家を建てると夫婦仲が悪くなる?5つの原因と夫婦仲が悪くならないための対策

「家を建てると夫婦仲が悪くなるってホント?」

「マイホームで、夫婦仲が悪くならないためにはどうすればいい?」

結婚したら次に意識するのが「マイホーム」
夫婦で理想の家を建てるのは、何物にも代えがたい喜びがありますよね。

ただ、一部で「家を建てると夫婦仲が悪くなる」といった声も聞かれますが、なぜでしょうか?

将来的に家を建てることを計画している夫婦にとっては、非常に気になる情報です。

本記事では、家を建てると夫婦仲が悪くなる原因と夫婦仲が悪くならないための対策について詳しく解説していきます!

家を建てると離婚する説はホント?(マイホームと離婚率の関係)

なぜ、家を建てると夫婦仲が悪くなるのかどうか?
マイホーム実現に向けて、情報収集していると、さらに家を建てると離婚する説が散見され目に留まりますが、本当でしょうか?

結論からいうと、マイホームと離婚率の関係にはっきりとした因果関係は不明です。

ただ、筆者独自の調査の結果、初めて家を購入する割合の多い年代と離婚率が最も高い年代は、同じ30代なので、環境変化の要因が多少関係しているのかもしれません。

実際に、国土交通省の「住宅市場動向調査報告書(2022)」で、注文住宅の一次取得者を年齢別に見てみると、

注文住宅の一次取得者(年齢別)

  • 30歳未満:15.6%
  • 30歳代:45.1%
  • 40歳代:22.6%
  • 50歳代:8.3%
  • 60歳代:7.8%

注文住宅を購入する層は、30歳代が割合として一番多いです。

さらに、厚生労働省の「離婚に関する統計の概況」 において、2020年の「同年別居の年齢階級別離婚率」を見てみると、

同年別居の年齢階級別離婚率 1位 2位 3位
男性 30~34歳 35~39歳 25~29歳
女性 30~34歳 25~29歳 35~39歳

上記の通り、30代前半が、男女ともに最も離婚率が高い結果となっています。

したがって、家を建てたことが直接的な要因かどうかは不明なものの、家を建てるのが多い年代が、最も離婚率の高いことは確かです。

しかし、家を建てると離婚する説が全ての夫婦に当てはまるわけではありません。家を建てる過程を通じて、お互いの意見を尊重し、協力し合うことで絆を深める夫婦も多くいます。家づくりの経験が二人の関係を強化し、さらに強いパートナーシップを築くきっかけとなることもあります。

今すぐマイホーム実現に向けて失敗しないための方法を知りたい人は、こちらをご覧ください。無料で家づくりに必要な情報を、簡単に手に入れられます。

家を建てると夫婦仲が悪くなる5つの原因

マイホームと離婚率に直接的な要因はないにしても、家を建てると夫婦仲が悪くなる原因はあります。

具体的にどういったことで、夫婦仲は悪くなってしまうのか?

家を建てると夫婦仲が悪くなる5つの原因について深堀して考察していきます。

【原因1】建築に当たって夫婦の意見が合わないため

まず1つ目の挙げられるのは「建築に当たって夫婦の意見が合わないため」

家を建てると夫婦仲が悪くなる原因の一つに、建築に当たって夫婦の意見が合わないことがあります。具体的には、家のデザインや間取りに関して、夫婦それぞれが異なる希望を持っていることが多いです。

例えば、一方が広いリビングを希望する一方で、もう一方は収納スペースを優先したいと考えることがあります。このような意見の食い違いが頻繁に発生すると、話し合いが進まずにお互いのストレスが増加します。その結果、意見の対立が深まり、夫婦間の信頼や協力の精神が損なわれることがあります。

建築の過程で意見を調整し、互いに歩み寄る努力が必要です。そうすることで、家づくりが夫婦の絆を深める機会となる可能性もあります。

【原因2】家づくりの過程で時間と労力が消耗するため

次に2つ目の挙げられるのは「家づくりの過程で時間と労力が消耗するため」

家を建てると夫婦仲が悪くなる原因の一つに、家づくりの過程で時間と労力が消耗することがあります。家を建てるには、多くの手続きや決定事項が必要で、その一つ一つに時間と労力がかかります。

例えば、建築業者との打ち合わせ、設計図の確認、材料の選定などが挙げられます。これらの作業が多忙な日常生活に加わると、夫婦ともに疲労感が増し、イライラしやすくなります。疲労がたまるとお互いに対する理解や思いやりが減少し、ちょっとしたことでも衝突することが増えます。結果として、家づくりが進むにつれて夫婦間の緊張が高まり、関係が悪化する可能性があります。

家づくりの過程で適切な休息を取り、お互いを支え合う努力が重要です。これにより、夫婦の絆を保ちながら、円滑に家を建てることができます。

【原因3】忙しくてコミュニケーションが不足するため

3つ目の挙げられるのは「忙しくてコミュニケーションが不足するため」

家を建てると夫婦仲が悪くなる原因の一つに、忙しくてコミュニケーションが不足することがあります。家を建てる過程は多忙を極め、夫婦の時間を奪います。

例えば、打ち合わせや現場確認、必要な手続きなどで、夫婦が別々に動くことが増えます。このような状況が続くと、お互いの気持ちや考えを共有する機会が減り、誤解が生じやすくなります。コミュニケーションの不足は、ちょっとした不満や疑問が解消されないまま積み重なり、大きな問題へと発展することがあります。その結果、信頼関係が損なわれ、夫婦仲が悪化する可能性があります。

家づくりの期間中でも意識的に話し合う時間を設け、お互いの気持ちを確認し合うことが大切です。こうすることで、円滑なコミュニケーションを保ちながら家づくりを進められます。

【原因4】一方に負担が偏って不満が溜まりやすくなるため

4つ目の挙げられるのは「一方に負担が偏って不満が溜まりやすくなるため」

家を建てると夫婦仲が悪くなる原因の一つに、一方に負担が偏って不満が溜まりやすくなることがあります。家づくりには多くの作業が伴い、それを夫婦で分担する必要があります。しかし、現実にはどちらか一方に重い負担がかかることがよくあります。

例えば、夫が仕事の合間に建築業者との打ち合わせや現場確認を行い、妻が家庭の管理や子育てを一手に引き受ける場合があります。このような状況が続くと、どちらか一方が疲労やストレスを感じ、不満が溜まります。その結果、夫婦間での協力や感謝の気持ちが薄れ、関係が悪化する可能性があります。

負担を公平に分担し、お互いに感謝の言葉を掛け合うことで、不満を減らし、夫婦仲を良好に保つことが重要です。家づくりの過程でも協力し合う姿勢を持つことが、円満な関係を維持する鍵となります。

【原因5】経済的な負担が増して金銭的なストレスが増加するため

そして5つ目の挙げられるのは「経済的な負担が増して金銭的なストレスが増加するため」

家を建てると夫婦仲が悪くなる原因の一つに、経済的な負担が増して金銭的なストレスが増加することがあります。家を建てるには多額の費用がかかり、多くの家庭では住宅ローンを組む必要があります。

例えば、毎月のローン返済額が家計を圧迫し、他の生活費や子供の教育費などの捻出が難しくなる場合があります。金銭的なプレッシャーが増すと、夫婦間でお金に関する話し合いが増え、時には口論に発展することもあります。お金に関するストレスは、日常生活におけるささいな問題を大きくし、夫婦間の信頼関係に悪影響を及ぼすことがあります。

家を建てる際には、無理のない予算計画を立て、お互いに経済的な状況を理解し合うことが大切です。こうすることで、金銭的なストレスを軽減し、夫婦仲を良好に保つことができます。

今すぐマイホーム実現に向けて失敗しないための方法を知りたい人は、こちらをご覧ください。無料で家づくりに必要な情報を、簡単に手に入れられます。

建てた後に家族仲が悪くなる家の特徴とは

ここまで、家を建てると夫婦仲が悪くなる原因について触れてきました。

ただ、注意したいのはマイホーム建築中だけではありません。家を建てた後も、夫婦仲を悪くする要因が隠されています。

建てた後に家族仲が悪くなる家の特徴とは何か?詳しく解説していきます。

【特徴1】動線が悪い間取りの家

まず1つ目の特徴として「動線が悪い間取りの家」

動線が悪い間取りの家は、家族仲が悪くなる原因の一つです。

動線とは、家の中を移動する際の経路を指します。例えば、キッチンからリビングまでの道のりが長く、複雑な場合、料理や食事の準備がスムーズに進まず、ストレスが溜まりやすくなります。また、バスルームが遠く、夜間に利用する際に不便を感じることもあります。これらの不便さが日常的に積み重なると、家族間での不満が増え、口論の原因となることがあります。さらに、家族全員が集まりやすい共用スペースが狭い場合、家族のコミュニケーションが減少し、絆が弱まる可能性もあります。

間取りを決定する際には、家族全員の生活動線を考慮し、快適で便利な空間を設計することが重要です。こうすることで、家族全員がストレスなく過ごせる住環境を作り出し、良好な関係を保つことができます。

【特徴2】メンテナンスが難しい家

次に2つ目の特徴として「メンテナンスが難しい家」

メンテナンスが難しい家は、家族仲が悪くなる原因の一つです。

例えば、外壁や屋根の素材が特殊で定期的な手入れが必要な場合、手間と費用がかかります。特に、高所での作業や専門的な知識が必要なメンテナンスは、家族にとって大きな負担です。さらに、窓が多く掃除が大変だったり、庭の手入れが頻繁に必要だったりする家も、手入れが行き届かないと見た目が悪くなり、家族のストレスが増します。メンテナンスの難しさが原因で、夫婦間での責任分担に不満が生じたり、作業の負担が偏ることがあります。その結果、家族間の不和が生じることがあります。

家を建てる際には、手入れが簡単で長持ちする素材や設計を選ぶことが大切です。これにより、日常のメンテナンスが楽になり、家族全員が快適に過ごせる住環境を保つことができます。

【特徴3】自然光の不足で家の中が暗くなりがちな家

そして3つ目の特徴として「自然光の不足で家の中が暗くなりがちな家」

自然光の不足で家の中が暗くなりがちな家は、家族仲が悪くなる原因の一つです。

自然光は、家の中の雰囲気や住み心地に大きな影響を与えます。例えば、窓の配置や大きさが不適切で十分な光が入らないと、部屋が常に暗く、冷たい印象を与えることがあります。暗い室内では、家族全員が無意識にストレスを感じやすくなり、気分が沈みやすくなります。さらに、照明を頻繁に使用することになり、電気代も増えるため、家計への負担が大きくなります。このような環境では、家族間でのコミュニケーションが減少し、些細なことで衝突が増えることがあります。

家を建てる際には、窓の配置や大きさを工夫し、十分な自然光が入る設計を心がけることが重要です。これにより、明るく快適な住環境を作り出し、家族全員がリラックスできる空間を提供することができます。

今すぐマイホーム実現に向けて失敗しないための方法を知りたい人は、こちらをご覧ください。無料で家づくりに必要な情報を、簡単に手に入れられます。

家を建てて夫婦仲が悪くならないための対策

ここまで、家を建てると夫婦仲が悪くなる原因と家の特徴をご紹介してきました。

では、どうすれば夫婦仲を悪くすることなく、夢のマイホームは実現できるのか?

最も知りたい家を建てて夫婦仲が悪くならないための対策についてまとめていきます!

【対策1】十分な話し合いを持つ

まず必ず意識したいのは「十分な話し合いを持つ」

家を建てて夫婦仲が悪くならないためには、十分な話し合いを持つことが重要です。家づくりは大きな決断が多く、意見の食い違いが生じやすいです。

例えば、家のデザインや間取り、予算などについて、夫婦でしっかりと話し合い、お互いの希望や意見を尊重することが必要です。具体的には、定期的に家づくりに関するミーティングを設け、互いの考えや不安を共有する場を作ることが有効です。このような話し合いの時間を持つことで、夫婦間の理解と協力が深まり、意見の対立を未然に防ぐことができます。結果として、家づくりの過程がスムーズに進み、夫婦仲も良好に保つことができるのです。

マイホームの計画段階からお互いの希望を確認し合うことで、家づくりが楽しい共同作業となり、絆が強まるでしょう。

【対策2】現実的な予算計画を立てる

住宅購入を決める前に考えておきたいのが「現実的な予算計画を立てる」

家を建てて夫婦仲が悪くならないためには、現実的な予算計画を立てることが重要です。予算オーバーは大きなストレスの原因となります。

例えば、家の建築費用だけでなく、家具や引っ越し費用、予備費なども考慮に入れた予算を設定します。具体的には、家計の収入と支出を見直し、無理のない返済計画を立てることが必要です。また、建築業者と詳細な見積もりを取り、隠れた費用がないか確認することも大切です。現実的な予算計画を立てることで、経済的な不安やプレッシャーを減らし、夫婦間の信頼と協力を維持することができます。

家づくりの計画を立てる段階で夫婦で話し合い、お互いの意見を尊重しながら予算を決めることで、家づくりの過程がスムーズに進み、安心して生活を送ることができます。

【対策3】専門家の意見を取り入れる

そして何より大切なのが「専門家の意見を取り入れる」

家を建てて夫婦仲が悪くならないためには、専門家の意見を取り入れることが有効です。家づくりは多くの知識と経験が必要な複雑なプロジェクトです。

例えば、建築士インテリアコーディネーターの意見を参考にすることで、より良い設計やデザインが実現します。具体的には、建築士に家の構造や耐久性について相談し、将来のメンテナンスが楽になるような提案を受けることができます。また、インテリアコーディネーターからは、家族全員が快適に過ごせる空間作りのアドバイスを受けることが可能です。専門家の意見を取り入れることで、家づくりに対する不安や疑問が解消され、夫婦間での意見の対立も減ります。その結果、家づくりのプロセスがスムーズに進み、夫婦仲も良好に保たれます。

以上の理由から、家づくりは長い目で見て成功するためにも、専門家の知識と経験を活用することが重要です。

もし、家づくりについての疑問や悩みをお持ちなら「スーモカウンター」の個別相談を受けるのがおすすめです。

スーモカウンターは、経験豊富なアドバイザーが理想のハウスメーカーの紹介から注文住宅の契約まで無料でサポートしてくれるサービスです。

スーモカウンターを活用するメリット

  • 自分に合うハウスメーカー・工務店を見つけてくれる
  • 中立的な立場のアドバイザーがサポートしてくれる
  • 1回で複数社を紹介してくれるので効率的に比較できる

人生で一度のマイホーム購入。誰も後悔なんてしたくない、でも何から始めたらいいか分からない。

今まさに、家づくりについての疑問や悩みがある方は、まずはスーモカウンターの個別相談を受けて、不安を解消させませんか?

\営業は一切なしだから安心!/
まずは『無料の個別相談』を予約する
個別相談は「店舗」「電話」「ZOOM」のいずれかで受付中
【PR】

【安心】マイホーム実現に向けて失敗しないための方法

ここまで、家を建てると夫婦仲が悪くなる原因と家の特徴をご紹介してきました。

家を建てると夫婦仲が悪くなる原因の多くは、コミュニケーション不足が要因として考えられます。

特に、家づくり(注文住宅)は初めての経験です。当然、分からないことや専門用語が多すぎて、家を建てる前から疲弊し、誰もがストレスを溜めてしまう状況です。

そのような状況下では、冷静さはなくなります。相手を思いやる気持ちにも余裕がなくなり、結果夫婦仲が悪くなるリスクが待っています。

でも、マイホーム実現に向けて失敗しないための方法があります。

その方法というのが、「家づくり計画書の作成依頼」を活用すること。失敗するリスクを回避するには、「家づくりのプロ」にお願いするのが最適解です。

なかでも、運営歴11年の歴史を持つ「タウンライフ家づくり」の活用が最もおすすめです。

タウンライフ家づくりは、注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

タウンライフ家づくりを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。だからこそ、慎重に検討したいし、夫婦で時間をかけてゆっくり話し合いながら考えたい。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的に考えていなくても将来的にはマイホームを持ちたい方に活用してもらいたいサービスです。

\累計利用者数40万人を突破!/
今すぐ無料で家づくり計画書の作成を依頼する
【PR】タウンライフ

【Q&A】家を建てると夫婦仲が悪くなる?よくある疑問

最後に家を建てると夫婦仲が悪くなる?よくある疑問をまとめます。

【疑問1】家を建てる男性心理は?

「家を建てる男性心理は?」

家を建てる男性心理は、家族を守りたいという強い責任感や、自分の理想の空間を実現したいという願望に基づいています。

多くの男性は、家族の安全と快適な生活を提供するために家を建てることを考えます。例えば、家族全員が安心して暮らせる堅固な家を作りたい、子供たちがのびのびと育つ環境を提供したいなどの思いがあります。具体的には、耐震性や断熱性にこだわったり、家族全員が集まりやすい広いリビングを設けたりします。こうした考えは、家族に対する愛情と責任感から来ており、家を建てることで家族の絆を強めたいという意図があります。しかし、理想の実現には多くの時間や労力が必要であり、その過程でストレスを感じることもあります。そのため、家づくりの際には夫婦で十分に話し合い、お互いの意見を尊重しながら進めることが大切です。

【疑問2】家を買ってから喧嘩ばかりしてしまう理由とは?

「家を買ってから喧嘩ばかりしてしまう理由とは?」

家を買ってから喧嘩ばかりしてしまう理由は、生活環境の変化や経済的な負担、コミュニケーションの不足などが挙げられます。

新しい家に引っ越すと、慣れない環境や新しい家事の分担が発生し、ストレスが増えます。例えば、掃除や整理整頓のルールが変わることで、意見の食い違いが生じやすくなります。また、住宅ローンなどの経済的な負担が増すことで、金銭的な不安が夫婦間の緊張を高めます。さらに、忙しい日常の中でコミュニケーションが不足すると、お互いの気持ちや考えを十分に伝えられず、誤解や不満が積もりやすくなります。これらの要因が重なることで、喧嘩が増えることがあります。対策として、夫婦間で定期的に話し合いの時間を設け、お互いの気持ちや問題点を共有し、協力して解決策を見つけることが大切です。理解と協力を深めることで、家族全員が快適に過ごせる環境を築くことができます。

【疑問3】マイホームで意見が合わないと離婚になるってホント?

「マイホームで意見が合わないと離婚になるってホント?」

マイホームで意見が合わないことが原因で離婚になる可能性はありますが、それが必ずしも全てのケースに当てはまるわけではありません。

家づくりは大きな決断と多くのストレスを伴います。例えば、デザインや間取り、予算についての意見の食い違いが生じると、夫婦間の対立が増えます。具体的には、夫が広いリビングを望む一方で、妻が収納スペースを重視するなどの状況が考えられます。このような意見の不一致が解決されないまま進行すると、不満が蓄積し、夫婦関係に悪影響を及ぼすことがあります。しかし、意見の違いを乗り越えるためには、十分な話し合いや妥協が必要です。お互いの意見を尊重し、共通の目標を見つけることで、家づくりを協力して進めることができます。このプロセスを通じて、夫婦の絆が深まり、家族全員が満足する住まいを築くことが可能です。

【疑問4】夫婦仲が悪いと子供にどのような影響がありますか?

「夫婦仲が悪いと子供にどのような影響がありますか?」

夫婦仲が悪いと子供に悪影響が及ぶことがあります。家庭内の緊張や争いは、子供の心理的な安定に影響を与えます。

例えば、親の喧嘩を目の当たりにすることで、子供は不安やストレスを感じることがあります。具体的には、学校での成績が低下したり、友人関係に問題が生じたりすることが考えられます。子供は家庭を安全な場所と感じられなくなると、感情的な問題や行動の問題を引き起こすことがあります。夫婦間の緊張が子供に影響を及ぼすため、家庭内でのコミュニケーションを改善し、問題が発生した場合は迅速に対処することが重要です。夫婦間の問題を解決するためには、お互いの意見を尊重し、協力して問題を乗り越える努力が必要です。家庭内の平和を保つことで、子供の健全な成長と発達を支えることができます。

まとめ:家を建てると夫婦仲が悪くなる原因と対策

家を建てると夫婦仲が悪くなる原因と対策に関する情報をまとめてきました。

改めて、家を建てると夫婦仲が悪くなる原因をまとめると、

家を建てると夫婦仲が悪くなる原因

  • 建築に当たって夫婦の意見が合わないため
  • 家づくりの過程で時間と労力が消耗するため
  • 忙しくてコミュニケーションが不足するため
  • 一方に負担が偏って不満が溜まりやすくなるため
  • 経済的な負担が増して金銭的なストレスが増加するため

家を建てると夫婦仲が悪くなる原因の多くは、コミュニケーション不足が要因として考えられます。

特に、家づくり(注文住宅)は初めての経験です。当然、分からないことや専門用語が多すぎて、家を建てる前から疲弊し、誰もがストレスを溜めてしまう状況です。

ただ、全ての夫婦に当てはまるわけではありません。家を建てる過程を通じて、お互いの意見を尊重し、協力し合うことで絆を深める夫婦も多くいます。家づくりの経験が二人の関係を強化し、さらに強いパートナーシップを築くきっかけとなることもあります。