やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴16選!ハウスメーカー選びでよくある後悔や注意点

「やめた方がいいハウスメーカーや工務店の特徴は?」

「何に注意して選ぶべき?後悔しないための準備には何が必要?」

注文住宅で必ずかかわる「ハウスメーカー」

いざ、夢のマイホームを手に入れるべくハウスメーカーを調べても、どこがいいのか?どうやって選べばいいのか?正直迷いますよね。

適当に選んでしまえば高額になるし、かといって安すぎる会社も不安だし。

今まさに住宅購入で、ハウスメーカーや工務店選びで悩んでいる人にとって、ハウスメーカーの選び方は非常に知りたい情報です。

  • ハウスメーカー選びに迷ってる
  • ハウスメーカー選びに失敗したくない
  • おすすめの選び方・情報収集の仕方を知りたい

上記のお悩みを解決するために!やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴と選び方でよくある失敗事例や注意点について詳しく解説していきます!

やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴16選

早速、やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴16選を順番に解説していきます!

やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴16選

  1. 耐震等級3を標準仕様としていない
  2. 保証書の発行をしていない
  3. 営業担当との相性が良くない
  4. コミュニケーション不足が目立つ
  5. 住宅の間取りの自由度が少ない
  6. 下請け業者の評判が良くない
  7. 事務所やモデルハウスが汚い
  8. 実用性の低い住宅を取り扱っている
  9. 断熱性や気密性を重視していない
  10. ハウスメーカーの信頼性が低い
  11. 予算にあった見積りをしない
  12. 身内や友人が働いている
  13. 担当者がコロコロ変わる
  14. 財務状況が悪いもしくは怪しい
  15. 建築現場が汚くて管理が不十分
  16. 契約内容が曖昧かつ十分な説明をしない

【特徴1】耐震等級3を標準仕様としていない

まず1つ目の特徴として「耐震等級3を標準仕様としていない」

ハウスメーカーの中には、耐震性能に物足りなさを感じる家を提供している業者が存在します。

たとえば、耐震性能の等級3「相当」の家は、性能的には3であることに違いないものの、第三者機関による審査と認定を受けていないものとなります。

性能的に3相当であれば問題ないのでは、との意見もあるかもしれませんが、審査と認定を受けていない場合、地震保険の割引制度は受けられません。

また、本当に耐震性能があるのか、信頼性の面でも不安が残ります。実際に、国土交通省の資料によると、2016年の熊本地震で、耐震等級別の住宅被害状況は、

  • 建築基準法レベル(性能未表示または等級1):無被害 60.1%
  • 性能表示(等級3):無被害 87.1%

上記の通り、認定を受けた等級3が9割近く無被害であることがわかります。

以上を踏まえると、耐震等級3を標準仕様としていないハウスメーカー&工務店は、やめた方がいいと言えます。

今すぐハウスメーカー選びの悩みを解決する賢い方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。家にいながら無料であなたオリジナルの「家づくり計画書」が手に入ります。

【特徴2】保証書の発行をしていない

次に2つ目の特徴として「保証書の発行をしていない」

保証書の発行をしない、あるいはこちらが言い出さないと発行しない業者は、やめた方がいいです。

ハウスメーカーは、住宅引き渡し後、10年間の住宅瑕疵担保責任を負っているのは、周知の事実。この品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)により、購入者は、新築住宅に瑕疵(欠陥)があった場合、修理費用を請求することができます。

ですが、住宅リフォーム・紛争処理支援センターの情報によると、ハウスメーカーが住宅の不具合の補修依頼に応じないケースもある、とのこと。

このような場合、目に見える証拠として、「保証書の有無」はとても重要なアイテムになります。

しかし、保証書の発行率は、住宅リフォーム推進協議会の「住宅リフォームに関する事業者実態調査」によると、業界全体で37.9%とかなり低いです。驚きですね。

したがって、あとあと後悔しないためにも、保証書の有無は確認しておいたほうが良いと言えます。

以上のように、やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴として、保証書の発行をしていない業者が挙げられます。

【特徴3】営業担当との相性が良くない

3つ目の特徴として「営業担当との相性が良くない」

営業担当者との相性は、業者を選ぶ決め手となる大事な要素です。

なぜなら、担当者は家を建てる際の重要な窓口になるため、顧客対応次第で、メーカー全体のイメージを左右します。

実際、住宅情報サイトを運営するライフルのアンケート調査で、家を建てる際に会社を選んだ決め手を尋ねたところ、

家を建てる際に会社を選んだ決め手

  1. 担当者との相性:41.4%
  2. 住宅性能:39.7%
  3. 希望の間取り・デザインを叶える設計:31.9%
  4. 提案内容と価格のバランス:29.9%
  5. アフターサービス・保証:27.1%

上記結果の通りで、性能やデザインよりも、担当者の対応を重視していることがわかります。

ですので、営業担当者との相性は、業者を選ぶ際の目安として、有効な判断材料となります。

したがって、やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴として、営業担当との相性が良くない点が挙げられます。

【特徴4】コミュニケーション不足が目立つ

4つ目の特徴として「コミュニケーション不足が目立つ」

コミュニケーション不足が目立つハウスメーカーや工務店は避けるべきです。なぜなら、コミュニケーション不足は工事の進行において重大な問題を引き起こす可能性が高いからです。適切な情報共有が行われないと、施工ミスや予定の遅延、予期せぬ費用の発生などが発生しやすくなります。さらに、要望や変更点が正確に伝わらないことで、顧客の満足度が低下するリスクもあります。

例えば、打ち合わせ内容が正確に伝達されず、施工が間違った仕様で進められるケースがあります。このような場合、再施工や修正が必要となり、時間とコストが余計にかかります。また、工事の進行状況について定期的な報告がないと、不安や不満が募り、信頼関係が損なわれることがあります。

したがって、コミュニケーション不足が目立つハウスメーカーや工務店は選ばない方が良いです。円滑なコミュニケーションが取れる企業を選び、スムーズにプロジェクトを進行させることが重要です。

【特徴5】住宅の間取りの自由度が少ない

5つ目の特徴として「住宅の間取りの自由度が少ない」

ハウスメーカーや工務店の提供する住宅の中には、間取りの自由度の少ない商品が、少なからず存在します。

たとえば、耐震性を高めるために必要な補強材料による制限や、また、工法やデザインによっても、間取りが左右される場合があります。

耐震性や断熱性などの住宅性能は、非常に大事な要素ですが、日々生活を送る上では、間取りの自由度の高さも欠かせないものになります。

実際、マイホーム作り経験者に対するアンケート調査によると、マイホーム作りで後悔したと感じる人が8割近くおり、どんな点が重要かと尋ねた結果、

マイホーム作りを行う上で最も重要だと思うこと

  • 自身の間取りイメージ:49.4%
  • 営業マン:24.6%
  • 土地選び:17.2%
  • 住宅ローン:6.9%

上記結果の通り、間取りと答える人が最も多いことがわかります。

ですので、長い目で見ると、間取りがイメージ通りでない場合、ストレスを貯める要因になりかねません。

以上を考えると、住宅の間取りの自由度が少ない点は、やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴となります。

今すぐハウスメーカー選びの悩みを解決する賢い方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。家にいながら無料であなたオリジナルの「家づくり計画書」が手に入ります。

【特徴6】下請け業者の評判が良くない

6つ目の特徴として「下請け業者の評判が良くない」

大手ハウスメーカーと言えど、実際の住宅工事に携わるのは、下請け業者です。

ですので、下請け業者の評判を、事前にリサーチしておくのも有効であると言えます。

ハウスメーカー(元請け)と下請け会社の関係は、政府でも取り上げられるほど、深刻な問題を引き起こす場合があります。

たとえば、国土交通省の「下請取引等実態調査(2023)」で、建設法の遵守状況を見てみると、契約締結時期は遵守されているものの(98.6%)、

建設業法の遵守状況

  • 見積提示内容:20.6%
  • 契約条項:46.5%
  • 契約方法:63.2%

回答率が全体的に低く、契約に沿った対応がなされていない事例は多く見られます。

主な要因として、元請けのコスト削減戦略が、下請け業者を圧迫した結果、契約を守れない施工が横行している可能性があります。

したがって、やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴に、下請け業者の評判が良くない点も入ります。

【特徴7】事務所やモデルハウスが汚い

7つ目の特徴として「事務所やモデルハウスが汚い」

事務所やモデルハウスが汚いハウスメーカーや工務店はやめた方がいいです。なぜなら、事務所やモデルハウスの清潔さは、その企業の管理能力や品質意識を反映しているからです。汚い環境は、顧客への配慮や細部への注意が不足していることを示し、建築現場でも同様の問題が発生する可能性があります。さらに、清潔でない環境は、社員のモチベーション低下や業務効率の悪化を招くこともあります。

実際、モデルハウスがホコリまみれで整理整頓がされていない場合、施工の質にも不安を抱かせます。また、事務所が汚れていると、顧客対応の質も疑わしくなり、信頼感が低下します。顧客にとって、清潔な環境は信頼性の重要な指標です。

以上の理由から、事務所やモデルハウスが汚いハウスメーカーや工務店は選ばない方が良いです。清潔で整った環境を提供する企業を選ぶことで、安心して建築プロジェクトを任せることができます。

【特徴8】実用性の低い住宅を取り扱っている

8つ目の特徴として「実用性の低い住宅を取り扱っている」

ハウスメーカーや工務店の施工事例を見ると、素材やデザイン性を重視した、非常に凝った造りの住宅が見られます。

そんな凝った住宅は、一見魅力的ですが、実際に住んでみて不便を感じてしまう可能性も否定できません。

たとえば、収納面などの実用性は、実際に住んでみないと見えにくい部分なので、購入前にしっかりチェックしておくことをおすすめいたします。

事実、住宅情報サイト「スーモ」のアンケート調査では、自宅に不満のあるところを尋ねると、

自宅に不満のあるところ

  1. 収納スペース:29.3%
  2. 防音性:18.8%
  3. 駐車場のスペースや数:16.2%
  4. 断熱性:16.1%
  5. コンセントの位置・数:14.8%

上記結果の通り、収納スペースの割合が最も多く、3人に1人は不満を持っている結果となっています。

購入前は、デザインや性能面など、商品の華やかな部分に目が行きがちになります。そんな時こそ、後悔しないために、実際に住んだ場合をシミュレーションしてみて、実用面を把握しておくことが大事です。

以上のように、実用性の低い住宅を取り扱っている点も、やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴のひとつとなります。

【特徴9】断熱性や気密性を重視していない

9つ目の特徴として「断熱性や気密性を重視していない」

断熱性や気密性を重視していない業者も、やめておいたほうが良いです。

主な理由として、断熱性と気密性は、一年を通して快適に過ごすために重要な要素だから。

実際、あるハウスメーカーの調査で、建築士に「1年中快適な家に必要な要素」を尋ねると、

1年中快適な家に必要な要素TOP3

  • 断熱性(適切な温度維持能力):59.1%
  • 気密性(外気の侵入を防ぐ能力):58.9%
  • 換気性(新鮮な空気の供給と室内の湿気の排出能力):45.3%

断熱性と気密性が一番多い結果となりました。

断熱性や気密性は、光熱費を抑える点でも有効ですので、重視している業者の方が、後悔しない可能性は高いです。

したがって、やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴に、断熱性や気密性を重視していない業者が挙げられます。

【特徴10】ハウスメーカーの信頼性が低い

10個目の特徴として「ハウスメーカーの信頼性が低い」

いくら取り扱う住宅が魅力的でも、ハウスメーカー自身の信頼性が低ければ、避けたほうが無難だと言えます。

なぜなら、信頼性の低さは、多くの顧客が実際に経験した口コミや評判の結果である可能性が高いからです。

実際、ある企業のアンケート調査で、住宅を購入した人に、ハウスメーカーや工務店を選んだ決め手を尋ねたところ、

そのハウスメーカー・工務店を選んだ決め手

  1. 企業、担当者への信頼感:58人
  2. 知名度や高い口コミ評価による安心感:37人
  3. 好みのデザイン:30人

結果の通りですが、企業、担当者への信頼感を重視している人の多いことがわかりました。

企業の信頼感は、商品購入後のアフターサービスにも関わってくるので、住宅展示場での営業対応も含めて、多角的に判断する必要があります。

以上のように、信頼性が低い点も、やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴に入ると言えるでしょう。

今すぐハウスメーカー選びの悩みを解決する賢い方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。家にいながら無料であなたオリジナルの「家づくり計画書」が手に入ります。

【特徴11】予算にあった見積りをしない

11個目の特徴として「予算にあった見積りをしない」

こちらの希望する予算に見合った見積もりをしてくれない業者も、避けたほうが良いでしょう。

やむなく予算オーバーになるならまだしも、最初から予算オーバーを見越した見積りを提示してくる業者は、やはり信頼性に欠けると言わざるを得ません。

実際、ブランディングテクノロジーの住宅購入者に対するアンケート調査(2022年)では、住宅メーカーを選ぶ上で最も重視した点は、

住宅メーカーを選ぶ上で最も重視した点

  • 予算範囲内:51%
  • 住宅性能:19%
  • 担当者の対応:11%

上記結果の通り、予算範囲内であることの重要度が極めて高いことがわかります。

アンケートによれば、地元の工務店と大手ハウスメーカーに関係なく、予算を重視する人が最も多かった、とのこと。

したがって、予算にあった見積りをしない点は、やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴になると言えるでしょう。

【特徴12】身内や友人が働いている

12個目の特徴として「身内や友人が働いている」

身内や友人が働いているハウスメーカーや工務店は、避けた方が良い場合があります。なぜなら、身内や友人が働いていることで、客観的な判断ができず、問題が発生した際に適切な対応が難しくなる可能性があるからです。特に、トラブルが発生した場合、感情的な要素が絡み、公平な対応が難しくなる恐れがあります。

例えば、工事の質に問題があった際、身内や友人が関与していると、遠慮が生じて改善が遅れたり、問題が放置されたりすることがあります。結果として、満足のいく住まいが提供されないリスクが高まります。

以上の理由から、身内や友人が働いているハウスメーカーや工務店を選ぶのは慎重になるべきです。信頼性と客観性を重視し、後悔しない選択をするためにも、他の選択肢を検討することをおすすめします。

【特徴13】担当者がコロコロ変わる

13個目の特徴として「担当者がコロコロ変わる」

営業担当者が何度も交代する業者も、信頼性が低くなるため、やめておいたほうが良いでしょう。

担当者が変わると、顧客データの引継ぎがなされない場合が多いため、アフターサービスの質が落ちる可能性が高いです。

実際、ブランディング事業を行う企業が行った「工務店・ハウスメーカーの採用に関する実態調査」によると、会社の採用に関する課題として、

会社の採用に関する課題

  • 高齢者の割合が高い:43.9%
  • 社員の定着率が低い:40.4%
  • 求める人材と応募者の乖離:40.4%

上記のような結果となっています。

つまり、新卒社員の定着率が低い結果、社員の高齢化が進んでいると考えられます。こうした採用に関する問題が、営業担当の交代の多さにも反映されていると考えることができます。

以上を踏まえると、やめた方がいいハウスメーカーの特徴に、担当者がコロコロ変わる点も挙げられます。

【特徴14】財務状況が悪いもしくは怪しい

14個目の特徴として「財務状況が悪いもしくは怪しい」

財務状況が悪いもしくは怪しいハウスメーカーや工務店は避けるべきです。主な理由として、財務状況が悪い企業は、倒産のリスクが高く、工事途中で業務が停止する可能性があるからです(出典:内閣府「景気判断理由集」)。怪しい財務状況の場合、資材の質を落としたり、工事を急いで終わらせたりするなど、コスト削減のために手抜きを行うリスクが増します。

実際、建築途中に業者が倒産した場合、再度別の業者を探す必要があり、工事の遅延や追加費用が発生します。また、財務が健全でない業者は、質の低い資材を使用し、結果として建物の耐久性や安全性に問題が生じることがあります。

以上の理由から、財務状況が悪いもしくは怪しいハウスメーカーや工務店はやめた方がいいです。契約前に企業の財務状況を確認し、信頼性のある企業を選ぶことで、安心して建築プロジェクトを進めることができます。

【特徴15】建築現場が汚くて管理が不十分

15個目の特徴として「建築現場が汚くて管理が不十分」

建築現場が汚くて管理が不十分なハウスメーカーや工務店はやめた方がいいです。なぜなら、建築現場の清潔さや整理整頓は、施工の質や安全性に直接影響するからです。現場が汚れている場合、資材や工具が散乱し、作業効率が低下し、事故のリスクも増大します。また、管理が不十分な企業は、工事の進行や品質に対する責任感が不足している可能性があります。

具体的には、建築現場に廃材やゴミが放置されている場合、作業員がつまずいたり怪我をするリスクが高まります(出典:国交省「リスクアセスメント」)。さらに、適切に管理されていない現場では、施工ミスが発生しやすく、結果として建物の耐久性や安全性が低下することがあります。こうした状況は、完成後のメンテナンスや修理の頻度を増加させる原因となります。

ですので、建築現場が汚くて管理が不十分なハウスメーカーや工務店は選ばない方が良いです。清潔で整理整頓された現場を維持できる企業を選び、安全で高品質な建築を実現することが重要です。

【特徴16】契約内容が曖昧かつ十分な説明をしない

そして最後の特徴が「契約内容が曖昧かつ十分な説明をしない」

契約内容が曖昧で十分な説明をしないハウスメーカーや工務店は選ぶのはやめましょう。なぜなら、契約内容が曖昧な場合、後から追加費用が発生したり、施工範囲が不明確になることでトラブルが発生しやすいからです。十分な説明がないと、顧客が理解しないまま契約を結び、結果として期待したサービスが受けられないリスクが高まります。これにより、完成後の満足度が低下し、修正や追加工事が必要になることがあります。

例えば、契約書に具体的な施工範囲や使用する資材の詳細が記載されていない場合、完成後に「これも含まれていると思っていた」という誤解が生じ、追加費用が発生することがあります。また、契約時に説明が不十分だと、顧客が理解しないまま重要な決定を下し、後々トラブルになるケースがあります。

したがって、契約内容が曖昧で十分な説明をしないハウスメーカーや工務店は選ぶのはやめた方がいいです。契約前に詳細な説明と明確な契約内容を提供する企業を選ぶことで、安心してプロジェクトを進めることができます。

今すぐハウスメーカー選びの悩みを解決する賢い方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。家にいながら無料であなたオリジナルの「家づくり計画書」が手に入ります。

ハウスメーカー選びでよくある後悔・失敗事例

ここまで、やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴を詳しく解説してきました。

特徴はわかっても、ハウスメーカー選びで失敗した事例はあります。

人生でそう何度も買うことはない住宅。だからこそ後悔したくないし、失敗なんてもってのほか!

ここからは、より具体的にハウスメーカー選びでよくある後悔・失敗事例をご紹介していきます!

【後悔1】維持管理費用のかかる住宅だった

まず1つ目の事例として「維持管理費用のかかる住宅だった」

商品の魅力に惹かれて購入したものの、実際に住んでみたらランニングコストが高額だった、という事例は非常によくあるケース。

したがって、住宅購入の前に、年間でどれくらいの維持費がかかるのかは、概算だけでも念頭に入れておきましょう。

実際、国土交通省の「国土交通白書(2018)」で、現在の住宅に対する不満を調査した結果、

現在の住宅に対する不満

  • 維持管理費用が掛かる:31.3%
  • バリアフリーができていない(段差が多い):20.9%
  • 住宅が狭くて暮らしにくい:15.6%

維持管理費用の掛かる点が、最も不満に感じる点となっています。

住宅は長い期間に渡って利用するものなので、コストのかかる住まいは、しだいに家計を圧迫する要因にもなりかねません。

以上のように、ハウスメーカー選びでよくある失敗事例として、維持管理費用のかかる住宅だった点が挙げられます。

【後悔2】契約後に業者の対応が変わった

次に2つ目の事例として「契約後に業者の対応が変わった」

住宅展示場に足を運び、営業の後押しで住宅購入に踏み切ったあと、対応が突然変わったというケースも、少なくありません。

契約前は、どんな営業も、基本的には商品の良い部分しかアピールせず、また、良い顔しかしないため、油断は禁物です。

実際、日本建築学会の「注文住宅取得プロセスの現状と課題」の資料では、建築主(ハウスメーカー)への不満として、

建築主との関わり方と評価

  • [専門家の選定方法]業者は選べても担当は選べないと思った
  • [専門家の対応]契約後は対応が悪くなった

上記のような調査結果が出ているほど。

同資料によると、「不満の決着点」として、自分で決めたから仕方ないと感じ、結局泣き寝入りしている人が多いようです。

ですので、営業担当の対応には注意が必要となります。

以上のように、契約後に業者の対応が変わる点も、ハウスメーカー選びでよくある失敗事例と言えます。

【後悔3】営業の提案やアドバイスが少ない

3つ目の事例として「営業の提案やアドバイスが少ない」

積極的な提案やアドバイスがない業者も、ハウスメーカー選びでよくある失敗例です。

設計の提案やアドバイスがないと、実際に住宅を建てたときに、自分のイメージとは異なる場合があります。ただ、こうした事例が多い要因は、顧客側にもあると言えます。

つまり、顧客の関心度が、性能やデザインに傾き、営業の提案やアドバイスをあまり重視していない点も大きいかと推察します。

実際、住宅金融支援機能の住宅市場動向調査(2020)を見ると、一般消費者が「住宅事業者選び」において重視するのは、

「住宅事業者選び」で重視するポイント

  1. 建物の性能:58.0%
  2. 住宅の立地:49.2%
  3. デザイン:40.4%
  4. 住宅プランに関する提案力:12.8%
  5. 住宅ローンや税制のアドバイス:11.9%

結果の通り、提案力やアドバイスは優先順位度がかなり低いです。

営業の提案やアドバイスが少ないからこそ、関心度が低いのかもしれませんが、いずれにせよ、提案やアドバイスを蔑ろにすると、失敗する可能性が高いです。

以上のように、営業の提案やアドバイスが少ない点は、ハウスメーカー選びでよくある失敗事例のひとつとなります。

今すぐハウスメーカー選びの悩みを解決する賢い方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。家にいながら無料であなたオリジナルの「家づくり計画書」が手に入ります。

【後悔4】施工業者の技術に問題がある

4つ目の事例として「施工業者の技術に問題がある」

ハウスメーカーを選ぶ際には、実際に建築工事を請け負う施工業者にも十分気を配る必要があります。

なぜなら、ハウスメーカーが大手でも、施工業者の技術力には当たり外れが存在するから。

実際、住宅リフォーム・紛争処理支援センターの「住宅相談統計年報(2023)」では、新築住宅のトラブルに関する苦情の相手方は、

新築住宅のトラブルに関する苦情の相手方

  • 新築時の施工業者:58.1%
  • 不動産業者:26.7%
  • 売主(個人):2.2%

圧倒的に施工業者が多い結果となっています。

ですので、購入前にしっかりと施工業者の選定をしておかないと、あとでトラブルになる可能性が高いと言えます。

以上のように、ハウスメーカー選びでよくある失敗事例として、施工業者の技術的問題が挙げられます。

【後悔5】価格設定がわかりにくい業者

そして5つ目の事例として「価格設定がわかりにくい業者」

業者によっては、住宅商品の価格設定がはっきり明記されていないハウスメーカーや工務店があります。

価格をはっきり把握できないと、予算オーバーしかねませんし、業者と金銭面のトラブルが発生しないとも限りません。

実際、ダイワハウスが行った家づくりに関する意識調査によると、家を建てる時に顧客が最も知りたい情報は、

家を建てるとき、詳しく知りたい情報

  • 建築価格の目安:48.0%
  • 工法や耐震性:41.4%
  • 自分たちに合った間取り:30.5%

上記の通り、建築価格の目安がもっとも関心の高いことがわかります。

また、価格のわかりにくさの問題は、地元の工務店でも見受けられます

たとえば、建設業界のシステム開発を行う企業のアンケート調査を見てみると、家を建てる際に工務店を選ばなかった理由を尋ねたところ、

家を建てる際に工務店を選ばなかった理由

  • 価格設定がわかりにくい:23.9%
  • 情報がわかりにくい:21.6%
  • アフターフォローをしてくれるか心配:16.8%

価格設定や情報がわかりにくい、と答えた人が45%近くを占めています。

したがって、顧客の多くが関心あるのに、価格設定をはっきり示してくれない業者は、選ぶと後悔する可能性が高いです。

以上のように、価格設定がわかりにくい業者は、ハウスメーカー選びでよくある失敗事例に挙げられます。

今すぐハウスメーカー選びの悩みを解決する賢い方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。家にいながら無料であなたオリジナルの「家づくり計画書」が手に入ります。

ハウスメーカー選びで気をつけるべきポイント・注意点

ここまで、ハウスメーカー選びでよくある失敗事例をご紹介してきました。

では、実際にハウスメーカーを選ぶ際は、どういった点に注意すべきなのか?

誰もが「建てて良かった」と感じるハウスメーカーを選びたいのが本音ですよね。

ここからは、ハウスメーカー選びで気をつけるべきポイント・注意点についてまとめていきます。

【注意1】保証やアフターサービスの充実度

まず1つ目のポイントとして「保証やアフターサービスの充実度」

ハウスメーカーを選ぶ際に、保証やアフターサービスをしっかり確認しておくことも必要です。

なぜなら、確認不足だと、あとあと費用負担や営業対応の面で、後悔する可能性が高いからです。

実際、プレハブ建築協会の既存住宅における「住まい実態アンケート」調査で、営業担当者の点検訪問状況と満足度の関係を見てみると、

「営業担当者訪問状況」と「満足度」の関係

  • 半年に1回以上:78.6%
  • 1年に1回程度:74.3%
  • 数年に1回程度:71.7%
  • 今まで1度もない:54.1%

上記調査結果の通り、アフターサービスが少ないほど、満足度は低い結果となっています。

ですので、購入前に保証やアフターサービスなどのチェックは、しっかり確認しておくことをおすすめいたします。

以上のように、ハウスメーカー選びで気をつけるべき注意点として、保証やアフターサービスの充実度が挙げられます。

【注意2】業者の施工事例をチェックする

次に2つ目のポイントとして「業者の施工事例をチェックする」

良いハウスメーカーを選ぶ最もわかりやすい方法は、その店舗の実績をチェックすること。

そして、実績をチェックする上で目安となるのが、業者の施工事例です。

実際、ある企業が実施した、注文住宅の購入を決定した方に対するアンケート調査によると、住宅購入の参考になったコンテンツは、

住宅購入の参考になったコンテンツ

  • 施工事例:58.4%
  • 性能や構造の紹介:42.9%
  • お客様の声:41.6%
  • コンセプトや家づくりの考え方:41.6%

施工事例が最も参考になったとの結果になっています。

施工実績は、Webにある情報以外にも、住宅展示場に赴き、実物の商品から得られる情報も、有効な判断材料になるでしょう。

したがって、業者の施工事例をチェックする点も、ハウスメーカー選びで気をつけるべき注意点として入ります。

関連記事:住宅展示場に冷やかしはNG?見に行くだけでもOK?結論と簡単に情報収集する方法

【注意3】営業担当者の人柄が誠実か

3つ目のポイントとして「営業担当者の人柄が誠実か」

営業担当者は、ハウスメーカーを決める上で大事な要素ですが、具体的にどのような点を注意すればいいのでしょうか?

筆者の体験談と口コミ調査によると、誠実で正直な営業マンが、もっとも信頼できる人柄です。

実際に、ある企業が実施した「不動産営業担当者に関する意識調査」で、信頼できる担当者の特徴を尋ねたところ、

信頼できる不動産営業担当者の特徴

  • 正直、誠実な対応ができる:200人
  • 親切、丁寧な対応ができる:101人
  • マナー、身だしなみが良い:97人

上記の通り、正直や誠実な対応が最も多いことがわかりました。

正直で誠実な担当者は、商品の良い面ばかりではなく、悪い面も同時に紹介してくれます。ですので、そんな担当者をできるだけ見つけることをおすすめします。

以上のように、ハウスメーカー選びで気をつけるべき注意点には、営業担当者の人柄が誠実かも大事だと言えます。

今すぐハウスメーカー選びの悩みを解決する賢い方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。家にいながら無料であなたオリジナルの「家づくり計画書」が手に入ります。

【注意4】購入検討中はすぐに契約しない

4つ目のポイントとして「購入検討中はすぐに契約しない」

住宅展示場などで購入を検討していると、営業の中には、すぐに契約するよう促す人もいます。

特典が付いていたり、割引きがあったりと、購入者に魅力的な条件が提示されますが、自分が納得しないうちは、契約を急がないことをおすすめします。

具体的には、三菱UFJ銀行が実施した調査によると、住宅の検討から購入までに要した期間として、

住宅の検討から購入までに要した期間

  • 6ヶ月未満:27.5%
  • 6ヶ月~1年未満:32.5%
  • 1年~2年未満:26.0%

少なくとも1年は検討している人が最も多いです。

ですので、営業に急かされても、すぐには契約せず、ご自身が納得するまで検討を重ねたほうが良いでしょう。

以上を踏まえると、購入検討中はすぐに契約しない点は、ハウスメーカー選びで気をつけるべき項目に挙げられます。

【注意5】複数社から見積りをもらい比較検討する

そして5つ目のポイントとして「複数社から見積りをもらい比較検討する」

良いハウスメーカーを見極める方法として、いくつかの店舗で見積もりを依頼し、費用等を比較してみることは非常に重要です。

なぜなら、比較することで、各メーカーの対応を知るだけでなく、どの部分にコストをかけているか、といった特色を知る手段にもなるからです。

実際、木を活かす建築推進協議会の「工務店実態調査」のデータによると、工務店各社が提供しているサービスの項目は、

工務店各社が提供しているサービス

  • 見積りサービス:93.3%
  • 建築2年目までの無料建物点検サービス:35.6%
  • 資金計画サービス :33.5%

上記結果の通り、見積りサービスが最も多く提供されていることがわかります。

したがって、見積りサービスを利用して、自分にとって最適な費用プランを提示してくれる店舗を探すことが、良いハウスメーカーを見つける格好の手段となります。

以上のことから、複数社から見積りをもらい比較検討する点も、ハウスメーカー選びで気をつけるべき注意点として重要となります。

では、どうやって複数社から見積りをもらうのか?最もおすすめなのは「タウンライフ家づくり」を利用する方法です。

タウンライフ家づくりは、注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

\累計利用者数40万人を突破!/
『タウンライフ家づくり』今すぐ無料一括見積もりを依頼する
【PR】タウンライフ

やめた方がいいハウスメーカーに当たらないための必要な準備

「やめた方がいいハウスメーカーや工務店の特徴がわかっても、まだ不安」
「不安を解消するために、自分でできることといえば何がある?」
「納得がいくまでとことん調べたいけど、どうやって調べればいいのかわからない」

高い買い物だからこそ、慎重になるのは当然です。

やめた方がいいハウスメーカーや工務店の特徴を理解していても、契約後に後悔するケースはあります。

この「後悔する人」と「後悔しない人」の差は、どれだけ事前準備に時間を費やしたかどうか、で決まります。

ここからは、やめた方がいいハウスメーカーに当たらないための必要な準備について詳しくご紹介していきます!

【準備1】事前に情報収集を徹底する

まず必ず取り組みたいのは「事前に情報収集を徹底する」

ハウスメーカー選びでは、事前に情報収集を徹底することが重要です。なぜなら、十分な情報収集を行うことで、信頼性の高いハウスメーカーを選び、後悔しない家づくりができるからです。インターネットや口コミサイトを活用し、他の顧客の評判やレビューを確認することで、企業の実績や信頼度を把握できます。さらに、ハウスメーカーからもらえる見積もりや間取りプランも重要な情報源です。

例えば、複数のハウスメーカーから見積もりを取得し、費用やサービス内容を比較することで、適正価格やサービスの充実度を確認できます。また、間取りプランを複数検討することで、自分たちの希望に最も近い提案を見つけることができます。実際の施工事例や顧客の声を参考にすることで、品質やアフターサービスのレベルも把握できます。

このように、事前に情報収集を徹底することで、信頼性のあるハウスメーカーを選ぶことができ、後悔しない家づくりが実現します。

では、どうやって情報収集するのが効果的か?最もおすすめなのは「タウンライフ家づくり」を利用する方法です。

タウンライフ家づくりは、注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

\累計利用者数40万人を突破!/
今すぐ無料で家づくり計画書の作成を依頼する
【PR】タウンライフ

【準備2】見学会や住宅展示場を訪れる

さらに実際に足を運ぶことも大切で「見学会や住宅展示場を訪れる」

見学会や住宅展示場を訪れることは、ハウスメーカー選びにおいて非常に大切です。なぜなら、実際に建物を見て確認することで、設計や施工の品質、デザインの細部を直接確かめることができるからです。パンフレットやウェブサイトの情報だけではわからない部分も、現地で確認することで理解が深まります。さらに、展示場や見学会では、実際の施工事例を体感しながら質問ができ、具体的な疑問点や不安を解消できます。

実際、展示場を訪れることで、間取りの使い勝手や素材の質感、施工の丁寧さを直接確認できます。また、見学会では、施工中の現場を見学することで、工事の進行状況や現場の清潔さ、職人の作業態度などもチェックできます。これにより、ハウスメーカーの実力や信頼性を客観的に評価できます。

以上の理由から、見学会や住宅展示場を訪れることは、ハウスメーカー選びにおいて欠かせない準備です。現地での確認を通じて、納得のいく選択ができるようになります。

【準備3】経験豊富なアドバイザーに相談する

そして何より重要なのは「経験豊富なアドバイザーに相談する」

経験豊富なアドバイザーに相談することは、ハウスメーカー選びにおいて非常に有益です。なぜなら、アドバイザーは多くの事例や知識を持っており、専門的な視点から適切なアドバイスを提供できるからです。自身では見落としがちなポイントやリスクについて、的確に指摘し、最適な選択肢を提示してくれます。また、過去の顧客の経験を基に、実際に信頼できるハウスメーカーを紹介してくれることもあります。

例えば、アドバイザーが過去に関与したプロジェクトの成功例や失敗例を聞くことで、具体的な状況に対する対策や注意点を学べます。また、契約内容や見積もりのチェックポイント、施工中の重要な監督ポイントなど、実践的なアドバイスを受けることで、より安心してハウスメーカーを選ぶことができます。さらに、アドバイザーのネットワークを活用して、信頼性の高い業者を紹介してもらうことも可能です。

したがって、経験豊富なアドバイザーに相談することは、ハウスメーカー選びにおいて重要な準備の一つです。専門的な知識と経験を活用して、最適な選択をすることができます。

結局どこがいい?評判が良いおすすめのハウスメーカー5選

ここまで、やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴や選び方について、詳しく解説してきました。

「結局、どのハウスメーカーが良いのか?」

いろいろ情報は知れたけど、最も知りたいのは「おすすめのハウスメーカー」ですよね。

そこで!ここからは、オリコン顧客満足度の住宅性能の満足度が高いハウスメーカーランキング(2024年)をもとに、結局どこがいい?評判が良いおすすめのハウスメーカー5選をご紹介します!

おすすめのハウスメーカー 注文住宅ランキング

  1. スウェーデンハウス(86.4点)
  2. ヘーベルハウス(83.5点)
  3. 一条工務店(83.4点)
  4. 積水ハウス(82.4点)
  5. 住友林業(82.2点)

順番に、ハウスメーカーの特徴やメリット、どんなご家庭におすすめなのか?解説していきます。

【おすすめ1】スウェーデンハウス

(画像引用元:スウェーデンハウス

「スウェーデンハウス」は、高品質な木造住宅を提供するハウスメーカーで、特に断熱性能とデザイン性に優れています。

スウェーデンハウスの住宅は、スウェーデンの伝統的な建築技術と日本の気候風土に合わせた技術を融合させたもので、高い断熱性能と快適な室内環境を実現しています。木材を使用した温かみのあるデザインは、四季折々の変化を楽しむことができ、日本の住まい手に非常にマッチします。さらに、厳しい品質管理とアフターサービスの充実度が特徴で、長く安心して住むことができます(出典:50年間無料定期検診システム)。

例えば、スウェーデンハウスの家は高断熱仕様で、冬は暖かく夏は涼しい快適な住環境を提供します。壁の厚さや窓の性能が高く、外気の影響を受けにくいため、冷暖房費を節約できるのも大きなメリットです。デザイン面でも、木の温もりを感じられる北欧スタイルのインテリアが特徴で、家族全員がリラックスできる空間を提供します。具体的には、窓の大きさや配置、内装材の質感など、細部にわたるこだわりが感じられます。また、長期にわたる保証とアフターケアも充実しており、購入後も安心して生活を続けられます(出典:高断熱・高気密・計画換気)。

スウェーデンハウスは、高断熱性能とデザイン性を兼ね備えた高品質な木造住宅を提供するハウスメーカーです。四季の変化に対応した快適な住環境を求める方や、北欧スタイルの温かみのあるデザインを好む方に特におすすめです。また、長期的な保証やアフターサービスが充実しているため、安心して長く住み続けたいと考える人にも最適です。

【おすすめ2】ヘーベルハウス

(画像引用元:ヘーベルハウス

「ヘーベルハウス」は、耐久性と耐震性に優れた住宅を提供するハウスメーカーで、特に都市部での住まい作りに強みがあります。

ヘーベルハウスの住宅は、独自の軽量気泡コンクリート(ALC)「ヘーベル」を使用しており、耐火性や断熱性が高いのが特徴です(出典:HEBELの特長)。耐震性にも優れ、多くの地震に耐えられる構造となっているため、安心して暮らすことができます。さらに、自由設計が可能で、都市部の狭小地や変形地にも対応できる柔軟性があります。長期にわたる保証制度も整っており、アフターサービスも充実しています。

例えば、ヘーベルハウスの住宅は、耐火性能が高く火災に強いので、安心して生活できます。災害時にも強く、多くの地震や台風に耐えられる構造を持っています(出典:火事に強い・耐火性)。断熱性能も高く、年間を通じて快適な室内環境を保つことができ、冷暖房費の節約にもつながります。都市部で土地が限られている場合でも、自由設計により限られたスペースを最大限に活用した住まい作りが可能です。また、長期保証と定期的なメンテナンスサービスにより、住み始めてからも安心して生活を続けられます(出典:60年無料点検システム)。

ヘーベルハウスは、耐久性と耐震性に優れた住宅を提供するハウスメーカーで、特に都市部での住まい作りに強みがあります。都市部の狭小地や変形地にも対応できる自由設計が可能で、災害に強く安心して暮らせる住宅を求める方におすすめです。高い耐火性能や断熱性能を持つため、年間を通じて快適な室内環境を維持でき、長期的な保証やメンテナンスサービスも充実しています。安心して長く住み続けたい方に最適な選択肢となります。

今すぐハウスメーカー選びの悩みを解決する賢い方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。家にいながら無料であなたオリジナルの「家づくり計画書」が手に入ります。

【おすすめ3】一条工務店

(画像引用元:一条工務店

「一条工務店」は、高い断熱性能と省エネ性を追求した住宅を提供するハウスメーカーで、住み心地の良さとコストパフォーマンスに優れています。

一条工務店の住宅は、独自の高性能断熱材を使用しており、優れた断熱性能を実現しています(出典:高性能断熱材「高性能ウレタンフォーム」)。これにより、冬は暖かく夏は涼しい快適な住環境が保たれます。さらに、省エネ性能が高く、年間の光熱費を大幅に削減できます。また、一条工務店は、標準仕様の設備や内装が充実しており、コストパフォーマンスが高い点も魅力です。長期にわたる保証制度と定期的なメンテナンスサービスも整っており、購入後も安心して生活を続けられます(出典:アフターサポート)。

例えば、一条工務店の住宅は、全館床暖房を標準装備しているため、冬でも家中が快適に暖まります。高性能な断熱材と窓を使用しているため、夏は冷房効果が高く、室内が涼しく保たれます(出典:全館床暖房の家)。これにより、年間を通じて快適な住環境が実現し、光熱費の削減にもつながります。また、標準仕様の設備や内装が充実しているため、追加のオプション費用を抑えつつ、高品質な住まいを手に入れることができます。長期保証と定期メンテナンスも提供されているため、安心して長く住むことができます。

一条工務店は、高い断熱性能と省エネ性を追求した住宅を提供するハウスメーカーです。住み心地の良さとコストパフォーマンスに優れており、年間を通じて快適な住環境を求める方や、省エネで光熱費を抑えたい方におすすめです。標準仕様の設備が充実しているため、追加費用を抑えて高品質な住宅を手に入れることができます。長期保証やメンテナンスサービスも整っているため、安心して長く住み続けたい方にも最適です。

【おすすめ4】積水ハウス

(画像引用元:積水ハウス

「積水ハウス」は、環境に配慮した高品質な住宅を提供するハウスメーカーで、設計の自由度と耐久性に優れています。

積水ハウスの住宅は、地震や台風などの自然災害に強い構造を持ち、長寿命で耐久性が高いのが特徴です(出典:防災住宅)。独自の技術である「シャーウッド構法」や「βシステム構法」により、木造住宅でも高い耐震性を実現しています。また、エネルギー効率が高い設備や環境に優しい素材を使用しており、エコロジー志向の方にも適しています。さらに、設計の自由度が高く、顧客のニーズに合わせたオーダーメイドの住宅を提供しています。長期保証と充実したアフターサービスも整っており、安心して長く住むことができます(出典:アフターメンテナンス)。

例えば、積水ハウスの「シャーウッド構法」は、高い耐震性を誇る木造住宅であり、地震に対する安心感があります。また、断熱性能が高い窓や省エネ設備を標準装備しているため、年間の光熱費を抑えつつ快適な住環境を提供します。設計の自由度が高いため、家族構成やライフスタイルに合わせた最適な間取りを提案できます。長期保証とアフターサービスが充実しているため、建築後も安心して生活を続けることができます(出典:進化する木造住宅)。

積水ハウスは、耐久性と設計の自由度に優れた高品質な住宅を提供するハウスメーカーです。地震や台風などの自然災害に強い構造を持ち、環境に優しい素材や省エネ設備を使用しているため、エコロジー志向の方にも適しています。設計の自由度が高く、顧客のニーズに合わせたオーダーメイドの住宅を提供するため、理想の住まいを実現したい方におすすめです。長期保証とアフターサービスも充実しており、安心して長く住み続けることができます。

今すぐハウスメーカー選びの悩みを解決する賢い方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。家にいながら無料であなたオリジナルの「家づくり計画書」が手に入ります。

【おすすめ5】住友林業

(画像引用元:住友林業

「住友林業」は、木材を活かした高品質な住宅を提供するハウスメーカーで、自然素材とデザイン性に優れています。

住友林業は、長年の歴史と経験を持ち、木材を中心とした住宅建築に強みがあります。高品質な国産木材を使用し、自然素材の温かみを感じる住まいを提供しています(出典:持続可能な森林資源の活用)。特に、木造住宅の構造に関する専門知識と技術が豊富で、耐震性や耐久性に優れた家づくりが可能です。また、デザインの自由度が高く、顧客のライフスタイルに合わせたオーダーメイドのプランを提案します(出典:選ぶオーダーメイド)。さらに、環境に配慮した取り組みも積極的に行っており、エコロジー志向の方にも適しています。

例えば、住友林業の住宅は、天然木材をふんだんに使用し、四季を通じて快適な住環境を提供します。断熱性能が高く、冬は暖かく夏は涼しい室内環境を実現します。また、独自の技術である「ビッグフレーム構法」により、大空間を持つ開放的なデザインも可能です。さらに、顧客の要望に応じて、木の風合いや色調を活かしたインテリアデザインを提案し、個性的な住まいを実現します。長期保証とアフターサービスも充実しており、建築後も安心して生活を続けることができます(出典:住友林業の60年保証 アフターサービス)。

住友林業は、自然素材とデザイン性に優れた高品質な住宅を提供するハウスメーカーです。高品質な国産木材を使用し、耐震性や耐久性に優れた木造住宅を提供しています。デザインの自由度が高く、オーダーメイドのプランを提案するため、理想の住まいを実現したい方におすすめです。環境に配慮した取り組みも積極的に行っており、エコロジー志向の方にも適しています。長期保証とアフターサービスも充実しているため、安心して長く住み続けることができます。

【簡単】ハウスメーカー選びの悩みを解決する賢い方法

「結局、自分に合うハウスメーカーはどこなのか?」

「具体的な間取りプランをもらえたらイメージしやすいんだけど。」

「わざわざ1社1社連絡して、見積もりもらうのが億劫すぎて先に進めない。」

具体的にハウスメーカーを選び始めると、必ず湧いてくる悩みやストレス。

解決できないと先へ進めないし、手が止まって結局時間だけが過ぎて、適当にハウスメーカーを選んでしまう。

でも、夢のマイホーム建築に向けて、妥協なんてしたくないですよね。もちろん、失敗も後悔もしたくない。

実は、このような状況を解消してくれる、ハウスメーカー選びの悩みを解決する賢い方法があることをご存知でしょうか?

その方法というのが「オンライン完結の一括比較サービス」を活用することです。

なぜ、オンライン完結の一括比較サービスなのか?

  • 複数のハウスメーカーから一括で見積りがもらえるので、時間と労力を省ける
  • 入力手続きが一回で済むうえ、その中から選んで自分に合った会社を見つけられる
  • 外出することなく、家にいながらあなたオリジナルの「家づくり計画書」を無料でもらえる

そして、オンライン完結の一括比較サービスでおすすめなのが「タウンライフ家づくり」を利用する方法です。

タウンライフ家づくりは、注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

タウンライフ家づくりを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。だからこそ、慎重に検討したいし、時間をかけてゆっくり考えたい。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的に考えていなくても将来的にはマイホームを持ちたい方に活用してもらいたいサービスです。

\累計利用者数40万人を突破!/
今すぐ無料で家づくり計画書の作成を依頼する
【PR】タウンライフ

【Q&A】やめた方がいいハウスメーカーに関するよくある疑問

最後にやめた方がいいハウスメーカーに関するよくある疑問をまとめます。

【疑問1】お金持ちが建てるハウスメーカーは?

「お金持ちが建てるハウスメーカーは?」

お金持ちが選ぶハウスメーカーは、品質やデザイン、ブランド力が高い企業が多いです。

裕福な層は、住宅に対して高い品質とデザインを求めるため、積水ハウス、住友林業、ミサワホームなどが選ばれます。積水ハウスは、耐震性や耐久性に優れた住宅を提供し、高級感あるデザインが魅力です。住友林業は、国産木材を使った温かみのある高級住宅を提供しており、自然素材の良さを重視する人々に人気があります。ミサワホームは、モダンでスタイリッシュなデザインと先進的な技術を融合させた住宅を提供し、高所得者層に支持されています。

例えば、積水ハウスの高級住宅「グリーンファースト ゼロ」は、環境に配慮したエコ住宅で、年間の光熱費を大幅に削減できます。住友林業の「フォレストガーデン」は、自然素材をふんだんに使った贅沢な空間が特徴です。ミサワホームの「GENIUS」は、斬新なデザインと機能性を兼ね備えた高級住宅で、都市部の富裕層に人気があります。

お金持ちが建てるハウスメーカーは、積水ハウス、住友林業、ミサワホームなどの品質やデザイン、ブランド力が高い企業です。高級感と機能性を兼ね備えた住宅を提供し、裕福な層に選ばれています。

【疑問2】日本で1番高いハウスメーカーはどこですか?

「日本で1番高いハウスメーカーはどこですか?」

日本で特に高価なハウスメーカーは、スウェーデンハウスが挙げられます。

スウェーデンハウスは、高い断熱性能と耐久性を持つ高品質な木造住宅を提供しています。北欧の伝統的な建築技術と日本の気候に適した設計が融合しており、非常に快適な住環境を実現しています。使用する材料や施工技術が高品質であるため、建築コストが他のハウスメーカーに比べて高くなる傾向があります。特に、断熱性能の高さやデザインの美しさが評価され、価格に反映されています。

例えば、スウェーデンハウスの住宅は、坪単価が100万円を超えるケースが多くて、40坪の住宅では総額4000万円以上になることが多いです。この価格には、高性能な断熱材や輸入窓、高級な内装材が含まれており、快適で長寿命な住まいが提供されます。高い初期費用に見合った満足度と快適さを提供しており、富裕層からの支持も厚いです。

スウェーデンハウスは、日本で特に高価なハウスメーカーとして知られています。高い断熱性能と耐久性、美しいデザインが特徴であり、高品質な材料と施工技術が価格に反映されています。高い初期費用に見合った快適な住環境を求める方におすすめです。

【疑問3】建ててよかったハウスメーカーランキングは?

「建ててよかったハウスメーカーランキングは?」

まとめ:やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴と選び方

やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴と選び方をまとめてきました。

改めて、やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴をまとめると、

やめた方がいいハウスメーカー&工務店の特徴

  • 耐震等級3を標準仕様としていない
  • 保証書の発行をしていない
  • 営業担当との相性が良くない
  • コミュニケーション不足が目立つ
  • 住宅の間取りの自由度が少ない
  • 下請け業者の評判が良くない
  • 事務所やモデルハウスが汚い
  • 実用性の低い住宅を取り扱っている
  • 断熱性や気密性を重視していない
  • ハウスメーカーの信頼性が低い
  • 予算にあった見積りをしない
  • 身内や友人が働いている
  • 担当者がコロコロ変わる
  • 財務状況が悪いもしくは怪しい
  • 建築現場が汚くて管理が不十分
  • 契約内容が曖昧かつ十分な説明をしない

住宅購入で必ずかかわるハウスメーカーや工務店。

数が多いからこそ選ぶのは難しいし、かといって適当に選べば後悔する可能性が高まります。

本記事の情報が、あなたの夢のマイホーム建築に向けて、お役に立てますと幸いです。