住友林業で門前払いされる?6つの理由と住友林業で家を建てられる時の年収目安

「住友林業で門前払いされるってホント?」

「住友林業で家を建てられる時の年収目安はどれくらい?」

大手ハウスメーカーの一つ「住友林業」
高品質な木材と最新の技術を活用した、環境に優しい木造住宅を提供する人気のハウスメーカーです。

そんな住友林業に関して、一部で「住友林業で門前払いされる」との声も聞かれますが、なぜでしょうか?

今後、住友林業で住宅購入を検討している人にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!住友林業で門前払いされる理由と住友林業で家を建てられる時の年収目安について詳しく解説していきます!

住友林業で門前払いされる6つの理由

上記の口コミのように、大手メーカーで門前払いされるケースがあります。

主な要因として、メーカー側の基準に満たなかったり、依頼者側の希望と合致しない場合などに見られると考えられます。

では、住友林業で門前払いされる理由は何なのか?

具体的な住友林業で門前払いされる6つの理由について考察していきます。

【理由1】お申し込み制度が設けられているから

まず1つ目の理由として挙げられるのは「お申し込み制度が設けられているから」

住友林業の「お申し込み制度」は、契約前に5万円を支払うことで、詳細な敷地調査や具体的なプラン提案を受けられる制度です。この制度は、住友林業の高品質な敷地調査を行うために設けられています。調査は土地の形状や地盤の強度、隣接する建物の状況まで詳細に行われます。他社が無料で行う調査とは異なり、住友林業の調査は精密かつ包括的です。

例えば、敷地調査では、隣地との高低差、地盤の強度、ガス管や水道管の状況、法的規制調査などを確認し、周辺環境に最適なプランを提供します。これにより、建築後に不満が生じるリスクを大幅に減らせます。また、契約に至らなかった場合でも、調査前であれば5万円は返金されますが、調査後は返金されません。

したがって、「お申し込み制度」は顧客の本気度を確認し、双方にとって有益な契約を結ぶための制度だといえそうです。

【理由2】予約をせずに申し込みをしたから

次に2つ目の理由として挙げられるのは「予約をせずに申し込みをしたから」

住友林業では、家づくりの相談を依頼する場合、予約なしだと門前払いされる可能性が高いです。

たとえば、住宅展示場の見学は、予約なしで参加できるメーカーもありますが、住友林業は予約なしで行くと対応が悪かったといった口コミがあります。

実際、住友林業の公式サイトを見ると、

上記のサービスは、すべて予約フォームが用意されており、申し込んでから相談するのが無難と言えます。

大手メーカーは、参加者が多いため、予約した人から優先的に対応されると考えておいたほうが良いでしょう。

以上のように、予約をせずに申し込みをした点が、住友林業で門前払いされる理由として挙げられます。

【理由3】提示した予算が低すぎたから

3つ目の理由として挙げられるのは「提示した予算が低すぎたから」

依頼者の希望する予算が低すぎると、門前払いされる可能性があります。

住友林業は、ハウスメーカーの中でも高級住宅メーカーなので、予算が足りないと判断されると断られるケースがあります。

実際、住友林業の坪単価平均は、約80万円です。

そこで、依頼者の希望として、たとえば坪単価60万円を提示した場合、住友林業では請け負ってもらえない可能性が高くなります。

以上のように、提示した予算が低すぎる点が、住友林業で門前払いされる理由のひとつとなります。

今すぐ住友林業と他社の相場を簡単に比較する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で複数のハウスメーカーから情報をもらえる方法があります。

【理由4】年収が低いと判断されたから

4つ目の理由として挙げられるのは「年収が低いと判断されたから」

依頼者の年収が低いと、門前払いされる可能性があります。

なぜなら、年収が低いと住宅ローンの審査が通らない場合があるので、ハウスメーカーからは敬遠されがちになります。

実際、国交省の「民間住宅ローンの実態に関する調査」によると、融資を行う際に考慮する項目として、

融資を行う際に考慮する項目

  • 完済時年齢:98.5%
  • 健康状態:96.6%
  • 借入時年齢:96.0%
  • 年収:94.0%
  • 勤続年数:93.6%

上記の通り、年収で考慮する割合は、年齢や健康状態に次いで高いことがわかります。

したがって、住宅ローンの仮審査に通るか確認して見てから、住友林業に依頼してみるのが良いと言えます。

以上のように、住友林業で門前払いされる理由として、年収が低いと判断される点が挙げられます。

【理由5】冷やかしだと受け取られたから

5つ目の理由として挙げられるのは「冷やかしだと受け取られたから」

住友林業に相談する際、購入意思がないと判断されると、門前払いされる可能性があります。

主な理由として、購入意思のない顧客は、営業担当に単なる冷やかしと受け取られるケースがあるから。

実際に、住宅生産振興財団が実施した「総合住宅展示場来場者アンケート(2023)」で、来場者の住宅実現時期の割合を確認してみたところ、

来場者の住宅実現時期の割合

  • 2年以上先、未定:40.3%
  • 1年以内:29.8%
  • 2年以内:22.7%
  • 実現済:6.6%

4割以上の来場者が、2年以上先または白紙の状態、つまり、購入意思のない顧客だということがわかります。

したがって、4割以上の来場者は、ハウスメーカーにとって、冷やかしと受け取られかねず、購入意思のある顧客よりも、対応が悪くなる可能性があります。

以上を踏まえると、住友林業で門前払いされる理由に、冷やかしだと受け取られる点が挙げられると言えます。

【理由6】土地を持っていなかったから

そして6つ目の理由として挙げられるのは「土地を持っていなかったから」

住宅購入の資金があっても、土地を持っていない場合、門前払いを受ける可能性があります。

主な理由として、土地取得には時間や予算が余計にかかるため、建築費以上の資金が必要になるから。

実際に、住宅金融支援機構の「フラット35利用者調査(2022)」で、土地付注文住宅融資利用者の住宅にかかる全国費用内訳を見ると、

  • 建設費:3,195万円(住宅面積111.5平米)
  • 土地取得費:1,499.5万円

上記結果の通り、土地付きだと建設費+1,500万円の資金が必要であることがわかります。

したがって、上記費用に見合うだけの資金がないと判断された場合、ハウスメーカーが工事を請け負えないと判断する可能性があります。

以上のように、住友林業で門前払いされる理由として、土地を持っていない点も挙げられます。

今すぐ住友林業と他社の相場を簡単に比較する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で複数のハウスメーカーから情報をもらえる方法があります。

住友林業で門前払いされない坪数別の年収目安

ここまで、住友林業で門前払いされる理由について解説してきました。

結論、住友林業で門前払いされるケースはあります。ただし、すべての依頼者・相談者がケースに当てはまるとは限りません。

では、最も気になる住友林業で門前払いされない坪数別の年収目安はどれくらいか?まとめます。

まず、住宅産業新聞社によると、住友林業の1棟あたりの平均棟単価・床面積(2022年)は、

  • 平均単価:約4,200万円
  • 平均床面積:約123平米(約37坪)

上記の単価と床面積から坪単価を割り出すと、坪単価が「約114万円」となります。

さらに、賃貸情報サイト「スーモ」の情報では、住宅ローンを借りて家を買う場合、借入額の目安は「年収の5~6倍」必要です。

だとすると、住友林業で必要な平均年収目安は、「700万~840万円」ということになります。

つまり、住友林業の平均坪単価(約114万円)から、坪数別の年収目安を一覧でまとめると以下表の通りになります。

住友林業の坪数別年収目安 建設費 想定世帯年収
25坪 約2,925万円 488万~585万円
30坪 約3,420万円 570万~684万円
35坪 約3,990万円 665万~798万円
40坪 約4,560万円 760万~912万円
45坪 約5,130万円 855万~1,026万円

以上の試算から、住友林業で家を建てるためには、最低でも488万円の年収目安が必要になります。

今すぐ住友林業と他社の相場を簡単に比較する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で複数のハウスメーカーから情報をもらえる方法があります。

本当に門前払い?住友林業で家を建てるメリット

ここまで、住友林業で家を建てる場合の年収目安もご紹介してきました。

「予算よりも高い」と感じた方もいるかもしれません。

ですが、住友林業で家を建てるメリットや他ハウスメーカーにはない魅力があります。

ここからは、本当に門前払い?住友林業で家を建てるメリットをご紹介します!

【メリット1】標準仕様がハイグレードな品質

まず1つ目のメリットとして「標準仕様がハイグレードな品質」

住友林業は、標準仕様として「長期優良住宅」の条件を全て最高等級でクリアすることを目指しています。

長期優良住宅とは、国土交通省が定める長寿命住宅の認定を受けた住宅のこと。

実際に、住友林業の公式サイトにて、長期優良住宅認定取得率を見ると、

長期優良住宅認定取得率

  • 2019年度:94.4%
  • 2020年度:94.7%
  • 2021年度:94.9%
  • 2022年度:96.3%

上記の通りで年々、非常に高い取得率を維持していることがわかります。

したがって、住友林業の住宅は、長持ちする高品質の商品が魅力となります。

ですので、住友林業をで家を建てるメリットとして、標準仕様がハイグレードな品質が挙げられます。

【メリット2】長期保証で安心のメンテナンス

次に2つ目のメリットとして「長期保証で安心のメンテナンス」

住友林業の住宅は、保証制度が充実している点でも魅力的です。

たとえば、住友林業では、60年間の定期的な無料点検がサービスとして付帯されます。

実際、プレハブ建築協会の既存住宅における住まい実態アンケート調査によると、営業担当者の点検訪問状況と満足度の関係を見てみると、

「営業担当者訪問状況」と「満足度」の関係

  • 半年に1回以上:78.6%
  • 1年に1回程度:74.3%
  • 数年に1回程度:71.7%
  • 今まで1度もない:54.1%

上記の通り、アフターサービスが少ないほど満足度が低い結果となっています。

したがって、住友林業のアフターサービスは、満足度の高いものであると言えるでしょう。

以上のように、長期保証で安心のメンテナンスが、住友林業をで家を建てるメリットに挙げられます。

【メリット3】耐震性・断熱性能が高い

そして3つ目のメリットとして「耐震性・断熱性能が高い」

住友林業の住宅は、耐久性だけでなく、耐震性や断熱性能も高いです。

ですので、災害時にも安心できる家づくりを行うことができます。

実際に、公式サイトで「住友林業の家」の標準性能を見てみると、

  • 耐震性:最高等級3に対応
  • 省エネルギー性:断熱等性能等級5以上に対応

上記のような仕様になっています。

耐震性に関しては、日本地震工学会の論文「被害発生確率を用いた耐震等級の説明の有効性」で、耐震等級別の被害発生率を見てみると、

震度6強

  • 耐震等級1:1.30%
  • 耐震等級2:0.11%
  • 耐震等級3:0.021%

震度7

  • 耐震等級1:28%
  • 耐震等級2:7.9%
  • 耐震等級3:3.5%

等級3は1に比べて、圧倒的に被害発生率を抑えられています。

したがって、住友林業の家だと、災害に強い住宅を建てることができるでしょう。

以上のように、住友林業をで家を建てるメリットとして、耐震性・断熱性能が高い点も挙げられます。

今すぐ住友林業と他社の相場を簡単に比較する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で複数のハウスメーカーから情報をもらえる方法があります。

住友林業で家を建てる際に気をつけることとは

ここまで、住友林業に注文住宅を依頼する際の注意点をまとめてきました。

すでに、住友林業に家を建てることを計画している方も多いかもしれません。ですが、家を建てる際にも注意が必要です。

ここからは、具体的な住友林業で家を建てる際に気をつけることとは何か?まとめていきます。

【注意1】予算の確認と管理を行う

まず1つ目に気をつけることとして「予算の確認と管理を行う」

住友林業で家を建てる際には、予算の確認と管理が非常に重要です。住友林業の住宅は高品質であるため、他の建設会社に比べて費用が高めになることが多いです。そのため、予算オーバーを防ぐために、詳細な費用計画を立てることが不可欠です。

例えば、建築費用だけでなく、設計費や地盤改良費、さらには家具やインテリアの費用なども含めた総合的な予算計画が必要です。また、予算の10%程度の予備費を確保しておくと、予期せぬ追加費用にも対応しやすくなります。

以上の理由から、事前に詳細な予算計画を立て、住友林業と綿密に打ち合わせを行うことで、安心して家づくりを進めることができます。

【注意2】施工品質を定期的に確認する

次に2つ目に気をつけることとして「施工品質を定期的に確認する」

住友林業で家を建てる際には、施工品質を定期的に確認することが大切です。施工中の品質管理を怠ると、完成後に不具合が発生する可能性が高くなります。特に、建物の基礎や構造部分は一度建設が進むと確認が難しくなるため、施工段階でのチェックが必要です。

例えば、基礎工事が終わった段階や構造体が組み上がった段階など、主要な施工ステップごとに現場を訪れ、担当者と一緒に確認を行います。施工中の写真を撮影し、進捗を記録することも有効です。また、専門家に依頼して第三者の目でチェックしてもらう方法もあります。

したがって、定期的な施工品質の確認により、住友林業の高品質な住宅を確保し、長期的な安心と満足を得られます。

今すぐ住友林業と他社の相場を簡単に比較する方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。無料で複数のハウスメーカーから情報をもらえる方法があります。

【注意3】アフターサービスと保証を理解する

そして3つ目に気をつけることとして「アフターサービスと保証を理解する」

住友林業で家を建てる際には、アフターサービスと保証内容を理解することが重要です。住宅は長期にわたって使用するものであり、建築後のサポートがしっかりしていることが安心に繋がります。特に、新築住宅には様々な保証がついており、これを十分に理解しておくことが必要です。

例えば、住友林業では構造躯体に対して30年保証、シロアリ対策には10年保証が付いています(出典:住友林業 耐久)。また、定期点検サービスがあり、1年目、3年目、5年目、10年目といった節目ごとに専門スタッフが住宅の状態を確認します。この定期点検により、問題が早期に発見され、適切な対策が取られることが期待できます。

ですので、住友林業のアフターサービスと保証内容を事前にしっかりと理解することで、建築後も安心して暮らせる住まいを実現できます。

【安心】住友林業と他社の相場を簡単に比較する方法

「住友林業もいいけど、他社とも比較したい」
「でも、どうやって比較すればいいのかわからない」
「1社1社連絡して見積りとって、なんてしてたら大変すぎて発狂しそう」

夢のマイホーム購入、慎重になるのは当然です。

ですが、どうすれば複数のハウスメーカーを比較できるのか?1社1社連絡して、必要な情報をもらって、比較して、検討する。という方もいますが、あまりに労力がかかり過ぎて、疲れるのが本音。

もっと簡単に、複数社から必要な情報をもらえる方法があれば、とても助かりますよね。

実は、このような状況を解消してくれる、住友林業と他社の相場を簡単に比較する方法があることをご存知でしょうか?

その方法というのが「オンライン完結の一括比較サービス」を活用することです。

なぜ、オンライン完結の一括比較サービスなのか?

  • 複数のハウスメーカーから一括で見積りがもらえるので、時間と労力を省ける
  • 入力手続きが一回で済むうえ、その中から選んで自分に合った会社を見つけられる
  • 外出することなく、家にいながらあなたオリジナルの「家づくり計画書」を無料でもらえる

家にいながら、複数のハウスメーカーからあなたオリジナルの「家づくり計画書」を無料でもらうことができます。

そして、オンライン完結の一括比較サービスでおすすめなのが「タウンライフ家づくり」を利用する方法です。

タウンライフ家づくりは、注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,180社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

タウンライフ家づくりを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。だからこそ、慎重に検討したいし、時間をかけてゆっくり考えたい。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的に考えていなくても将来的にはマイホームを持ちたい方に活用してもらいたいサービスです。

\累計利用者数40万人を突破!/
今すぐ無料で家づくり計画書の作成を依頼する
【PR】タウンライフ

【Q&A】門前払いされると囁かれる住友林業のよくある質問

最後に門前払いされると囁かれる住友林業のよくある質問をまとめます。

【疑問1】住友林業の客層・ターゲット層は?

「住友林業の客層・ターゲット層は?」

住友林業は高品質な木造住宅を提供する企業であり、顧客の多くは品質とデザインにこだわる中高所得層です。予算が比較的高めであるため、一定以上の経済力を持つ顧客が対象となります。

例えば、30代から50代の働き盛りの世代や、子育て世代、さらにはシニア層など、幅広い年齢層がターゲットに含まれます。家族構成やライフスタイルに合わせたカスタマイズが可能な点も魅力です。また、エコ志向や自然素材を好む層にも人気があります。

したがって、住友林業は高品質な住宅を求める中高所得層を中心に、幅広いターゲット層に対応しています。

【疑問2】住友林業は高いから諦めた人が多い?

「住友林業は高いから諦めた人が多い?」

住友林業の住宅は高品質な素材と技術を使用しているため、一般的に他の建築会社と比較して高価です。このため、予算の問題で諦める人もいます。

実際、住友林業の住宅は平均的な木造住宅よりも高額であり、具体的には坪単価が80万円以上になることが多いです。しかし、高品質な木材や最新の技術を使用することで、長期的なコストパフォーマンスが高いと評価されています。

以上のことから、住友林業は初期費用が高めですが、品質と長期的なメリットを重視する顧客には適した選択肢です。

【疑問3】住友林業は金持ちしか相手にされないってホント?

「住友林業は金持ちしか相手にされないってホント?」

結論、住友林業は金持ちしか相手にしないというのは事実ではありません。

住友林業は高品質な木造住宅を提供しており、その分価格が高めになることが多いです。しかし、様々なニーズに応じたプランを提供しており、中高所得層にも手の届く範囲です。

例えば、標準仕様のプランから高級仕様のプランまで幅広く揃えており、予算に応じた柔軟な対応が可能です。また、住宅ローンや支払いプランの提案も行っています。

ですので、住友林業は高品質を求める多様な顧客に対応しており、金持ちだけを相手にしているわけではありません。

まとめ:住友林業で門前払いされる理由と坪数別の年収目安

住友林業で門前払いされる理由と坪数別の年収目安に関する情報をまとめてきました。

改めて、住友林業で門前払いされる理由をまとめると、

住友林業で門前払いされる理由

  • お申し込み制度が設けられているから
  • 予約をせずに申し込みをしたから
  • 提示した予算が低すぎたから
  • 年収が低いと判断されたから
  • 冷やかしだと受け取られたから
  • 土地を持っていなかったから