ソニー銀行の住宅ローンは後悔する?5つの理由とメリットから利用に向いてる人の特徴

「ソニー銀行の住宅ローンは後悔するってホント?」

「利用するメリットは?どんな人に向いてる住宅ローン?」

オリコン顧客満足度の住宅ローンで、12度目の総合1位を獲得した「ソニー銀行の住宅ローン」

多くのユーザーから支持されている証拠。
なんですが、一部で「ソニー銀行の住宅ローンは後悔する」といった声も聞かれますが、なぜでしょうか?

今後、ソニー銀行の住宅ローンに申込むか検討している人にとっては、非常に気になる情報です。

そこで!ソニー銀行の住宅ローンは後悔すると言われる理由とメリットから利用に向いてる人の特徴を詳しく解説していきます!

ソニー銀行の住宅ローンは後悔すると言われる5つの理由

なぜ、ソニー銀行の住宅ローンは後悔する、と言われるのか?

具体的なソニー銀行の住宅ローンは後悔すると言われる5つの理由について解説します。

【理由1】年収が400万円以上必要になるから

まず1つ目の理由として「年収が400万円以上必要になるから」

ソニー銀行の住宅ローンは、他の金融機関よりも高く設定されています。

具体的には、前年度の年収が400万円以上となるため、一部の人にとってハードルの高い条件となるでしょう。

実際に、他の金融機関での最低年収を調べてみると

最低年収(金融機関ごと)

最低年収が400万円以上の銀行は少ないと言えます。

したがって、平均的な目安を考えた場合、ソニー銀行の審査基準は、やや厳しいと考えたほうがいいと言えます。

以上のように、年収が400万円以上必要になる点は、ソニー銀行の住宅ローンで後悔する理由となります。

【理由2】借り換えでソニー銀行口座が必要だから

次に2つ目の理由として「借り換えでソニー銀行口座が必要だから」

まず、ソニー銀行で住宅ローンを組む場合、ソニー銀行の口座が必要です。

ですので、もともとソニー銀行の口座を持っていない人は、借り換えの際に、新たな口座を開設する必要があるため、注意が必要です。

実際に、ソニー銀行の公式サイトを見てみると、借り入れの日に、自身の開設したソニー銀行の口座を経由して、振込先に振り込まれることがわかります。

したがって、新しく銀行の口座を増やしたくない人や、口座開設の手続きが面倒だと考える人は、ソニー銀行の住宅ローンは向いていないと言えます。

以上のように、ソニー銀行の住宅ローンで後悔する理由として、借り換えでソニー銀行口座が必要な点が挙げられます。

【理由3】「5年ルール」や「125%ルール」が適用されないから

3つ目の理由として「「5年ルール」や「125%ルール」が適用されないから」

住宅ローンの変動金利に、「5年ルール」と「125%ルール」を適用している銀行があります。

  • 5年ルール:金利が見直されても、5年間は返済額が変わらない
  • 125%ルール:5年後に適用金利が上昇しても、返済額の上限が125%までに抑えられる

ですが、ソニー銀行の場合は、上記ルールが適用されないので注意が必要です。

実際、公式サイトによると、「5年ルール」や「125%ルール」に基づく約定返済額の計算を行っていないと明記しています。

そのため、金利が見直されるたびに、返済額が変動するので、支払いに影響を受けるリスクがあります。

したがって、ソニー銀行の住宅ローンで後悔する理由に、「5年ルール」と「125%ルール」を適用していない点が挙げられます。

【理由4】変動金利が短期プライムレートと連動しないから

4つ目の理由として「変動金利が短期プライムレートと連動しないから」

住宅ローンの変動金利の基準は、短期プライムレートに連動しているのが一般的ですが、ソニー銀行の場合、連動していません。

短期プライムレートとは、企業に貸し出される「最優遇貸出金利」のうち、1年以内の短期貸出金利の基準となるもの。

ソニー銀行の住宅ローンの場合、上記の短期の最優遇貸出金利に連動しないため、独自の金利基準が適用されます。

実際に、ソニー銀行の場合、同通貨の変動金利と固定金利を入れ替える「金利スワップ手法」を活用し、毎月基準金利を決定しています。

要するに、ソニー銀行は自行の資金コストや営業コスト、および収益から、独自に金利を決定していると言えます。

ですので、毎月金利が見直され、金利上昇時に影響を受けやすくなるのがデメリットとなります。

以上のように、変動金利が短期プライムレートと連動しない点は、ソニー銀行の住宅ローンで後悔する理由になります。

【理由5】固定金利が他の銀行よりも高いから

5つ目の理由として「固定金利が他の銀行よりも高いから」

ソニー銀行の住宅ローンは、固定金利も平均よりやや高めです。

したがって、月々のローン返済額や住宅ローンの総返済額が、他の金融機関よりも多くなる可能性が高いと言えます。

実際、各社の新規借り入れの固定金利[期間10年]を見比べてみると、

各社の新規借り入れの固定金利[期間10年]

上記の通りで、ソニー銀行の金利が高いことがわかります。

ですので、他の金融機関の方が、出費を抑えた住宅ローンを組むことができます。

以上を踏まえると、ソニー銀行の住宅ローンで後悔する理由に、固定金利が他の銀行よりも高い点が挙げられます。

後悔してない!ソニー銀行の住宅ローンを利用するメリット

ここまで、ソニー銀行の住宅ローンは後悔すると言われる理由について、触れてきました。

後悔する理由は確かにあります。ですが、後悔するようなデメリット以上にメリットもあるのがソニー銀行の住宅ローン。

後悔してない!ソニー銀行の住宅ローンを利用するメリットについてもご紹介します!

【メリット1】手数料などのトータルコストが安い

まず1つ目のメリットとして「手数料などのトータルコストが安い」

筆者も特にメリットだと感じるのが、ソニー銀行の場合、住宅ローンを組む際に必要な諸経費が安い点です。

住宅ローンは、金利以外にも負担はあるため、トータルで考えると、ソニー銀行がお得になる場合もあります。

実際に、ソニー銀行と三菱UFJ銀行の繰り上げ返済手数料を比べてみると、

繰り上げ返済手数料の比較

上記の通りで、圧倒的にソニー銀行の方が安いです。

ソニー銀行は、他にも「金利変更手数料」「他行への振込手数料」「ATM手数料」なども0円なので、とてもお得です。

以上のように、手数料などのトータルコストが安い点は、ソニー銀行の住宅ローンを利用する大きなメリットのひとつとなります。

【メリット2】手続きはすべてオンライン完結だから便利

次に2つ目のメリットとして「手続きはすべてオンライン完結だから便利」

ソニー銀行の住宅ローンは、申込から借り入れ契約までオンラインですべて手続きができるため、来店不要です。

たとえば、書類のアップロードや、変更手続きも、オンラインで行えるので大変便利に手続きができます。

実際に、書類の提出方法をやってみると、

書類の提出方法

  1. 必要書類のデータを準備&アップロード
  2. 郵送で提出

上記のアクションだけで完了できて、来店不要で完結できます。

一方、三井住友銀行での手続の流れは、書類の提出はWEBで出来るものの、「返済用口座の開設」は、近所の支店で手続きすることを勧めています。

ですので、オンラインで手続きが完結している点は、ソニー銀行の住宅ローンを利用するメリットだと言えるでしょう。

【メリット3】AI技術により仮審査がスムーズ

3つ目のメリットとして「AI技術により仮審査がスムーズ」

ソニー銀行の住宅ローンは、2018年から仮審査にAIを活用しています。

そのため、通常2~6日程度かかっていた仮審査結果が最短60分で回答できるため、かなりスピーディです。

実際に、他の金融機関での仮審査の時間を比較すると、

仮審査の時間(各社比較)

上記の金融機関と比べても、最短60分は早いと言えるのではないでしょうか。

ですので、できるだけ早く住宅ローンを組みたい人には、ソニー銀行は向いていると言えます。

以上のように、 AI技術により仮審査がスムーズな点は、ソニー銀行住宅ローンの他にないメリットだといえます。

【メリット4】専任ローンアドバイザーのサポートがある

4つ目のメリットとして「専任ローンアドバイザーのサポートがある」

ソニー銀行だと、専任ローンアドバイザーがいるため安心です。

ローン手続きについて、不安なことや不明な点を、こちらの状況を把握しているアドバイザーがしっかりサポートしてくれます。

実際、他の金融機関では、問い合わせ窓口や相談センターはあるものの、専任のローンアドバイザーが用意されているのは、ソニー銀行だけ。

また、土日祝日も問い合わせができるため、平日に仕事がある人でも、相談しやすい体制が整えられています。

以上のように、ソニー銀行の住宅ローンを利用するメリットに、専任ローンアドバイザーのサポートが準備されている点が挙げられます。

【メリット5】オリコン顧客満足度で12度目の総合1位

そして5つ目のメリットとして「オリコン顧客満足度で12度目の総合1位」

ソニー銀行の住宅ローンは、顧客満足度が高いことでも知られています。

しかも、項目・部門での1位ではなく、総合1位であるため、多くの人がソニー銀行を評価している結果だといえます。

実際、オリコン顧客満足度ランキングの住宅ローンランキング(総合)を見てみると、

住宅ローンランキング(総合)

  1. ソニー銀行:72.6点
  2. auじぶん銀行:72.3点
  3. イオン銀行:72.2点

結果の通り、評価の高さがうかがえます。

オリコンの顧客満足度調査は、学術研究機関に提供されるほどのデータなので信頼性が高いことでも知られています。

以上のように、ソニー銀行がオリコン顧客満足度で12度目の総合1位を獲得できたのは、ユーザーからも支持されるメリットがあるからこそだといえるでしょう。

ソニー銀行の住宅ローン審査は厳しい?申込するだけ後悔する?

ここまで、ソニー銀行の住宅ローンの評判についてご紹介してきました。

後悔する理由はあるものの、それ以上に利用するメリットがソニー銀行にはあります。

では具体的に、手続きを考えた時、最も気になるのが「審査」ですよね。ソニー銀行の住宅ローンの審査は厳しいのかどうか?結論からいうと、ソニー銀行の住宅ローンは厳しいと言えます。

主な理由としては、前述でも触れた通り、最低年収が400万円以上必要な点が挙げられます。そのため、安定した収入や良好な信用情報を持つことが重要です。

しかし、この厳しい審査をクリアすることで得られるメリットは多いです。まず、フルオンラインでの申込や繰り上げ返済手数料の無料化といった利便性の高いサービスは非常に魅力です。さらに、団体信用生命保険3大疾病保障など、充実した保険オプションも提供されています。

このように、ソニー銀行の住宅ローンは、審査を通過することで多くのメリットを享受できるため、条件を満たしている場合は申込を検討する価値があります。ただし、審査が厳しいため、自身の経済状況や信用情報をしっかりと確認し、必要に応じて改善してから申込むことが推奨されます。審査落ちのリスクを減らすために、事前に他の金融機関での事前審査を受けることも一つの方法です。以上の理由から、適切に準備をした上で申込むことで後悔する可能性は低いと言えるでしょう。

そして、借り入れの流れとしては、

  • 仮審査:1日~3日(最短60分で回答)
  • 本審査:7日~10日(ソニー銀行の口座を開設する必要あり)
  • 契約手続き
  • 借り入れ

上記のような流れとなり、全体として通常1ヶ月程度かかります。

全てオンラインで完結できる手軽さはあるものの、審査はしっかりと行われるので、綿密な事前準備は必要ですので注意が必要です。

後悔すると言われてもソニー銀行住宅ローン利用に向いてる人の特徴

ここまで、ソニー銀行住宅ローンに関する情報を網羅的にご紹介してきました。

では、どういった人におすすめなのか?どんな人に向いてる住宅ローンなのか?

具体的な後悔すると言われてもソニー銀行住宅ローン利用に向いてる人の特徴についてまとめています。

【特徴1】安定した高い収入を得ている人

まず1つ目の特徴として「安定した高い収入を得ている人」

ソニー銀行の住宅ローン利用に向いているのは、安定した高い収入を得ている人です。具体的には、一定以上の年収を持ち、毎月安定した収入が確保されている人が該当します。なぜなら、ソニー銀行の審査基準が厳しく、安定した収入が審査通過の重要な要素だからです。

例えば、年収が400万円以上で、勤続年数が3年以上の正社員であれば、審査に通りやすくなります。さらに、安定した収入があると、繰り上げ返済を行いやすくなり、総返済額を減らすことができます。例えば、年収が高いとボーナスなどの余裕資金を繰り上げ返済に充てることで、早期完済を目指せます。

このように、安定した高収入を得ている人は、ソニー銀行の住宅ローンの特長を最大限に活用できるため、非常に適していると言えます。

【特徴2】オンライン手続きに慣れている人

次に2つ目の特徴として「オンライン手続きに慣れている人」

ソニー銀行の住宅ローンは、オンライン手続きに慣れている人に非常に向いています。なぜなら、ソニー銀行の住宅ローンは全ての手続きがオンラインで完結するためです。

オンライン手続きに慣れている人は、自宅や職場から手軽に申し込みや手続きを行うことができ、時間を有効に活用できます。さらに、オンラインでの手続きにより、書類の郵送や店舗訪問が不要となり、手続きの手間や時間を大幅に削減できます。例えば、インターネットバンキングを日常的に利用している人や、デジタル機器の操作に抵抗がない人は、スムーズに手続きを進めることができ、ストレスを感じにくいです。

以上の理由から、オンライン手続きに慣れている人は、ソニー銀行の住宅ローンを最大限に活用できるため、非常に適していると言えます。

【特徴3】繰り上げ返済を計画している人

そして3つ目の特徴として「繰り上げ返済を計画している人」

ソニー銀行の住宅ローンは、繰り上げ返済を計画している人に非常に適しています。なぜなら、ソニー銀行ではインターネットバンキングを利用した繰り上げ返済手数料が無料だからです。繰り上げ返済を計画している人にとって、この手数料無料のメリットは大きく、返済額を減らし、総返済額を抑えることができます。

例えば、ボーナスや臨時収入があった際に、その金額を繰り上げ返済に充てることで、早期にローンを完済することが可能です。繰り上げ返済を積極的に行うことで、利息の負担を減らし、資金計画をより効率的に立てることができます。

したがって、繰り上げ返済を計画している人は、ソニー銀行の住宅ローンの特長を最大限に活用でき、無駄な費用を抑えながらローン返済を進められるため、非常に適していると言えます。

ソニー銀行をはじめ住宅ローンの選び方で後悔しないための方法

「ソニー銀行の住宅ローンは向いてないかもしれない。。」
「結局、自分に合う住宅ローンはどれなのか?でも調べてもわからない。」
「そもそも審査に通るかもわからないから、調べる方法があれば知りたい。」

住宅ローン選びで最も悩むのは「自分に合うのはどれなのか?」ということ。

住宅ローンの選び方を間違えば、それこそ後悔する状況が訪れます。

そこで!ここからは、ソニー銀行をはじめ住宅ローンの選び方で後悔しないための方法について詳しくご紹介していきます!

【方法1】複数の金融機関を比較する

まず実践したい方法は「複数の金融機関を比較する」

複数の金融機関を比較することは、住宅ローンの選び方で後悔しないための重要な方法です。なぜなら、各金融機関が提供する条件やサービスは異なるため、自分に最適なローンを選ぶためには比較が不可欠だからです。

例えば、各金融機関の手数料、保証内容、返済期間、繰り上げ返済の条件などを比較することで、より有利な条件を見つけることができます。また、団体信用生命保険の内容や、特典サービスの有無も確認すると良いでしょう。さらに、実際の利用者の口コミや評判を参考にすることで、各金融機関の対応やサポート体制の質も判断できます。

以上のような理由から、複数の金融機関を比較することで、自分のライフスタイルや返済計画に合った最適な住宅ローンを選ぶことができ、後悔を避けることができます。

では、どうやって複数の金融機関を比較すればいいのか?

少しでも簡単に、手間なく比較したい方は、「モゲレコ」と呼ばれる一括比較サービスを利用するのがおすすめです。

【方法2】金利タイプを比較検討する

次におすすめの方法が「金利タイプを比較検討する」

金利タイプを比較検討することは、住宅ローンの選び方で後悔しないために重要です。なぜなら、金利タイプによって返済額やリスクが大きく変わるからです。

例えば、変動金利型は市場金利に連動して変動し、将来的に金利が上昇するリスクがある一方、現在の支払いが少なくなる可能性があります。一方、固定金利型は借入期間中の金利が一定で、将来的な金利上昇リスクを回避できますが、一般的に初期の金利は変動金利より高く設定されます。また、ミックス型は変動金利と固定金利を組み合わせたもので、それぞれのメリットを享受しつつリスクを分散することができます。

以上のように、自身の返済計画やリスク許容度に応じて、最適な金利タイプを選ぶことが後悔しない住宅ローン選びに繋がります。

【方法3】住宅ローンの事前審査を受ける

そして3つ目の実践したい方法が「住宅ローンの事前審査を受ける」

住宅ローンの事前審査を受けることは、後悔しない住宅ローン選びにおいて非常に重要です。なぜなら、事前審査を受けることで、自分の借入可能額や条件を把握でき、無理のない返済計画を立てられるからです。

例えば、事前審査により、希望する物件が予算内で購入可能かどうかを確認できるため、購入後に返済が厳しくなるリスクを避けることができます。また、事前審査を通過すると、正式なローン申し込みの際にスムーズに手続きを進めることができるため、物件購入のタイミングを逃す心配も減ります。さらに、事前審査で他の金融機関との条件比較がしやすくなり、より有利な条件でローンを組むことが可能です。

したがって、住宅ローンの事前審査を受けることで、安心して物件選びや購入手続きを進めることができ、後悔のない住宅ローン選びに繋がります。

【Q&A】後悔すると囁かれるソニー銀行住宅ローンのよくある疑問

最後に後悔すると囁かれるソニー銀行住宅ローンのよくある疑問をまとめます。

【疑問1】ソニー銀行の住宅ローンの口コミは良い?

「ソニー銀行の住宅ローンの口コミは良い?」

ソニー銀行の住宅ローンの口コミについては、前述のオリコンでも解説の通り、多くの利用者が満足しているとの評価が見受けられます。なぜなら、手続きが全てオンラインで完結し、忙しい人にも利用しやすい点が高く評価されているからです。

例えば、インターネットバンキングを活用した繰り上げ返済が手数料無料で行えるため、返済計画の柔軟性が高く、総返済額を抑えることができます。また、団体信用生命保険や三大疾病保障などの充実した保険オプションも支持されています。さらに、専任のローンアドバイザーによるサポートがあり、初めて住宅ローンを利用する人でも安心して手続きを進められる点が好評です。

このように、ソニー銀行の住宅ローンは利便性やサポート体制において高評価を得ており、口コミも良好な傾向にあります。

【疑問2】ソニー銀行の住宅ローンの適用金利はどうやって確認する?

「ソニー銀行の住宅ローンの適用金利はどうやって確認する?」

ソニー銀行の住宅ローンの適用金利を確認する方法については、公式ウェブサイトで最新の金利情報をチェックするのが最も簡単です。

【疑問3】ソニー銀行の住宅ローンキャンペーン情報はどこでみれる?

「ソニー銀行の住宅ローンキャンペーン情報はどこでみれる?」

住宅ローンキャンペーン情報はこちらから確認できます。

【疑問4】ソニー銀行住宅ローンの借り換えシミュレーションをするにはどうやればいい?

「ソニー銀行住宅ローンの借り換えシミュレーションをするにはどうやればいい?」

借り換えシミュレーションはこちらから行えます。

まとめ:ソニー銀行の住宅ローンは後悔する理由とメリット

ソニー銀行の住宅ローンは後悔する理由とメリットに関する情報をまとめてきました。

改めて、ソニー銀行の住宅ローンは後悔すると言われる理由をまとめると、

ソニー銀行の住宅ローンは後悔すると言われる理由

  • 年収が400万円以上必要になるから
  • 借り換えでソニー銀行口座が必要だから
  • 「5年ルール」や「125%ルール」が適用されないから
  • 変動金利が短期プライムレートと連動しないから
  • 固定金利が他の銀行よりも高いから

後悔する理由は確かにあります。

ですが、後悔するようなデメリット以上にメリットもあるのがソニー銀行の住宅ローン。

自分がソニー銀行の住宅ローン利用に向いているのかどうか?調べる方法で最適なのは「複数の金融機関を比較」することです。