縁起悪い土地の特徴とは?風水的に運気の悪い土地12選と運気が上がる土地の探し方

「縁起悪い土地ってあるの?特徴は?」

「家づくりで運気が上がる土地の探し方は?」

家づくりで欠かせないのが「土地選び」
立地もさることながら、風水の観点からも土地選びは慎重に行ったほうがいいです。

なぜなら、土地選びは将来のライフスタイルや資産価値に直接影響するから。

「縁起悪い土地」なんて引いてしまったら、取り返しのつかないことになりかねません。

本記事では、風水的に縁起悪い土地や運気の悪い土地の特徴と運気が上がる土地の探し方や選び方のポイントについて詳しく解説していきます!

なぜ土地選びで縁起の良し悪しを考えるのか

なぜ土地選びで縁起の良し悪しを考えるのか?土地選びで縁起の良し悪しを考える理由は、安心で快適な生活を送るために重要だからです。

縁起の良し悪しは、風水や地理的な要素を通じて、住む人々の健康や運気、さらには精神的な安定に影響を与えるとされています。例えば、風水では土地の形状や位置、周囲の環境がエネルギーの流れに影響を与えると考えられています。このエネルギーの流れが良い土地は、健康運や家庭運、仕事運などを向上させる効果があると信じられています。

具体的には、緑が多い地域や水辺が近くにある土地は、自然のエネルギーが豊富でリラックスできる環境を提供します。また、日当たりが良い土地は、陽のエネルギーを受け取りやすく、住む人々の活力や健康を高めます。逆に、墓地や病院、葬儀場の近くにある土地や、長期間空き地になっている場所は、負のエネルギーが集まりやすく、精神的なストレスや不運を引き寄せる可能性があります。

さらに、地震や洪水などの災害リスクが高い土地や、地盤が弱い土地は、物理的な安全性に欠け、安心して生活することが難しくなります。これらの土地に住むことで、日々の生活が不安定になり、心身の健康に悪影響を及ぼすことがあります。

土地選びで縁起の良し悪しを考えることは、これらのリスクを避け、長期的に安定した生活を実現するための一つの手段です。適切な土地を選ぶことで、良好なエネルギーを取り入れ、健康で豊かな生活を送ることができます。また、縁起の良い土地に住むことで、精神的な安心感や満足感を得られ、日々の生活においてポジティブな影響を受けることができます。このように、縁起の良し悪しを考えることは、生活の質を向上させるために非常に重要です。

先に運気が上がる土地の特徴と縁起良い土地の探し方を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で効果的な探し方もあります。

風水的に縁起悪い土地や運気の悪い土地の特徴12選

では具体的に、縁起悪い土地とはどんな土地なのか?

風水的に縁起悪い土地や運気の悪い土地の特徴12選を解説していきます。

【特徴1】形状が三角地になっている土地

まず1つ目の特徴として「土地の形状が三角地になっている土地」

三角形の土地は、家相の中でも「凶相」と呼ばれる地形(じがた)となります。

主な理由として、昔から「先が尖っている」「角が立つ」など、縁起の良くない土地として考えられていたからです。

また、実用的な面から見ても、特殊な形状の土地は、一般的に避けられる傾向にあります。

実際、ある住宅情報サイトのアンケートでは、住宅購入の際に不整形地を選ぶかどうか尋ねたたところ、

住宅購入の際に不整形地を選ぶかどうか

  • あり:約4割
  • なし:約6割

選ばない人のほうが多いことがわかります。

以上のように、土地の形状が三角地であることは、縁起が悪い土地のひとつとなります。

逆に運気が上がる土地の特徴と縁起良い土地の探し方を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で効果的な探し方もあります。

【特徴2】悪い気がたまるとされる旗竿地

次に2つ目の特徴として「悪い気がたまるとされる旗竿地」

旗竿地(はたざおち)とは、道路に面した出入り口が狭く、奥に行くと家を建てられる敷地がある場所を指します。

敷地全体の形状が、旗と旗竿の形に似ているため名付けられたようですね。

風水的な観点から旗竿地には、以下のような意味合いもあります。

旗竿地の意味合い

  • 人生が息詰まる
  • 先行きが見えない
  • 発展、成長しない
  • 逃げ場がなくなる

また、駐車スペースが確保できなかったり、周囲から見えにくい場所にあるため、防犯面で空き巣に入られやすいといったデメリットもあるようですね。

したがって、悪い気がたまるとされる旗竿地は、縁起悪い土地の特徴のひとつです。

【特徴3】突き当りになっている土地

3つ目の特徴として「突き当りになっている土地」

T字路のような突き当りの土地は、風水的に良くないとされています。

実際、T字路は、警察本部の報告でも事故発生率の高い場所として知られています。

風水的に見ると、突き当りの土地には以下のような意味合いがあります。

  • 気がぶつかる
  • 当たりが強い
  • 攻撃される

車が突っ込んでくるといったリスクもあるので、できれば注意したい場所のひとつ。

以上のように、縁起悪い土地の特徴として、突き当りの土地と上げられます。

【特徴4】近所に神社が祀られている土地

4つ目の特徴として「近所に神社が祀られている土地」

近隣に神社がある場合も、注意が必要です。

主な理由として、神社がある土地はエネルギーが高いため、近隣に住むことで影響を受けると言われているから。

重要なのは、土地と神社との位置関係です。

特に、購入を考えている土地の東、東南、南の位置に神社がある場合は、四神思想の観点から言うと、良くないとされています。

逆に、縁起の良いのは、鬼門とされる北東に神社がある土地は良いようですね。

以上のように、近隣にある神社の位置も、縁起悪い土地の特徴にあげられます。

逆に運気が上がる土地の特徴と縁起良い土地の探し方を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で効果的な探し方もあります。

【特徴5】高い建物に囲まれている土地

5つ目の特徴として「高い建物に囲まれている土地」

周りに高い建物がある土地も、風水的に良くないとされています。

実際、日当たり悪く、風通しも良くないため、実用面でもデメリットの多い場所となります。

ある風水に詳しい情報サイトによると、

運気が上がらない土地の特徴

  • 両脇に高い建物がある土地:天斬殺(てんざんさつ)
  • 四方を高い建物に囲まれている土地:四害殺(しがいさつ)

高い建物に囲まれている土地は、運気が上がらない場所とされています。

いずれも、孤立しがちになる、積極性が削がれるといった意味合いもあるため、上記のような土地には注意が必要です。

したがって、高い建物に囲まれている場所は、縁起悪い土地の特徴のひとつになります。

【特徴6】崖や落ち込みに面している土地

6つ目の特徴として「崖や落ち込みに面している土地」

目の前や背後が崖になっていたり、落ち込みがある土地は、「懸崖屋(けんがいや)」または「懸崖楼(けんがいろう)」と呼ばれ、良くないと言われています。

高い場所にある土地だと、見晴らしが良く、場所も良いイメージがあるように感じますが、風水的には好ましくありません。

とある風水情報サイトによれば、

高い場所にある土地の風水的な意味合い

  • 吉が入れない
  • 吉が転がる

将来的に悪い方向に転じる可能性があるのだとか。

高い場所にあるか、低い場所にあるか、方角がどこか、などが重要になってくるので、土地選びは慎重に行うのが吉とされています。

以上のように、崖や落ち込みに面している場所も、縁起悪い土地の特徴に入ると言えます。

【特徴7】カーブの外側や内側に面した土地

7つ目の特徴として「カーブの外側や内側に面した土地」

道路がカーブしており、その内側や外側に面する家も風水的に良くありません。

カーブの道路は反弓路(はんきゅうろ)と呼ばれますが、外側は事故が起きやすい場所としてよく知られています。

風水用語としては、高速道路などの高架橋のようなカーブがある場所に関しては、「鎌刀煞(れんとうさつ) 」と呼ばれ、運気が良くない土地となります。

また、「路弓殺(ろきゅうさつ)」とも呼ばれるらしく、急なカーブになるほど、鋭い鎌で切られるように「災いに巻き込まれやすい」とされています。

道路以外にも、川や線路でもカーブになっている土地が良くないようなので、注意が必要です。

以上を踏まえると、縁起悪い土地の特徴として、カーブの外側や内側に面した土地も挙げられます。

【特徴8】墓地や斎場が近くにある土地

8つ目の特徴として「墓地や斎場が近くにある土地」

お墓や斎場が近くにある場所は、住環境的には静かなため、資金を投入して高級住宅地にされたりするケースがあります。

お墓の気持ち悪さを抜きにすれば、実際、住みやすい場所だと言うこともできますが、風水的に見ると、あまり推奨されていません。

たとえば、風水では、お墓を「陰宅(いんたく)」、人の住まいを「陽宅(ようたく)」と見る傾向があり、性質的に相反する場所として捉えられます。

ただし、家相ではお墓を「山」と捉え、北西、西の方角に墓がある場合は、西日を遮る場所として、運気が良くなるとされています。

とはいえ、風水的には良くない場所なので、墓地や斎場が近くにある土地は、縁起悪い土地の特徴に入ります。

逆に運気が上がる土地の特徴と縁起良い土地の探し方を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で効果的な探し方もあります。

【特徴9】周りに遮るものがない場所の土地

9つ目の特徴として「周りに遮るものがない場所の土地」

周囲に樹木や建物がなく、風に晒されるような場所も、風水的には好ましくないとされています。

田舎だと、田んぼの真ん中にぽつんと一軒家がある土地も珍しくありませんが、縁起は良くないようですね。

実際、上記のような場所は、風水では「風殺(ふうさつ)」と呼ばれ、

風殺の意味合い

  • 財産が守れない
  • 人の助けが得られない

凶相の場所として見られます。

木々で囲ったり、塀で遮る等の対策があれば良いようですが、大掛かりなものになったり、費用がかさむ場合があるので、あまりおすすめはできません。

以上のように、周りに遮るものがない場所は、縁起悪い土地の特徴に挙げられます。

【特徴10】3方向以上の道路に囲まれている土地

10つ目の特徴として「3方向以上の道路に囲まれている土地」

道路に囲まれている土地は、交通の便が良さそうに見えますが、風水的にはよくありません。

主な要因としては、道路は気の流れとして捉えられるため、(道が多すぎて逆に)気が入りにくい、気が逃げていくと捉えられるから。

また、四方向を道路に囲まれている土地は、風水的に「囚」という字を連想されるため、凶相の場所とされています。

一方、四方を建物で囲まれている場合は、気がまったく入ってこない場所として、良くないとされています。

気が入りすぎても良くなく、逆に入らなさすぎてもダメというように、何事もほどほどが一番ということかもしれませんね。

以上のように、3方向以上の道路に囲まれている場所も、縁起の悪い土地の特徴に入ると言えます。

【特徴11】電線や鉄塔が近くにある土地

11つ目の特徴として「電線や鉄塔が近くにある土地」

風水的に縁起が悪い土地の特徴として、電線や鉄塔が近くにある土地があります。

まず、電線や鉄塔は電磁波を発生させます。電磁波は健康に悪影響を与える可能性があるため、避けるべきです。次に、風水では電磁波が気の流れを乱すと考えられています。気の流れが乱れると、家庭内の運気が低下しやすくなります。さらに、電線や鉄塔が視界に入ることで、精神的なストレスを感じることもあります。

したがって、電線や鉄塔が近くにある土地は、健康面や運気の面で悪影響を受ける可能性が高いと言えます。安全で安定した生活を送りたい場合、電線や鉄塔から離れた土地を選ぶことが重要です。

逆に運気が上がる土地の特徴と縁起良い土地の探し方を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で効果的な探し方もあります。

【特徴12】長期間空き地になっている土地

そして12つ目の特徴として「長期間空き地になっている土地」

風水的に縁起が悪い土地の特徴として、長期間空き地になっている土地があります。

まず、長期間空き地になっている土地は、人の活動がなく、気が滞りやすいです。気が滞ると、運気が低下しやすくなります。次に、空き地は放置されることが多く、雑草が生い茂りやすくなります。雑草が多い土地は、負のエネルギーを引き寄せやすく、運気が悪くなる原因となります。さらに、長期間人が住んでいない場所は、陰のエネルギーが強くなり、家庭運や健康運にも悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、長期間空き地になっている土地は、風水的に避けるべき場所とされています。

以上の理由から、快適で良い運気を保ちたい場合、適度に人が活動している土地を選ぶことが大切です。

逆に運気が上がる土地の特徴と縁起良い土地の探し方

ここまで、風水的に縁起悪い土地や運気の悪い土地の特徴を詳しくご紹介してきました。

では、逆に運気が上がる土地の特徴はどういった土地か?箇条書きにすると以下の通り。

運気が上がる土地(場所)の特徴

  • 龍脈が通る土地:風水では、地球のエネルギーが流れる「龍脈」が通っている土地は非常に良いとされ、運気が上がります。
  • 背山面水の立地:背後に山があり、前面に川や湖などの水がある土地は、安定感と繁栄をもたらすとされています。
  • 明堂が広い場所:家の前に広がる空間(明堂)が広く開けている土地は、良い気が集まりやすく、運気が向上するとされています。
  • 四神相応の配置:東に青龍、西に白虎、南に朱雀、北に玄武が配された土地は、バランスが良く、全体的な運気が向上すると言われています。
  • 地形が整っている土地:平坦で安定した地形の土地は、気の流れがスムーズで、安定した運気をもたらします。
  • 明るく日当たりの良い場所:日陰が多い土地はエネルギーが不足しがちになるため、日当たりの良さも風水において重要な要素です。

これらの運気が上がる土地の探し方について、ここからはご紹介していきます!

【探し方1】現地視察を行う

まず実施したいのが「現地視察を行う」

現地視察を行うことは、運気が上がる土地を探すための重要なステップです。

まず、現地に足を運ぶことで、周囲の環境や雰囲気を直接感じ取ることができます。例えば、日当たりが良いかどうか、周囲に緑が多いか、風通しが良いかなどを自分の目で確認できます。次に、実際にその土地に立つことで、心地よさや落ち着きなど、感覚的な要素を体験できます。これにより、書面だけではわからない土地の魅力や欠点を見極めることができます。また、現地の住民と話す機会があれば、地域の情報や評判についても知ることができ、安心して土地を選ぶための参考になります。

以上の理由から、現地視察を行うことで、運気が上がる土地をより確実に見つけることができます。実際に体験することは、最も信頼できる方法です。

【探し方2】近隣の施設を確認する

次に注意したいのが「近隣の施設を確認する」

近隣の施設を確認することは、運気が上がる土地を選ぶ際に非常に重要です。

まず、公園や緑地など自然環境が整った施設が近くにある土地は、良い気が流れやすく、心身の健康に良い影響を与えます。次に、水辺の施設がある土地も魅力的です。川や池などの水辺は、風水的に気を浄化し、運気を高める効果があります。また、教育施設やショッピングセンターが近い場所は、生活の便利さだけでなく、人の流れが活発であるため、エネルギーが循環しやすくなります。さらに、医療施設や図書館などの公共施設が充実している地域は、安定した生活を支える基盤が整っているため、安心して暮らすことができます。

以上のように、近隣の施設を確認することで、運気が上がるだけでなく、快適で充実した生活を送るための土地選びができます。

【探し方3】経験豊富なアドバイザーに相談する

そして最も有効な探し方が「経験豊富なアドバイザーに相談する」

経験豊富なアドバイザーに相談することは、運気が上がる土地を見つけるための効果的な方法です。

アドバイザーの経験と知識を活用することで、個人では見落としがちな細かな点にも注意を払うことができます。これにより、安心して土地を選ぶことができ、運気を高める良い土地を見つけやすくなります。適切なアドバイスを受けることで、より確実に理想的な土地を選ぶことができます。

もし、家づくりについての疑問や悩みをお持ちなら「スーモカウンター」の個別相談を受けるのがおすすめです。

スーモカウンターとは、経験豊富なアドバイザーが家づくりに関する疑問や悩みを伺って、要望に合ったハウスメーカーを紹介するだけでなく、家づくりに関する予算の決め方や契約前の注意点など、家づくりの流れを学べる講座も無料で受けられるサービスです。

家づくりについての疑問や悩みがある方は、まずはスーモカウンターの個別相談を受けてみてください、不安の解消に繋がります。

\営業は一切なしだから安心!/
まずは『無料の個別相談』を予約する
個別相談は「店舗」「電話」「ZOOM」のいずれかで受付中

【PR】

縁起悪い土地を買わないために!土地選びのポイント

ここまで、土地選びに役立つ情報を詳しく解説してきました。

では、土地を選ぶうえでどういった点に注意し、最終的に判断したほうがいいのか?

具体的な縁起悪い土地を買わないために!土地選びのポイントをまとめています!

【ポイント1】土地の歴史を調べる

まず1つ目のポイントとして「土地の歴史を調べる」

土地の歴史を調べることは、縁起の悪い土地を避けるための重要なポイントです。

まず、土地の過去の利用状況や事件、事故の有無を確認することで、その土地が持つエネルギーや環境への影響を把握できます。具体的には、不動産業者や地域の住民から情報を収集し、過去に空き地であった期間や用途の変遷を調べます。また、インターネットや図書館でその地域の歴史を調査し、災害や犯罪の履歴がないか確認します。これにより、ネガティブなエネルギーが蓄積された土地を避けることが可能です。さらに、地域の評判や住民の声も参考にすると良いでしょう。

以上のポイントを踏まえ、土地の歴史を詳しく調べることで、安心して暮らせる運気の良い土地を見つけることができます。

【ポイント2】周辺環境をチェックする

次に2つ目のポイントとして「周辺環境をチェックする」

周辺環境をチェックすることは、縁起の悪い土地を避けるために非常に重要です。

まず、周囲に墓地や病院、葬儀場などの施設がないか確認することが必要です。これらの施設は風水的に負のエネルギーを集めやすく、運気に悪影響を与える可能性があります。次に、周囲に騒音や臭気を発生させる工場や交通量の多い道路がないか調べます。これにより、生活環境が快適であるかを確認できます。また、周囲に公園や緑地などの自然環境が整っているかもチェックします。自然が豊かな場所は、気の流れが良く、健康運や家庭運を向上させる効果があります。さらに、地域の治安や教育環境についても情報を収集すると良いでしょう。これにより、安心して生活できるかどうかを判断できます。

したがって、周辺環境を詳しくチェックすることで、良好な生活環境と運気を保つことができる土地を選ぶことができます。

【ポイント3】周囲の騒音レベルを確認する

3つ目のポイントとして「周囲の騒音レベルを確認する」

周囲の騒音レベルを確認することは、縁起の悪い土地を避けるために重要なポイントです。

まず、騒音が生活の質に与える影響を理解しましょう。騒音はストレスを引き起こし、睡眠の質を低下させる原因になります。具体的な確認方法として、現地を訪れて自分の耳で音の大きさを確かめることが挙げられます。平日と週末、昼と夜の時間帯で異なる場合があるため、複数回訪れることが望ましいです。次に、近隣に交通量の多い道路や鉄道、工場などがないかを調べます。これらの施設は一日中騒音を発生させるため、静かな生活を妨げます。さらに、近隣住民に聞き取りを行い、地域の騒音状況について情報を得ることも有効です。

このように騒音レベルを確認することで、快適で静かな環境を確保できる土地を選ぶことができます。

【ポイント4】災害区域に当たる土地か調べる

4つ目のポイントとして「災害区域に当たる土地か調べる」

災害区域に当たる土地かどうかを調べることは、安心して暮らせる土地を選ぶために非常に重要です。

まず、災害区域にある土地は、地震や洪水、土砂崩れなどのリスクが高いため、安全な生活を送るのが難しくなります。具体的な調査方法として、自治体のホームページ防災マップを利用して、その土地が過去に災害を経験したことがあるか、または災害リスクが高い地域に指定されているかを確認します。次に、地元の住民や不動産業者に話を聞き、その土地の災害履歴や避難経路についての情報を収集します。また、災害保険の適用範囲や条件も確認しておくと安心です。これらの調査を通じて、災害リスクを把握し、安全で安心できる土地を選ぶことができます。

以上のポイントを踏まえて、災害区域に当たる土地を避けることで、より安全で快適な生活環境を確保することができます。

【ポイント5】その土地が用途地域なのか確認する

そして5つ目のポイントとして「その土地が用途地域なのか確認する」

その土地が用途地域なのか確認することは、将来の生活環境を予測し、適切な土地を選ぶために重要です。

用途地域とは、土地の利用目的に応じて制限や規制が設けられている地域のことです。具体的には、住宅地、商業地、工業地などがあります。用途地域を確認することで、将来周囲にどのような建物や施設が建設されるかを予測できます。例えば、住宅地に指定されている土地は、静かで住みやすい環境が保たれやすいです。一方、商業地や工業地に近い場合、騒音や交通の影響を受けやすくなります。用途地域の情報は、市役所や区役所の都市計画課で入手できます。また、インターネットでも自治体の公式サイトから確認可能です。

したがって、用途地域をしっかり確認することで、快適で安心な生活環境を選ぶことができます。

【Q&A】土地選びで気になる縁起悪い土地のよくある疑問

最後に土地選びで気になる縁起悪い土地のよくある疑問をまとめます。

【疑問1】住むと運気が上がる土地の特徴は?

住むと運気が上がる土地の特徴は、環境が整っており、気の流れが良い場所です。

まず、緑が多く、自然環境が豊かな場所は、心身ともにリラックスでき、良いエネルギーを取り入れやすいです。さらに、日当たりが良い土地は、陽のエネルギーを受け取りやすく、健康運や家庭運が向上します。具体的には、公園や川、緑地が近くにある土地が理想的です。また、交通の便が良い場所は、人の流れが活発で、エネルギーが循環しやすくなります。これにより、快適で運気の良い生活が送れます。したがって、住むと運気が上がる土地の特徴を持つ場所を選ぶことが大切です。

【疑問2】住むと不幸になる土地って存在する?

結論からいうと、住むと不幸になる土地は存在すると考えられます。

まず、風水や環境の観点から見ると、特定の土地がネガティブな影響を与えることがあります。例えば、墓地や病院、葬儀場の近くにある土地は、負のエネルギーが集まりやすく、運気が低下しやすいです。さらに、地盤が弱い土地や災害リスクの高い地域も避けるべきです。具体的には、長期間空き地になっている場所や、過去に事故や災害が頻発している地域が該当します。これらの土地に住むことで、生活の質が低下し、不幸を感じることが増える可能性があります。したがって、住むと不幸になる土地を避けるためには、周囲の環境や土地の歴史をしっかりと調査することが重要です。

【疑問3】悪い土地のスピリチュアルな特徴は?

悪い土地のスピリチュアルな特徴は、エネルギーの滞りや負のエネルギーの集まりやすさです。

まず、エネルギーが滞る場所は、運気が低下しやすいとされています。例えば、三角形や不規則な形の土地は、気の流れが乱れやすく、安定したエネルギーが保たれにくいです。また、墓地や病院、葬儀場の近くは、負のエネルギーが集中しやすく、精神的なストレスや不運を引き寄せることがあります。さらに、長期間空き地になっている場所や、過去に災害や事故が多発した土地も、ネガティブなエネルギーが残りやすいです。これらの特徴を持つ土地は避けるべきです。したがって、土地選びの際には、スピリチュアルな観点からもエネルギーの状態を確認することが大切です。

【疑問4】東京で住むと運気が上がる街の特徴は?

東京で住むと運気が上がる街の特徴は、自然環境と利便性のバランスが取れていることです。

緑が多い公園や水辺が近くにある場所は、自然のエネルギーを取り入れやすく、リラックス効果があります。例えば、目黒区や世田谷区は、緑豊かな公園が多く、気の流れが良いとされています。さらに、交通の便が良い地域は、人の流れが活発で、エネルギーが循環しやすくなります。例えば、恵比寿や自由が丘は、交通アクセスが良く、商業施設も充実しているため、生活の質が高いです。これにより、健康運や仕事運が向上しやすい環境が整います。したがって、自然環境と利便性の両方を兼ね備えた街を選ぶことで、東京でも運気が上がる生活を実現できます。

より詳しく東京で住むと運気が上がる街の特徴を知りたい方は、関連記事も合わせてご覧ください。

関連記事:住むと運気が上がる土地の特徴は?6つのポイントと良い土地の探し方

【疑問5】縁起悪い土地なのかの土地の因縁は調べるべき?

結論からいうと、縁起悪い土地かどうかの因縁は調べるべきです。

なぜなら、土地の過去に何があったかを知ることで、安心して住むことができるからです。土地にまつわる事件や災害の履歴があれば、それが今後の生活に影響を与える可能性があります。具体的には、不動産業者や自治体から過去の利用履歴や事件の有無を確認し、地域の評判や住民の声も参考にします。例えば、過去に大きな事故や災害があった土地は、避けるべきです。これにより、ネガティブな影響を最小限に抑えることができます。したがって、縁起悪い土地かどうかの因縁を調べることは、安全で快適な生活を送るために必要なステップです。

まとめ:縁起悪い土地の特徴と運気が上がる土地の探し方

縁起悪い土地の特徴と運気が上がる土地の探し方をまとめてきました。

改めて、縁起悪い土地の特徴をまとめると、

縁起悪い土地の特徴

  • 形状が三角地になっている土地
  • 悪い気がたまるとされる旗竿地
  • 突き当りになっている土地
  • 近所に神社が祀られている土地
  • 高い建物に囲まれている土地
  • 崖や落ち込みに面している土地
  • カーブの外側や内側に面した土地
  • 墓地や斎場が近くにある土地
  • 周りに遮るものがない場所の土地
  • 3方向以上の道路に囲まれている土地
  • 電線や鉄塔が近くにある土地
  • 長期間空き地になっている土地