小さな家なら300万円台でも建てられる?結論と間取り例やおすすめハウスメーカー5選

「小さな家なら300万円台でも建てられる?」

「間取りはどうなる?コストを抑えたいけど、注意点も気になる。」

憧れの「自分の家」が欲しい!
自分仕様にカスタマイズも出来れば、子供の頃に遊んだ秘密基地のようで楽しいですよね。

小さな家だったら、予算300万円でも建てられるのかどうか。
建てれるなら、どういった点に注意すべきなのか?おすすめのハウスメーカーはどこか?家購入を検討している人にとって、気になる点です。

本記事では、小さな家なら300万円台でも建てられるのかの結論と間取り例やおすすめハウスメーカーを詳しく解説していきます!

【結論】小さな家なら300万円台でも建てられる?

小さな家なら300万円台でも建てられるのかどうか?

結論からいうと、建てられます。
300万円というリーズナブルな価格でも、小さな家は建てることは可能です。

その300万円台の小さな家の具体例が以下のような家。

  • タイニーハウス
  • ローコストの平屋

では、どういった家なのか?特徴や得られる居住環境をご紹介します。

【具体例1】タイニーハウス

具体例のひとつが「タイニーハウス」

「タイニーハウス」という括りで販売されている小屋型住居は、100万~300万円ほどの価格で提供されています。

タイニーハウスは、シンプルで効率的な生活空間を提供する住宅形態であり、最近では多くの人々に人気があります。特に、予算を抑えつつ快適な住まいを求める人々にとって、タイニーハウスは魅力的な選択肢です。

たとえば、スーモの情報によると、300万円までの商品は、広さ10平米前後の水まわり設備のないものが多く、設備があるものだと、もう少し高くなるとのこと。

つまり、内装や外装、設備が最低限のシンプルなものになればなるほど、価格を抑えたタイニーハウスを手に入れることができます。

また、基礎付きタイプのものから移動式のものまで、豊富なバリエーションから選ぶことができ、カスタマイズ性の高いのも、魅力のひとつと言えます。

さらに、タイニーハウスはまた、個人のライフスタイルに柔軟に対応できる点も魅力です。例えば、移動可能なタイプのタイニーハウスを選ぶことで、必要に応じて住居を移動させることができます。これにより、都市部から離れた自然豊かな場所や、新しい職場の近くなど、ライフステージに応じた住まいを実現することができます。

以上のように、タイニーハウスはコンパクトで効率的な住まいを提供し、柔軟なライフスタイルを提供する、まさに「小さな家」といえますね。シンプルで充実した生活を目指す人々にとって、タイニーハウスは理想的な選択肢と言えるでしょう。

【具体例2】ローコストの平屋

次にご紹介する具体例が「ローコストの平屋」

ローコストの平屋は、手頃な価格で快適な居住空間を提供する住宅形態であり、特に300万円台で建てられるものは、多くの人々にとって魅力的な選択肢です。これらの住宅は、コストを抑えながらも必要な機能をしっかりと備えており、質の高い生活を実現します。

まず、ローコストの平屋はシンプルな設計が特徴です。一般的に、複雑な構造を避けることで建築コストを削減しつつ、使いやすい間取りを実現しています。例えば、リビング、ダイニング、キッチンが一体となったオープンなレイアウトや、生活動線を考慮した効率的な配置が多く見られます。このような設計により、少ない予算でも快適な生活空間を確保できます。

また、平屋は自然との調和がしやすい点も魅力です。庭やテラスとの一体感が生まれやすく、屋外空間を積極的に活用することができます。これにより、自然光をふんだんに取り入れた明るく開放的な室内環境が実現し、心地よい居住空間を提供します。

ただ、注意点としては、ローコストの平屋は300万円台でも建てられる可能性がありますが、いくつかの重要な条件を満たす必要があります。まず、土地の費用は含まれておらず、建物自体の費用に限定されます。特定の地域であれば土地代が非常に安価な場合もありますが、都市部や人気のある地域ではこの価格帯での建築は難しいでしょう。

つまり、300万円台で建てられる平屋は、基本的な生活空間を確保するための最低限の設備や機能しか持たないことが多いため、贅沢な生活を求める人には向かないかもしれません。ライフスタイルや家族の人数、将来的な生活の変化に応じて、追加の投資が必要になる場合があります。

以上のように、ローコストの平屋は300万円台でも建てられますが、そのためにはシンプルな設計、材料の選定、そして地元の工務店との協力が必要です。また、初期費用を抑える一方で、将来的なメンテナンス費用や追加の投資が必要になる可能性があることも考慮する必要があります。

もし、具体的に平屋を考えているなら、あなたに最適な平屋住宅プランが手に入る「タウンライフ家づくり」の利用がおすすめです。

タウンライフ家づくりは、注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれるサービスです。

タウンライフ家づくりのハウスメーカーは、全国1,170社以上(2024年6月現在)。大手ハウスメーカーから地元密着の工務店まで、幅広い住宅メーカーの中から、好みにあった会社を見つけることができます。

タウンライフ家づくりを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。だからこそ、慎重に検討したいし、買った後に後悔なんてしたくないのが本音。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的に考えていなくても将来的にはマイホームを持ちたい方に活用してもらいたいサービスです。

【PR】タウンライフ

300万円台で建てられる小さな家の間取り例

結論、300万円台でも小さな家は建てることは可能です。

ただ、ここで気になるのが、300万円台で建てられる小さな家の間取り例はどうなのか?

300万円以内の小さな家は、延べ面積で言うと、10平方メートル前後のものになります。
不動産の公正競争規約に定められた「1畳(1.62平方メートル)」で換算すると、10平方メートル=約6畳(6.17畳)。

ですので、300万円台で建てられる小さな家の間取りは、水回り設備のない、シンプルなワンルームタイプが多いです。

具体的な間取り例を一つご紹介すると、たとえば「無印良品」の小屋は、

  • 本体価格:都度見積もり
  • 広さ:屋内9.1平方メートル、縁側3.1平方メートル
  • 構造:木造軸組工法

非常にコンパクトな商品になります。

公式サイトでは価格は分からないものの、「価格は材料費と施工費込みで税込300万円~」との情報があります。

オプションとして電気設備を設置でき、水回り設備はないようですね。

以上を踏まえると、300万円で建てられる家は、ワンルームのシンプルな間取りが基本となるでしょう。

300万円台で小さな家を建てるメリット

ここまで、小さな家なら300万円台で建てられる小さな家の間取りや特徴について、解説してきました。

では改めて、小さな家に住むメリットは何なのか?建てる計画を立てている人にとっては、気になる情報です。

具体的な300万円台で小さな家を建てるメリットについてご紹介します!

【メリット1】費用を安く抑えることが可能

特にメリットとして感じるのは「費用を安く抑えることが可能」

小さな家のメリットは、なにより本体価格の安さが挙げられます。

大きな家を建てる場合に必要なローンや建築費等がかからないので、初期費用をかなり抑えることができます。

実際、ホームズの情報によると、一般的な家を購入するときにかかる初期費用の相場は、

  • 頭金:物件価格の10~20%
  • 住宅購入の際の諸費用:物件価格の3~6%

上記の通りで、仮に3,000万円の家を購入検討すると、頭金だけで300万円は必要になる計算です。

ですが、小さな家の場合は、もともと金額が低いため、上記のような頭金や諸費用の心配はありません。

したがって、費用を安く抑えることが可能な点は、300万円台で小さな家を建てるメリットと言えます。

【メリット2】光熱費やランニングコストがお得

次に2つ目のメリットとして「光熱費やランニングコストがお得」

小さな家だと、光熱費等の維持費もとても経済的です。

維持費は、生活する上で最低限必要なコストとなりますので、少しでも抑えられると暮らしやすくなります。

たとえば、エアコン代の比較を見てみると、10平方メートル(約6畳)の家と、大きな家(6畳以上)の年間ランニングコストは、

  • 6畳:22,227円
  • 8畳:25,730円
  • 10畳: 28,799円

上記の通り、金額の差が大きく異なります。

エアコン1台だけでも、上記のような差があるので、全ての維持費の比較をすると、かなり違いが出てくるでしょう。

以上を踏まえると、光熱費やランニングコストがお得な点も、300万円台で小さな家を建てるメリットに挙げられます。

【メリット3】シャーシ付きの移動式商品も選べる

3つ目の挙げられるメリットとして「シャーシ付きの移動式商品も選べる」

タイニーハウスの中には、移動式の商品ラインナップもあります。

したがって、季節ごとに最適な場所に移動したり、眺めの良い場所に設置したり、自由度が高い点が魅力のひとつです。

たとえば、YADOKARI株式会社の移動式タイニーハウスは、シャーシ(車台)付きだから、家ごと土地の移動が可能です。

また、トレーラーハウスに分類されると、確認申請が不要な点も非常に魅力的です。

以上のように、300万円台で小さな家を建てるメリットとして、シャーシ付きの移動式商品を選べる点が挙げられます。

【メリット4】シンプルなライフスタイルを実現できる

4つ目のメリットとして「シンプルなライフスタイルを実現できる」

300万円台で建てられる小さな家は、シンプルなライフスタイルを実現できます。シンプルなライフスタイルは、物が少なく生活が整然とすることから、日常のストレスを軽減する効果があります。

例えば、収納スペースが限られるため、必要なものだけを厳選して持つことが求められます。この結果、無駄な買い物が減り、家計の管理がしやすくなります。さらに、小さな家は掃除やメンテナンスが簡単で、日常の家事負担が軽減されます。例えば、1LDKの小さな家なら、掃除にかかる時間が週に1時間程度で済む場合もあります。生活空間が整うことで、家族とのコミュニケーションも増え、心地よい家庭環境を保つことができます。

したがって、小さな家は、限られたスペースを有効に使うことで、生活の質を向上させることができるのです。

【メリット5】土地選びの自由度や柔軟さが高まる

そして5つ目のメリットとして「土地選びの自由度や柔軟さが高まる」

300万円台で小さな家を建てる場合、土地選びの自由度や柔軟さが高まります。小さな家は必要な土地面積が少ないため、広い土地を購入する必要がありません。その結果、狭小地や変形地など、価格が安い土地でも十分に家を建てられます。

例えば、都市部の狭い空き地や、郊外の安価な土地でも適用可能です。土地の価格は場所によって大きく異なりますが、安価な土地を選べることで、総コストを大幅に削減できます。さらに、小さな家は移動が容易なため、気に入った地域への転居が可能です。これにより、職場や学校に近い便利な場所を選ぶことができます。

以上の理由から、小さな家を選ぶことで、土地選びの選択肢が広がり、生活の質を向上させることができるのです。

小さな家を300万円台で建てる際の注意点

ここまで、300万円台で小さな家を建てるメリットについてご紹介してきました。

ランニングコストだけでなく、コンパクトなライフスタイルを実現してくれるのがメリット。ですが、注意点もあります。

ここからは、小さな家を300万円台で建てる際の注意点をまとめていきます。

【注意点1】物を増やすことができない

まず1つ目の注意点として「物を増やすことができない」

300万円で小さな家を建てた場合、間取りがかなり限られるため、物を置く場所に気を配る必要があります。

たとえば、寝る場所やご飯を食べる場所があっても、収納する家具などを置くスペースはなかなか確保できません。

実際、自宅の収納に悩みがある人のアンケート調査では、どのスペースに1番悩みがあるのか尋ねたところ、

どのスペースに1番悩みがあるのか

  • クローゼット、押し入れ:36.4%
  • リビング:21.8%
  • 寝室:16.8%

圧倒的に衣服の収納面に悩む人が多いことがわかります。

したがって、小さな家の場合だと、一般的な家よりも一層収納面を確保できないため、かなりの工夫が必要となります。

以上のように、物を増やすことができない点は、小さな家を建てる際の注意点となります。

【注意点2】生活空間が狭くてストレスを感じやすい

次に2つ目の注意点として「生活空間が狭くてストレスを感じやすい」

小さな家は、部屋全体の空間が狭いため、窮屈に感じてしまう可能性があります。

1人で生活するには問題なくても、家族が増えたりすると、ストレスを感じる機会は多くなるでしょう。

実際、住まいの満足度について調査したアンケート結果によると、住まいについての悪い点は、

住まいについての悪い点

  1. 狭い
  2. 古い
  3. 間取り

上記結果の通りで、「狭い」ことに不満を抱く人が多いことがわかります。

ですので、居住空間に関して「広さ」は、人間にとって重要な位置を占めるため、狭いと不満を感じる可能性は高いです。

以上を踏まえると、生活空間が狭くてストレスを感じやすい点は、小さな家を建てる際の注意点のひとつとなるでしょう。

【注意点3】キッチンまわりが狭すぎて不満

3つ目の注意点として「キッチンまわりが狭すぎて不満」

小さい家の中で生活する場合、料理をするスペースが確保しづらく、不満を感じやすいです。

食事は毎日行うものなので、少しの不満でも日々積み重なると、大きなストレスになる可能性があります。

実際、生活情報メディアの実態調査によると、自宅のキッチンに対する不満を尋ねたところ、

自宅のキッチンに対する不満

  • 作業するスペースがない、狭い:46.1%
  • キッチン全体のスペースが狭い:38.6%
  • 収納が少ない:28.7%

調理スペースについての不満が最も多いことがわかります。

ですので、小さな家の場合、調理スペースはかなり限られますので、不満を感じやすくなることが予想されます。

したがって、小さな家を建てる際の注意点として、キッチンまわりが狭すぎて不満な点も挙げられます。

【注意点4】将来的なメンテナンスも考慮する必要あり

4つ目の注意点として「将来的なメンテナンスも考慮する必要あり」

小さな家を300万円台で建てる際には、将来的なメンテナンスも考慮する必要があります。安価な建材や設備を使用すると、初期費用は抑えられますが、長期的にはメンテナンス費用が増加する可能性があります。

例えば、外壁や屋根に使用する材料は、耐久性の低いものだと数年ごとに塗装や修理が必要になることがあります。具体的には、10年ごとに外壁塗装を行う場合、一回の費用は約50万円と見積もられています。また、断熱性能が低い窓を使用すると、光熱費が増加し、家計に影響を与えることも考えられます。

したがって、初期費用を抑えるだけでなく、将来的な維持費やメンテナンスの頻度も考慮した上で、建材や設備を選ぶことが重要です。長期的に見て、メンテナンスの手間とコストを抑えることで、経済的な負担を軽減し、快適な生活を維持することができます。

【注意点5】入念な情報収集から信頼できる建築業者を選ぶ

そして5つ目の注意点として「入念な情報収集から信頼できる建築業者を選ぶ」

小さな家を300万円台で建てる際には、入念な情報収集を行い、信頼できる建築業者を選ぶことが重要です。信頼できる建築業者を選ぶためには、まず複数の業者から見積もりを取り、費用やサービス内容を比較することが必要です。

例えば、3社以上から見積もりを取得し、価格だけでなく、工事の内容やアフターサービスの有無を確認します。さらに、口コミや評判を調べることも大切です。インターネット上のレビューサイトや地域の口コミ掲示板などを活用し、実際にその業者で建てた人の意見を参考にすると良いでしょう。実績や施工事例を確認することも有効です。建築業者のホームページやパンフレットに掲載されている施工例を見ることで、その業者の技術力やデザインのセンスを把握できます。

以上の理由から、信頼できる業者を選ぶことで、建築の品質が向上し、後々のトラブルを防ぐことができます。信頼できる建築業者を選ぶことで、安心して理想の住まいを手に入れることができるのです。

300万円台で家を建てられるメーカー5選

ここからは、300万円台で家を建てられるメーカー5選をご紹介します!

【メーカー1】IMAGO(イマーゴ)

(画像引用元:IMAGO(イマーゴ)

IMAGO(イマーゴ)は、179.3万円(税込)から建てられるログハウス風小屋です。値段が安い主な理由としては、セルフビルドを前提としているためと考えられます。

具体的な商品は、以下の2種類があります。

  • IMAGO「R」:面積9.87平方メートル(約6畳)
  • IMAGO「A」:面積9.8平方メートル(約6畳)

運営元は株式会社アールシーコアという企業で、ログハウスの販売では国内でもトップクラスのメーカーです。IMAGOを販売する店舗である「BESS」は全国展開されており、薪割りやDIY体験もできるようになっています。

【メーカー2】Roomette(ルーメット)

(画像引用元:Roomette(ルーメット)

ルーメットは、280.5万円から購入できるキャンピングトレーラー。本体は強化プラスチックの素材でできており、車内空間を断熱処理すると、住宅用のエアコンを設置することができます。

商品ラインナップは、以下の3種類となり、上記2商品は普通自動車で牽引することができます。

  • Roomette Short:約7平方メートル(約4.5畳)牽引免許不要
  • Roomette Long:約10平方メートル(約6畳)牽引免許不要
  • Roomette 1500:約10平方メートル(約6畳)牽引免許が必要

断熱材仕様にすると、プラス約30万円、テールゲート仕様にすると、プラス約44万円費用がかかります。店舗は神奈川県の本社工場のみですが、問い合わせフォームから簡単に注文することができます。

【メーカー3】8坪TINY HOUSE

(画像引用元:8坪TINY HOUSE

8坪TINY HOUSEは、165万円から建てられるデザイン性の高いタイニーハウス。4坪プランと12坪プラン(660万円)の2種類から選べて、自由度の高い空間を作ることができます。

4坪プランの間取りは、下記の構成になっており、12坪プランは、上記4坪の小屋に加え、さらに8坪小屋がついた構成になっています。

  • 多目的ルーム
  • サウナ
  • ロフト

「Beハウス」という会社が販売しており、茨城県つくば市にある拠点で、宿泊体験をすることができます。

【メーカー4】BERRY HOUSE(ベリーハウス)

(画像引用元:BERRY HOUSE(ベリーハウス)

BERRY HOUSEは、300万円から建てられるタイニーハウスです。6畳(9.9平方メートル)の間取りに、「玄関ドア」と「ロフト」が標準装備されており、利用目的に応じたカスタマイズをすることで、理想の空間を作ることができます。

たとえば、

  • シャッター:88,000円~
  • キッチン(冷蔵庫付):275,000円~
  • ユニットバス:660,000円~

上記のオプションをつけることが可能です。

ただし、建築可能エリアは、本社のある千葉県のみとなっており、予約フォームから申し込む形となっています。

【メーカー5】casa cago(カーサカーゴ)

(画像引用元:casa cago(カーサカーゴ)

カーサカーゴは、1カーゴ=6畳単位の部屋を最小単位として、300万円から建てられるタイニーハウスです。

1カーゴの間取りは、

  • 床面積:9.94平方メートル(3.01坪)
  • デッキ面積:4.96平方メートル(1.5坪)

床板は、パインの無垢板を使用し、外装は、塗り壁に杉板と、かなり上質な作りとなっています。

本社は東京ですが、全国の約30店舗近くの加盟店から施行会社を選ぶことができるため、住所問わず設置可能です。

【無料】ハウスメーカーの相場を簡単に比較できる方法

ハウスメーカーの相場を簡単に比較できる方法があります。

【Q&A】300万円台で建てる小さな家に関するよくある疑問

最後に300万円台で建てる小さな家に関するよくある疑問をまとめます。

【疑問1】12坪の小さな家を300万円で建てることは可能?

「12坪の小さな家を300万円で建てることは可能?」

12坪の小さな家を300万円で建てることは可能ですが、いくつかの条件を満たす必要があります。

まず、土地の費用は別途必要ですので、建物のみの価格となります。シンプルな設計と安価な建材を使用することで、建築コストを抑えることができます。例えば、内装や外装の仕上げを最小限に抑え、DIYでの施工を一部取り入れることで、費用を削減できます。建築業者によっては、ローコスト住宅に特化したプランを提供している場合もあり、これを利用することが有効です。例えば、プレハブ住宅や簡易住宅など、工期が短くコストを抑えられる方法もあります。しかし、初期コストを抑えるために、将来的なメンテナンス費用や耐久性に注意することが重要です。適切な計画と業者選びによって、12坪の小さな家を300万円で建てることは十分に可能です。

【疑問2】ローコストの平屋で300万の場合の間取り例はどうなる?

「ローコストの平屋で300万の場合の間取り例はどうなる?」

一般的な間取りとして、1LDKが現実的です。

具体的には、リビングダイニングキッチン(LDK)が約10畳、寝室が約6畳というレイアウトが考えられます。LDKは家族が集まる中心の空間として広めに確保し、寝室は最低限の広さに抑えることで全体のコストを削減できます。さらに、バスルームやトイレはコンパクトなユニットバスを使用し、効率的な配置を心掛けます。収納スペースも限られるため、壁面収納や天井近くのスペースを活用することが求められます。断熱材やエコな設備を採用することで、光熱費を抑えつつ快適な居住環境を提供できます。このように、シンプルで機能的な間取りにすることで、300万円という予算内で快適な平屋を実現することができます。

【疑問3】タイニーハウスの風呂トイレ付きは価格いくら?

「タイニーハウスの風呂トイレ付きは価格いくら?」

タイニーハウスに風呂トイレ付きのモデルを導入する場合、価格はおおよそ300万円から500万円程度が一般的です。

タイニーハウスは小さな住宅であるため、風呂やトイレのスペースが限られていますが、効率的に配置することで快適な居住空間を確保できます。例えば、ユニットバスを採用することで、コンパクトでありながら機能的なバスルームを実現できます。価格は設備のグレードや設計によって変動しますが、基本的な設備を備えたモデルであれば300万円台から提供されています。特に、施工業者や地域によって価格に差が出ることがあるため、複数の業者から見積もりを取得し、比較検討することが重要です。タイニーハウスは低コストでありながら必要な設備を備えた住まいを提供し、経済的かつ快適な生活をサポートします。

まとめ:小さな家なら300万円台でも建てられるのかの結論と間取り例

小さな家なら300万円台でも建てられるのかの結論と間取り例をまとめてきました。

結論、300万円というリーズナブルな価格でも、小さな家は建てることは可能です。

改めて、300万円台で小さな家を建てるメリットをまとめると、

300万円台で小さな家を建てるメリット

  • 費用を安く抑えることが可能
  • 光熱費やランニングコストがお得
  • シャーシ付きの移動式商品も選べる
  • シンプルなライフスタイルを実現できる
  • 土地選びの自由度や柔軟さが高まる

ただし、注意点もあります。