。。。

以上のように、子供部屋が3畳だと後悔した事例として、恥ずかしくて友達が呼べない点が入ります。

【後悔5】歩くスペースしかなくなる

5つ目に感じた後悔した点として「歩くスペースしかなくなる」

3畳の子供部屋は、寝る以外の行動が制限されるため、後悔する可能性があります。

子供部屋は、狭い方が自立心が生まれやすいとの意見もありますが、狭いとストレスを感じやすく、精神衛生的には良くないと考えられます。

実際に、家庭500人に実施した子ども部屋を用意したタイミングに関する意識調査によると、子供部屋の悩みは、

子供部屋の悩み

  • 狭い:89人
  • 収納が足りない:59人
  • 日当たりが悪い:34人

上記結果の通り、圧倒的に「狭さ」を挙げる人が多いです。

そのため、3畳の部屋だと、子供が狭さを感じる可能性が高いです。

以上のように、歩くスペースしかなくなる点は、子供部屋が3畳だと後悔した事例になります。

【後悔6】プライバシーが確保しにくい

そして6つ目に感じた後悔した点として「プライバシーが確保しにくい」

子供部屋が3畳だとプライバシーの確保が難しいです。なぜなら、限られたスペースでは個々の空間を持つことが困難であり、家族間の距離が物理的に近くなるためです。

たとえば、3畳の部屋に学習机、ベッド、収納家具を配置すると、ほとんど余裕がなくなります。特に、兄弟姉妹がいる場合、共有の時間が多くなり、個人の時間や空間が奪われがちです。また、3畳という狭さでは、音や光が容易に伝わりやすく、集中して勉強する際やリラックスする際にも影響を受けやすいです。

以上の点から、3畳の子供部屋ではプライバシーを確保することは難しく、結果的に後悔することになり得ます。

今すぐ子供部屋の間取り決めで失敗しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で間取りプランなど家づくりに必要な計画書をもらうことができます。

後悔しない子供部屋の理想的な広さは何畳か?

ここまで、子供部屋が3畳だと後悔した事例についてご紹介してきました。

では、理想的な子供部屋の広さは何畳なのか?

最も気になる後悔しない子供部屋の理想的な広さは何畳か?について、子供の人数や年齢に応じて解説します。

子供1人で部屋を使う場合

まず、子供1人で部屋を使う場合についてです。

結論から先にお伝えすると、子供1人で部屋を使う場合の理想的な広さは「約3畳~約9畳」です。

居住する家の形態によって異なりますが、子供部屋の広さを算出するにあたって、国交省の資料を基に試算していきます。

まず、国交省の「住生活基本計画における「水準」について」の資料によると、世帯人数別の居住面積水準は、

最低居住面積水準

  • 3人世帯:40平米 = 約12坪 = 約24畳

誘導居住面積水準(多様なライフスタイルを想定した場合の面積水準)

  • 〈都市部のマンション型〉3人世帯:75平米=約23坪=約46畳
  • 〈郊外の戸建て型〉3人世帯:100平米=約30坪=約60畳

上記の水準が、試算されています。

これらの水準を基に、子供1人分の部屋の広さを換算すると、

子供1人分の部屋の広さ

  • 「最低居住面積」:5平米 = 約3畳
  • 「誘導居住面積(都市部のマンション型)」:10平米 = 約6畳
  • 「誘導居住面積(郊外の戸建て型)」 :15平米 = 約9畳

上記のような結果になります。

ただし、リノベーション施工業者の意見によると、「戸建100平米」と「マンション76平米」は、戸建の平米数に階段が含まれるため、ほぼ同じスペースだとか。

したがって、子供1人で部屋を使う場合の理想的な広さは「約3畳~約9畳」となります。

子供2人で部屋を使う場合

次に、子供2人で部屋を使う場合についてです。

こちらも先に結論からお伝えすると、子供2人で部屋を使う場合の理想的な広さは「約6畳~約12畳」です。

同様に国交省の「住生活基本計画における「水準」について」の資料から、世帯人数別の居住面積水準は、

最低居住面積水準

  • 4人世帯:50平米 = 約15坪 = 約30畳

誘導居住面積水準(多様なライフスタイルを想定した場合の面積水準)

  • 〈都市部のマンション型〉4人世帯:95平米 = 約29坪 = 約58畳
  • 〈郊外の戸建て型〉4人世帯:125平米 = 約38坪 = 約76畳

上記の水準が、試算されています。

これらの水準を基に、子供2人分の部屋の広さを換算すると、

子供2人分の部屋の広さ

  • 「最低居住面積」:10平米 = 約6畳(子供1人3畳)
  • 「誘導居住面積(都市部のマンション型)」:15平米 = 約9畳(子供1人4.5畳)
  • 「誘導居住面積(郊外の戸建て型)」 :20平米 = 約12畳(子供1人6畳)

上記のような広さが試算できます。

したがって、子供1人で部屋を使う場合の理想的な広さは「約6畳~約12畳」になります。

高校生の場合

そして、高校生の場合についてです。

高校生新聞のアンケート調査では、「自分だけの部屋がある」人に、具体的な広さを尋ねたところ、

自分だけの部屋がある人の具体的な広さ

  • 6~7畳:48%
  • 4~5畳:28%
  • 8~9畳:14%

上記結果の通り、6~7畳が最も多いことがわかります。

したがって、先ほどの国交省の「居住面積水準」から考えると、3人世帯の最低居住面積水準(5平米)だと、やや狭く感じられる可能性が高いです。

一方で、「誘導居住面積」の「マンション型」(10平米)は約6畳なので、高校生の場合、「誘導居住面積」以上が望ましいと考えられます。

今すぐ子供部屋の間取り決めで失敗しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で間取りプランなど家づくりに必要な計画書をもらうことができます。

子供部屋を3畳に決めた場合のレイアウトパターン

ここまで、子供部屋の理想的な広さについて詳しく解説してきました。

なかにはすでに、子供部屋を3畳に決めている方もいるでしょう。

ここからは、具体的な子供部屋を3畳に決めた場合のレイアウトパターンについてご紹介します。

【レイアウト1】縦長タイプは寝室に特化した部屋

まず1つ目のレイアウトパターンが「縦長タイプは寝室に特化した部屋」

長方形タイプの部屋であれば、ベッドをひとつ置くと勉強机を置くスペースがなくなる可能性があります。

ですので、あえて学習机は置かずに、キャビネットとハンガーラックを設けて、寝室特化型にするのが、レイアウトパターンのひとつ。

子供の勉強は、リビングでさせるといったご家庭は、意外に多いです。リビング学習だと、子供の学習を見守れるし、なにより子供とコミュニケーションをとる機会が増えます。

ベッドの足元にあるデッドスペースに、ハンガーラックを置くと、収納スペースを有効に活用することができ、すっきりした空間にすることができます。

【レイアウト2】正方形タイプならコンパクトな勉強部屋

次に2つ目のレイアウトパターンは「正方形タイプならコンパクトな勉強部屋」

3畳でも正方形であれば、比較的家具のレイアウトが組みやすいです。

たとえば、一方の壁面いっぱいにベッドを置くことができれば、空いた半分のスペースに勉強机と細長いキャビネットを設置することができます。

具体的なレイアウトパターンとして、

  • ベッドと机を並べて設置した場合、反対側にキャビネットを置く
  • ベッドに背を向けて机を置いた場合、机の隣にキャビネットを置く

上記2パターンを想定することができ、入り口の場所に応じて対応が可能です。

キャビネットは、ハンガーラックでも代用可能ですし、子供の成長に合わせて背の高いキャビネットを設置する等のアレンジも手軽に行えます。

【レイアウト3】縦長タイプでもロフトベッドで机のある部屋

そして3つ目のレイアウトパターンが「縦長タイプでもロフトベッドで机のある部屋」

3畳の縦長タイプでも、ロフトベッドを活用すれば、ベッドの下にキャビネットや勉強机を置くことができます。

小さな部屋は平面スペースだけでなく、立体スペースを有効に活用することで、ゆったりとした空間を作ることができます。

ロフトタイプのベッドは、天井の高さが2.5m以上あるほうが、圧迫感が少なく、かつベッド下の空間を活用しやすくなります。

また、このレイアウトパターンであれば、子供が成長しても、手狭さを感じず、無理なく過ごすことができると考えられます。

今すぐ子供部屋の間取り決めで失敗しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で間取りプランなど家づくりに必要な計画書をもらうことができます。

後悔する前に確認しておきたい子供部屋を3畳にする注意点

ここまで、子供部屋の広さについて網羅的に情報をご紹介してきました。

子供部屋の広さは悩みますよね。

注文住宅や家づくりで着工後の変更は難しいです。リフォームするにも多額の費用がかかるため、後々後悔したくないのが本音。

ここでは、改めて後悔する前に確認しておきたい子供部屋を3畳にする注意点をまとめていきます。

【注意点1】収納スペースを確保する

まず必ず確認したいのは「収納スペースを確保する」

子供部屋を3畳にする場合は、収納スペースを確保することが非常に重要です。なぜなら、限られたスペースでは物が散乱しやすく、生活や学習環境が悪化するためです。

具体例として、収納ベッドを使用することで、ベッド下に大容量の引き出しを設置し、衣類やおもちゃを整理整頓できます。また、壁面収納を活用することで、床面積を有効に使いながら書籍や学用品を収納できます。さらに、収納ボックスやラックを活用し、クローゼット内のデッドスペースを有効活用することもおすすめです。例えば、無印良品IKEAの収納アイテムは、狭い部屋向けにデザインされた製品が多く、使い勝手が良いです。

以上のように、子供部屋が3畳だと収納スペースの確保は難しいため、限られたスペースを工夫する方法を事前に考案しておくのがよいでしょう。

【注意点2】家具の配置を事前にシミュレーションする

さらに大切なのが「家具の配置を事前にシミュレーションする」

子供部屋を3畳にする場合は、家具の配置を事前にシミュレーションすることが重要です。なぜなら、限られたスペースを有効に活用し、快適な生活環境を確保できるようになるからです。

シミュレーションの具体的なやり方としては、オンラインの間取りシミュレーションツールを活用することで、家具の配置を視覚的に確認できます。例えば、以下のようなツールを使用すると、3Dで部屋のレイアウトを試すことができ、実際の家具配置を具体的にイメージできます。

間取りシミュレーションツール

また、家具の寸法を正確に測り、配置場所を事前に決めることで、スペースの無駄を防ぎ、効率的な動線を確保できます。例えば、学習机を窓際に配置し、自然光を利用して快適な学習環境を作ることができます。

以上のように、家具の配置を事前にシミュレーションすることで、狭いスペースでも機能的で快適な部屋作りが可能です。

【注意点3】子どもの成長を見越したレイアウト設計にする

そして何より大切なのが「子どもの成長を見越したレイアウト設計にする」

子供部屋を3畳にする場合は、子どもの成長を見越したレイアウト設計が重要です。理由は、成長に伴い必要な家具やスペースが変わるため、柔軟に対応できる設計が必要だからです。

一例を示すと、システムベッドを使用することで、ベッド、デスク、収納を一体化させ、成長に合わせて配置を変更できます。また、収納棚やクローゼットの高さを調整できるタイプを選ぶことで、小さい頃は低い位置に収納スペースを設け、大きくなるにつれて高い位置に変更できます。さらに、フレキシブルな家具を選ぶこともおすすめです。実際、伸縮可能なデスクや、用途に応じて組み替えができるモジュール式の収納家具を活用することで、成長に応じた使い方が可能です。

以上のように、子どもの成長を見越したレイアウト設計をすることで、狭いスペースでも長期的に子供部屋の快適な環境を維持できます。

【無料】子供部屋の間取り決めで失敗しないための対策

ここまで、子供部屋の広さに関する情報を詳しくご紹介してきました。

子供部屋の広さには悩みますよね。注文住宅や家づくりで着工後の変更は難しいです。かといってリフォームするにも多額の費用がかかるため、後々後悔したくないのが本音。

そのためにも、家づくりは事前の検討や入念なリサーチが欠かせない一大イベントなんです。

とはいえ、どうすればいいのか?何を調べればいいのか?迷っているから、今まさに検索して情報収集しているんですよね。

「結局、自分に合うハウスメーカーはどこなのか?」

「かといって、わざわざ1社1社連絡して、見積もりもらうのは億劫すぎる。」

「自分の要望に沿った具体的な間取りプランを無料でもらえたら、イメージしやすいんだけど。」

実は、これら家づくりの不安や悩みに応えた子供部屋の間取り決めで失敗しないための対策があります。

その対策というのが「家づくり計画書の作成依頼」を活用することです。

結局のところ、後悔するリスクを回避するには「家づくりのプロ」にお願いするのが最適解です。

なかでも、運営歴11年の歴史を持つ「タウンライフ家づくりを活用すれば、全国1,180社以上(2024年6月現在)の注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれます。

タウンライフ家づくりを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。子供にも喜んで欲しいし、何より後悔も妥協もしたくない。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的に考えていなくても将来的にはマイホームを持ちたい方で、失敗したくない方に活用してもらいたいサービスです。

\累計利用者数40万人を突破!/
『タウンライフ家づくり』今すぐ無料で家づくり計画書の作成を依頼する
【PR】タウンライフ

【Q&A】3畳だと後悔すると言われる子供部屋のよくある疑問

最後に3畳だと後悔すると言われる子供部屋のよくある疑問をまとめます。

【疑問1】新築で子供部屋は3畳だと後悔する?

「新築で子供部屋は3畳だと後悔する?」

結論、新築で子供部屋を3畳にすると後悔する可能性が高いです。なぜなら、3畳では成長する子供に必要なスペースや機能を十分に提供できないためです。

実際、3畳の部屋にベッド、学習机、収納家具を配置すると、ほとんど余裕がなくなり、遊ぶスペースや自由な動きが制限されます。また、収納スペースが不足し、物が散乱しやすくなるため、部屋が常に散らかりがちです。さらに、3畳という狭い空間では、学習や休息のための快適な環境を整えるのが難しく、プライバシーの確保も困難です。

以上の点から、新築で子供部屋を3畳にする場合は、後悔する可能性が高いです。より広い部屋を検討することをおすすめします。

【疑問2】子供を一人部屋にするのは何歳頃が適切ですか?

「子供を一人部屋にするのは何歳頃が適切ですか?」

結論からいうと、子供を一人部屋にする適切な年齢は一般的に6歳から12歳の間です。理由として、この時期に子供は自立心が芽生え、個人の空間を持つことが重要になるためです。

実際、小学校に入学する6歳頃から一人部屋を与える家庭が多いです。小学校低学年では、学習習慣を身につけるための専用スペースが必要になります。また、友達と遊ぶ機会が増える中高学年(10歳から12歳)では、プライバシーを尊重するために一人部屋が望まれます。さらに、自立心を育むためにも個室で過ごす時間が有益です。

以上の理由から、子供を一人部屋にする適切な年齢は、6歳から12歳の間が一般的であり、この時期に個室を与えることで、自立心や学習習慣の形成をサポートできます。

【疑問3】3畳の子供部屋が狭くてもロフトベッドを使えば快適になる?

「3畳の子供部屋が狭くてもロフトベッドを使えば快適になる?」

3畳の子供部屋でもロフトベッドを使えば快適になる可能性があります。なぜなら、ロフトベッドを活用することで限られた床面積を有効に使い、空間を広く使えるからです。

実際、ロフトベッドの下に学習机や収納家具を配置することで、部屋全体の使い勝手が向上します。例えば、ベッド下に高さ120cmのデスクを設置すれば、学習スペースが確保でき、床面積を有効活用できます。また、収納スペースを増やすために引き出しや棚を組み合わせることで、部屋が整理整頓されやすくなります。さらに、ベッド下にソファや遊び場を設けることで、子供のリラックスや遊びの空間を確保できます。

したがって、ロフトベッドを活用することで、3畳の子供部屋でも快適な空間を作り出すことが可能です。

【疑問4】参考までに3畳の子供部屋を画像で調べるにはどうすればいい?

「参考までに3畳の子供部屋を画像で調べるにはどうすればいい?」

3畳の子供部屋の画像を調べるには、インターネットを活用するのが最も効果的です。

たとえば、Google画像検索やPinterestを利用する方法があります。Google画像検索では「3畳 子供部屋 レイアウト」や「3畳 子供部屋 インテリア」などのキーワードで検索すると、多くの画像が表示されます。また、Pinterestでは「3畳の子供部屋」のボードを検索し、他のユーザーが保存したアイデアやレイアウトを参考にできます。さらに、インテリア関連のブログやサイトでも「3畳 子供部屋」の実例が掲載されていることが多いため、具体的な情報やアドバイスを得ることができます。

ですので、インターネット検索を活用することで、3畳の子供部屋の参考画像や実例を簡単に見つけることができます。

まとめ:子供部屋は3畳だと後悔するのかの結論と理想的な広さ

子供部屋は3畳だと後悔するのかの結論と理想的な広さをまとめてきました。

結論、子供部屋が3畳だと一般的には狭い(=後悔する)です。なぜなら、子供部屋の広さは平均6.4畳だから。

改めて、子供部屋が3畳だと後悔した事例をまとめると、

子供部屋が3畳だと後悔した事例

  • 大きくなると狭くてしんどい
  • 収納部分の確保が難しい
  • 圧迫感があってくつろげない
  • 恥ずかしくて友達が呼べない
  • 歩くスペースしかなくなる
  • プライバシーが確保しにくい

上記のように、3畳の子供部屋はスペースの制約からくる様々な問題を抱えやすく、結果として後悔することが多いと言えるでしょう。

したがって、可能であれば、もう少し広い部屋を用意することが子供にとって理想的な環境を提供する上で望ましいと考えられます。