ヘーベルハウスをやめた6つの理由とは?体験談から購入に向いてる人の特徴

「ヘーベルハウスをやめた理由は何?」

「どんな人にヘーベルハウスの購入は向いてる?」

注文住宅は、どのハウスメーカーにしようか?

いろいろ調べていく中で、候補に入ってくる「ヘーベルハウス」

ヘーベルハウスは、安全性と耐久性に優れた高品質住宅メーカーとして人気の高いハウスメーカーです。

ただ、「ヘーベルハウスをやめた理由」は今現在ハウスメーカーを複数検討している人にとって、非常に気になる情報です。

本記事では、ヘーベルハウスをやめた理由と購入に向いてる人の特徴について詳しく解説していきます!

どうすれば、家づくりでの失敗するリスクは避けられるのか?

「ヘーベルハウスをやめた理由はわかっても、結局自分に合うハウスメーカーはどこなのか?」

「気になるハウスメーカーに1社1社連絡して、見積もりもらうのが億劫すぎて先に進めない。」

「自分の要望に沿った具体的な間取りプランを無料でもらえたら、イメージしやすいんだけど。」

具体的にハウスメーカーを選び始めると、必ず湧いてくる悩みやストレス。解決できないと先へ進めないし、手が止まって結局時間だけが過ぎて、適当にハウスメーカーを選んでしまう。

でも、夢のマイホーム建築に向けて、妥協なんてしたくないですよね。もちろん、失敗も後悔もしたくない。

実は、このような状況を解消してくれる、ハウスメーカー選びで失敗しないための賢い方法があることをご存知でしょうか?

その方法というのが「オンライン完結の一括比較サービス」を活用することです。

✅なぜ、オンライン完結の一括比較サービスなのか?

  • 複数のハウスメーカーから一括で見積りがもらえるので、時間と労力を省ける
  • 入力手続きが一回で済むうえ、その中から選んで自分に合った会社を見つけられる
  • 外出することなく、家にいながらあなたオリジナルの「家づくり計画書」を無料でもらえる

つまり、一括で複数ハウスメーカーを比較した方が、失敗のリスクは最小限に抑えられる、ということです。

そして、オンライン完結の一括比較サービスでおすすめなのが「タウンライフ家づくり」を利用する方法です。

タウンライフ家づくりは、注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

✅タウンライフ家づくりを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。だからこそ、慎重に検討したいし、時間をかけてゆっくり考えたい。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的に考えていなくても将来的にはマイホームを持ちたい方に活用してもらいたいサービスです。

\累計利用者数40万人を突破!/
今すぐ無料で家づくり計画書の作成を依頼する
【PR】タウンライフ

ヘーベルハウスをやめた6つの理由とは

なぜ、ヘーベルハウスで家を建てるのをやめたのか?

気になるヘーベルハウスをやめた6つの理由について、体験ベースでご紹介します。

【理由1】ヘーベルハウスの坪単価が高いから

まず1つ目の理由として「ヘーベルハウスの坪単価が高いから」

体験談からもお分かりの通りで、ヘーベルハウスは、大手ハウスメーカーの中でも価格が高くなります。

実際、ヘーベルハウスの坪単価の平均は80万円~120万円であるため、高級住宅の部類に入ると言えるでしょう。

家を建てるのに必要な平均費用を試算すると、一戸建ての全国平均面積は、総務省の「住宅・土地統計調査」から、126.63平米(約38.3坪)です。

そこで、上記の坪単価からヘーベルハウスの平均費用総額を割り出してみると、

  • 38.3坪(平均面積) × 80万円~120万円(坪単価) = 約3,064万~4,596万円

上記の通り、最低でも3,000万円を超えてしまいます。

家を建てるのが高額になると、経済的負担で生活が圧迫され、後悔する可能性があります。

したがって、坪単価が高い点が、ヘーベルハウスをやめた理由のひとつに挙げられます。

【理由2】間取りの自由度が低いため不満だから

次に2つ目の理由として「間取りの自由度が低いため不満だから」

ヘーベルハウスは、間取り設計の自由度が低いといった意見があります。

主な理由としては、規格化された鉄骨部材とフレームにより組み立てる構造になっているためです。

間取りの自由度が低いと、家づくりにおいて後悔してしまう可能性は高いです。

実際、マイホーム作り経験者に対するアンケート調査によると、マイホーム作りで後悔したと感じる人は8割近くもいて、どんな点が重要かと尋ねた結果、

マイホーム作りを行う上で最も重要だと思うこと

  • 自身の間取りイメージ:49.4%
  • 営業マン:24.6%
  • 土地選び:17.2%
  • 住宅ローン:6.9%

上記結果の通り、間取りと答える人が最も多いことがわかります。

つまり、長い目で見れば、オプション設備や立地より、結局自身の希望通りの間取りになっているかが重要であると言えます。

以上を考えると、ヘーベルハウスをやめた理由に、間取りの自由度が低い点が挙げられます。

【理由3】外観デザインがダサいから

3つ目の理由として「外観デザインがダサいから」

外観デザインの賛否については、ヘーベルハウスに限った話ではありませんが、ヘーベルハウスの外観デザインが好きではないといった意見は割と多く散見されます。

ヘーベルハウスの住宅は、平らな陸屋根をベースとした作りの商品が多いため、デザイン性の好みが、はっきり分かれると言えるでしょう。

住宅購入の際に大事なポイントは、自分好みの家にできるかどうかなので、デザイン性の高さはとても重要です。

実際、アンケート調査で注文住宅の購入経験がある人に対して、購入理由を尋ねると、

注文住宅を購入した理由

  • 自分好みの家にしたい:77人
  • 間取りにこだわりたい:67人
  • いい建売住宅がなかった:34人

自分の好みに合うかどうかが非常に重要だということがわかります。

したがって、外観デザインが好きになれないと、購入しようという気が起こらない人が、多数を占めると考えられます。

ですので、ヘーベルハウスをやめた理由に、外観デザインが理由のひとつに入るといえます。

【理由4】鉄骨造のため冬が寒いから

4つ目の理由として「鉄骨造のため冬が寒いから」

筆者の体験談だけでなく、ヘーベルハウスは冬が寒いからやめた、といった意見が多くみられます。

主な理由としては、ヘーベルハウスが重量鉄骨造のため。鉄骨造は、木造よりも熱伝導率が高いため、熱を伝えやすく、冬は寒くなります。

実際、国土交通省の「住宅省エネルギー技術講習テキスト」の資料において、素材別の熱伝導率の例を見ると、

素材別の熱伝導率(例)

  • アルミニウム:210
  • 鋼(鉄の素材):55
  • コンクリート:1.6
  • 天然木材:0.12

上記結果からもわかる通り、鉄の素材である鋼の熱伝導率は、木材の約458倍高いです。

したがって、断熱性能を高める何らかの対策を立てないと、冬は寒くて後悔する可能性が高いです。

以上のように、鉄骨造りのため冬が寒い点も、ヘーベルハウスをやめた理由になると言えるでしょう。

【理由5】ALC素材のへーベル板は水に弱いから

5つ目の理由が「 ALC素材のへーベル板は水に弱いから」

ヘーベルハウスの外壁素材「ALC」は、耐久性に優れている点で知られており、実際、洪水でも流されなかった住宅の映像が残っているほど。

ただ、ALCコンクリートの弱点として、発砲構造のため水に弱いといった性質があります。

具体的には、ALC協会の資料によると、ALCパネルのデメリットとして、

ALCパネルのデメリット

  • 表面強度が小さい
  • 欠けやすい
  • 吸水性が大きい

上記のような弱点を挙げています。

水を含みやすい発砲構造はひび割れの原因になるため、公式サイトでも紹介している通り、外壁塗装をはじめとする防水処理やシーリング対策を、定期的に行う必要があります。

ですので、メンテナンス費用がかかる点でも、へーベル材は敬遠する原因になりえます。

以上を踏まえると、ヘーベルハウスをやめた理由に、外壁の水に弱い点が挙げられます。

【理由6】外壁はALC外壁しか選べないから

そして6つ目の理由が「 外壁はALC外壁しか選べないから」

ヘーベルハウスをやめた理由の一つに、外壁にALC外壁しか選べない点が挙げられます。ALC(軽量気泡コンクリート)外壁は高い耐久性と断熱性能を持ち、地震や火災への耐性が強く、安全性を重視する住宅に適しています。

しかし、デザインのバリエーションが少なく、好みの外観を実現しにくいことが問題です。さらに、定期的なメンテナンスが必要で、長期的なコストがかかることもデメリットです。ヘーベルハウスは品質の均一性と施工効率を重視し、標準化されたALC外壁を採用していますが、これが顧客の多様なニーズに対応しにくい要因となっています。

このため、デザインやメンテナンスの自由度を重視する顧客にとっては、ヘーベルハウスをやめた理由(他の住宅メーカーを選ぶ理由)となります。

今すぐハウスメーカー選びで失敗しないための賢い方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で間取りプランなど家づくりに必要な計画書をもらうことができます。

やめた理由にもつながるヘーベルハウスを建てる人の年収目安

ここまで、ヘーベルハウスをやめた理由を解説してきました。

ヘーベルハウスの機能・性能の面からやめた理由をご紹介してきましたが、その多くは「価格の高さ」が理由でやめる人は多いようです。

では、やめた理由にもつながるヘーベルハウスを建てる人の年収目安はどれくらいなのでしょうか。

結論からいうと、ヘーベルハウスを建てる人の年収目安は、おおよそ800万円以上です。理由を順番に解説します。

まず、ヘーベルハウスの建物本体の価格は、坪単価が約80万円から120万円と高めであり、一般的な住宅の総額は3,000万円から5,000万円程度になります。さらに、工事費用として追加で500万円から1,000万円程度が必要です。土地代については地域によって大きく異なりますが、都市部では1,000万円から2,000万円以上を見込む必要があります。これらを合計すると、総額は4,500万円から8,000万円程度になります。

住宅ローンの返済能力を考慮すると、年収の5倍から6倍までの借入れが一般的です。つまり、5,000万円の住宅を購入する場合、最低でも年収800万円以上が必要となります。これには、生活費やその他のローン、教育費なども考慮した上で、無理のない返済計画を立てることが前提です。

したがって、ヘーベルハウスを建てるためには、安定した高収入が必要であり、年収800万円以上が目安となるのです。

今すぐハウスメーカー選びで失敗しないための賢い方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で間取りプランなど家づくりに必要な計画書をもらうことができます。

やめた理由を鑑みてヘーベルハウス購入に向いてる人の特徴

ここまで、ヘーベルハウスに関する評判をまとめてきました。

では、どういった人にヘーベルハウスはおすすめか?

具体的なやめた理由を鑑みてヘーベルハウス購入に向いてる人の特徴をまとめていきます!

【特徴1】標準的なデザインを好む人

まず1つ目の特徴として「標準的なデザインを好む人」

ヘーベルハウス購入に向いている人の一つの特徴として、標準的なデザインを好む人が挙げられます。なぜなら、ヘーベルハウスの外観デザインは比較的シンプルでモダンなスタイルが多く、個性的なデザインを求める人には向かない場合があるからです。

具体的には、外壁のALCパネルは色やテクスチャのバリエーションが限られており、個々の好みに合わせたカスタマイズが難しいです。しかし、シンプルで洗練されたデザインを好む人にとっては、余計な装飾がなく、統一感のある美しい仕上がりが魅力的です。また、標準的なデザインは経年劣化が目立ちにくく、メンテナンスが容易である点も利点です。さらに、街並みに溶け込みやすい外観は、周囲の環境と調和し、景観を損なうことなく、長く住み続けられる安心感を提供します。

以上の理由から、シンプルでモダンな標準的デザインを好む人にヘーベルハウスは向いています。

【特徴2】高い耐震性と耐火性を重視する人

次に2つ目の特徴として「高い耐震性と耐火性を重視する人」

ヘーベルハウス購入に向いている人の特徴として、高い耐震性と耐火性を重視する人が挙げられます。理由として、ヘーベルハウスのALC外壁が非常に強固で、地震や火災に対する優れた耐性を持つためです。

実際、ALC外壁は軽量でありながら高強度で、地震の際に建物全体の揺れを抑える効果があります。これにより、地震による被害を最小限に抑えることが可能です。また、ALCは不燃材料であるため、火災時にも炎の広がりを防ぎ、延焼を抑制します(出典:耐火性)。これらの特性により、安全で安心な住環境を提供できる点が大きな魅力です。特に地震が頻発する地域や火災リスクの高い地域に住む人々にとって、耐震性と耐火性が住宅選びの重要な要素となります。ヘーベルハウスはこうした安全性を重視する人々に最適な選択肢となります。

したがって、安全性を最優先に考える人にとって、ヘーベルハウスの高い耐震性と耐火性は大きな安心材料です。

今すぐハウスメーカー選びで失敗しないための賢い方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で間取りプランなど家づくりに必要な計画書をもらうことができます。

【特徴3】安全で快適な住環境を長期間維持したい人

そして3つ目の特徴として「安全で快適な住環境を長期間維持したい人」

ヘーベルハウス購入に向いている人の特徴として、安全で快適な住環境を長期間維持したい人が挙げられます。なぜなら、ヘーベルハウスが長寿命かつ高品質な建材を使用しており、長期的な住環境の維持が可能だからです。

具体的には、ALC外壁は耐久性に優れ、風雨や紫外線による劣化が少ないため、外壁のメンテナンス頻度が低く済みます。また、ALC外壁は断熱性も高いため、夏は涼しく冬は暖かい快適な室内環境を提供します。さらに、ヘーベルハウスは高い気密性と断熱性を誇り、エネルギー効率の良い住宅として知られています。これにより、冷暖房費の節約が期待でき、経済的にも負担が軽減されます。安全面でも、ALC外壁の耐火性により火災のリスクを低減し、家族の安心を確保できます。

以上の理由から、長期間にわたり安全で快適な住環境を維持したいと考える人にとって、ヘーベルハウスは最適な選択肢です。

【安心】ハウスメーカー選びで失敗しないための賢い方法

「ヘーベルハウスをやめた理由は分かったけど、結局、自分に合うハウスメーカーはどこなのか?」

「ヘーベルハウス以外のところに1社1社連絡して、見積もりもらうのが億劫すぎて先に進めない。」

「自分の要望に沿った具体的な間取りプランを無料でもらえたら、イメージしやすいんだけど。」

具体的にハウスメーカーを選び始めると、必ず湧いてくる悩みやストレス。

解決できないと先へ進めないし、手が止まって結局時間だけが過ぎて、適当にハウスメーカーを選んでしまう。

でも、夢のマイホーム建築に向けて、妥協なんてしたくないですよね。もちろん、失敗も後悔もしたくない。

実は、このような状況を解消してくれる、ハウスメーカー選びで失敗しないための賢い方法があることをご存知でしょうか?

その方法というのが「オンライン完結の一括比較サービス」を活用することです。

なぜ、オンライン完結の一括比較サービスなのか?

  • 複数のハウスメーカーから一括で見積りがもらえるので、時間と労力を省ける
  • 入力手続きが一回で済むうえ、その中から選んで自分に合った会社を見つけられる
  • 外出することなく、家にいながらあなたオリジナルの「家づくり計画書」を無料でもらえる

つまり、一括で複数ハウスメーカーを比較した方が、失敗のリスクは最小限に抑えられる、ということです。

そして、オンライン完結の一括比較サービスでおすすめなのが「タウンライフ家づくり」を利用する方法です。

タウンライフ家づくりは、注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

タウンライフ家づくりを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。だからこそ、慎重に検討したいし、時間をかけてゆっくり考えたい。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的に考えていなくても将来的にはマイホームを持ちたい方に活用してもらいたいサービスです。

\累計利用者数40万人を突破!/
今すぐ無料で家づくり計画書の作成を依頼する
【PR】タウンライフ

【Q&A】やめた理由が気になるヘーベルハウスのよくある疑問

最後にやめた理由が気になるヘーベルハウスのよくある疑問をまとめます。

【疑問1】ヘーベルの欠点は何ですか?

「ヘーベルの欠点は何ですか?」

ヘーベルハウスの欠点は、価格の高さとデザインの選択肢の少なさです。理由は、ALC(軽量気泡コンクリート)外壁の使用によるコストとデザイン制約にあります。

具体的には、ヘーベルハウスの建物本体価格は坪単価が約80万円から120万円と高く、総額で3,000万円から5,000万円に達することが多いです。また、ALC外壁は耐火性や断熱性に優れていますが、カラーバリエーションやテクスチャの選択肢が限られており、個性的なデザインを求める人には不向きです。さらに、ALC外壁はメンテナンスが必要で、10年から15年ごとに塗装や補修を行う必要があります。これにより、長期的な維持費用も考慮する必要があります。

以上の理由から、価格の高さとデザインの自由度の低さがヘーベルハウスの欠点として挙げられます。

【疑問2】ヘーベルハウスで屋上のある家は後悔する?

「ヘーベルハウスで屋上のある家は後悔する?」

ヘーベルハウスで屋上のある家は、後悔するかどうかは個々の状況によります。なぜなら、屋上のメリットとデメリットが存在するためです。

たとえば、屋上はアウトドアリビングとして活用でき、家族や友人とのバーベキューやガーデニングなど、多目的に使用できる点が魅力です。しかし、デメリットもあります。まず、屋上は定期的な防水工事が必要で、10年ごとに約100万円程度の費用がかかることが一般的です。また、屋上の利用頻度が低い場合、メンテナンスコストが負担となる可能性があります。さらに、屋上の使用には階段の上り下りが伴い、高齢者や小さな子供にとっては安全面での懸念が生じることもあります。

以上の理由から、屋上を積極的に活用できるライフスタイルを持ち、メンテナンスコストや安全面に対応できる人にとっては満足度が高い一方、そうでない人には後悔の原因となる可能性があります。

【疑問3】ヘーベルハウスは何年くらい持ちますか?

「ヘーベルハウスは何年くらい持ちますか?」

ヘーベルハウスは、耐久性とメンテナンスによって約60年以上持つとされています。理由は、ALC(軽量気泡コンクリート)外壁や高品質な建材の使用による耐久性の高さにあります。

具体的には、ALC外壁は高い耐火性と耐震性を持ち、長期間にわたり劣化しにくい特徴があります。実際に、ヘーベルハウスでは「60年無料点検システム」を提供しており、定期的な点検やメンテナンスを行うことで、さらに長い期間使用できるよう設計されています。例えば、10年ごとの防水工事や15年ごとの外壁塗装を行うことで、建物の状態を良好に保つことができます。これにより、ヘーベルハウスは世代を超えて使用できる住宅として評価されています。適切なメンテナンスを行うことで、安心して長期間住み続けることが可能です。

以上の理由から、ヘーベルハウスは約60年以上持つと考えられます。

まとめ:ヘーベルハウスをやめた理由と購入に向いてる人の特徴

ヘーベルハウスをやめた理由と購入に向いてる人の特徴をまとめてきました。

改めて、ヘーベルハウスをやめた理由をまとめると、

ヘーベルハウスをやめた理由

  • ヘーベルハウスの坪単価が高いから
  • 間取りの自由度が低いため不満だから
  • 外観デザインがダサいから
  • 鉄骨造のため冬が寒いから
  • ALC素材のへーベル板は水に弱いから
  • 外壁はALC外壁しか選べないから

やめた理由はあっても、ハウスメーカーにも向き不向きはあります。

どのハウスメーカーが自分には向いているのか?おすすめか?誰もが悩むことです。

だからこそ、複数のハウスメーカーを比較検討することはは非常に重要です。