壁掛けテレビにするのは時代遅れ?実際の体験談と採用してよかったと感じるメリット

「壁掛けテレビにするのは時代遅れってホント?」

「メリット・デメリットは?費用はどれくらいかかる?」

新築の注文住宅やリフォームで、一度は考える「壁掛けテレビ」

テレビを壁掛けにするだけで、リビングがおしゃれに、スタイリッシュになったと感じるのは私だけでしょうか?

壁掛けテレビにすることで得られるメリットは多い反面、一部で「壁掛けテレビは時代遅れ」との声も聞かれ、なぜなのか。

今後、注文住宅やリフォームで壁掛けテレビを検討している人にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!壁掛けテレビにするのは時代遅れなのかの結論と採用するメリット・デメリットについて詳しく解説していきます!

【結論】壁掛けテレビにするのは時代遅れ?

壁掛けテレビにするのは時代遅れなのかどうか?

結論からいうと、壁掛けテレビは必ずしも時代遅れではない、と言えます。なぜなら、壁掛けテレビの人気は今でも根強いから。実際、多くの家庭や企業が、スタイリッシュで空間を有効に活用できることから壁掛けテレビを選んでいます。特に、リビングルームや会議室などで見た目をすっきりとさせるために、壁掛けスタイルが好まれます。壁掛けテレビは視聴位置や角度を自由に調整できるため、快適な視聴環境を提供します。

また、技術の進歩によって壁掛けテレビの設置が簡単になってきていることも重要な要素です。以前は取り付けが難しかったり、特別な道具が必要だったりしましたが、現在では簡単に設置できるキットが販売されており、DIYで取り付けることも可能です。さらに、テレビ自体も薄型化が進んでおり、壁にかけることを前提とした設計がされています。

さらにいうと、スマートテレビの普及により、壁掛けテレビの価値がさらに高まっています。スマートテレビはインターネットに接続してストリーミングサービスやアプリを利用できるため、リビングルームのエンターテイメントハブとして機能します。これにより、壁掛けテレビは単なる映像表示装置ではなく、多機能なデバイスとしての役割を果たします。

以上のように、壁掛けテレビはその利便性やデザイン性から依然として多くの支持を受けており、時代遅れとは言えません。しかし、個々のライフスタイルやインテリアの好みによっては、他の選択肢を検討する価値もあります。

今すぐ注文住宅で壁掛けテレビを設置して後悔しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料でオリジナルの家づくり計画書をもらうことができます。

壁掛けテレビは時代遅れだと感じた体験談5選

ではなぜ、「壁掛けテレビは時代遅れ」と囁かれるのか?

具体的な壁掛けテレビは時代遅れだと感じた体験談5選をご紹介します。

【体験談1】テレビを見る機会が少ない

まず1つ目の時代遅れと感じた体験談は「テレビを見る機会が少ない」

壁掛けテレビを設置しても、そもそもテレビを見ない、といった人の意見がありました。

近年、メディア環境の変化により、テレビを視聴する人の割合が減少しているため、テレビ視聴自体が時代遅れといった見方もできます。

実際に、NHKが実施した「国民生活時間調査(2020)」で、年代別のテレビ視聴者の割合を見てみると、

テレビ視聴者の割合【年代別×平日】 2015年 2020年
16~19歳 71% 47%
20代 69% 51%
30代 75% 63%
40代 81% 68%
国民全体 85% 79%

上記の結果をみても明らかですが、若い世代を中心に、1日にテレビを見る人の割合が減っていることがわかります。

以上を踏まえると、テレビを見る機会が少ない点が、壁掛けテレビを時代遅れだと感じる要因のひとつとなります。

今すぐ注文住宅で壁掛けテレビを設置して後悔しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料でオリジナルの家づくり計画書をもらうことができます。

【体験談2】買い替え時にコストがかかる

次に2つ目の時代遅れと感じた体験談は「買い替え時にコストがかかる」

壁掛けテレビは、通常のテレビに比べて、買い替え時にお金がかかるといった意見があります。

たとえば、取り付け金具やフレームの設置など、本体価格以外にもお金がかかるため、通常のテレビよりも割高になります。

実際、家電量販店「ケーズデンキ」の情報から壁掛けテレビの設置料金の目安を見てみると、

壁掛けテレビの設置料金の目安

  • 薄型テレビの新規壁掛け取り付け料金:16,500円~
  • 既存壁掛け金具を再利用した壁掛けテレビの入替:7,700円~
  • 壁面スタンドの新規組立と壁への取付料金:5,500円~

本体価格以外にも、上記のような金額が追加される場合があります。

したがって、わざわざ壁掛けにするより、通常のテレビを設置する方が、経済的だという見方ができます。

ですので、買い替え時にコストがかかる点は、壁掛けテレビが時代遅れだと感じる要因に挙げられるでしょう。

【体験談3】配線や周辺機器の設置が難しい

3つ目の時代遅れと感じた体験談は「配線や周辺機器の設置が難しい」

壁掛けテレビにすると、配線や周辺機器に対する配慮も必要になります。

具体的には、壁掛けに伴う配線コードの収納や、レコーダーやスピーカー等の設置場所について、考える必要があります。

実際に、壁掛けテレビ専門店の情報で、周辺機器の設置に関する対処法を見ると、

周辺機器の設置に関する対処法

  • テレビ台をそのまま流用
  • 小型HDDを背面に設置
  • ウォールシェルフの設置
  • 使用時のみ取り出す
  • Wi-Fiでコネクト
  • ドライブ内蔵テレビを購入

通常のテレビよりも、手間や設置費用がかかる方法が多いです。

ですので、壁掛けにするメリットよりも、デメリットの方が多いと感じる人がいると予想されます。

以上のように、壁掛けテレビが時代遅れだと感じる要因として、配線や周辺機器の設置が難しい点が挙げられます。

【体験談4】見やすい位置に調整しづらい

4つ目の時代遅れと感じた体験談として「見やすい位置に調整しづらい」

テレビを壁掛けタイプにすると、見たい位置に調整するのが難しい点も、時代遅れに感じる要因のひとつ。

近年では、居間のレイアウトを気分によって変える人が多いため、壁に固定させるスタイルが時代のニーズに合致していない可能性が高いです。

実際に、引っ越し業者のアンケート調査によると、レイアウト変更を行った人にどの家電・家具を移動させたかを尋ねたところ、

どんな家具・家電の移動やレイアウト変更を行なったことがありますか?

  • テレビ(32インチ以上):44.7%
  • 本棚:36.0%
  • ベッド(シングル、セミダブル):28.8%

上記結果の通り、テレビが最もレイアウト変更で優先される家電であることがわかります。

主な要因として、テレビの場合、場所を移動させる目的が、気分転換以外にも、見やすさの調整のために行われている可能性も考えられます。

以上のように、壁掛けテレビが時代遅れに感じる体験談として、見やすい位置に調整しづらい点が挙げられます。

【体験談5】地震が起きたときにリスクが高い

そして5つ目の時代遅れと感じた体験談は「地震が起きたときにリスクが高い」

壁掛けテレビを設置している人の中には、地震の時のリスクを考える口コミも多く見られます。

たとえば、大きな揺れが発生した場合、壁掛けだと安定性が悪くなり、また、万一落下した際も、通常のテレビより損傷が大きくなります。

実際に、国民生活センターの家具などの転倒防止に関する意識調査アンケートで、転倒などの危険性が高い家具・家電を尋ねたところ、

転倒・落下・移動の危険性が高いと思う家具・家電

  • テレビ:62.4%
  • 食器棚:61.7%
  • たんす:55.5%

テレビが最も危険と答える人が一番多いです。

したがって、壁掛けテレビにすると、転倒・落下のリスクが高いため、時代遅れだと感じる人が多いと考えられます。

以上のように、地震がきたときにリスクの高さが、時代遅れに感じる体験談として挙げられると言えるでしょう。

今すぐ注文住宅で壁掛けテレビを設置して後悔しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料でオリジナルの家づくり計画書をもらうことができます。

なぜ?壁掛けテレビはやめとけと言われる理由

ここまで、壁掛けテレビは時代遅れだと感じた体験談についてご紹介してきました。

時代遅れと感じている人は一定数いるのは事実です。ただ、主観ではなく機能的なデメリットから壁掛けテレビは時代遅れと評価する声も挙がっています。

壁掛けテレビのデメリットは何なのか?壁掛けテレビはやめとけと言われる理由について解説していきます。

【理由1】配置場所が限られてしまうから

まず1つ目の理由として「配置場所が限られてしまうから」

テレビは、最も場所が固定されやすい家電のひとつ。

特に、壁掛けになると設置が大掛かりになるため、簡単に配置換えをすることが難しくなります。

実際、パナソニックの調査によると、引越しや模様替えで、場所が固定されやすいと思う家具・家電を尋ねたところ、

引越しや模様替えで、場所が固定されやすいと思う家具・家電は?

  • テレビ:83.0%
  • ソファ:47.4%
  • テーブル:31.4%

テレビがダントツの多さであることがわかります。

主な理由として、「アンテナ端子の近くにしか置けないから」との回答が多いことからも、テレビの配置の難しさがわかります。

ましてや壁掛けタイプにすると、設置する壁面も限定されるため、移動の難易度がさらに上がります。

したがって、壁掛けテレビはやめとけと言われる理由に、配置場所が限られてしまう点が挙げられるでしょう。

【理由2】設置工事が大掛かりで費用が高いから

次に2つ目の理由が「設置工事が大掛かりで費用が高いから」

壁掛けにすると、設置費用が高いため、やめとけと言われる理由になります。

壁掛けのメリットといえば、部屋がスッキリ見える点などが挙げられますが、そのメリットが費用コストに見合うだけのものなのか、考える必要があります。

実際に、各家電量販店での壁掛けテレビの設置費用を比べてみると、

壁掛けテレビの設置費用

量販店によってバラつきがあるものの、決して安くはない設置費用がかかります。

上記金額は、設置費用のみなので、本体価格や取り付け金具代などを含めると、出費はさらに多くなります。

ですので、設置工事が大掛かりで費用が高い点も、壁掛けテレビはやめとけと言われる理由となるでしょう。

【理由3】壁に穴を開ける必要があるから

3つ目の理由が「壁に穴を開ける必要があるから」

壁掛けテレビの最大のネックが、取り付けの際、壁自体に穴を開ける必要があること。

このために、設置工事が大変になり、また、移動させるのも難しくなります。

なにより、壁自体に傷がついてしまうのが、一番嫌だと感じてしまいますよね。

実際、テレビ金具販売業者が実施した「家具・家電の耐震対策アンケート調査」によると、壁掛けにしようと思わない理由として、

テレビを壁掛けしようと思わない理由

  1. 壁に穴を開けたくない:227名
  2. 考えたことがない:109名
  3. 面倒:90名
  4. お金がかかりそう:71名

上記結果をみてもわかる通り、壁に穴を開けたくない人が一番多い結果となっています。

ですので、壁を傷つけたくない人は、壁掛けテレビは控えた方が良いと言えます。

以上のように、壁掛けテレビはやめとけと言われる理由に、壁に穴を開ける必要がある点が挙げられます。

今すぐ注文住宅で壁掛けテレビを設置して後悔しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料でオリジナルの家づくり計画書をもらうことができます。

壁掛けテレビを採用してよかったと感じるメリット

ここまで、壁掛けテレビの評判について、詳しく解説してきました。

時代遅れと感じる理由はあります。しかし、壁掛けテレビにすることで得られるメリットももちろんあります。

ここからは、壁掛けテレビを採用してよかったと感じるメリットについてご紹介していきます!

【メリット1】スペースを有効活用できる

特にメリットとして感じるのは「スペースを有効活用できる」

壁掛けテレビは、スペースを有効活用できるという大きなメリットがあります。壁に取り付けることで、床や家具のスペースを占有せず、部屋全体が広く使えます。

例えば、従来のテレビスタンドを使用する場合、テレビの周囲にスペースが必要となり、家具の配置に制約が生じます。しかし、壁掛けテレビにすると、テレビ下のスペースを他の用途に活用でき、収納やデコレーションの幅が広がります。また、リビングや寝室の限られたスペースでも、壁に取り付けることで家具の配置が自由になり、部屋全体がすっきりと整います。スペースを有効に使うことで、生活空間が広く感じられ、日常の快適さが向上します。部屋をより広く、効率的に使いたい人にとって、壁掛けテレビは非常に有用な選択肢です。

【メリット2】日々の掃除が楽になる

負担になりがちな家事も「日々の掃除が楽になる」

壁掛けテレビは、日々の掃除が楽になるという利点があります。床に直接テレビが設置されていないため、掃除機やモップを使って簡単に掃除ができるのです。

例えば、従来のテレビスタンドを使用する場合、テレビ周りやスタンドの下にほこりが溜まりやすく、掃除が面倒になることが多いです。しかし、壁掛けテレビにすると、スタンドが不要になるため、床面全体をスムーズに掃除できます。また、ケーブルも壁の中に隠すことができるため、配線が絡まる心配もありません。これにより、部屋全体が常に清潔に保たれ、掃除の手間が省けるのです。掃除のストレスが減り、家事が楽になるという点で、壁掛けテレビは非常に便利な選択肢です。

今すぐ注文住宅で壁掛けテレビを設置して後悔しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料でオリジナルの家づくり計画書をもらうことができます。

【メリット3】配線を簡単に整理することができる

筆者が個人的に大きなメリットと感じるのが「配線を簡単に整理することができる」

壁掛けテレビは、配線を簡単に整理できるというメリットがあります。テレビを壁に掛けることで、配線を壁の中や専用の配線カバーに隠すことができ、見た目がすっきりします。

従来のテレビ台を使用する場合、複数のケーブルが絡まり、見栄えが悪くなることが多いです。しかし、壁掛けテレビにすることで、配線が目立たなくなり、部屋全体が整然とした印象になります。さらに、配線が床に散らばる心配がないため、小さな子供やペットがいる家庭でも安心して使用できます。見た目の美しさだけでなく、安全性も向上し、日々の生活が快適になる点で壁掛けテレビは優れた選択肢です。

【メリット4】部屋全体がモダンでスッキリとした印象になる

4つ目のメリットとして「部屋全体がモダンでスッキリとした印象になる」

壁掛けテレビは、部屋全体がモダンでスッキリとした印象になるというメリットがあります。壁に掛けることで、テレビ台や周囲の家具が不要になり、視覚的な雑然さが解消されます。

例えば、従来のテレビ台を使用する場合、テレビの周りに物が溢れがちで、部屋が狭く見えることがあります。しかし、壁掛けテレビにすることで、余計な家具がなくなり、部屋全体が広く感じられるようになります。また、シンプルなデザインの壁掛けテレビは、どんなインテリアにも調和しやすく、部屋の雰囲気を一層おしゃれに引き立てます。モダンで洗練された空間を実現し、居心地の良いリビングを作り上げる点で、壁掛けテレビは非常に優れた選択肢です。

【メリット5】視聴者の目線の高さや角度に合わせて設置できる

そして5つ目のメリットとして「視聴者の目線の高さや角度に合わせて設置できる」

壁掛けテレビは、視聴者の目線の高さや角度に合わせて設置できるという利点があります。これにより、長時間の視聴でも首や目に負担がかからず、快適にテレビを楽しむことができます。

例えば、ソファに座る位置や寝室でベッドに横たわる位置に合わせて、最適な高さと角度にテレビを設置できるため、常に最良の視聴体験が得られます。従来のテレビ台では、視聴者の目線に合わせることが難しく、不自然な姿勢でテレビを見ることになりがちですが、壁掛けテレビならこの問題が解消されます。視聴環境を最適化することで、家族全員がリラックスしてテレビを楽しむことができ、日々の生活がさらに豊かになります。視聴者の健康と快適さを考えた設置ができる点で、壁掛けテレビは優れた選択肢です。

今すぐ注文住宅で壁掛けテレビを設置して後悔しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料でオリジナルの家づくり計画書をもらうことができます。

時代遅れと言われても壁掛けテレビがおすすめな人の特徴

ここまで、壁掛けテレビのメリット・デメリットをご紹介してきました。

では、どういった人・ご家庭に壁掛けテレビは向いているのか?

時代遅れと言われても壁掛けテレビがおすすめな人の特徴についてまとめていきます。

【特徴1】視聴環境を最適化したい人

まず1つ目の特徴として「視聴環境を最適化したい人」

視聴環境を最適化したい人には、壁掛けテレビが非常におすすめです。壁掛けテレビは、視聴者の目線の高さや角度に合わせて自由に設置できるため、長時間の視聴でも首や目に負担がかかりません。

例えば、ソファやベッドでリラックスしている位置に合わせて、テレビの高さや角度を調整することができます。これにより、自然な姿勢で快適にテレビを楽しむことができ、視聴体験が向上します。従来のテレビ台を使用すると、目線が合わず不快な姿勢を強いられることがありますが、壁掛けテレビならその心配がありません。

家族全員がリラックスして楽しめる視聴環境を作り出すことで、日常生活がより豊かになります。視聴環境を最適化するために、壁掛けテレビは非常に優れた選択肢です。

【特徴2】部屋のスペースを有効に使いたい人

次に2つ目の特徴として「部屋のスペースを有効に使いたい人」

部屋のスペースを有効に使いたい人には、壁掛けテレビが非常におすすめです。壁にテレビを掛けることで、床や家具のスペースを広く確保でき、部屋全体が広く感じられます。

例えば、従来のテレビスタンドを使用すると、その分のスペースが必要になり、他の家具や装飾品の配置に制約が出てしまいます。しかし、壁掛けテレビにすることで、そのスペースを他の用途に利用でき、部屋のレイアウトが自由になります。また、家具が少ないことで掃除もしやすくなり、部屋全体がスッキリと整います。小さな部屋や限られたスペースでの生活をより快適にするために、壁掛けテレビは非常に有効です。

以上の理由から、部屋を広く使いたいというニーズに応えるために、壁掛けテレビは最適な選択肢です。

今すぐ注文住宅で壁掛けテレビを設置して後悔しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料でオリジナルの家づくり計画書をもらうことができます。

【特徴3】スタイリッシュなインテリアを好む人

そして3つ目の特徴として「スタイリッシュなインテリアを好む人」

スタイリッシュなインテリアを好む人には、壁掛けテレビが非常におすすめです。壁掛けテレビは、モダンで洗練されたデザインが特徴で、部屋全体の雰囲気を一新します。

例えば、テレビを壁に掛けることで、床や家具の周りがすっきりし、視覚的にも広がりを感じることができます。従来のテレビ台を使うと、どうしてもスペースが必要になり、部屋がごちゃごちゃして見えることがあります。しかし、壁掛けテレビはその心配がなく、シンプルでクリーンな印象を与えます。また、テレビ周りに装飾を施すことで、自分のスタイルに合わせたインテリアを楽しむことができます。部屋全体が一層おしゃれに見える点で、壁掛けテレビは非常に魅力的です。

以上のようなことから、スタイリッシュで快適な生活空間を作りたい人にとって、壁掛けテレビは最適な選択肢です。

【無料】注文住宅で壁掛けテレビを設置して後悔しないための対策

  • 注文住宅で壁掛けテレビの設置には、どれくらい費用がかかる?
  • 設置時の注意点は?施工例がわかるとイメージしやすいんだけど。
  • 具体的な間取りプランがないと、設置に適してるのかどうかの判断がつかない。

人生で一度のマイホーム購入、テレビの設置一つとっても、後悔なんてしたくありません。

テレビを壁掛けにするのかどうか、だけでも慎重になるのは当然の行動です。

でも、どうすれば満足できるマイホームが完成するのか?具体的に、家づくりに向けてどうやって進めればいいのか?初めてのことだらけで、分からないのが本音ですよね。

実は、こういった悩みやニーズに応える注文住宅で壁掛けテレビを設置して後悔しないための対策があることをご存知でしょうか?

その対策というのが、「家づくり計画書の作成依頼」を活用すること。失敗するリスクを回避するには、「家づくりのプロ」にお願いするのが最適解です。

なかでも、運営歴11年の歴史を持つ「タウンライフ家づくり」の活用が最もおすすめです。

タウンライフ家づくりは、注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,120社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

タウンライフ家づくりを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。だからこそ、慎重に検討したいし、完成した後に後悔なんてしたくないのが本音。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的に考えていなくても将来的にはマイホームを持ちたい方に活用してもらいたいサービスです。

\累計利用者数40万人を突破!/
今すぐ無料で家づくり計画書の作成を依頼する
申込者全員にプレゼントあり!

【PR】タウンライフ

【Q&A】時代遅れとも囁かれる壁掛けテレビのよくある疑問

最後に時代遅れとも囁かれる壁掛けテレビのよくある疑問をまとめます。

【疑問1】テレビを壁掛けにする費用はいくらですか?

壁掛けテレビの費用は、一般的に2万円から10万円程度が目安です。

費用はテレビのサイズや壁の材質、工事の複雑さにより異なります。例えば、小型のテレビを石膏ボードの壁に取り付ける場合は比較的安価で済みますが、大型のテレビをコンクリートの壁に取り付ける場合は、専門の業者による工事が必要で費用が高くなります。また、取り付け金具や配線の整理も別途費用がかかることがあります。初めて壁掛けテレビを設置する場合は、見積もりを取って具体的な費用を確認することが重要です。

壁掛けテレビの設置には一定の費用がかかりますが、スペースの有効活用や見た目の向上などのメリットを考えると、その価値は十分にあります。予算に応じて、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

【疑問2】テレビは壁掛けと置き型ならどっちがいい?

テレビは壁掛けと置き型のどちらが良いかは、利用者のニーズや部屋の状況によります。

壁掛けテレビは、スペースを有効活用でき、部屋がスッキリとした印象になります。例えば、小さな部屋やリビングのスペースを広く見せたい場合に適しています。また、壁掛けテレビは視聴角度を自由に調整できるため、快適な視聴環境を作ることができます。一方、置き型テレビは設置が簡単で、壁に穴を開ける必要がないため、賃貸住宅でも安心して使用できます。家具の配置を頻繁に変えたい場合や、簡単に移動させたい場合にも便利です。

結論として、部屋のスペースや視聴環境を最適化したい場合は壁掛けテレビ、設置の手軽さや移動の自由度を重視する場合は置き型テレビが適しています。利用者のライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

【疑問3】壁掛けテレビで疲れにくいおすすめの高さはどれくらい?

壁掛けテレビで疲れにくい高さの目安は、視線が自然に向かう位置に画面の中心がくるように設定することです。

具体的には、ソファに座ったときの目の高さから約90センチメートルから100センチメートルの位置にテレビの中心を設置するのが理想的です。例えば、目の高さがソファに座った状態で約120センチメートルの場合、テレビの中心がその位置に来るように壁に掛けることで、首や目に負担がかかりにくくなります。適切な高さに設置することで、長時間の視聴でも疲れにくく、快適にテレビを楽しむことができます。

視聴者の目線に合わせた高さにテレビを設置することが、視覚的な負担を軽減し、リラックスした時間を提供するポイントです。

【疑問4】アーム式のテレビ壁掛け金具のおすすめは?

アーム式のテレビ壁掛け金具のおすすめは、視聴位置や角度を自由に調整できる点です。

例えば、長時間視聴する際や複数の場所からテレビを見る場合に非常に便利です。おすすめの製品としては、Eonoのフルモーションアーム式テレビ壁掛け金具があります。この製品は、左右の角度調整や前後のスイングが可能で、視聴者の好みに合わせて自由にテレビの位置を変えられます。さらに、しっかりとした構造で耐荷重も高いため、大型のテレビにも対応できます。設置も比較的簡単で、詳細な説明書が付属しているため、DIY初心者でも安心して取り付けられます。

アーム式のテレビ壁掛け金具は、快適な視聴環境を提供し、部屋のスペースを有効に使うための優れた選択肢です。視聴位置の自由度を重視する方には特におすすめです。

【疑問5】壁掛けテレビをDIYで設置するにはいくらかかりますか?

壁掛けテレビをDIYで設置する費用は、一般的に1万円から3万円程度です。

必要なアイテムとして、テレビ用の壁掛け金具、取り付け用の工具、アンカーやネジなどの付属品が含まれます。例えば、Eonoのフルモーションアーム式テレビ壁掛け金具は約5,000円から1万円程度で購入できます。また、ドリルやレベルなどの基本的な工具をすでに持っている場合、追加費用はほとんどかかりません。持っていない場合でも、工具セットを揃えるのに1万円以内で収まることが多いです。壁の材質やテレビの重量に応じて、適切な取り付け方法を選ぶことが重要です。

DIYで設置することで、工事費用を節約できるだけでなく、好みの高さや角度に調整する自由度も高まります。壁掛けテレビの設置には一定の費用がかかりますが、効果的なスペース利用や快適な視聴環境を考慮すると、価値ある投資といえます。

まとめ:壁掛けテレビにするのは時代遅れなのかの結論と採用するメリット

壁掛けテレビにするのは時代遅れなのかの結論と採用するメリットをまとめてきました。

結論、壁掛けテレビは必ずしも時代遅れではありません。

改めて、壁掛けテレビは時代遅れだと感じた体験談をまとめると、

壁掛けテレビは時代遅れだと感じた体験談

  • テレビを見る機会が少ない
  • 買い替え時にコストがかかる
  • 配線や周辺機器の設置が難しい
  • 見やすい位置に調整しづらい
  • 地震が起きたときにリスクが高い

壁掛けテレビの人気は今でも根強いです。

実際、多くの家庭や企業が、スタイリッシュで空間を有効に活用できることから壁掛けテレビを選んでいます。

しかし、個々のライフスタイルやインテリアの好みによっては、壁掛けテレビ以外の他の選択肢を検討する価値もあります。

いずれにしても、壁掛けテレビを設置した後の後悔を避けるためにも、事前の検討や情報収集が重要になってきます。