【辛い】新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談!失敗した原因と解決策

「新築購入で失敗した原因は?」

「どうすればうつから解放される?解決策は何かない?」

長年の夢だったマイホーム購入。

でもまさか、新築を買って失敗しうつになるなんて思ってもみなかった。

なぜ、失敗してしまったのか?
どうすれば、現状の不満やストレスから解放されるのか?

さらに、これから新築購入を検討している人にとっても、対策は気になる情報です。

本記事では、新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談と失敗した原因や解決策について詳しく解説していきます!

新築を買って失敗しうつになる人は多い

実は、あなただけではありません。

新築を買って失敗しうつになる人は多いということ。実際、アンケート調査によると、住宅購入で後悔したことがあるかどうか尋ねたところ、

  • はい:84.4%
  • いいえ:15.6%

8割以上の人が、住宅購入で何かしらの後悔・不満があると回答しています。

また、他の企業のアンケート調査で、「マイホームブルー(新居の購入前後に気分が落ち込むこと)」を経験した理由を尋ねたところ、

マイホームブルーを経験した理由

  • 住宅ローンの支払いに不安があるから:52%
  • 一生住まなければいけないことに対しての不安があるから:22%
  • 間取りが思っていたのと違った:13%

上記結果の通り、さまざまな理由で「マイホームブルー」を経験していることがわかります。

ですので、新築を買って失敗しうつになる人は多い。新築を買うときは、慎重に計画し、家族と十分に話し合うことが大切です。

今すぐ新築購入の失敗を解決する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。状況に合わせてニーズ別の解決策をまとめています。
今後、住宅購入を検討していて新築住宅の購入で失敗しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。家づくりに必要なすべてを無料で手に入れられます。

新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談5選

ではなぜ、新築住宅の購入に失敗してうつになってしまったのか?

具体的な新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談5選をご紹介します。

【体験談1】資材単価の高騰で予算オーバー

まず1つ目の体験談として「資材単価の高騰で予算オーバー」

近年の物価の高騰は、新築住宅の購入にも影響を受けています。

なかでも、体験談にもある通り、木材価格などの建築資材の高騰により、予算が足りなくなった、あるいは予算が大幅に超過した人が見受けられます。

実際、建設物価調査会総合研究所 の「建設資材物価指数」を見てみると、

建設資材物価指数(東京)

  • 2020年平均:107.7
  • 2021年平均:116.4
  • 2022年平均:135.0
  • 2023年2月:140.2

上記の通りで、資材物価指数は2021年以降から大幅に上昇していることがわかります。

したがって、新築住宅の購入で予算に関する悩みを抱える人は多いと言えます。

以上のように、新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談として、資材単価の高騰が挙げられます。

【体験談2】初期不良が多すぎてひどい

次に2つ目の体験談として「初期不良が多すぎてひどい」

新築住宅を購入して、初期不良に悩まされる人の体験談があります。

せっかく新しい家を購入したのに、すぐに故障したり、不良部分があると、気分が沈んでしまいますよね。

実際に、国土交通省が実施した住宅タイプ別の「入居後の不具合発生の有無」調査を見てみると、

不具合の発生経験 経験あり 経験なし
戸建(新築) 49.1% 50.9%
戸建(中古) 50.5% 49.5%
マンション(新築) 42.5% 57.5%
マンション(中古) 44.9% 55.1%

戸建ての新築は半数近くが不具合発生を経験していることがわかります。

また、「不具合の発生時期」を見ると、戸建(新築)の場合、入居後1年未満で不具合を経験している人が16.5%と、もっとも高い結果となっています。

ですので、新築の初期不良は、多くの人が経験しやすい事例だと言うことができます。

以上のように、初期不良が多すぎてひどい点が、新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談に挙げられます。

【体験談3】日当たりが悪くて後悔した

3つ目の体験談として「日当たりが悪くて後悔した」

新居購入で、意外に見落としがちなのが、日当たり。

体験談にもある通り、間取りや収納に関しては入念に目を配っていても、いざ住んでみると、日当たりが悪くて憂鬱になるケースがあります。

実際、国土交通省が5年ごとに調査する「住生活総合調査結果」で、住宅または居住環境で重要と思う項目をみると、

住宅または居住環境で重要と思う項目

  • 治安:39.8%
  • 日常の買物などの利便性:36.6%
  • 日当たり:34.3%

上記結果の通り、日当たりが3番目に重要度が高い結果となっています。

したがって、住む前ではなく、住んだ後の調査では、生活する上で日当たりの重要度が非常に大きいことがわかります。

以上のように、日当たりの悪い点が、新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談のひとつに入ります。

【体験談4】外壁のメンテナンスが大変すぎる

4つ目の体験談として「外壁のメンテナンスが大変すぎる」

新築購入で見落としがちなのは、日当たりだけでなく外壁のメンテナンスも挙げられます。

デザイン性の高さで購入してみたものの、細かいメンテナンスや維持費用の増加で、失敗したと感じる人は多く見受けられました。

実際に、パナソニックホームズのアンケート調査では、外壁のメンテナンスで後悔をしたことがあるか尋ねたところ、

  • 後悔している:94.7%
  • 後悔していない:5.3%

なんと95%近くの人が後悔したと回答。さらに、同調査から具体的な後悔ポイントとして、

外壁のメンテナンスにおいて後悔をした理由

  • メンテナンス工事中の不便さ:35.2%
  • メンテナンス業者探し:33.4%
  • メンテナンス費用:31.4%

購入時に気付かなかった部分で、後悔している人が多いことがわかりますね。

したがって、外壁に関しては購入前にメンテナンスのことを考慮に入れておかないと、あとあと憂鬱になる可能性が高いです。

以上のように、新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談として、外壁のメンテナンスが大変すぎる点が挙げられます。

【体験談5】家全体の掃除負担が大きくなった

そして5つ目の体験談として「家全体の掃除負担が大きくなった」

新しい住宅で、居住スペースが広くなった分、掃除が大変になったとの意見も見られます。

たとえば、部屋が増えたり、フロア面積が大きくなると、快適性はアップするものの掃除の負担は大きくなります。

実際、家電メーカーのアンケート調査では、家事の中で一番時短したいと思うものを尋ねたところ、

家事の中で一番時短したいと思うもの

  • 掃除:44%
  • 料理:34%
  • 洗濯:12%

調査結果をみても、掃除の負担が一番軽くしたい家事であることがわかります。

したがって、家を購入する際に、掃除のしやすさも考えた家づくりをしないと、後悔する可能性があります。

以上を踏まえると、新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談として、家全体の掃除負担が大きくなった点が挙げられます。

今すぐ新築購入の失敗を解決する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。状況に合わせてニーズ別の解決策をまとめています。
今後、住宅購入を検討していて新築住宅の購入で失敗しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。家づくりに必要なすべてを無料で手に入れられます。

うつになるまで追い込んだ新築購入で失敗した原因

ここまで、新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談をご紹介してきました。

夢のマイホームを購入したにもかかわらず、うつになってしまう悲しい現実。

ではなぜ、失敗してしまったのか?今後、新築購入を検討している方にとっても、非常に気になる情報です。

ここからは、うつになるまで追い込んだ新築購入で失敗した原因について解説していきます。

【原因1】事前調査が不足していたため

「事前調査が不足していたため」

最も新築購入で失敗した原因として挙げられるのは、事前調査が不足していたためです。具体的には、物件の周辺環境や交通の便、生活施設の有無などを十分に確認せずに購入を決断してしまうことが問題です。

例えば、物件購入後に周辺の騒音問題や、最寄り駅からの距離が想像以上に不便であったことが判明すると、大きなストレスとなります。さらに、将来的な地域の発展計画や治安の動向なども重要な要素です。これらの情報を調査せずに購入を進めると、生活環境に対する不満が積み重なり、精神的に追い込まれる可能性があります。事前調査を十分に行い、数値データや客観的な情報を基に冷静な判断を下すことが、新築購入の成功につながります。

【原因2】無理な住宅ローンを組んだため

「無理な住宅ローンを組んだため」

新築購入で失敗した原因の一つは、無理な住宅ローンを組んだためです。具体的には、収入に見合わない高額なローンを組むことで、毎月の返済額が家計を圧迫し、生活費に支障をきたすことが問題です。例えば、年収500万円の家庭が月々の返済額が15万円以上のローンを組むと、生活費や教育費、緊急時の予備費用に十分な資金を確保することが難しくなります。さらに、金利変動による返済額の増加やボーナス払いの負担も考慮しなければなりません。結果として、経済的な不安が大きくなり、精神的なプレッシャーが増加することになります。住宅ローンを組む際には、収入に対する返済比率を20%から30%以内に抑えることが推奨されており、無理のない返済計画を立てることが重要です。

【原因3】過度な期待と現実のギャップ

「過度な期待と現実のギャップ」

新築購入で失敗した原因の一つは、過度な期待と現実のギャップです。具体的には、理想のマイホームに対する過度な期待が現実と合わず、失望やストレスを招くことが問題です。例えば、広いリビングや最新の設備を期待していたにもかかわらず、実際の住まいが狭かったり、設備が思ったほど快適でなかったりすると、落胆することになります。また、周辺環境が期待していた静かな住宅地でなく、騒音や交通の問題がある場合、さらなるストレスが加わります。さらに、購入後のメンテナンス費用や予期しない修繕費用が発生し、経済的な負担が増えることも現実のギャップとして挙げられます。このような状況を避けるためには、事前に詳細な情報収集を行い、現実的な期待を持つことが重要です。家を購入する際には、現地を訪れて確認し、専門家の意見を参考にすることが推奨されます。

今すぐ新築購入の失敗を解決する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。状況に合わせてニーズ別の解決策をまとめています。
今後、住宅購入を検討していて新築住宅の購入で失敗しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。家づくりに必要なすべてを無料で手に入れられます。

失敗してうつのまま新築に住み続けると待ち受ける末路

ここまで、うつになるまで追い込んだ新築購入で失敗した原因について解説してきました。

中には、新築をせっかく購入したのだから、不満があっても住み続ける人はいるでしょう。

ですが注意してください。失敗してうつのまま新築に住み続けると待ち受ける末路について触れていきます。

【末路1】精神面での悪化が進む可能性

「精神面での悪化が進む可能性」

失敗してうつのまま新築に住み続けると、精神面での悪化が進む可能性が高いです。具体的には、経済的なプレッシャーや生活環境の不満から来るストレスが、うつ症状をさらに悪化させることが挙げられます。例えば、毎月の住宅ローン返済に追われ、将来への不安が常に頭をよぎる状況が続くと、気分の落ち込みや不安感が強まります。また、理想と現実のギャップによる失望感も、精神的な負担を増加させます。さらに、周囲とのコミュニケーション不足や社会的な孤立感が増し、精神的なサポートを得られなくなることも問題です。これにより、うつ病の症状が深刻化し、最悪の場合には長期的な治療や専門的な介入が必要になることがあります。うつ状態での生活環境は、改善が見込めない限り、精神的な健康に悪影響を及ぼし続けるため、早期の対応が重要です。

【末路2】家族間のコミュニケーション減少による家庭内不和

「家族間のコミュニケーション減少による家庭内不和」

失敗してうつのまま新築に住み続けると、家族間のコミュニケーションが減少し、家庭内不和が生じる可能性が高いです。具体的には、精神的な負担からくる無気力感やイライラが原因で、家族と過ごす時間や会話が減少します。例えば、うつ状態にある親が子供との交流を避けるようになり、子供の精神的なサポートが不足することがあります。また、夫婦間でもストレスからくる口論や誤解が増え、信頼関係が揺らぐことが考えられます。さらに、家族全員がストレスを抱えることで、家庭内の雰囲気が悪化し、結果的に家庭内の支え合いが失われてしまいます。うつ状態の家庭では、コミュニケーションの質と量が低下しやすく、家庭内の絆が弱まるため、早期の改善策や専門家の支援を求めることが重要です。

【末路3】住宅ローンの返済が重荷となって家計を圧迫

「住宅ローンの返済が重荷となって家計を圧迫」

失敗してうつのまま新築に住み続けると、住宅ローンの返済が重荷となり家計を圧迫する可能性が高いです。具体的には、収入に対して過剰な返済額が家計のバランスを崩し、生活費や教育費、医療費などの他の支出に十分な予算を割けなくなります。例えば、月収30万円の家庭が月々10万円の住宅ローンを抱えると、生活費や予備費用が不足しやすくなります。さらに、予期せぬ出費や金利の変動による返済額の増加も家計を圧迫する要因となります。このような経済的プレッシャーは、家庭内でのストレスを増加させ、精神的な健康にも悪影響を及ぼします。住宅ローンの返済負担が家計を圧迫すると、日常生活の質が低下し、最悪の場合、ローンの返済が滞る可能性もあるため、慎重な計画と予算管理が必要です。

今すぐ新築購入の失敗を解決する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。状況に合わせてニーズ別の解決策をまとめています。
今後、住宅購入を検討していて新築住宅の購入で失敗しないための対策を知りたい方は、こちらをご覧ください。家づくりに必要なすべてを無料で手に入れられます。

新築購入は失敗だと感じるノイローゼ状態から解決する3つの方法

ここまで、新築購入による状況をまとめてきました。

では、どうすればうつのノイローゼ状態から抜け出せるのか?

新築購入は失敗だと感じるノイローゼ状態から解決する3つの方法について詳しく解説していきます!

【方法1】家のリフォームをする

最も有効な方法は「家のリフォームをする」

希望とする間取り、設備の充実、理想の外観にすることで、不満の解消につながります。リフォームは、住環境を改善し、日々のストレスを軽減することが目的です。

例えば、断熱性能の向上や防音対策を施すことで、外部からの騒音や温度変化を抑え、快適な住環境を実現できます。また、間取りの変更や収納スペースの増設により、生活の利便性を向上させることも可能です。実際、リビングを広くすることで家族が集まりやすくなり、コミュニケーションが増える効果も期待できます。リフォームには費用がかかりますが、家計の状況に応じて適切な予算を設定し、必要な部分に重点を置くことで、無理のない計画を立てることが重要です。実際の施工には、専門家のアドバイスを受けながら進めることをおすすめします。

以上の理由から、リフォームを通じて住環境を改善し、精神的な安定を取り戻すことが期待されます。

【方法2】家計の見直しを行う

経済的な面での解決策が「家計の見直しを行う」

家計の見直しは、収入と支出のバランスを再評価し、無理のない返済計画を立てることが目的です。

例えば、月々の住宅ローン返済額が収入の30%を超えている場合、経済的な負担が大きく、生活費が圧迫されることが多いです。そのため、家計簿をつけて支出の詳細を把握し、無駄な出費を削減することが必要です。通信費や保険料、娯楽費などの見直しを行い、削減可能な項目を見つけることが重要です。さらに、住宅ローンの借り換えや返済条件の変更を金融機関に相談することも一つの方法です。実際、金利の低いローンに借り換えることで、毎月の返済額を減らすことができます。

以上のように家計の見直しを通じて、経済的な安定を取り戻し、精神的な負担を軽減することが期待されます。

【方法3】高いうちに家を売却する

そして最後の解決策として「高いうちに家を売却する」

家(不動産)を売却することで、住宅ローンの負担を軽減し、経済的な余裕を取り戻すことができます。

例えば、購入から数年以内であれば、住宅の価値が比較的高い状態を維持している場合があります。この時期に売却を検討することで、購入時の価格に近い金額で売却できる可能性が高くなります。さらに、売却によって得た資金を元に、より経済的に余裕のある住まいに移り住むことが可能です。実際、売却によって得た資金を元に、月々の支出が抑えられる賃貸住宅に移住することで、経済的な負担が大幅に軽減されます。

したがって、高いうちに家を売却することで、経済的な安定を取り戻し、精神的な負担を減少させることが期待されます。

新築住宅の購入で失敗しうつにならないための今すぐできる対策

ここまで、新築住宅を購入した人向けに情報をまとめてきました。

中には、これから新築のマイホーム購入を計画している方も多いかと思います。

当然、新築を買って失敗はしたくないですよね。ましてうつにでもなったら、生活に支障をきたしますし、家に帰るのが楽しみではなくなります。

このような最悪の状況に陥らないために、新築住宅の購入で失敗しうつにならないための今すぐできる対策があります。

その対策というのが、「家づくり計画書の作成依頼」を活用することです。

失敗するリスクを回避するには「家づくりのプロ」にお願いするのが最適解です。

なかでも、運営歴11年の歴史を持つ「タウンライフ家づくり」の活用が最もおすすめです。

タウンライフ家づくりは、注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

タウンライフ家づくりを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。だからこそ、慎重に検討したいし、時間をかけてゆっくり考えたい。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的に考えていなくても将来的にはマイホームを持ちたい方に活用してもらいたいサービスです。

\累計利用者数40万人を突破!/
今すぐ無料で家づくり計画書の作成を依頼する
【PR】タウンライフ

【Q&A】失敗してうつにまでなる新築購入に関するよくある疑問

最後に失敗してうつにまでなる新築購入に関するよくある疑問をまとめます。

【疑問1】新築ブルーとは何ですか?

「新築ブルーとは何ですか?」

新築ブルーとは、新築住宅を購入した際に感じる不安やストレス、後悔などの心理状態を指します。

新築住宅の購入は、多くの人にとって人生最大の買い物であり、期待や喜びとともに大きなプレッシャーが伴います。そのため、住み始めてから現実とのギャップや経済的な負担が原因で、精神的に追い詰められることがあります。例えば、住宅ローンの返済が予想以上に重荷となったり、理想と違う住環境に不満を感じたりすると、心のバランスが崩れやすくなります。新築ブルーを防ぐためには、事前に十分な情報収集を行い、現実的な期待を持つことが重要です。また、家族や専門家との相談を通じて、不安を解消し、安心して新生活を始める準備を整えることが必要です。新築ブルーは多くの人が経験するものですが、適切な対応で乗り越えることができます。

【疑問2】マイホームブルーから立ち直る方法は?

「マイホームブルーから立ち直る方法は?」

マイホームブルーから立ち直る方法は、まず精神的な負担を減らすことが大切です。なぜなら、精神的な健康を保つことで、新しい環境に適応しやすくなるからです。

例えば、家族や友人とのコミュニケーションを増やし、サポートを受けることで孤独感や不安感が軽減されます。また、家計の見直しを行い、経済的なプレッシャーを緩和することも有効です。具体的には、無理のない返済計画を立て、必要に応じて専門家に相談することをおすすめします。さらに、住環境を工夫して快適な生活空間を作り、リラクゼーションや趣味を取り入れてストレスを解消することが大切です。

以上のような方法を実践することで、マイホームブルーから立ち直り、心地よい生活を送る準備が整います。

【疑問3】うつ病にかかったら住宅ローンは免除されますか?

「うつ病にかかったら住宅ローンは免除されますか?」

うつ病にかかった場合でも、住宅ローンが免除されることは基本的にはありません。理由は、住宅ローンは契約上の義務であり、病気による免除の規定は通常存在しないからです。

例えば、金融機関は契約時に返済能力を審査し、病気や失業などのリスクを考慮していないことが一般的です。ただし、特定の団体信用生命保険に加入している場合、保険の条件によっては病気や障害が原因で返済が困難になった際に保険金が支払われることがあります。実際、全額返済が困難な場合に備えて、収入保障保険や疾病特約付きの団信を検討することが推奨されます。うつ病により住宅ローンの返済が厳しくなった場合、まずは金融機関に相談し、返済計画の見直しや条件変更を求めることが重要です。適切な対応を取ることで、経済的な負担を軽減し、精神的な安定を図ることができます。

まとめ:新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談と解決策

新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談と解決策をまとめてきました。

改めて、新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談をまとめると、

新築住宅の購入に失敗してうつになった体験談

  • 資材単価の高騰で予算オーバー
  • 初期不良が多すぎてひどい
  • 日当たりが悪くて後悔した
  • 外壁のメンテナンスが大変すぎる
  • 家全体の掃除負担が大きくなった