新築建てても後悔だらけが現実?結論と実際の体験談や後悔しないための対策

「新築建てても後悔だらけが現実なの?」

「後悔しないためには何を対策すればいい?対処法は?」

夢のマイホームがやっと完成!

と思いきや、イメージと違って後悔だらけ。。
使えば使うほど、使い勝手も悪くて、家に帰る度にため息が止まらない。。

これから新築住宅の購入を検討している方にとって、「新築建てても後悔だらけの末路」は絶対に避けたい状況。

なぜ、新築建てて後悔してしまうのか?
どうすれば、住宅購入で後悔は避けられるようになるのか?

本記事では、新築建てても後悔だらけの体験談と立て直しの注意点や後悔しないための対策について詳しく解説していきます!

【結論】新築建てても後悔だらけが現実?

新築建てても後悔だらけが現実なのかどうか?

結論からいうと、新築を建てた後に後悔することは多々あります。

実際、マイホーム作りの後悔に関するアンケート調査で、実に約8割(78.4%)ものマイホーム作り経験者が「後悔した経験がある」と回答しています。

新築を建てても5人に1人が何かしらの後悔をしていることになり、後悔している人は非常に多いといえるでしょう。

ただ、新築の後悔は事前の綿密な計画と専門家のアドバイスを受けることで、ある程度防ぐことができます。重要なのは、自分のライフスタイルや将来の変化を見据えた上で、現実的な期待を持つことです。後悔を最小限に抑えるためには、時間をかけてしっかりと情報収集し、自分にとって本当に必要なものを見極めることが必要です。

もし、家づくりについての疑問や悩みをお持ちなら「スーモカウンター」の個別相談を受けるのがおすすめです。

スーモカウンターは、経験豊富なアドバイザーが理想のハウスメーカーの紹介から注文住宅の契約まで無料でサポートしてくれるサービスです。

スーモカウンターを活用するメリット

  • 自分に合うハウスメーカー・工務店を見つけてくれる
  • 中立的な立場のアドバイザーがサポートしてくれる
  • 1回で複数社を紹介してくれるので効率的に比較できる

人生で一度のマイホーム購入。誰も後悔なんてしたくない、でも何から始めたらいいか分からない。

今まさに、家づくりについての疑問や悩みがある方は、まずはスーモカウンターの個別相談を受けて、不安を解消させませんか?

\営業は一切なしだから安心!/
まずは『無料の個別相談』を予約する
個別相談は「店舗」「電話」「ZOOM」のいずれかで受付中
【PR】

新築建てても後悔だらけ&不満だらけの体験談6選

結論、新築建てても後悔だらけになるのは相応に起こりえます。

では具体的に、どういった点に後悔や不満を抱いているのか?

ここからは、新築建てても後悔だらけ&不満だらけの体験談6選をご紹介します。

【体験談1】耐震性能を重視せずに不安

後悔した点で多いのは「耐震性能を重視せずに不安」

耐震性能の高い住宅は、どうしても高額になりがち。

そのため、性能よりも価格の安さを重視した結果、不安になる人の声が挙がっています。

実際に、耐震性能が高いと、倒壊リスクをかなり軽減することができるというデータがあります。

具体的には、日本地震工学会の論文「被害発生確率を用いた耐震等級の説明の有効性」で、耐震等級別の被害発生率を見ると、

震度6強

  • 耐震等級1:1.30%
  • 耐震等級2:0.11%
  • 耐震等級3:0.021%

震度7

  • 耐震等級1:28%
  • 耐震等級2:7.9%
  • 耐震等級3:3.5%

上記結果の通り、等級3は1に比べて、震度7に至っては8分の1にまで被害発生率を抑えられていることがわかります。

したがって、耐震等級の高い家にした方が、地震を心配せずに暮らせる可能性が高いと言えます。

以上のように、新築を建てて後悔した体験談として、耐震性能を重視しなかった点が挙げられます。

【体験談2】間取りの自由度がなく不満

後悔だらけの意見の中でも特に多いのが「間取りの自由度がなく不満」

高性能の家を建てる場合、注意しないといけないのは、間取りの自由度です。

主な理由として、耐震性や断熱性の高い住宅は、構造上の制約がある場合が多いから。

間取りの重要性は、日々の生活を送る場所として、欠かせないものです。

実際、マイホーム作り経験者に対するアンケート調査によると、マイホーム作りで後悔したと感じる人に、どの点が重要かを尋ねた結果、

マイホーム作りを行う上で最も重要だと思うこと

  • 自身の間取りイメージ:49.4%
  • 営業マン:24.6%
  • 土地選び:17.2%
  • 住宅ローン:6.9%

上記結果の通り、間取りがダントツの1位になるほど。

したがって、家づくりにおいては、性能と実用性を兼ね揃えた住まいを考える必要があると言えます。

以上のように、間取りの自由度がない点が、新築を建てて後悔した体験談のひとつに挙げられます。

【体験談3】無理のないローンを組むべきだった

住宅購入なら誰にでも起こりえる後悔した点として「無理のないローンを組むべきだった」

新築で家で建てる際の住宅ローンも、後悔ポイントのひとつ。

特に、返済期間の設定を長くすると、毎月の返済額は軽くなりますが、年齢的な負担は大きくなります。

したがって、無理のない返済期間、および返済額を考慮した上で、ローンを組む必要があります。

実際、住宅購入者に対して実施したアンケート調査によると、家を購入して後悔する瞬間は、

家を購入して後悔する瞬間

  1. ローン返済が苦しいとき:112人
  2. メンテナンスが大変なとき:110人
  3. 近所付き合いが面倒なとき:78人

ローン返済が苦しいときに後悔する人が最多という結果になっています。

ですので、後悔しないためにも、無理なく払える範囲で、ローンを設定しましょう。

以上のように、新築を建てて後悔した話として、無理のないローンを組むべきだった体験談が入ります。

もし、複数の金融機関を比較する方法なら「モゲチェック」を活用するのが便利です。完全無料で利用できる住宅ローン比較サービス。借り入れ中の住宅ローンがいくら減らせるかもわかります。

【体験談4】立地の悪いところは不便でつらい

さらに新築を建てる前の後悔した原因として「立地の悪いところは不便でつらい」

新築を建てる上で、立地条件も後悔ポイントになりやすいです。

たとえば、交通の便や日当たりは、日々の生活に関わってくることなので、疎かにできません。

実際、「マネープラザONLINE」の子育て世帯に行ったアンケート調査によると、現在の住宅の立地で不満・不便な点を尋ねると、

現在の住宅の立地で不満・不便な点

  • 学校との距離が遠い:25.0%
  • 習い事の拠点との距離が遠い:17.9%
  • 自治体の教育への取り組み:14.3%

上記の通り、学校との距離が遠い点が最も回答数が多いです。

そのため、立地条件は、購入前に念入りなリサーチが必要となるでしょう。

したがって、立地の悪い場所に新築を建てて住み始める点も、新築で後悔した体験談となります。

【体験談5】新築なのに収納が少ない

特に女性が後悔したと感じる点として「新築なのに収納が少ない」

新築住宅においては、収納面に関しても考慮する必要があります。

たとえば、素材やデザイン性を重視した住宅でも、収納が充実していないと、後悔する可能性は高いと言えます。

実際、住宅情報サイト「スーモ」のアンケート調査では、自宅に不満のあるところを尋ねると、

自宅に不満のあるところ

  1. 収納スペース:29.3%
  2. 防音性:18.8%
  3. 駐車場のスペースや数:16.2%
  4. 断熱性:16.1%
  5. コンセントの位置・数:14.8%

収納スペースの割合が最も多く、3人に1人が不満を持っている結果となっています。

購入前は、デザインや性能面など、商品の華やかな部分に目が行きがちになります。

ですので、購入前こそ、実用面に重点を置いた下調べを行うことが大事です。

以上のように、新築で後悔した体験談として、新築なのに収納が少ない点が挙げられます。

【体験談6】変わった間取りにしてしまい後悔だらけ

そして6つ目に後悔した点として「変わった間取りにしてしまい後悔だらけ」

新築を建てた後、変わった間取りにしたことを後悔するケースが多々あります。

例えば、リビングとダイニングを一体化したオープンフロアを採用した家庭では、家族全員が一度に食事やリラックスできるメリットがあります。しかし、キッチンの匂いや音がリビングまで届く問題が生じ、日常生活で不便さを感じることがあります。

また、変わった間取りにすることで家具の配置が難しくなり、使い勝手が悪くなることもあります。さらに、変わった間取りはリフォームや将来の家族構成の変化に対応しづらく、結果的に住み替えや改築が必要になることがあります。

このように、変わった間取りにした場合、初めはおしゃれでも実際に住んでみると使い勝手の悪さや不便さを感じ、後悔することが多いです。

後悔だらけの新築を立て直したい場合の注意点

ここまで、新築建てても後悔だらけ&不満だらけの体験談をご紹介してきました。

後悔し過ぎて、新築の立て直しを具体的に考えている人も少なくないでしょう。

ただ、家の立て直しとなると注意すべき点があります。

ここでは、後悔だらけの新築を立て直したい場合の注意点について解説します。

【注意点1】立て直しにかかる費用の見積りを取る

まず必ず確認しておきたいのが「立て直しにかかる費用の見積りを取る」

新築の立て直しを検討する際、費用の見積りを正確に取ることが非常に重要です。なぜなら、立て直しに必要な費用を理解することで、予算の計画や具体的な立て直し案が立てやすくなるからです。

例えば、家の立て直しにかかる費用は以下のような多岐にわたります。

費用の名目 費用の内容 価格相場
解体費用 既存の建物を解体するための費用 解体の規模や場所によりますが、一般的に1坪あたり5万円から10万円が相場
新築建設費用 新たに建物を建設するための費用 建物の規模や仕様によりますが、1坪あたりの建設費用は約50万円から100万円が相場
設計費用 建築家や設計士に依頼する設計費用 建物の複雑さや設計事務所によりますが、総建設費用の約5%から10%が目安
諸費用 建築確認申請費用、登記費用、火災保険料、その他の諸費用 申請手続き費用は数万円から数十万円程度が相場
仮住まいの費用 建設期間中に住む場所が必要な場合の費用 仮住まいの賃料や引越し費用がかかる

このように、立て直しにかかる全体の費用を見積もることで、予算オーバーを防ぎ、計画的に立て直しを進めることができます。信頼できる複数の建築会社から見積りを取ることで、比較検討し、最適な選択をすることが可能です。

【注意点2】改めて設計とプランニングを専門家と交えて行う

具体的に立て直す前に検討したいのが「改めて設計とプランニングを専門家と交えて行う」

新築を立て直す際には、設計とプランニングを専門家と一緒に行うことが重要です。専門家の意見を取り入れることで、前回の失敗を回避し、より良い住まいを実現できます。

例えば、生活動線を改善するためには、建築士やインテリアデザイナーの助言が有効です。専門家は、家事動線の効率化や収納スペースの最適配置など、実際の生活に即した提案を行います。また、将来のライフスタイルの変化にも対応できる柔軟な設計を考えることが可能です。具体的には、可変性のある間取りや、部屋の用途を変更できる設計が考えられます。

信頼できる専門家との協力で、前回の後悔を繰り返さない計画的な新築が実現できるのです。適切な設計とプランニングを通じて、満足度の高い住まいを手に入れることができます。

【注意点3】信頼できるハウスメーカーや工務店を選ぶ

そして何より大切なのが「信頼できるハウスメーカーや工務店を選ぶ」

新築を立て直す際には、信頼できるハウスメーカーや工務店を選ぶことが重要です。信頼できる業者を選ぶことで、施工の品質が保証され、安心してプロジェクトを進めることができます。

まず、具体的な選び方について、実績と口コミを確認することが大切です。例えば、過去の施工例を見学したり、インターネットの口コミサイトを参考にすることで、実際の顧客満足度を把握できます。また、契約前には詳細な見積もりを依頼し、契約内容をしっかり確認することが必要です。特に追加費用の有無やアフターサービスの内容を確認することで、予算オーバーやトラブルを防げます。さらに、複数の業者から見積もりを取り、比較検討することで最適な選択が可能です。

信頼できるハウスメーカーや工務店を選ぶことで、安心して新築を立て直すことができ、満足度の高い住まいを実現できます。

とはいえ、どのハウスメーカーが信頼できる建築会社なのか?どうやって選べばいいのか?家づくりを考えると、疑問や悩みが増えるのが本音です。

あなたがもし、家づくりについての疑問や悩みをお持ちなら「スーモカウンター」の個別相談を受けるのがおすすめです。

スーモカウンターは、経験豊富なアドバイザーが理想のハウスメーカーの紹介から注文住宅の契約まで無料でサポートしてくれるサービスです。

スーモカウンターを活用するメリット

  • 自分に合うハウスメーカー・工務店を見つけてくれる
  • 中立的な立場のアドバイザーがサポートしてくれる
  • 1回で複数社を紹介してくれるので効率的に比較できる

人生で一度のマイホーム購入。誰も後悔なんてしたくない、でも何から始めたらいいか分からない。

今まさに、家づくりについての疑問や悩みがある方は、まずはスーモカウンターの個別相談を受けて、不安を解消させませんか?

\営業は一切なしだから安心!/
まずは『無料の個別相談』を予約する
個別相談は「店舗」「電話」「ZOOM」のいずれかで受付中
【PR】

鬱になる前に!新築建てても後悔しないための対策

ここまで、新築の立て直しを検討している人に向けた注意点をまとめてきました。

では、これから新築を建てようか検討している人は、どんな対策を取るのが有効なのか?

誰もマイホームを購入して後悔なんてしたくないのが本音。

ここからは、鬱になる前に!新築建てても後悔しないための対策について詳しく解説していきます!

【対策1】将来を見据えた設計を考える

まず必ず取り入れたいのが「将来を見据えた設計を考える」

新築の家を建てる際に、将来のライフスタイルの変化を見越して設計を考えることが重要です。例えば、子供が成長して独立した後の部屋の使い方や、老後の生活を見据えたバリアフリーの導入などが挙げられます。具体的には、階段の勾配を緩やかにしたり、段差を少なくすることで、将来的に介護が必要になった場合でも安心して住み続けることができます。

また、リビングやダイニングの広さを柔軟に変更できる間取りにすることで、家族の増減に対応できるようにすることもおすすめです。例えば、間仕切りを設けることで、必要に応じて部屋を分けたり、広げたりすることが可能です。さらに、家全体の収納スペースを十分に確保することで、生活の質を向上させることができます。

将来の変化に対応できる家を設計することは、長期的に見て住み心地の良い家を実現するために欠かせない要素です。家族全員が快適に過ごせるよう、設計段階からしっかりと計画を立てることが大切です。

【対策2】生活動線を意識した間取りを設計する

家の設計の中でも特に対策したいのが「生活動線を意識した間取りを設計する」

新築の家を建てる際には、生活動線を意識した間取り設計が重要です。生活動線とは、日常生活で家の中を移動する際の動きや経路のことです。例えば、キッチンからダイニング、リビングへとスムーズに移動できる配置にすることで、家事効率が大幅に向上します。キッチンから食材の持ち運びが楽になり、家事時間の短縮が期待できます。

さらに、洗濯機から物干し場、クローゼットまでの動線を考慮することも大切です。洗濯物を効率よく干し、取り込んで収納できるように設計することで、家事の負担が軽減されます。例えば、洗濯機から物干し場までの距離を短くすることで、移動の手間が減り、作業がスムーズになります。

また、家族全員が快適に過ごせるよう、トイレや浴室の位置も工夫することが求められます。トイレをリビングや寝室からアクセスしやすい場所に配置することで、夜中の利用が楽になります。

生活動線を意識した間取り設計は、家事効率を高め、家族全員が快適に過ごせる住まいを実現するために欠かせない要素です。詳細な計画を立てることで、後悔のない新築住宅を手に入れることができます。

【対策3】家を建てる周辺の利便性を考慮する

土地探しの段階で対策しておきたいのが「家を建てる周辺の利便性を考慮する」

新築の家を建てる際には、周辺の利便性を考慮することが非常に重要です。例えば、スーパーやコンビニエンスストアが近くにあると、日常の買い物が便利になります。特に子育て中の家庭では、保育園や学校が近くにあることが大切です。徒歩圏内にこれらの施設があると、送り迎えの負担が軽減されます。

また、病院やクリニックが近くにあるかどうかも重要なポイントです。急な病気や怪我の際に迅速に対応できる環境が整っていると安心です。さらに、公共交通機関のアクセスも考慮する必要があります。駅やバス停が近くにあることで、通勤や通学が便利になり、生活の質が向上します。実際、最寄り駅まで徒歩10分以内の場所に家を建てると、通勤時間の短縮や交通費の節約が期待できます(出典:住宅購入に関する調査2022)。これにより、家族全員の生活が快適になるでしょう。

周辺の利便性を考慮することは、長期的な視点で見て住みやすい家を実現するために欠かせない要素です。家族全員が快適に過ごせるよう、周囲の環境をしっかりと調査し、計画を立てることが大切です。

【対策4】無理な住宅ローンは組まないようにする

新築購入にあたって多くが検討するであろう「無理な住宅ローンは組まないようにする」

新築住宅を購入する際には、無理な住宅ローンを組まないことが重要です。無理なローンを組むと、毎月の返済額が高くなり、生活費が圧迫される可能性があります。例えば、収入の30%を超える返済額は避けるべきです。これは家計の負担を軽減し、予期しない出費に対応できる余裕を持つためです。

具体的には、年間収入が500万円の場合、年間の住宅ローン返済額を150万円以下に抑えることが理想です。これにより、他の生活費や貯蓄に十分な余裕を持つことができます。また、金利の変動によるリスクも考慮する必要があります。変動金利でのローンは、将来的に返済額が増加する可能性があるため、固定金利を選ぶことで安定した返済計画を立てることができます。

さらに、頭金を十分に用意することで、借入額を減らし、月々の返済負担を軽減することが可能です。例えば、住宅価格の20%を頭金として用意することで、ローンの返済額が大幅に減少します(出典:住宅ローンの頭金)。

無理な住宅ローンを組まないことは、家計の安定を保ち、長期的に安心して暮らせる住まいを実現するために不可欠です。事前にしっかりと計画を立て、無理のない範囲でのローンを選ぶことが大切です。

【対策5】必ず複数のハウスメーカーから見積り・提案を取る

そして何より実効的な対策が「必ず複数のハウスメーカーから見積り・提案を取る」

新築住宅を建てる際には、必ず複数のハウスメーカーから見積りと提案を取ることが重要です。複数の見積りを比較することで、コストパフォーマンスや提供されるサービスの質を客観的に判断できます。例えば、同じ条件で3社から見積りを取ることで、最もコスト効率の高い選択が可能になります。

また、各社の提案内容を比較することで、自分たちの希望に最も適したプランを選ぶことができます。あるメーカーでは標準仕様として含まれている設備が、別のメーカーではオプション扱いとなる場合があります。これにより、後から追加費用が発生するリスクを避けることができます。

さらに、複数のメーカーから提案を受けることで、自分たちが気づかなかった新しいアイデアや工夫を取り入れることができます。例えば、あるメーカーの提案にはエコロジーに配慮した最新の設備が含まれており、長期的なランニングコストを削減できる可能性があります。

複数のハウスメーカーから見積り・提案を取ることは、新築住宅の品質とコストのバランスを最適化するために不可欠です。慎重に比較検討を行い、納得のいく選択をすることで、後悔のない住まい作りが実現できます。

では、どうすれば見積もりや間取りプランはもらえるのか?できれば無料で簡単に、ネットで手に入る方法があれば楽ですよね。

そんな、忙しい方に最もおすすめなのは「タウンライフ家づくり」を利用する方法です。

タウンライフ家づくりは、ネットで簡単に複数の住宅会社にあなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で一括依頼できるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

\累計利用者数40万人を突破!/
今すぐ無料の一括見積もりを依頼する
【PR】タウンライフ

新築を建てた後に後悔してしまったら?3つの対処法

ここまで、これから新築購入を検討している方に向けた対策を解説してきました。

では、すでに新築を建てて後悔している人は、どうすればいいのか?

具体的な新築を建てた後に後悔してしまったら?3つの対処法についてまとめてきました。

【対処法1】住宅ローンが苦しいなら借り換えを検討する

まず考えたいのは「住宅ローンが苦しいなら借り換えを検討する」

住宅ローンの返済が苦しい場合、借り換えを検討することが有効です。借り換えによって、月々の返済額を減少させることができます。例えば、現在の金利が3%で借りている場合、2%に借り換えると、1000万円の借入残高で年間約10万円の利息を節約できます。

また、借り換えを行う際には、手続き費用や手数料も考慮する必要があります。しかし、総合的なコストを計算した上で借り換えを行えば、長期的に見て大幅な節約が期待できます。具体的には、借り換えによって返済期間を短縮することも可能です。これにより、将来的な利息支払い総額を減少させることができます。

さらに、借り換えを検討する際には、複数の金融機関からの提案を比較することが重要です。各銀行の条件やサービス内容を比較検討することで、最適な条件を選ぶことができます。

もし、複数の金融機関を比較する方法なら「モゲチェック」を活用するのが便利です。完全無料で利用できる住宅ローン比較サービス。借り入れ中の住宅ローンがいくら減らせるかもわかります。

住宅ローンの返済が苦しい場合、借り換えを検討することで、家計の負担を軽減し、生活の質を向上させることができます。計画的な借り換えを行い、安心して住み続けることができる環境を整えることが大切です。

【対処法2】不満がある場所だけ部分的にリフォームする

具体的な箇所に後悔しているなら「不満がある場所だけ部分的にリフォームする」

新築を建てた後に不満がある場合、全体を改装するのではなく、問題のある場所だけを部分的にリフォームすることが効果的です。部分リフォームを行うことで、コストを抑えつつ快適な住環境を実現できます。例えば、キッチンの使い勝手が悪い場合、シンクや収納スペースの配置を変更することで、家事効率が向上します。

また、リビングの収納が不足している場合、造り付けの収納棚を追加することで、整理整頓が容易になります。部分リフォームの費用は、全体リフォームの約1/3程度に抑えられることが多いです。例えば、キッチンの部分リフォームは50万円から100万円程度で済むことが一般的です。

不満がある場所だけを部分的にリフォームすることで、予算を抑えながら、住みやすい環境を整えることが可能です。計画的にリフォームを進めることで、新築後の後悔を解消し、快適な生活を実現することができます。

【対処法3】後悔だらけの家を売却して悩みを一掃する

どうしても後悔が拭えないなら「後悔だらけの家を売却して悩みを一掃する」

新築後に後悔が続く場合、家を売却することで悩みを一掃する選択肢があります。家の売却は大きな決断ですが、長期的なストレスを軽減する効果があります。例えば、購入価格が3000万円の家を売却し、売却価格が2500万円であった場合、500万円の損失が発生しますが、その後の生活費や精神的な負担を考慮すると、売却が最善の選択となることがあります。

また、売却によって得た資金を元に、新しい住まいを購入するか、賃貸住宅に移ることで生活環境を一新できます。これにより、より快適で満足度の高い住まいを手に入れることが可能です。

さらに、売却手続きは専門の不動産会社に依頼することでスムーズに進められます。不動産会社は市場価格を適切に評価し、迅速に買い手を見つけるサポートを提供します。

後悔だらけの家を売却することは、決して簡単な決断ではありませんが、生活の質を向上させるための有効な手段です。計画的に行動し、専門家の助言を受けることで、後悔を解消し、より満足のいく生活を実現することができます。

【Q&A】後悔だらけの新築に関するよくある疑問

最後に後悔だらけの新築に関するよくある疑問をまとめます。

【疑問1】新築で後悔したランキングは?

新築で後悔したポイントのランキングを知ることは、新築計画を立てる際に非常に有益です。

特に後悔する「間取り」について、間取りの箇所で後悔したランキングを示すと以下の通りとなります。

後悔した間取りTOP5 割合
窓の位置 26.8%
狭いバルコニー 17.3%
ウォークインクローゼット 14.9%
リビング階段 14.3%
ウォークスルー型シューズクローク 12.5%

(出典:後悔した間取りランキング

このようなランキングを参考にすることで、事前に対策を立て、後悔のない新築計画を実現することができます。

【疑問2】家を新築する際に考えておくべきことは?

家を新築する際には、将来の生活を見据えた設計が重要です。将来の家族構成やライフスタイルの変化を考慮することで、長く快適に住み続けることができます。例えば、子供が成長して独立した後の部屋の使い方や、老後の生活を見据えたバリアフリー設計などが挙げられます。

さらに、生活動線を意識した間取りも重要です。キッチンからリビング、洗濯機から物干し場への動線を考慮することで、家事の効率が大幅に向上します。加えて、周辺環境の利便性もチェックしましょう。スーパーや学校、病院が近くにあることで、日常生活が便利になります。

最後に、無理な住宅ローンを組まないことが大切です。収入の30%以内の返済額に抑えることで、家計の負担を軽減し、安心して生活できます。家を新築する際には、これらのポイントをしっかりと考慮し、計画を立てることが後悔のない住まい作りの秘訣です。

【疑問3】新築の家に入居する前にすることは?

新築の家に入居する前に、いくつかの重要な準備をすることが必要です。まず、入居前の最終確認が大切です。壁や床の仕上がり、設備の動作確認を行い、不具合があれば修正を依頼します。具体的には、水回りや電気設備の点検を怠らないようにしましょう。

次に、引越し前に家具や家電の配置を計画します。どの部屋に何を置くかを事前に決めることで、引越し当日の混乱を避けることができます。例えば、リビングのレイアウトや収納スペースの活用方法を考えておくと便利です。

さらに、入居後すぐに使う物品のリストを作成し、必要なものを前もって購入しておくことが重要です。例えば、カーテンや照明器具など、生活に欠かせないアイテムを揃えておくと、入居初日から快適に過ごせます。

新築の家に入居する前の準備は、快適な新生活のスタートに不可欠です。最終確認や家具配置の計画、必要物品の購入を事前に行い、スムーズに新居での生活を始めることができるようにしましょう。

まとめ:新築建てても後悔だらけの体験談と後悔しないための対策

新築建てても後悔だらけの体験談と後悔しないための対策に関する情報をまとめてきました。

改めて、新築建てても後悔だらけ&不満だらけの体験談をまとめると、

新築建てても後悔だらけ&不満だらけの体験談

  • 耐震性能を重視せずに不安
  • 間取りの自由度がなく不満
  • 無理のないローンを組むべきだった
  • 立地の悪いところは不便でつらい
  • 新築なのに収納が少ない
  • 変わった間取りにしてしまい後悔だらけ