【体験談】地元工務店を選ぶと後悔する?8つの理由とメリットや依頼時の注意点

「地元工務店を選ぶと後悔するってホント?」

「依頼する時の注意点や工務店選びに最適な対処法は何かない?」

地元で家を建てるなら、必ず迷う「工務店選び」

地元工務店に依頼するか、それとも大手のハウスメーカーにお願いするか。一生に一度の家づくり、迷わない人はいません。

ただ、いろいろ調べていると、「地元工務店を選ぶと後悔する」といった情報もあり、今後注文住宅を検討している人にとっては、非常に気になる情報です。

本記事では、地元工務店を選ぶと後悔する理由と工務店のメリットや依頼時の注意点について詳しく解説していきます!

地元工務店を選ぶと後悔する8つの理由(デメリット)

なぜ、「地元工務店を選ぶと後悔する」といった声が挙がるのか?

筆者だけでなく利用者の体験談から地元工務店を選ぶと後悔する8つの理由についてまとめます。

【理由1】長期優良住宅の認可が少ないから

まず1つ目の理由として「長期優良住宅の認可が少ないから」

口コミをみても、ハウスメーカーを比較した時に、地元の工務店よりも大手の方が安心感があると答えています。

実際、工務店は大手ハウスメーカーよりも長期優良住宅の認可件数が少ないのが実情です。

長期優良住宅とは、長期にわたり構造や設備が優良であると認定された住宅のこと。

たとえば、国土交通省の「長期優良住宅制度の現状」によると、事業者規模別の認定長期優良住宅の割合(2016)は、

年間供給戸数:大手住宅生産者50戸以上・中小住宅生産者50戸未満

  • 500戸~:61.1%
  • 50~499戸:19.5%
  • 1~49戸:12.6%
  • 分譲:11.6%

年間供給数50戸未満の工務店は、大手が20~60%近くなのに対し、わずか12%程度しか長期優良住宅がないことがわかります。

大手であれば、長期優良住宅の実績数も多いため、安心して施工をお願いすることができます。

以上のように、地元工務店を選ぶと後悔する理由として、長期優良住宅の認可の少ない点が挙げられます。

【理由2】倒産している工務店が多いから

次に2つ目の理由として「倒産している工務店が多いから」

口コミにも挙がっていますが、地元工務店を選ぶと経営が安定していない店舗の場合、倒産する恐れがあります。

家を建てるのは、完成までに時間を要するため、先行きが不安定な工務店を選ぶよりも、大手の方が安心です。

実際、東京商工リサーチの「主要産業倒産件数推移」で建設業の倒産件数を見ると、

主要産業倒産件数推移

  • 2021年3月:95件
  • 2022年3月:120件
  • 2023年3月:150件
  • 2024年4月:175件

上記の通りで、年々倒産件数の上昇しているのがわかります。

ですので、経営基盤がしっかりしている大手ハウスメーカーの方が、倒産するリスクまで気を回す必要がないと言えます。

以上のように、倒産件数が多い点も、地元工務店を選ぶと後悔する理由のひとつになります。

【理由3】店の価格設定がわからないから

3つ目の理由として「店の価格設定がわからないから」

地元の工務店だと、ひと棟でいくらかかるのか等、はっきりとわからない部分が多いので、後悔する可能性があります。

たとえば、大手メーカーであれば、坪単価の相場が口コミから推察できますが、地元の工務店では、そういった情報がありません。

実際、建設業界のシステム開発を行う企業のアンケート調査によると、家を建てる際に工務店を選ばなかった理由を尋ねたところ、

工務店を選ばなかった理由

  • 価格設定がわかりにくい:23.9%
  • 情報がわかりにくい:21.6%
  • アフターフォローをしてくれるか心配:16.8%

価格設定や情報がわかりにくい、と答えた人が45%近くを占めています。

したがって、工務店に家づくりを依頼すると、金銭的な面でトラブルになりかねない場合も考慮に入れる必要があります。

以上のように、店の価格設定がわからない点は、地元工務店を選ぶと後悔する理由に挙げられます。

【理由4】大手よりも工期が遅くなるから

4つ目の理由として「大手よりも工期が遅くなるから」

地元の工務店に依頼すると、工期が遅れるとの意見もありました。

ですので、できるだけ入居を急ぎたい人は、工務店だと後悔する可能性があります。

実際、住宅情報サイトの情報によると、業者別での工期の目安は、

業者別での工期の目安

  • 大手ハウスメーカー:3~4ヶ月
  • ローコストメーカー:2~3ヶ月
  • 工務店:4~5ヶ月
  • 設計事務所:5~6ヶ月

上記のように工務店の工期は、大手よりも1~2ヶ月遅くなることがわかります。

家を建てるには、建築工事以外にも、情報収集や間取りの設計プランの作成などにも時間を要しますので、総合的な時間を考慮に入れる必要があります。

以上を踏まえると、地元工務店を選ぶと後悔する理由として、大手よりも工期が遅い点が挙げられます。

【理由5】積極的な提案やアドバイスがないから

5つ目の理由として「積極的な提案やアドバイスがないから」

全てに限った話ではありませんが、一部の体験談において地元の工務店に依頼すると、接客などの点で不満を抱く声が挙がっています。

主な理由として、大手メーカーのサービスのように、店舗側からの積極的な提案やアドバイスがないため、自分達でプランを組むしかない場合があるからです。

実際、木を活かす建築推進協議会の「工務店実態調査」によると、顧客に資金計画の提案をしている割合は、

顧客に資金計画の提案をしている割合

  • 提案していない:81.2%
  • 提案している:18.8%

上記結果の通り、提案していない店舗がほとんどであることがわかります。

設計図面も外注にまかせる店舗が多いようなので、細かい点を尋ねても詳しく教えてくれない可能性さえ考えられます。

以上のように、積極的な提案やアドバイスがない点は、地元工務店を選ぶと後悔する理由のひとつとなります。

【理由6】設計・デザインの制約を感じることがあるから

6つ目の後悔する理由として「設計・デザインの制約を感じることがあるから」

地元工務店を選ぶと設計やデザインに制約を感じることがあります。まず、地元工務店は規模が小さいため、最新のトレンドや高度な技術を取り入れた設計が難しい場合があります。その結果、理想の家を建てるための自由度が制限されることが多いです。

具体的には、希望するデザインや特殊な素材の使用が難しく、標準的なプランに落ち着いてしまうことがあります。また、経験が豊富なデザイナーや設計士が不足している場合も多く、提案力が乏しいことも制約の一因となります。

したがって、地元工務店に依頼すると、思い描いた理想の家とは異なる結果になりやすいです。自由な設計を求める場合は、選択肢を広げ、大手の建設会社や専門のデザイン会社を検討することが重要です。

【理由7】最新の技術や設備を持っていないことがあるから

7つ目の理由として「最新の技術や設備を持っていないことがあるから」

地元工務店を選ぶと最新の技術や設備を持っていないことがあるため、後悔することがあります。まず、地元工務店は資金力や規模の関係で、新しい技術や設備を導入する余裕がない場合が多いです。その結果、施工の質や効率が低下し、快適で高品質な住まいが実現しにくくなります。

例えば、エネルギー効率の高い断熱材や最新の換気システム、スマートホーム技術などを取り入れることが難しくなることがあります。また、最新技術を使用するための知識や経験が不足していることもあり、施工ミスやトラブルが発生しやすくなります。

以上の理由から、最新の技術や設備を重視する場合は、大手の建設会社や専門的な技術を持つ業者を選ぶことが賢明です。最新の技術を導入することで、快適で持続可能な住まいが手に入ります。

【理由8】見積もりや契約の内容が不明瞭であることがあるから

そして8つ目の後悔する理由として「見積もりや契約の内容が不明瞭であることがあるから」

詳細な見積もりや契約書を提供しなければ、どの作業にどれだけの費用がかかるかが分かりにくいです。例えば、契約書には「追加工事費用」といった曖昧な表現が含まれることがあり、最終的な費用が予想以上に膨らむことがあります。

具体的には、最初の見積もり額が500万円だった場合でも、追加の費用が発生し、最終的に700万円になるケースがあります。このような不透明な契約内容は、計画通りの予算管理を難しくし、資金的な負担が増える原因となります。

ですので、見積もりや契約内容が明確で、かつ質問や相談にもしっかり付き合う信頼できる工務店を選ぶことが重要です。事前に詳細な説明を求め、納得した上で契約することで、後悔を防ぐことができます。

本当に後悔?地元工務店を選んで良かったメリット

ここまで、地元工務店を選ぶと後悔する理由を解説してきました。

後悔する理由はあります。なんですが、地元工務店にもメリットはあります。

ここからは、本当に後悔?地元工務店を選んで良かったメリットをご紹介します!

【メリット1】担当者の人柄の良さと信頼感がある

特にメリットとして感じるのは「担当者の人柄の良さと信頼感がある」

地元工務店の良さは、大手にはない親しみやすさ。

大手では無理な頼み事でも、気軽に聞き入れてくれる雰囲気が、地元工務店にはあると言えるでしょう。

実際、ある住宅情報メディア運営企業のアンケート調査によると、ハウスメーカー・工務店を選んだ決め手として、

ハウスメーカー・工務店を選んだ決め手

  1. 企業、担当者への信頼感:58人
  2. 知名度や高い口コミ評価による安心感:37人
  3. 好みのデザイン:30人

デザインや価格よりも、企業や担当者に対する信頼感が一番であることがわかります。

上記調査内容を詳しくみると、社長の人柄や、地元の企業で昔から付き合いがある、といった点で選ばれていることがわかります。

以上のように、担当者の人柄の良さと信頼感がある点は、地元工務店を選んで良かったメリットとなります。

【メリット2】間取りを一から作成できる

次に2つ目に感じるメリットとして「間取りを一から作成できる」

地元工務店の方が、大手よりも間取りの融通が利くといった意見があります。

主な理由として、大手はすでに出来上がった商品プランから選択する形になるのに対して、地元工務店は、一から顧客と設計することが多いためです。

たとえば、全研のアンケート調査で、自分の地域の工務店で家をたてた地方在住者に「ハウスメーカーではなく工務店を選んだ理由・魅力」を尋ねたところ、

ハウスメーカーではなく工務店を選んだ理由・魅力

  • 設計の自由度が高い:62.0%
  • アフターフォローの手厚さ:38.0%
  • 担当者が丁寧な対応をしてくれる:36.6%

上記結果の通り、設計の自由度の高さがダントツの多さであることがわかります。

したがって、間取りの自由度を優先するなら、地元の工務店を選んだ方が、自分の希望に近い家づくりができると言えます。

以上のように、間取りを一から作成できる点は、地元工務店を選んで良かったメリットのひとつに入ります。

【メリット3】大手よりも価格を抑えられる

そして3つ目のメリットとして「大手よりも価格を抑えられる」

地元の工務店にすると、大手ハウスメーカーよりも価格が抑えられる可能性が高いです。

主な理由としては、工務店の坪単価の相場は、大手の7割程度と言われているからです。

実際、住宅情報サイト「ホームズ」の情報によると、業者別での坪単価の相場は、

業者別での坪単価の相場

  • 大手ハウスメーカー:約70~90万円
  • ローコスト住宅メーカー:約30~50万円
  • 地域密着型工務店:約45~60万円
  • 設計事務所:坪単価は70万円以上(設計料含む)

工務店は大手よりも安いことがわかります。

したがって、大手ハウスメーカーの建築費用コストを、工務店側に回した場合、より充実した住宅設計ができる可能性が高いです。

以上を踏まえると、地元工務店を選んで良かったメリットに、大手よりも価格を抑えられる点が挙げられます。

後悔したくない!良い工務店と悪い工務店の見分け方

ここまで、地元工務店の評判についてまとめてきました。

具体的に地元の工務店への依頼を検討すると、誰もが「良い工務店」を選びたいと考えます。

ただ、どういった工務店が良い工務店なのか、悪い工務店なのか、見分けがつかないのが本音です。

ですので、ここからは後悔したくない!良い工務店と悪い工務店の見分け方について詳しく解説していきます!

【見分け方1】実績・施工事例から判断する

まず1つ目に見分けるポイントとして「実績・施工事例から判断する」

良い工務店を選ぶ最もわかりやすい方法は、その店舗の実績をチェックすること。

評判・評価の高い店舗は、実績もあり、施工事例も豊富にあることが容易に予想されます。

実際、ある企業が実施した、注文住宅の購入を決定した方に対するアンケート調査によると、住宅購入の参考になったコンテンツは、

住宅購入の参考になった会社のコンテンツ

  • 施工事例:58.4%
  • 性能や構造の紹介:42.9%
  • お客様の声:41.6%
  • コンセプトや家づくりの考え方:41.6%

上記結果の通り、施工事例が最も参考になったとの結果になっています。

Webの情報以外にも、地元の工務店であれば、近所の施工事例を見る機会があるかもしれないので、そうした情報も大いに役立つと言えます。

したがって、良い工務店の見分け方として、店舗の実績・施工事例から判断することをおすすめします。

【見分け方2】アフターフォローが充実しているか

次に重要な見分けるポイントとして「アフターフォローが充実しているか 」

良い工務店を見分ける方法として、アフターフォローの有無を確認することも大事です。

具体的には、保証制度が充実している店舗は優良だと言えるでしょう。

たとえば、新築住宅の場合、施工業者は「住宅品質確保法」により、10年間の瑕疵担保保証を行う義務があります。

上記保証の有無に関して、何も言及しない店舗は、アフターフォローについて積極的なサポートを行わない可能性があるため、確認することをおすすめします。

一方で、上記保証以外に、店舗独自の保証制度を設けている工務店は、保証サポートが充実している可能性が高いです。

以上のように、アフターフォローの充実度は、良い工務店を見分ける方法のひとつです。

【見分け方3】複数の店舗から見積もりをもらって比較する

そして何より重要な見分ける方法が「複数の店舗から見積もりをもらって比較する」

良い工務店を見分ける方法として、いくつかの店舗で見積もりを依頼し、費用等を比較してみることをおすすめします。

比較することで、安い建築費用の店舗を調べるだけでなく、各店の対応やどの部分にコストをかけているか、といった概要を知る手段にもなります。

実際、木を活かす建築推進協議会の「工務店実態調査」のデータによると、工務店各社が提供しているサービスの項目は、

工務店各社が提供しているサービスの項目

  • 見積りサービス:93.3%
  • 建築2年目までの無料建物点検サービス:35.6%
  • 資金計画サービス :33.5%

見積りサービスが最も多く提供されていることがわかります。

したがって、上記サービスを大いに利用して、自分にとって最適な費用プランを提示してくれる店舗を探すことが、良い工務店を見つける判断材料になります。

以上のことから、良い工務店を見分ける方法として、複数の店舗で見積もりを出す点も、有効だと言えるでしょう。

ただとはいえ、1社1社連絡して希望を伝えて見積もりもらって、なんてしていたら時間も労力も計り知れないほど費やす羽目を食らいます。

ではどうやって、複数の店舗から見積もりをもらうのが効果的か?最もおすすめなのは「タウンライフ家づくり」を利用する方法です。

タウンライフ家づくりは、ネットで簡単に複数の住宅会社にあなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で一括依頼できるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

\累計利用者数40万人を突破!/
『タウンライフ家づくり』でまずは一括見積もりを依頼する
【PR】タウンライフ

地元工務店に注文住宅を依頼する際に後悔しないための注意点

良い工務店の見分け方がわかっても、具体的に依頼する時に注意しておきたいポイントがあります。

入念な確認事項として、地元工務店に注文住宅を依頼する際に後悔しないための注意点をまとめます。

【注意1】自分のライフプランを明確にする

まず必ず確認しておきたいのが「自分のライフプランを明確にする」

注文住宅を依頼する際には、自分のライフプランを明確にすることが非常に重要です。なぜなら、ライフプランが明確でないと、将来的に生活スタイルが変わった際に家が使いにくくなる可能性があるためです。例えば、子どもの成長や親の介護など、家族構成や生活スタイルが変わることを見越して家を設計することで、長く快適に住み続けることができます。

具体的には、家族の人数や将来の増減を考慮し、部屋の数や配置を計画します。また、年齢を重ねても住みやすいようにバリアフリー設計や、収納スペースの確保も重要です。これにより、生活の変化にも柔軟に対応できる家になります。

自分のライフプランを具体的に考え、それを工務店の設計士にしっかり伝えることが、後悔しない注文住宅を実現するための重要なポイントです。家族全員が快適に過ごせる住まいを作るために、ライフプランの明確化に努めることが大切です。

【注意2】見積もりの内容を詳細に確認する

依頼する時に必ずチェックしたいのが「見積もりの内容を詳細に確認する」

注文住宅を依頼する際には、見積もりの内容を詳細に確認することが重要です。なぜなら、見積もりをしっかり確認しないと、予算オーバーや後からの追加費用が発生する可能性があるためです。例えば、建材の種類や施工方法、設備の選定など、細かい項目ごとに費用を明確にしておくことで、予算内で希望通りの家を建てることができます。

具体的には、見積もりには工事全体の費用だけでなく、基礎工事、内装工事、外構工事などの各項目の詳細な費用を記載してもらいます。また、追加費用が発生する可能性のある部分についても事前に確認しておくことが大切です。これにより、後からのトラブルを防ぎ、安心して工事を進めることができます。

見積もりを詳細に確認することで、予算管理がしやすくなり、後悔しない注文住宅を実現するための第一歩となります。工務店との信頼関係を築き、納得のいく見積もりを作成してもらうことが大切です。

見積もりの依頼なら、ネットで簡単に一括見積もりできる「タウンライフ家づくり」を利用するのがおすすめです。

タウンライフ家づくりは、ネットで簡単に複数の住宅会社にあなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で一括依頼できるサービスです。

【注意3】設計段階での打ち合わせを重視する

具体的に話を進める中での注意点が「設計段階での打ち合わせを重視する」

注文住宅を依頼する際には、設計段階での打ち合わせを重視することが非常に重要です。なぜなら、設計段階での詳細な打ち合わせが不十分だと、完成後に思い描いていた家と違うと感じることがあるからです。例えば、家の間取りやデザイン、収納スペースなど、具体的な要望を設計士に伝えることで、理想の家を実現できます。

具体的には、自分や家族のライフスタイルを考慮し、どのような部屋が必要か、どのような機能が欲しいかを明確にします。打ち合わせの際には、図面やサンプルを使いながら、細部まで確認します。また、設計士と定期的にコミュニケーションを取り、進捗や変更点を確認することも重要です。これにより、設計段階でのズレや誤解を防ぐことができます。

設計段階での打ち合わせを重視することで、後悔のない注文住宅が完成し、長く快適に住み続けることが可能になります。理想の住まいを実現するために、設計士との信頼関係を築き、納得のいく打ち合わせを行うことが大切です。

【注意4】土地の選定と調査を慎重に行う

見落としがちなのが「土地の選定と調査を慎重に行う」

注文住宅を依頼する際には、土地の選定と調査を慎重に行うことが重要です。なぜなら、適切な土地選びが家の住み心地や将来の資産価値に大きく影響するためです。例えば、地盤の強さや周辺環境、交通の便、日当たりなど、さまざまな要素を考慮することで、安心して暮らせる土地を見つけることができます。

具体的には、まず希望するエリアの土地を複数見学し、地盤調査を依頼します。また、洪水や地震などの自然災害のリスクも調べておくことが重要です。さらに、近隣の施設や学校、病院の場所を確認し、生活の利便性をチェックします。これにより、家族全員が快適に暮らせる環境を確保できます。

土地の選定と調査を慎重に行うことで、安心して注文住宅を建てることができ、将来的なトラブルを避けることができます。信頼できる工務店と協力し、納得のいく土地を選ぶことが大切です。

【注意5】現場の進捗を定期的に確認する

そして最後の注意点として「現場の進捗を定期的に確認する」

注文住宅を依頼する際には、現場の進捗を定期的に確認することが重要です。なぜなら、進捗状況を把握することで、問題が早期に発見でき、適切な対策が取れるためです。例えば、設計図通りに工事が進んでいるか、使用されている建材が契約通りかを確認することで、トラブルを未然に防ぐことができます。

具体的には、定期的に現場を訪問し、施工の進捗状況を確認します。工務店との打ち合わせを定期的に行い、疑問点や不安な点をその都度解消することが大切です。また、写真を撮って記録を残しておくと、後から問題が発生した際に役立ちます。これにより、工事がスムーズに進行し、予定通りの完成を目指せます。

現場の進捗を定期的に確認することで、安心して注文住宅を建てることができ、後悔しない家づくりが実現します。工務店とのコミュニケーションを大切にし、信頼関係を築くことが成功の鍵です。

後悔すると言われても地元工務店への依頼がおすすめな人の特徴

ここまで、地元工務店の評判を詳しく解説してきました。

では、どういった人に地元工務店がおすすめなのか?

後悔すると言われても地元工務店への依頼がおすすめな人の特徴をまとめていきます!

【特徴1】地域密着型のサポートを求める人

まず1つ目の特徴として「地域密着型のサポートを求める人」

地域密着型のサポートを求める人には、地元工務店への依頼がおすすめです。なぜなら、地元工務店は近隣に事務所があるため、迅速な対応が可能だからです。例えば、家に何か問題が発生した場合、すぐに駆けつけて修理やメンテナンスを行ってくれます。

具体的には、地元工務店は小さな修繕から大規模なリフォームまで、幅広いサービスを提供しています。また、地元の気候や風土に詳しいため、その地域に最適な材料や施工方法を提案してくれます。これにより、長期間安心して住むことができます。

地域密着型のサポートを求める人にとって、迅速で柔軟な対応が受けられる地元工務店は非常に魅力的です。信頼関係を築きやすく、安心して依頼できるため、後悔の少ない家づくりが実現できます。

【特徴2】顔の見える関係で安心して依頼したい人

次に2つ目の特徴として「顔の見える関係で安心して依頼したい人」

顔の見える関係で安心して依頼したい人には、地元工務店への依頼がおすすめです。なぜなら、地元工務店は直接対面で打ち合わせができるため、信頼関係を築きやすいからです。例えば、設計段階から施工完了まで、同じ担当者と継続的にコミュニケーションを取ることで、不安や疑問をその場で解消できます。

具体的には、地元工務店の担当者は現場にも頻繁に足を運び、進捗状況を確認しながら施主と直接対話を続けます。また、地域のイベントやコミュニティ活動にも参加していることが多く、顔なじみの存在となるため、より安心して依頼できます。これにより、施主の要望が細かい部分まで反映され、理想の住まいが実現します。

顔の見える関係で安心して依頼したい人にとって、地元工務店は理想的なパートナーです。直接的なコミュニケーションを通じて信頼を深め、納得のいく注文住宅を作り上げることができます。

【特徴3】地域の伝統や風土を大切にした家づくりをしたい人

そして3つ目の特徴として「地域の伝統や風土を大切にした家づくりをしたい人」

地域の伝統や風土を大切にした家づくりをしたい人には、地元工務店への依頼がおすすめです。なぜなら、地元工務店は地域特有の気候や文化を理解し、それを反映した家づくりが得意だからです。例えば、夏は涼しく冬は暖かい家を建てるために、地域の風通しや断熱材の選定を工夫します。

具体的には、地元の工務店は伝統的な建築様式や地元で採れる自然素材を活かした設計を提案します。また、地域の職人技術を活用し、細部にまでこだわった丁寧な施工を行います。これにより、長年その土地で培われた知恵を取り入れた、快適で持続可能な住まいが実現します。

地域の伝統や風土を大切にした家づくりを希望する人にとって、地元工務店は最適なパートナーです。地域に根ざした知識と技術を活用し、風土に合った住まいを提供することで、長く快適に住み続けることができます。

【安心】地元工務店の選び方で迷った時に利用したい最適な対処法

「結局、自分に合う工務店はどこなのか?」

「具体的な間取りプランを無料でもらえたら、イメージしやすいんだけど。」

「わざわざ1社1社連絡して、見積もりもらうのが億劫すぎて先に進めない。」

具体的に工務店やハウスメーカーを選び始めると、必ず湧いてくる悩みやストレス。

解決できないと先へ進めないし、手が止まって結局時間だけが過ぎて、適当に工務店を選んでしまう。

でも、夢のマイホーム建築に向けて、妥協なんてしたくないですよね。もちろん、失敗も後悔もしたくない。

実は、このような状況を解消してくれる、地元工務店の選び方で迷った時に利用したい最適な対処法があることをご存知でしょうか?

その対処法というのが「オンライン完結の一括比較サービス」を活用することです。

なぜ、オンライン完結の一括比較サービスなのか?

  • 複数の工務店・ハウスメーカーから一括で見積りがもらえるので、時間と労力を省ける
  • 入力手続きが一回で済むうえ、その中から選んで自分に合った会社を見つけられる
  • 外出することなく、家にいながらあなたオリジナルの「家づくり計画書」を無料でもらえる

そして、オンライン完結の一括比較サービスでおすすめなのが「タウンライフ家づくり」を利用する方法です。

タウンライフ家づくりは、注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

タウンライフ家づくりを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。だからこそ、慎重に検討したいし、時間をかけてゆっくり考えたい。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的に考えていなくても将来的にはマイホームを持ちたい方に活用してもらいたいサービスです。

\累計利用者数40万人を突破!/
今すぐ無料で家づくり計画書の作成を依頼する
【PR】タウンライフ

【Q&A】後悔すると囁かれる地元工務店に関するよくある疑問

最後に後悔すると囁かれる地元工務店に関するよくある疑問をまとめます。

【疑問1】地元工務店の強みは何ですか?

「地元工務店の強みは何ですか?」

地元工務店の強みは、地域に密着した親身なサービスと柔軟な対応力です。地元工務店は顧客一人ひとりに対して親身に対応し、細かい要望にも柔軟に応えることができます。

例えば、設計段階での変更やカスタマイズが比較的容易であり、顧客のライフスタイルや好みに合わせた住まいづくりが可能です。具体的には、子供部屋の増築やバリアフリー設計など、個別のニーズに応じたプランが実現できます。また、地域の気候や風土に精通しているため、適切な素材選びや施工方法が期待できます。

以上の理由から、地元工務店は地域特有の課題に対して適切に対応し、顧客との信頼関係を築きながら理想の住まいを提供できる強みがあります。地域に根ざしたサービスを受けたいと考える人には最適な選択です。

【疑問2】なぜ地元工務店は安いのでしょうか?

「なぜ地元工務店は安いのでしょうか?」

地元工務店が安い理由は、経営規模や運営コストの違いにあります。大手建設会社と比較して地元工務店は小規模であり、事務所や人件費、広告費などの運営コストが低いです。その結果、顧客に提供する価格も低く抑えることができます。

具体的には、地元の職人や業者との取引により、材料費や施工費が抑えられるため、全体のコストが低減されます。また、地域密着型の営業スタイルにより、広告費用を削減し、直接的な口コミや紹介による集客が可能です。

以上の理由から、地元工務店は運営コストを最小限に抑えることで、リーズナブルな価格で注文住宅を提供できるのです。これにより、質の高い住まいを手頃な価格で実現したいと考える人にとって魅力的な選択肢となります。

【疑問3】建てない方がいいハウスメーカーの特徴は?

「建てない方がいいハウスメーカーの特徴は?」

建てない方がいいハウスメーカーの特徴は、サービスや品質に問題がある点です。まず、契約前に十分な説明や見積もりが提供されず、契約内容が不透明なメーカーは避けるべきです。具体的には、追加費用が発生するリスクが高く、予算オーバーになる可能性があります。

また、過去の施工実績が少ない、あるいは品質に一貫性がないメーカーも信頼性に欠けます。例えば、口コミやレビューで施工ミスや対応の遅れが指摘されている場合、トラブルが発生する可能性が高いです。さらに、アフターサービスが不十分なメーカーも問題です。

結論として、信頼できる情報を基に慎重に選ぶことで、後悔を避けることができます。良いハウスメーカーを選ぶためには、契約前にしっかりと調査し、サービス内容や施工実績を確認することが重要です。

より詳細な建てない方がいいハウスメーカーの特徴を確認したい方は、以下の関連記事も合わせてご覧ください。

関連記事:やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴16選!ハウスメーカー選びでよくある後悔や注意点

まとめ:地元工務店を選ぶと後悔する理由とメリットや依頼時の注意点

地元工務店を選ぶと後悔する理由とメリットや依頼時の注意点をまとめてきました。

改めて、地元工務店を選ぶと後悔する理由をまとめると、

地元工務店を選ぶと後悔する理由

  • 長期優良住宅の認可が少ないから
  • 倒産している工務店が多いから
  • 店の価格設定がわからないから
  • 大手よりも工期が遅くなるから
  • 積極的な提案やアドバイスがないから
  • 設計・デザインの制約を感じることがあるから
  • 最新の技術や設備を持っていないことがあるから
  • 見積もりや契約の内容が不明瞭であることがあるから

後悔する理由はあるものの、地元工務店にもメリットはあります。

地元工務店がおすすめかどうかも、家づくりの優先順位や目的によって、異なってきます。

後悔するリスクを最小限に抑える意味でも、事前の情報収集が何より大切だといえます。