新興住宅地はやめとけ?家を建てて後悔した7つの理由と家を買う前に実践すべき対策

「新興住宅地はやめとけってホント?」

「新興住宅地で家を建てると後悔する?何か対策はない?」

家の購入でよく候補に入る「新興住宅地」
開発途上の住宅専用エリアとして、一度は聞いたこともあるでしょう。

そんな新興住宅地について、「新興住宅地はやめとけ」との情報も散見されますが、なぜでしょうか?

新興住宅地で家の購入や家づくりを検討している人にとっては、気になる情報です。

そこで!新興住宅地で家を建てて後悔した理由と家を買う前に実践すべき対策について詳しく解説していきます!

新興住宅地とは

なぜ新興住宅地はやめとけと言われるのか?その理由について触れる前に、新興住宅地とは何か、概要をご紹介します。

新興住宅地」とは、新たに開発された住宅専用の地域のことを指します。これらの地域は、通常、都市の郊外や未開発地域に設けられ、住宅の需要拡大に応じて整備されます。新興住宅地は、住む人々に快適で新しい生活環境を提供することを目的としており、現代的な建築様式の家が多く見られます。

また、生活に必要な施設やサービスが近隣に整備されていることも多く、学校やショッピングセンター、公園などが計画的に配置されています。これにより、居住者は便利で質の高い生活を享受することができます。さらに、新興住宅地は、環境に配慮した設計が取り入れられることが増えており、エコフレンドリーな住宅やコミュニティが形成されつつあります(出典:国立教育政策研究所「新興住宅街の地域づくり」)。

したがって、新興住宅地に住むことは、特に家族連れや新婚のカップル、子育て世代に適しています。新しい施設やサービスが整っており、子どもの教育環境や安全な生活空間を求める人々に理想的です。また、環境意識が高い人々や、広々とした住環境を求める人々にも向いているでしょう。新しいコミュニティでのスタートを望む人々にも最適です。

新興住宅地はやめとけ?家を建てて後悔した7つの理由

なぜ、「新興住宅地はやめとけ」と言われるのか?

今後、新興住宅地で家づくり、家を買う予定の人にとっては、非常に気になる情報です。

具体的な新興住宅地はやめとけ?家を建てて後悔した7つの理由について解説していきます。

【理由1】子どもが多くて近所迷惑だから

まず1つ目の理由が「子どもが多くて近所迷惑だから」

新興住宅地には、小さなお子さんがいる世帯が多く住んでいます。

そのため、体験談にもあるように敷地内の道路や公園で遊ぶ機会が多く、騒がしく感じる可能性が高いです。

騒音は、近隣トラブルの中でも一番やっかいなものです。

実際、近隣トラブルを経験した428人のアンケートで、具体的なトラブルをみると、

経験したご近所トラブル

  • 生活音、騒音:188人
  • ゴミ出し関連:55人
  • 駐車、駐輪関係:47人
  • 悪臭:32人
  • 植木、庭関連:28人

上記結果の通り、生活音、騒音の問題が一番多いほどです。

騒音の中には、当然子どもたちが遊ぶ声も含まれます。

ですので、子どもが多くて近所迷惑な点は、新興住宅地で家を建てて後悔した理由に入ります。

【理由2】駅から遠い場所にあるから

次に2つ目の理由が「駅から遠い場所にあるから」

新興住宅地は、交通の便の良くない場合があります。

主な理由として、新興住宅地は、口コミにもある通りで駅から離れた広大な敷地に開発されることが多いから。

実際、住宅情報サイト「ホームズ」のアンケートによると、新築分譲一戸建てを購入後の不満ポイントとして、

新築分譲一戸建てを購入後の不満ポイント

  • 駅までの距離が遠い:20%
  • 買い物が不便:10%
  • 駅周辺が栄えていない:8%

駅まで距離が遠いことが1位であることがわかります。

したがって、新興住宅地は、比較的手ごろに住宅を購入できる反面、アクセス面のデメリットがある場合を考慮に入れる必要があります。

ですので、駅から遠くにある点も、新興住宅地で後悔したと感じる理由のひとつに挙げられます。

【理由3】間取りの自由度のないから

3つ目の理由が「間取りの自由度のないから」

新興住宅地は、施工業者が決まっていたり、区画敷地内で制限が多いことから、間取りの自由度が少ないです。

ですので、隣近所と同じような外観で、間取りもだいたい予想がつくような住宅になる可能性が高いです。

住宅購入の後悔で多いのは、間取りだと言えます。

実際、あるアンケート調査では、購入した住宅について後悔・不満を感じた点を尋ねると、

購入した住宅について後悔・不満を感じた点

  • 間取り、レイアウト:約4割
  • 費用面(ローンなど):約2割
  • ベランダ、庭など屋外環境:約2割

間取りやレイアウトが圧倒的に多いことがわかります。

主な要因として、間取りは実際に住んでみないと良し悪しがわかりにくいからではないかと考えられます。

したがって、新興住宅地に家を建てて後悔した理由として、間取りの自由度のない点も挙げられます。

【理由4】近所付き合いが大変でトラブルにもなるから

4つ目の理由が「近所付き合いが大変でトラブルにもなるから」

新興住宅地は、新しく越してくる人ばかりなので、近所付き合いにおいて、苦労する場合があります。

つまり、どんな人が来るのかもわからないため、運悪く付き合いづらい人がご近所さんだったら、後悔してしまう可能性が高いです。

実際、ある企業が、一戸建てに住む人に「近所付き合い」についてのアンケート調査を実施したところ、

近所付き合いは得意か

  • どちらかといえば苦手:59.5%
  • とても苦手:25.3%

約9割弱もの多くの人が苦手だと答えているほど。

新興住宅の場合、自治会を作ったり、地域的な取り組みを始めたりなど、密接に関わる機会が多くなるので、近所付き合いが苦手な人には、大変かもしれません。

以上のように、近所付き合いが大変な点も、新興住宅地に家を建て後悔した理由に挙げられます。

【理由5】隣家との距離が近すぎてストレスになるから

5つ目の理由が「隣家との距離が近すぎてストレスになるから」

区画整理された新興住宅地は、隣家との距離が近い可能性が高いです。

隣との距離が近すぎると、何かとストレスが溜まることが多いと言えるでしょう。

たとえば、隣家との距離が近い戸建住宅の住人に対するアンケート調査によると、気になることの項目として、

隣の家と近すぎて気になること

  1. お互いの生活音・騒音:308人
  2. 見られる・見えてしまう:123人
  3. 日当たりや風通しが悪い:41人
  4. 換気扇や洗濯物などの臭い:39人
  5. 植木・雑草が邪魔:32人

上記結果の通り、距離が近いと音が圧倒的に気になる人が多いです。

したがって、のんびり静かな生活を送りたいと思っている人にとっては、後悔する部分があるかもしれません。

以上のように、隣家との距離が近すぎる点も、新興住宅地に家を建てて後悔した理由のひとつに入ります。

【理由6】予期しない追加費用が発生する可能性があるから

6つ目の理由が「予期しない追加費用が発生する可能性があるから」

新興住宅地で家を建てる際には予期しない追加費用が発生する可能性が高いです。新興住宅地は開発が進行中のため、初期段階では見えなかったインフラ整備の必要性が後から明らかになることがあります。たとえば、開発計画に基づく公共設備の拡張や、道路・下水道の追加工事が必要になる場合があります。これにより、地域内の住民には追加の負担が求められることが少なくありません。

具体的には、新興住宅地における下水道の整備が後から行われるケースがあり、その費用は一軒あたり数十万円に上ることが報告されています。また、地域によっては、新たに道路が建設される際に、その費用を地元の住民が負担することが求められることもあります。

このように、新興住宅地での生活は、予期しない追加費用が発生するリスクを伴うため、購入前には将来の開発計画とその費用負担について十分に調査することが重要です。

【理由7】買った後に売却したくても売れない可能性があるから

そして7つ目の理由が「買った後に売却したくても売れない可能性があるから」

新興住宅地での家は売却が困難になることがあります。この理由として、新興住宅地が市場での需要を十分に確保できない場合が挙げられます。新興住宅地は発展途上であり、周辺施設やインフラが充実していないことが多いため、購入希望者が見つかりにくくなります。さらに、多くの物件が同時に市場に出ることで供給過剰となり、価格競争が激化することもあります。

具体的な例として、ある新興住宅地では開発後5年での住宅の売却件数が期待を大きく下回り、多くの物件が売り出し中であることが報告されています。価格も当初の予想より10%以上低下しており、売却を希望する住民が損失を抱えるケースも生じています。

これらの点から、新興住宅地での家を購入する際は、将来の売却の可能性も考慮に入れる必要があります。

やめとけとは思わない!新興住宅地で家を建てるメリット

ここまで、新興住宅地で家を建てて後悔した理由を解説してきました。

一部で新興住宅地はやめとけと言われる理由があるのは事実。ですが、すべての家庭が後悔するとは限りません。

新興住宅地で家を買う、家を建ててもメリットは十分享受できます。

具体的なやめとけとは思わない!新興住宅地で家を建てるメリットをご紹介します!

【メリット1】水道管・下水道などのインフラが新しい

まず1つ目のメリットとして「水道管・下水道などのインフラが新しい」

周辺のインフラが新しく整備されている点も、大きなメリットです。

わざわざ自費で整備する必要がなく、また、新しいため、老朽化の心配もありません。

厚生労働省の資料によると、水道管の法定耐用年数は40年。

したがって、昔からの住宅地に家を建てると、水道管の老朽化が進んでいる場合があり、地震の際などに不安要素となります。

また、リフォーム会社の見積りを調べると、水道引き込み工事の費用相場が1m×1.5万円なので、整備されていない場所だと、費用負担が大きいです。

以上を踏まえると、インフラ整備が整っている点も、新興住宅地で家を建てるメリットと言えます。

【メリット2】公園緑地設置基準で子供が過ごしやすい

次に2つ目のメリットとして「公園緑地設置基準で子供が過ごしやすい」

新興住宅地は、公園緑地設置基準があるため、公園や広場が整備されています。

したがって、子育て世帯がのびのび生活できるような環境になっており、安心して過ごすことができるでしょう。

国土交通省の情報によると、公園や緑地などの設置に必要な基準は、「0.3ヘクタール以上5ヘクタール未満」の新規開発の場合。

既存の住宅地には適用されないため、昔ながらの住宅地だと、近隣に公園がない場合も考えられます。

ですので、公園緑地設置基準で子供が過ごしやすい点も、新興住宅地のメリットと言えるでしょう。

【メリット3】費用を抑えた住宅が手に入る

3つ目のメリットとして「費用を抑えた住宅が手に入る」

新興住宅地のは、広大な土地から区画整理された分譲地のため、比較的安価に家を購入できます。

住宅は、決して安い買い物ではないため、出費を抑えたい人には向いていると言えますね。

実際、あるハウスメーカーの記事を見ると、分譲住宅が安い理由として、

分譲住宅が安い理由

  • 土地価格が安くなる:業者が広大な土地から分割するため
  • 建築費用が抑えられる:近隣が同じ資材を使うことでコストダウンが実現
  • 設計が規格化されているから:設計コストのカット
  • 人件費のカット:効率的な施工管理ができるため

上記のような理由を挙げています。

住宅の品質や地盤調査など、注意すべきポイントはあるものの、購入前にチェックして問題ないのであれば、お得に家を購入することができます。

したがって、新興住宅地のメリットとして、費用を抑えた住宅が手に入る点が挙げられます。

【メリット4】コミュニティとの新たなつながりを得やすい

4つ目のメリットとして「コミュニティとの新たなつながりを得やすい」

新興住宅地では、コミュニティとの新たなつながりを得やすいというメリットがあります。新興住宅地は同時期に多くの家庭が移住するため、共通の生活のスタートが地域住民間で共有され、相互の協力や交流が生まれやすい環境が整っています。これにより、新しい友情や支援ネットワークの構築が促進されます。

例えば、千葉県にある新興住宅地では、住民主催のフェスティバルや子ども向けのスポーツクラブが定期的に開催されており、これが地域コミュニティの強化に寄与しています。このような活動を通じて「隣近所との関係が改善された」との情報もあるほど。

このように、新興住宅地での生活は、新しい交友関係を築き、地域コミュニティに溶け込む機会が豊富にあります。これは、他の成熟した住宅地では得られにくい大きな魅力の一つです。

【メリット5】エコフレンドリーな設計で持続可能な生活を支援

そして5つ目のメリットとして「エコフレンドリーな設計で持続可能な生活を支援」

新興住宅地ではエコフレンドリーな設計が取り入れられており、持続可能な生活を支援します。新興住宅地は最新の環境技術を導入することが多く、省エネルギー基準に適合した住宅や太陽光発電、雨水回収システムなど、環境に配慮した機能が組み込まれています。これにより、エネルギーコストの削減だけでなく、住宅地全体のカーボンフットプリントを低減します。

例として、埼玉県のある新興住宅地では、全ての住宅に太陽光パネルが標準装備されており、その地域の住宅の平均的な電力消費量は、同県の他地域に比べて低減されています。また、共有スペースの照明には自動調光システムが使用されており、無駄なエネルギー消費を抑えています。

このように、新興住宅地のエコフレンドリーな設計は、環境への負担を軽減しつつ、住民の生活コストを削減する効果が期待できます。

やめとけと言われても新興住宅地の土地が合う家庭の特徴

ここまで、新興住宅地の評判を詳しくご紹介してきました。

では、どういった人が新興住宅地には向いているのか?

やめとけと言われても新興住宅地の土地が合う家庭の特徴をまとめていきます。

【特徴1】小さな子どもがいる家族連れ

まず1つ目の特徴として「小さな子どもがいる家族連れ」

新興住宅地は小さな子どもがいる家族連れに適しています。新興住宅地は安全性と広さが確保された環境を提供するため、子どもたちが自由に遊べるスペースが豊富です。例えば、遊び場や公園が整備されており、子どもたちが安心して遊べる場所が多いです。また、地域内の学校や保育施設も新しく、教育環境が充実しています。

具体的には、ある新興住宅地では、住宅街内に三つの公園が設けられ、それぞれが異なる年齢層の子どもたちに対応した遊具が整備されています。このような環境は、子育てをする家族にとって非常に魅力的です。

したがって、小さな子どもがいる家族連れには新興住宅地が特におすすめです。

【特徴2】コミュニティ活動に参加したい家庭

次に2つ目の特徴として「コミュニティ活動に参加したい家庭」

コミュニティ活動に参加したい家庭は新興住宅地に適しています。新興住宅地では、地域の発展や住民の交流を促進するために様々なイベントや活動が行われています。これにより、地域住民同士のつながりが深まり、地域コミュニティが活性化します。

具体的には、ある新興住宅地では毎月定期的なコミュニティイベントが開催されており、バーベキューやお祭り、地域清掃活動などが行われています。また、地域住民が自主的に立ち上げたボランティア団体やスポーツクラブも活発に活動しており、参加したい家族や個人が積極的に参加することができます。

これらの活動を通じて、地域住民同士の交流が深まり、地域全体の結束が強化されます。その結果、新興住宅地においてコミュニティ活動に参加したいと考える家族は、地域社会に溶け込みやすい環境を見つけることができます。

【特徴3】新しい環境で新たな生活を始めたい家庭

そして3つ目の特徴として「新しい環境で新たな生活を始めたい家庭」

新しい環境で新たな生活を始めたい家庭にとって、新興住宅地は理想的です。新興住宅地は、新しく開発されたエリアであるため、最新の設備と環境を提供します。住民は新しいコミュニティでの生活をスタートできるため、これまでの生活様式を一新し、新しい交流や活動に参加する機会が増えます。

例として、東京近郊のある新興住宅地では、移住してきた家庭が地域のコミュニティセンターで開催される語学クラスや文化イベントに参加し、地元の住民や他の新住民と交流を深めています。これにより、家庭は新しい文化的な経験を得て、地域社会に迅速に溶け込むことができます。

このように、新興住宅地は新しい環境で新たな生活を始めたい家庭にとって、多くの新鮮な体験と出会いを提供します。

新興住宅地に住んで後悔しないための良い土地の選び方

具体的に新興住宅地で家を探した時、どういった土地が良いのか?素人にはわかりませんよね。

ここでは、新興住宅地に住んで後悔しないための良い土地の選び方について情報をまとめます。

【選び方1】アクセスの良さを確認する

まず1つ目の選び方として「アクセスの良さを確認する」

新興住宅地を選ぶ際には、アクセスの良さを確認することが重要です。良好なアクセスは日常の利便性を大きく向上させ、通勤や通学、さらには緊急時の移動を容易にします。例えば、神奈川県のある新興住宅地では、最寄りの駅まで徒歩10分という立地条件が、その地域の不動産価値を20%以上高めています。また、主要なバス路線が複数通っていることで、電車がない地域へのアクセスも改善されています。

このように、交通アクセスの良さは、新興住宅地の選定において非常に重要な要素です。

【選び方2】周辺環境の充実度を考慮する

次に2つ目の選び方として「周辺環境の充実度を考慮する」

新興住宅地を選ぶ際には、周辺環境の充実度を考慮することが非常に重要です。生活に必要な施設が近くにあることで、日常生活の便利さが保証され、生活の質が向上します。例として、東京のある新興住宅地では、ショッピングモール、総合病院、複数の学校が半径2キロメートル以内に位置しており、住民からの満足度が非常に高いと報告されています。これらの施設が身近にあることで、買い物、医療、教育のアクセスが容易になります。

したがって、新興住宅地を選ぶ際は、周辺環境が充実しているかどうかを確認することが推奨されます。

【選び方3】インフラの整備状況を調査する

3つ目の選び方として「インフラの整備状況を調査する」

新興住宅地を選ぶ際には、インフラの整備状況をしっかりと調査することが必要です。充実したインフラは日常生活の快適さと安全性を保証し、長期的な居住満足度に直結します。例えば、神奈川県の新興住宅地では、全世帯に対して高速インターネット接続が提供され、また、地域全体で防災設備が整備されており、災害発生時の安全が大幅に向上しています。

このように、インフラの整備状況は、日常生活の便利さだけでなく、緊急時の安全にも重要な影響を与えます。そのため、新興住宅地を選ぶ際には、この点を十分に確認することが推奨されます。

【選び方4】地域コミュニティの活性度を確認する

4つ目の選び方として「地域コミュニティの活性度を確認する」

新興住宅地を選ぶ際には、地域コミュニティの活性度を確認することが大切です。活発なコミュニティは、住民間の強い絆とサポートを生み出し、住みやすい環境を提供します。例として、埼玉県の新興住宅地では、住民主導で月に一度の地域イベントが開催され、これが住民間の交流と協力を促進しています。地域の祭りやクリーンアップ活動には多くの家族が参加し、地域全体の結束が強まっています。

このように、地域コミュニティの活性度を確認することは、新興住宅地での充実した生活を送るために重要な要素です。そのため、住宅地選びの際には、この点を慎重に検討することが推奨されます。

【選び方5】検討している地域の開発計画を調べる

そして5つ目の選び方として「検討している地域の開発計画を調べる」

新興住宅地を選ぶ際には、検討している地域の開発計画を調べることが非常に重要です。未来の開発計画を理解することで、将来の住環境の変化や資産価値の推移を予測できます。例えば、千葉県のある新興住宅地では、開発計画により近隣にショッピングモールと新しい学校が建設予定であることが判明し、これが地域の住宅価値を向上させる要因となっています。また、新しい公共施設や交通網の拡張も計画されており、これにより住民の生活利便性が大きく向上する見込みです。

このように、地域の開発計画を事前に調べることで、より良い住宅地選びが可能となります。

【賢い】新興住宅地に家を買う前に実践すべきおすすめの対策

新興住宅地に家を買う前に実践すべきおすすめの対策があります!

【Q&A】やめとけと囁かれる新興住宅地に関するよくある疑問

最後にやめとけと囁かれる新興住宅地に関するよくある疑問をまとめます。

【疑問1】新興住宅地の「道路族」とは?

「新興住宅地の「道路族」とは?」

「道路族」とは、新興住宅地において、道路や公共スペースを子供の遊び場や大人の交流の場として使用する住民のグループを指します。新興住宅地は通常、広々とした道路が特徴であり、公共の遊び場や広場が不足している場合があるため、住民は道路を利用して子供たちが遊べる場所や地域のイベントを開催する空間として活用します。

例えば、埼玉県のある新興住宅地では、毎週末になると、地域の子供たちがサッカーやバドミントンを道路で楽しんでおり、保護者も交流の場として参加しています。このような活動は、コミュニティの結束を強化し、地域の活性化に寄与しています。

したがって、新興住宅地の「道路族」は、公共空間の不足を補い、地域社会の一体感を育む重要な役割を担っています。

【疑問2】新興住宅地は民度が低いってホント?

「新興住宅地は民度が低いってホント?」

新興住宅地の住民の民度が低いという一般的な見解は、実際には根拠に乏しいです。新興住宅地は多様な家庭が集まるエリアであり、民度について一概に評価することは不適切です。例えば、ある調査によると、新興住宅地の住民は地域のイベントやボランティア活動に積極的に参加し、コミュニティの向上に努めていることが示されています。このような活動は、住民の質の高さを反映しています。

したがって、新興住宅地の住民が民度が低いとの誤解は解消されるべきです。住民の活動やコミュニティへの貢献を通じて、その地域の真の姿が評価されるべきです。

【疑問3】新興住宅地は見栄の張り合いってホント?

「新興住宅地は見栄の張り合いってホント?」

新興住宅地における見栄の張り合いが一般的だという認識は、実際には多様な背景からの影響を受けるものであり、一概には言えません。新興住宅地では、新たな住環境としての魅力を追求する多くの家庭が集まりますが、それは競争というよりは、快適な生活環境を求める自然な欲求の表れです。たとえば、ある調査では、新興住宅地の住民の大半が近隣住民との協力的な関係を重視し、競争よりも共生を望んでいることが明らかになっています。

このため、新興住宅地での見栄の張り合いが特に顕著であるという見方は、必ずしも正確ではありません。住民同士の協調と快適な住生活追求が、むしろその地域の特徴であると言えるでしょう。

【疑問4】新興住宅地に住むとノイローゼになるってホント?

「新興住宅地に住むとノイローゼになるってホント?」

新興住宅地に住むとノイローゼになるという説は、一概には支持できません。新興住宅地の住環境が一部の人にストレスをもたらす可能性はありますが、これは個々の状況や性格、地域の具体的な環境に依存します。たとえば、住宅地が整備途中であるために建設ノイズや粉塵が問題となり、敏感な人にはストレスの原因になることがあります。しかし、これが全ての住民に該当するわけではありません。

したがって、新興住宅地での生活が必ずしもノイローゼに繋がるわけではなく、住環境や個人の対応能力によって異なるため、一般化することは適切ではありません。住む前に環境をしっかりと確認し、自分に合った住みやすい場所を選ぶことが重要です。

【疑問5】新興住宅地の30年後はどうなる?やばい状況?

「新興住宅地の30年後はどうなる?やばい状況?」

新興住宅地の30年後の状況については、計画的な開発と維持管理が重要な役割を果たします。計画良く設計され、継続的に保守された住宅地は、長期的に安定したコミュニティを維持することが可能です。例えば、一部の計画都市では、開発初期に緑地保全やインフラの長期的な維持計画が策定され、それにより30年経っても住みやすい環境が保たれています。

一方で、初期の計画や管理が不十分な場合、インフラの老朽化やコミュニティの活力低下が見られることもあります。したがって、新興住宅地が30年後に「やばい状況」になるかどうかは、その地域の開発と維持の質に依存します。適切な計画と維持が行われていれば、長期的に良好な住環境が保たれる可能性が高いです。

まとめ:新興住宅地はやめとけ?家を建てて後悔した理由と対策

新興住宅地はやめとけ?家を建てて後悔した理由と対策をまとめてきました。

改めて、新興住宅地に家を建てて後悔した理由をまとめると、

新興住宅地に家を建てて後悔した理由

  • 子どもが多くて近所迷惑だから
  • 駅から遠い場所にあるから
  • 間取りの自由度のないから
  • 近所付き合いが大変でトラブルにもなるから
  • 隣家との距離が近すぎてストレスになるから
  • 予期しない追加費用が発生する可能性があるから
  • 買った後に売却したくても売れない可能性があるから

一部で新興住宅地はやめとけと言われる理由があるのは事実。ですが、すべての家庭が後悔するとは限りません。

新興住宅地で家を買う、家を建ててもメリットは十分享受できます。