リフォームで壁紙を石目調にして失敗?後悔した6つのデメリットと失敗しないコツ

「リフォームで壁紙を石目調にすると失敗する?」

「壁紙選びはどうすれば失敗しないで済む?」

部屋の雰囲気を決める大事な「壁紙」

壁紙を気に入っても、部屋と合わせるとなんだか微妙、と感じたことはありませんか?

石目調も人気の壁紙ですが、一部で「リフォームで壁紙を石目調にして失敗した」との声も散見されますが、なぜなのか。

これから、壁紙のリフォームを考えている人にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!リフォームで壁紙を石目調にして失敗したデメリットと選び方や失敗しないためのコツを詳しく解説していきます!

壁紙を石目調にして失敗した6つのデメリット

なぜ、壁紙を石目調にして失敗した、と感じるのか?

早速、壁紙を石目調にして失敗した6つのデメリットについて考察していきます。

【デメリット1】コストが高い

まず1つ目に挙げられるのは「コストが高い」

石目調の壁紙は、一般的な壁紙と比較してコストが高いです。このデメリットはリフォーム予算に大きく影響します。

まず、石目調の壁紙は質感やデザインが複雑なため、製造コストが高くなります。例えば、一般的な壁紙の価格が1平方メートルあたり1,000円前後なのに対し、石目調の壁紙は2,000円から3,000円程度かかることが多いです。

さらに、施工費用も増加します。石目調の壁紙は厚みや重さがあるため、専門の施工業者を必要とし、その作業には追加費用がかかります。また、壁紙の貼り替えやメンテナンスもコストに影響します。石目調の壁紙は耐久性が高い一方で、汚れや損傷が目立ちやすく、修理や交換が必要になる頻度が増える可能性があります。

以上の理由から、石目調の壁紙を選ぶ際は、初期費用だけでなく、長期的なメンテナンスコストも考慮することが重要です。

【デメリット2】施工が難しい

次に2つ目に挙げられるのは「施工が難しい」

石目調の壁紙は施工が難しいため、リフォームにおいて多くの問題を引き起こします。具体的には、石目調の壁紙は厚みや重さがあるため、一般的な壁紙に比べて貼り付け作業が複雑です。

通常の壁紙の施工では1平方メートルあたり約1,000円の費用がかかりますが、石目調の壁紙の場合、施工費用が1.5倍から2倍に増えることがあります。また、壁紙の柄合わせも難易度が高いです。石目調のデザインは連続性が求められるため、柄を正確に合わせる必要があります。これにより、施工時間が長くなり、職人の技術も要求されます。さらに、壁の表面が凹凸のある石目調の壁紙は、下地処理が重要です。下地が平滑でないと、壁紙が浮いてしまう問題が発生します。

これらの要因により、DIYでの施工は失敗するリスクが高く、専門の施工業者を雇う必要性が増します。その結果、全体的なリフォーム費用が高くなる可能性があるため、事前にしっかりと計画を立てることが重要です。

【デメリット3】見た目が安っぽい

3つ目に挙げられるのは「見た目が安っぽい」

石目調の壁紙は見た目が安っぽく感じられる場合があります。この問題は特にリフォーム後のインテリア全体の印象に影響を与えます。

まず、石目調の壁紙は本物の石材と比較して質感や色合いが人工的に見えることがあります。例えば、本物の大理石花崗岩と比較すると、印刷されたパターンの繰り返しや質感の欠如が原因で、リアリティに欠ける場合があります。

さらに、安価な石目調の壁紙は、特に近距離で見ると、その人工的な印刷パターンが目立ちやすいです。このため、部屋全体の雰囲気がチープに感じられることがあります。特に石目調の壁紙は、選び方や貼り方によっては部屋の高級感を損なうリスクが高いです。

したがって、石目調の壁紙を選ぶ際には、インテリア全体のバランスを考慮し、慎重に選ぶことが重要です。

【デメリット4】メンテナンスが難しい

4つ目に挙げられるのは「メンテナンスが難しい」

石目調の壁紙はメンテナンスが難しいため、リフォーム後の日常的な管理が大変です。

まず、石目調の壁紙は凹凸が多く、ホコリや汚れが溜まりやすい特徴があります。一般的な壁紙に比べて掃除が困難で、定期的なメンテナンスが必要です。例えば、表面の汚れを落とす際、柔らかい布や掃除機のブラシを使用する必要がありますが、それでも細かい凹凸にホコリが残ることがあります。

さらに、石目調の壁紙は汚れが目立ちやすいです。特に油汚れや手垢などはすぐに目に付きやすく、頻繁なクリーニングが求められます。壁紙の交換や部分的な修理も難しく、修理費用が高くなることがあります。

このように、石目調の壁紙は見た目は魅力的ですが、日常の管理とメンテナンスコストを考慮する必要があります。

【デメリット5】インテリアとの調和が難しい

5つ目に挙げられるのは「インテリアとの調和が難しい」

石目調の壁紙はインテリアとの調和が難しいため、全体のデザインバランスが崩れることがあります。

まず、石目調の壁紙は強い個性を持つため、他の家具や装飾品との組み合わせが難しくなります。例えば、モダンな家具やシンプルなデザインのインテリアと合わせる場合、石目調の重厚なデザインが不自然に感じられることがあります。また、色味や質感が異なると、統一感が失われやすいです。石目調の壁紙は自然素材を模しているため、木製家具やナチュラルなテイストのインテリアと相性が悪いこともあります。

このため、石目調の壁紙を選ぶ際には、事前に全体のデザインプランをしっかりと考えることが重要です。リフォームの仕上がりに満足するためには、インテリア全体の調和を意識する必要があります。

【デメリット6】視覚的に重く感じて圧迫感を覚える

そして6つ目に挙げられるのは「視覚的に重く感じて圧迫感を覚える」

石目調の壁紙は視覚的に重く感じられ、圧迫感を覚えることがあります。この問題は特に小さな部屋や狭い空間で顕著です。

まず、石目調の壁紙は質感が重厚であり、暗い色合いや濃い模様が多いため、空間を狭く見せる効果があります。例えば、6畳の部屋に石目調の壁紙を使用すると、実際の広さよりもさらに狭く感じることがあります。さらに、視覚的な重さが原因で、部屋全体の雰囲気が圧迫されるため、居住者にとって居心地の悪さを感じさせることがあります。

以上のことから、石目調の壁紙を選ぶ際には、部屋の広さや全体のデザインバランスを十分に考慮することが重要です。

失敗してない!壁紙を石目調にリフォームするメリット

ここまで、壁紙を石目調にして失敗したデメリットについて触れてきました。

失敗したと感じる人が一定数いる一方で、壁紙を石目調にするメリットももちろんあります。

具体的な失敗してない!壁紙を石目調にリフォームするメリットについてご紹介します!

【メリット1】高級感の演出が楽しめる!

特にメリットとして感じるのは「高級感の演出が楽しめる!」

石目調の壁紙を使用すると、高級感の演出が楽しめる点が大きなメリットです。

まず、石目調の壁紙は本物の石材を模したリアルなデザインが特徴で、部屋全体にエレガントで洗練された雰囲気をもたらします。例えば、大理石風の壁紙をリビングやエントランスに使用することで、訪問者に対して高級感を強く印象付けることができます。さらに、石目調の壁紙は光の反射を利用して空間を広く見せる効果もあります。光沢のある表面が光を反射し、部屋全体を明るくするため、開放感を感じさせます。

このように、石目調の壁紙はコストパフォーマンスに優れながらも、高級感を手軽に実現する手段として非常におすすめです。日常生活の質を向上させ、訪問者にも好印象を与えることができます。

【メリット2】本物の石材よりコスパ良い!

高級感の演出だけでなく「本物の石材よりコスパ良い!」

石目調の壁紙は本物の石材よりもコスパが良い点が大きなメリットです。

まず、石材の使用には高額な費用がかかりますが、石目調の壁紙はその見た目と質感を手頃な価格で実現できます。例えば、本物の大理石を使用する場合、1平方メートルあたりの費用は約10,000円から20,000円程度かかります。一方、石目調の壁紙は1平方メートルあたり2,000円から5,000円程度で購入可能です。さらに、石材の施工には専門的な技術と長時間が必要であり、その分の人件費も発生します。石目調の壁紙は施工が比較的簡単で、DIYでも対応できるため、施工費用を大幅に削減できます。

以上のことから、石目調の壁紙は本物の石材と同様の美しさを保ちながらも、経済的な負担を軽減し、効率的なリフォームを実現する手段として非常に優れています。

【メリット3】厚みがあるので耐久性に優れる!

3つ目のメリットとして「厚みがあるので耐久性に優れる!」

石目調の壁紙は厚みがあるため、耐久性に優れている点が大きなメリットです。

まず、石目調の壁紙は一般的な壁紙よりも厚みがあり、傷や汚れに強い特徴があります。例えば、厚みが0.5ミリメートル以上ある石目調の壁紙は、日常的な摩擦や衝撃に対しても高い耐久性を発揮します。さらに、防水性や防カビ性を持つ製品も多く、湿気の多い場所でも長期間使用可能です。また、耐久性の高い壁紙は、結果として長期的なコスト削減にも寄与します。これにより、壁紙の再施工やメンテナンスにかかる手間や費用を抑えることができます。

したがって、石目調の壁紙は厚みと耐久性に優れているため、見た目だけでなく、機能性と経済性にも優れた選択肢となります。

【メリット4】断熱効果にも期待できて省エネ!

4つ目のメリットとして「断熱効果にも期待できて省エネ!」

石目調の壁紙は断熱効果が期待でき、省エネに貢献する点が大きなメリットです。

まず、石目調の壁紙は厚みがあり、空気の層を含んでいるため、断熱材として機能します。これにより、夏は外部の熱を遮断し、冬は室内の暖かさを保つことができます。例えば、一般的な壁紙と比較して、石目調の壁紙を使用することで、部屋の温度を約1~2度下げる効果があると言われています。さらに、エアコンや暖房器具の使用頻度を減少させることができるため、エネルギー消費を抑えることが可能です。

以上の理由から、石目調の壁紙は断熱効果を発揮し、省エネにも貢献するため、経済的なメリットだけでなく、環境保護の観点からも優れた選択肢です。結果として、快適な室内環境を維持しつつ、長期的なコスト削減を実現することができます。

【メリット5】環境に優しい素材を選べる!

そして5つ目のメリットとして「環境に優しい素材を選べる!」

石目調の壁紙は環境に優しい素材を選べる点が大きなメリットです。

まず、多くの石目調壁紙は再生可能な材料やリサイクル素材を使用して製造されており、環境負荷を軽減します。例えば、FSC(森林管理協議会)認証を受けた木材を原料とする壁紙や、PVCを含まないエコフレンドリーな製品があります。さらに、低VOC(揮発性有機化合物)仕様の壁紙も増えており、室内空気の質を向上させることができます。これにより、健康面での安心感も得られます。エコフレンドリーな石目調壁紙は、持続可能な生活を支援するための選択肢として非常に有効です。

したがって、石目調の中でも環境に優しい素材選びは、環境保護に貢献しながら、安心して使用できるリフォーム素材として優れています。

壁紙で失敗したくない人に!おすすめの石目調クロス3選

ここまで、壁紙の石目調に関する評判をご紹介してきました。

壁紙の石目調のメリットはわかっても、どの製品を選べばいいのかわからない。

そんな壁紙で失敗したくない人に!おすすめの石目調クロス3選をまとめていきます!

【おすすめ1】サンゲツ「RE-7386」

サンゲツ「RE-7386は、リアルな石目調デザインが特徴で、高級感と耐久性を兼ね備えた壁紙です。まず、この壁紙は本物の石材の質感を忠実に再現しており、部屋全体に洗練された雰囲気をもたらします。特にリビングやエントランスで使用すると、高級感が一層引き立ちます。また、防汚加工が施されているため、汚れに強く、日常のメンテナンスが容易です。

さらに、抗菌・防カビ性能を持ち、衛生的な環境を維持できる点も大きなメリットです。石目調の模様は、どのようなインテリアスタイルにも合わせやすく、モダンからクラシックまで幅広いデザインに対応します。施工の際には、壁紙の厚みが適度にあるため、貼りやすく、プロの仕上がりを実現しやすいです。

このように、サンゲツ「RE-7386」は、見た目の美しさと機能性を両立しており、リフォームや新築時の壁紙選びで失敗を避けたい人に最適な選択肢です。高品質な石目調クロスで、長期間にわたり美しい空間を楽しむことができます。

【おすすめ2】サンゲツ「TH-32031」

サンゲツ「TH-32031は、砂浜と波打ち際のイメージをエンボス加工とパール効果で表現した石目調クロスです。この壁紙は、砂のざらつきや波のきらめきをリアルに再現しており、自然の美しさを室内に取り入れます。防汚性、防カビ性、抗菌性があり、清潔な環境を維持できる点が魅力です。また、ウレタンコートにより傷が付きにくく、日常のメンテナンスが簡単です。インテリアに自然の要素を加え、快適で衛生的な空間を作り出します。

【おすすめ3】リリカラ「LV-3027」

リリカラ「LV-3027は、上品な石目調のデザインが特徴で、エレガントな空間を演出します。まず、防火性能が準不燃(防火種別:2-3)であり、安全性が高いです。また、防カビ機能が備わっており、湿気の多い場所でも安心して使用できます。幅92cmで切り売り可能なため、必要な分だけ購入でき、無駄がありません。インテリアの統一感を保ちながら、耐久性と清潔さを両立できるため、リフォームに最適です。結果として、美しさと機能性を兼ね備えた選択肢となります。

壁紙は石目調と織物調ならどちらがいい?失敗しない選び方

中には、壁紙は「石目調」にするか、「織物調」にするか、悩まれる方も少なくありません。

それぞれの壁紙の特徴から、どちらを選ぶのが向いているのか?

ここでは、壁紙は石目調と織物調ならどちらがいい?失敗しない選び方についてまとめていきます。

【選び方1】石目調が向いてる人・部屋の特徴

まず、石目調が向いてる人・部屋の特徴は以下の通りです。

石目調が向いてる人・部屋の特徴

  • 高級感を重視する人:本物の石材の質感を楽しみたい人や、部屋に高級感を演出したい人に最適です。
  • モダンなインテリアが好きな人:シンプルで洗練されたデザインが好きな人には石目調が向いています。
  • 耐久性を求める人:石目調の壁紙は厚みがあり、傷や汚れに強い特徴があります。
  • 掃除が簡単な壁紙を求める人:防汚加工が施されている製品が多く、日常のメンテナンスが楽です。
  • 断熱効果を期待する人:石目調の壁紙は厚みがあり、断熱効果が高い製品も多いです。
  • インパクトのあるデザインを求める人:リアルな石目模様は、部屋全体の雰囲気を一新する強いデザイン性があります。

石目調の壁紙は、高級感を重視する人やモダンなインテリアが好きな人に最適です。耐久性があり、掃除が簡単で、断熱効果も期待できます。また、インパクトのあるデザインを求める人には石目調がぴったりです。

これらの特徴から、石目調の壁紙は、洗練された美しさと機能性を両立させたい方におすすめの選択肢となります。特にリビングやエントランスなど、人目に触れる場所での使用に適しています。

【選び方2】織物調が向いてる人・部屋の特徴

次に、織物調が向いてる人・部屋の特徴は以下の通りです。

織物調が向いてる人・部屋の特徴

  • 温かみのある雰囲気を好む人:織物調の壁紙は、柔らかく温かみのある印象を与えます。
  • ナチュラルなインテリアが好きな人:自然素材や優しい色合いのインテリアに調和しやすいです。
  • 防音効果を期待する人:織物調の壁紙は防音効果が高く、静かな環境を求める人に適しています。
  • クラシックなデザインを好む人:クラシックやレトロなデザインが好きな人には、織物調がぴったりです。
  • 繊細な模様を楽しみたい人:織物調の壁紙は、細やかなデザインやパターンが豊富です。
  • リラックスした空間を求める人:柔らかい質感と色合いがリラックスした空間を作り出します。

織物調の壁紙は、温かみのある雰囲気を好む人やナチュラルなインテリアが好きな人に最適です。防音効果が高く、静かな環境を求める人にも向いています。また、クラシックなデザインや細やかな模様を楽しみたい人には織物調がぴったりです。

柔らかい質感と色合いがリラックスした空間を作り出すため、織物調の壁紙は、落ち着いた心地よいインテリアを求める方におすすめの選択肢です。

【無料】リフォームで壁紙を石目調にして失敗しないためのコツ

ここまで、リフォームで壁紙を石目調にして失敗したデメリットや選び方についてご紹介してきました。

結論、壁紙を石目調にして失敗したと感じる人はいます。いますが、すべての人が壁紙を石目調にすることで後悔するわけではなく、個々人のリフォームにおける優先度や価値観次第だといえます。

つまり、壁紙の選び方にも向き不向きがあるということ。リフォームの目的次第ですが、壁紙を間違えば、それこそ部屋に入るたびに「後悔する末路」が待っています。

では、自分の部屋だったらどの壁紙がいいのか?そもそも壁紙のリフォームにはどれくらいの費用がかかるのか?正直わからないですよね。

調べるにも手間で、何よりリフォーム会社1社1社に連絡して見積りを取るなんてしていたら、いくら時間があっても労力がかかり過ぎて発狂してしまいます。

でも実は、リフォームで壁紙を石目調にして失敗しないためのコツがあります。

そのコツというのが、「無料の一括見積もり」を活用することです。

リフォーム会社を複数社まとめて比較して、その中から最も自分の理想に近いリフォームプランを決めるのが後悔しない最適な方法です。

一人で悩んでいても解決策は見出せません。複数のリフォームプランをもらって比較した方が、イメージは湧きやすいですし、何より複数比較するので後悔するリスクも回避できます。

そして、リフォーム会社から一括見積もりを取るのにおすすめなのが「タウンライフリフォーム」を利用する方法です。

タウンライフリフォームは、リフォーム会社があなたの要望や希望に基づいて、リフォームのアドバイスや見積もりを無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフリフォームのリフォーム会社は、全国710社以上(2024年6月現在)。大手リフォーム会社から地域密型工務店まで独自の基準をクリアした優良リフォーム会社の中から、好みにあった会社を自分で選んで見積りをもらうことができます。

タウンライフリフォームを活用するメリット

  • 無料で「見積り」「リフォームプラン」「アイデア&アドバイス」が届く!
  • しつこい営業なし!優良リフォーム会社のみ登録しているから安心して依頼できる!
  • 提案への断りがしにくいときはタウンライフリフォームが代わりにお断りを伝言できる!

タウンライフリフォームの利用に向いてる人

  • リフォーム会社の見積りやプランをまとめて比較したい人
  • 無料の一括見積もりを依頼して、しつこい営業を受けたくない人
  • ネットで簡単に情報を集めたいけど、優良リフォーム会社とだけやり取りしたい人

壁紙の選び方だけでなく、リフォーム・家づくりで失敗したくない、でも何から手を付けたらいいのかわからない。

今まさにリフォームを計画している方、今はまだ具体的には考えていなくても将来的にリフォームを検討していて情報収集したい方に活用してもらいたいサービスです。

\累計利用者数40万人を突破!/
『タウンライフリフォーム』で無料の一括見積りを依頼する
【PR】タウンライフ

【Q&A】石目調は失敗すると囁かれる壁紙に関するよくある疑問

最後に石目調は失敗すると囁かれる壁紙に関するよくある疑問をまとめます。

【疑問1】サンゲツの壁紙(石目調)は評判良い?

「サンゲツの壁紙(石目調)は評判良い?」

サンゲツの石目調壁紙は評判が良いです。

まず、リアルな石目調デザインが高く評価されており、本物の石材の質感を忠実に再現しています。これにより、部屋全体に洗練された高級感をもたらします。また、防汚加工や抗菌・防カビ機能が備わっており、日常のメンテナンスが簡単で衛生的です。施工も比較的容易で、DIY初心者にも扱いやすい点が支持されています。さらに、豊富なデザインバリエーションがあり、インテリアの多様なスタイルに合わせやすいです。総合的に見て、サンゲツの石目調壁紙は品質と機能性の両面で高い評価を受けています。

【疑問2】クロスの継ぎ目が目立つのはなぜですか?

「クロスの継ぎ目が目立つのはなぜですか?」

クロスの継ぎ目が目立つ理由は複数あります。

まず、施工時の技術不足が大きな要因です。壁紙を貼る際に継ぎ目を正確に合わせないと、模様のズレが生じ、継ぎ目が目立ちやすくなります。また、壁面の凹凸や平滑でない下地も影響します。下地が不均一だと、壁紙がしっかりと密着せず、継ぎ目が浮いてしまいます。さらに、壁紙の伸縮性も一因です。湿度や温度の変化により壁紙が収縮したり伸びたりすると、継ぎ目が開いたり目立ったりします。こうした要因を避けるためには、施工前に下地をしっかりと整えること、専門の施工業者に依頼することが重要です。結果として、継ぎ目を目立たなくするための対策が必要です。

【疑問3】石目調と織物調の違いは?

「石目調と織物調の違いは?」

石目調と織物調の壁紙の違いは、デザインや質感、使用目的にあります。まず、石目調は本物の石材を模したデザインで、高級感や重厚感を演出します。主にモダンなインテリアや高級感を求める空間に適しています。厚みがあり、耐久性や防汚性に優れ、掃除が簡単な点も特徴です。

一方、織物調は布地の質感を模したデザインで、温かみや柔らかさを感じさせます。ナチュラルなインテリアやリラックスした雰囲気を求める空間に向いています。防音効果が高く、静かな環境を提供する点が魅力です。また、繊細な模様やクラシックなデザインが豊富で、温かみのある空間を演出します。

これらの特徴により、石目調はモダンで高級感のある空間に、織物調は温かみと静寂を求める空間に適しています。

まとめ:リフォームで壁紙を石目調にして失敗したデメリットと選び方

リフォームで壁紙を石目調にして失敗したデメリットと選び方に関する情報をまとめてきました。

改めて、壁紙を石目調にして失敗したデメリットをまとめると、

壁紙を石目調にして失敗したデメリット

  • コストが高い
  • 施工が難しい
  • 見た目が安っぽい
  • メンテナンスが難しい
  • インテリアとの調和が難しい
  • 視覚的に重く感じて圧迫感を覚える

結論、壁紙を石目調にして失敗したと感じる人はいます。

いますが、すべての人が壁紙を石目調にすることで後悔するわけではなく、個々人のリフォームにおける優先度や価値観次第だといえます。