平屋はやめたほうがいい理由とは?魅力や二階建てとの比較から平屋が向いてる家庭の特徴を紹介

「平屋はやめたほうがいいってホント?」

「理由は?平屋の魅力や平屋が向いてるのはどんな家庭?」

「平屋ブーム」と言われるほど人気を集める昨今。

幅広い世代に人気な一方で、「平屋はやめたほうがいい」といった声も聞かれますが、なぜでしょうか?

これから家づくりを考えている人にとっては、とても気になる情報です。

そこで!平屋はやめたほうがいい理由と魅力や二階建てとの比較から平屋が向いてる家庭の特徴を詳しく解説していきます!

平屋はやめたほうがいいと言われる理由10選

なぜ、「平屋はやめたほうがいい」と言われるのか?

家づくり、注文住宅で平屋を考えている人にとっては、非常に興味深い情報です。

ここから早速、平屋はやめたほうがいいと言われる理由10選について、体験談だけでなく客観的な事実も交えて考察していきます。

【理由1】周囲の視線が気になるから

まず1つ目の理由として挙げられるのは「周囲の視線が気になるからから」

平屋は、周囲が高い建物で囲まれていたり、道路や歩道が近くにあると、外からの視線が気になるデメリットがあります。

したがって、窓の大きさや、カーテンの遮蔽性に気をつける必要があります。

実際、建築学会の論文「住宅居住者の環境調整行動に関する研究」によると、リビング1階の気になる視線の調査として、

リビング1階の気になる視線

  • 自宅周辺の通行人:61.5%
  • 近隣の建物(同じ階):42%
  • 近隣の建物(上の階):22%
  • 自宅周辺を走行している車やバイク:20%

上記結果の通りで、周辺の通行人が気になると回答した人が半数以上占めています。

ですので、平屋を検討している方は、その場所の周辺環境をしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

以上のように、周囲の視線が気になる点が、平屋はやめたほうがいい理由のひとつです。

【理由2】防音対策が必要になるから

次に2つ目の理由として挙げられるのは「防音対策が必要になるから」

平屋は、建物の構造上、生活音が響きやすいといったデメリットがあります。

たとえば、居室とリビングが近接していたり、屋根からの音がダイレクトに伝わるなど、2階よりも音対策が必要になる可能性が高いと言えます。

実際、建築資材の製造企業「ダイケン」が実施した調査によると、生活環境で気になる「音」の程度は、

  • 家の中で家族や自分が立てる音:[気になる]43.1%>[気にならない]34.0%
  • 室内に響く音:[気になる]39.0%> [気にならない]38.3%
  • 戸外から聞こえる声:[気になる]40.3%<[気にならない]41.1%

上記の通り、外から聞こえる音よりも、自宅の音が気になる人の方が多い結果となっています。

ですので、平屋だと同居人の音や、室内に響く音が気になるといった不満が出てくる可能性は否定できません。

したがって、平屋はやめたほうがいい理由として、防音対策が必要になる点が挙げられます。

【理由3】日当たりと通気が良くないから

3つ目の理由として挙げられるのは「日当たりと通気が良くないから」

平屋は、平面に広い建物なので、2階建てに比べると採光できる場所が限定されていたり、風通りが良くない場合が多いです。

したがって、間取りを工夫しないと、ストレスを感じやすい住まいとなる可能性が高くなります。

実際、国交省が実施した住生活に関する国民アンケートで、理想の住まいを実現するために重要視するものを尋ねたところ、

理想の住まいを実現するために重要視するもの

  • 採光、通気性が良い:39.8%
  • 地震に強い:38.8%
  • ランニングコストが安い:31.9%

上記の通り、採光と通気性を重視する人が最も多い結果となっています。

ですので、平屋を立てる場合は、2階建てよりも間取りを慎重に考える必要があります。

以上のように、日当たりと通気が良くない点が、平屋をやめたほうがいい理由に入ります。

【理由4】防犯面で不安を感じやすいから

4つ目の理由として挙げられるのは「防犯面で不安を感じやすいから」

平屋は、構造上、四方から侵入しやすい建物なので、防犯対策を立てる必要があります。

たとえば、2階だと窓を開けて寝ることも可能ですが、平屋だと安心して眠れないですよね。

実際、警備会社が公開する情報をみると、平屋が狙われやすい理由として、

平屋が狙われやすい理由

  • 建物の構造として侵入しやすい
  • 2階や3階建てと異なり足場がいらない
  • 平屋は面積が広いため窓の数が多く、サイズも大きい傾向がある
  • プライバシーを守るための塀や植木が、かえって死角を作りやすい

上記のような理由を挙げています。

ですので、平屋は上記の理由が複合的に重なりやすいために、注意が必要となります。

以上のように、防犯面で不安を感じやすい点が、平屋をやめたほうがいい理由となります。

【理由5】水害の影響を受けやすいから

5つ目の理由として挙げられるのは「水害の影響を受けやすいから」

平屋は、高さがないため、水害のリスクが高まります。

したがって、川の近くや、浸水の影響を受けやすい場所では、細心の注意を要します。

実際、国交省が公表する「被災調査時(家屋調査)の留意点」では、平屋と2階建ての被災の判定基準が異なるという意見があるほど。

具体的には、同じ被災状況でも、

  • 平屋:全壊
  • 2階建て:半壊

上記のようなケースが生じるようです。

それだけ平屋の方が、被害の影響は大きいことがわかります。。。

以上のように、平屋をやめたほうがいい理由として、水害の影響を受けやすい点が挙げられます。

【理由6】収納スペースが少ないから

6つ目の理由として挙げられるのは「収納スペースが少ないから」

平屋は、居室スペースの確保を重視すると、収納部分が少なくなります。

主な理由として、平屋は2階建てよりも、限られた面積の中で居室を確保する必要があるからです。

実際に、住環境研究所が行った「平屋住宅に関する調査」で、30代~40代の平屋受容者に取り入れたい設備を尋ねると、

30代~40代の平屋受容者に取り入れたい設備

  • 流すだけ浴槽:36.4%
  • みんなの収納:36.3%
  • 洗濯物も干せて便利な縁側空間:35.3%

家族が片付けやすい収納と答えた人が、トップの「浴槽」とほぼ同じ多さであることがわかります。

したがって、小さな子供が増える30代にかけては、平屋での生活において、収納部分に不満が出る可能性が高いです。

以上のように、収納スペースが少ない点は、平屋をやめたほうがいい理由に入ると言えるでしょう。

【理由7】2階建てよりも建築費用がかかるから

7つ目の理由として挙げられるのは「2階建てよりも建築費用がかかるから」

平屋を建てる場合、2階がない分、建築費用がかからないと考えている人も多いのではないでしょうか。

ですが、実際にはその逆で、平屋の方が高額になるので注意が必要です。

主な理由として、平屋は2階建てよりも延床面積が大きくなるため、基礎工事と屋根工事の費用負担コストがかかるからです。

具体的に、ホームズの情報によると、平屋の建築費用の目安は、

  • 平屋の平均延べ床面積85平方メートル(約26坪) = 2,000万円前後

上記の通りで、同じ規模の2階建てより、1~2割程度割高になっています。

したがって、平屋だから建築費用を抑えることができると単純に判断するのは、必ずしも正しくない場合があります。

以上のように、2階建てよりも建築費用がかかる点が、平屋はやめたほうがいい理由に挙げられます。

【理由8】固定資産税が2階建てより高くなるから

8つ目の理由として挙げられるのは「固定資産税が2階建てより高くなるから」

平屋の方が、2階建てに比べて税金は高額になる場合があるので注意が必要です。

たとえば、平屋と2階建てが同じ広さの場合、土地にかかる税金は同額でも、建物にかかる税金は、資産価値によって左右されます。

つまり、一般的に平屋の方が、建物価格が高額になるため、資産価値の高く、建物にかかる税金は高くなります。

実際、スーモの情報から、土地と建物が同じ広さの平屋と2階建ての税金試算結果を見てみると、

税金試算結果
(土地と建物が同じ広さの場合)
土地 建物 税金総額
平屋 66,000円 180,000円 246,500円
2階建て 66,000円 150,000円 216,500円

(※ スーモ調べ)

上記結果の通り、同じ条件だと平屋の方が3万円高くなります。

したがって、平屋にすると、固定資産税が高額になる可能性が高くなることを考慮に入れる必要があります。

以上を踏まえると、固定資産税が2階建てより高くなる点が、平屋をやめたほうがいい理由に挙げられます。

【理由9】建てるなら広い土地が必要になるから

9つ目の理由として挙げられるのは「建てるなら広い土地が必要になるから」

平屋を建てる際には広い土地が必要になるため、慎重な検討が求められます。なぜなら、平屋は全ての居室が一階に配置されるため、建物全体が占める面積が大きくなるからです。

例えば、4人家族が快適に暮らせる平屋を設計する場合、リビング、ダイニング、キッチン、バスルーム、寝室、子供部屋、収納スペースなどを一階に全て配置する必要があります。これは一般的な二階建て住宅と比べて、一階部分の床面積が広くなることを意味します。このため、特に都市部では土地の取得コストが大きな負担となります。また、土地面積が広くなることで、庭や駐車スペースの確保にも影響が出る可能性があります。

以上の理由から、平屋を選ぶ際には、土地の広さとコストに十分な注意が必要となり、平屋はやめたほうがいいと言われる原因になっています。

【理由10】生活スタイルが変わっても将来的な拡張は難しいから

そして最後の理由として挙げられるのは「生活スタイルが変わっても将来的な拡張は難しいから」

平屋は生活スタイルが変わっても将来的な拡張が難しいため、慎重な検討が必要です。理由は、平屋は一階建てであり、縦方向に増築することが困難だからです。

例えば、家族が増えたり、リモートワークのために新しい部屋が必要になったりした場合、二階建ての住宅ならば上階に部屋を追加することができますが、平屋ではその選択肢がありません。また、敷地面積が限られている場合、横に拡張するスペースが確保できないことも多いです。このため、必要な部屋数を確保するためには既存の部屋を再配置するか、別の場所に引っ越す必要が出てくることがあります。

以上の理由から、平屋を選ぶ際には将来的な生活の変化に対する柔軟性を考慮する必要があり、この柔軟性の低さが平屋はやめたほうがいいと言われる原因になっているといえます。

やめたほうがいいなんて感じない!平屋の魅力

ここまで、平屋はやめたほうがいいと言われる理由を考察してきました。

平屋はやめたほうがいいと言いたくなるのはわかります。実際に、2階建てと比べてデメリットに感じてしまう点もあります。

なんですが、すべての人にとって、平屋はやめたほうがいいとは限りません。平屋にも、住む魅力や生活する上でのメリットがもちろんあります。

ここからは、やめたほうがいいなんて感じない!平屋の魅力についてご紹介します!

【魅力1】階段の上下移動がなくて楽

何よりの魅力に感じるのは「階段の上下移動がなくて楽」

平屋にすると、階段の上り下りの必要がないので、高齢者や小さな子供に優しい住宅設計になっています。

したがって、これから新しい家庭を作る人や、年齢を重ねた後も安心できる家づくりを考えている人は、平屋が向いていると言えるでしょう。

実際、住環境研究所が行った「平屋住宅に関する調査」によると、理想の住まいとして「平屋」を選んだ人の理由は、

理想の住まいとして「平屋」を選んだ人の理由

  • 階段の上下移動がない:51.8%
  • 同一階で生活できる:49.2%
  • 効率の良い間取りが作れる:38.7%

上記結果の通り、階段がないことで移動が楽な点が一番高評価を受けています。

したがって、移動のしやすさの点では、平屋住まいの方が、快適な暮らしができると言えるでしょう。

以上のように、平屋の魅力のひとつとして、階段の上下移動がなくて楽な点が入ります。

【魅力2】生活動線や家事動線が短く効率的

さらに日常的に魅力を感じる点は「生活動線や家事動線が短く効率的」

平屋の住まいは、生活動線(生活する際に移動するルート)が短い点も魅力のひとつ。

ワンフロアで生活が完結するため、移動がしやすく、家事も無理なく行うことができます。

実際に、ある不動産会社の全国調査で、自宅の家事動線・生活動線に悩みがあるのかアンケートを実施したところ、

  • ある:55.7%
  • ない:44.3%

上記の通り、悩みのある人の方が多い結果となりました。

具体的に悩みを深堀していくと、以下のような悩みが上位に入ることが調査で分かりました。

生活動線や家事動線の悩み

  • キッチン動線:50.0%
  • ランドリー動線: 42.1%
  • リビングから各部屋への動線:15.8%

したがって、平屋であれば、キッチンから他の部屋へのアクセスもしやすく、ストレスフリーの間取りになる可能性が高いです。

以上を踏まえると、生活動線や家事動線が短く効率的な点は、平屋の魅力と言えるでしょう。

【魅力3】耐震性が高く倒壊しづらい

生活する上で特にメリットに感じるのは「耐震性が高く倒壊しづらい」

平屋の方が、2階建てよりも地震による倒壊リスクは低いと言えます。

主な理由として、建物の高さが低いほど、強度を確保しやすい点が挙げられます。

実際に、土木学会の論文「木造建物を対象とした層破壊被害関数の適用性に関する考察」によると、層破壊発生要因の影響度は、

  • 建築年:古いほど層破壊率が高くなる傾向がある
  • 建築面積:広いほど層破壊率が高くなる傾向がある
  • 階数:2階建ての方が1階建てより層破壊率が高くなる傾向がある

上記の通り、階数は2階建ての方が、倒壊リスクの高いことがわかります。

したがって、耐震性を重視した住まいを希望する人は、平屋にすることも選択肢のひとつとして有効だと言えます。

以上のように、平屋の魅力として、耐震性が高く倒壊しづらい点が挙げられます。

【魅力4】デザインの自由度が高い

注文住宅する際に感じたのは「デザインの自由度が高い」

平屋の魅力の一つは、デザインの自由度が高いことです。なぜなら、平屋は全ての部屋が同じ階に配置されるため、構造的な制約が少なく、自由に空間を設計できるからです。

例えば、吹き抜けのリビングや大きな窓を設置することで、開放的で明るい居住空間を実現できます。また、部屋同士の連続性を持たせたり、庭と一体化したアウトドアリビングを設けることも可能です。さらに、平屋では天井を高くすることで、より広がりを感じる空間を作り出すことができます。このように、平屋はデザインの自由度が高いため、住む人のライフスタイルや好みに応じた個性的な住まいを実現しやすいです。

以上の理由から、平屋はデザインの自由度の高さが大きな魅力となっています。

【魅力5】家族のつながりが深まる

そして何より魅力に感じるのが「家族のつながりが深まる」

平屋の魅力の一つは、家族のつながりが深まることです。理由は、全ての部屋が同じ階に配置されているため、家族全員が自然に顔を合わせる機会が増えるからです。

例えば、リビングやダイニングを中心に配置することで、家族全員が集まりやすく、共に過ごす時間が増えます。また、子供部屋や寝室が近くにあるため、親が子供の様子を見守りやすく、子供も安心して過ごすことができます。さらに、平屋の設計では、部屋同士の連続性が高いため、家族のコミュニケーションが取りやすくなります。

したがって、平屋は家族のつながりを深めるための住まいとして非常に魅力的な選択肢だといえますね。

【体験談】平屋にすればよかったと感じた事例

ここまで、平屋の魅力をご紹介してきました。

結論をいうと、家づくりは一長一短であり、平屋にもメリット・デメリットはあります。

ですので、平屋にしなかったことで後悔する人も少なくありません。

家が建った後に後悔なんてしたくないですよね。誰も失敗したくありません。高い買い物なんですから。

ここでは、二階建てを選んだばかりに起きた平屋にすればよかったと感じた事例をご紹介します。

【事例1】リフォームの難しさ

まず1つ目の体験談として「リフォームの難しさ」

二階建ての住宅におけるリフォームの難しさは、平屋の方が簡単に感じました。理由は、二階建てでは構造上の制約が多く、改築や改装の際に追加の工事や費用が発生しやすいためです。

例えば、二階部分の床を支えるための柱や壁を変更する場合、建物全体のバランスを考慮しなければならず、大規模な補強工事が必要となることがあります。また、水回りの設備を二階に追加する際には、配管や電気工事が複雑になり、工期が長引くことも多いです。さらに、二階部分のリフォームでは、作業員が階段を頻繁に使用するため、安全対策や搬入の手間も増えます。

このように、二階建ての住宅ではリフォームの難しさが多くの面で発生します。そのため、平屋の方がリフォームが容易であり、コストや工期の面でも有利であると感じることが多いです。

【事例2】バリアフリーの必要性

次に2つ目の体験談として「バリアフリーの必要性」

二階建ての住宅においてバリアフリーの必要性を感じた体験から、平屋の利便性の高さに強く惹かれました。理由は、高齢者や身体障害者が住む場合、階段の上り下りが困難で、生活の質が低下するからです。

例えば、家族に車椅子を使用する者が出た際に、二階への移動が難しくなり、寝室や浴室の使用が大変な負担となりました。このような場合、昇降機の設置やリフォームが必要となり、費用や手間がかかります。また、急な病気や怪我で一時的に身体が不自由になった際にも、平屋ならば全ての生活空間が同一階にあるため、スムーズに移動でき、安心して過ごせます。

このように、平屋はバリアフリーの観点からも優れており、高齢者や身体障害者にとって非常に住みやすい住宅形態です。そのため、バリアフリーの必要性を感じた際には、平屋の方が適していると強く実感しました。

【事例3】子供の安全と家族のコミュニケーション

そして3つ目の体験談として「子供の安全と家族のコミュニケーション」

平屋の利点として、子供の安全と家族のコミュニケーションが向上する点が挙げられます。なぜなら、平屋では全ての部屋が同じ階にあり、階段の上り下りが不要なため、子供が転倒や落下するリスクが大幅に減るからです。

例えば、活発な幼児がいる家庭では、階段を使わない生活が子供の安全性を高め、親の安心感にもつながります。また、リビングやダイニングなどの共用スペースが家族全員の生活動線上に配置されるため、自然と顔を合わせる機会が増え、日常的なコミュニケーションが促進されます。実際、二階建ての家では、家族がそれぞれの部屋にこもりがちで、接触の機会が減ることが多いですが、平屋ではそのような問題が解消されます。

以上の理由から、平屋は子供の安全を確保しつつ、家族の絆を深める理想的な住まいと言えます。

結局は平屋と二階建てならどっちがいい?比較

ここまで、平屋に焦点を当ててメリットやデメリットをご紹介してきました。

ただ、具体的に注文住宅を考えた時、最も気になるのは「平屋」と「二階建て」ならどっちがいいのか?ということ。

結局は平屋と二階建てならどっちがいいのか?、ここからは以下の比較項目を用いて検討していきます!

平屋と二階建てを比較する項目

  • 建てる費用
  • 土地の条件
  • 暮らしやすさ
  • 生活上の安全性
  • 家族構成・世代

【比較1】建てる費用

まず、「建てる費用」についての比較です。

建てる費用の「建築時に必要な費用」と「建築後に必要な費用」について、平屋と二階建てでは、どういった違いがあるのか?特徴や優位性を検討していきます。

建築時に必要な費用 平屋 二階建て
基礎工事費 平屋は広い面積に基礎を設置するため、基礎工事費が高くなります。 建物が縦に伸びるため、平屋よりも基礎工事費が抑えられます。
屋根工事費 建物全体が一階に広がるため、屋根の面積が大きくなり、屋根工事費が増加します。 屋根の面積が平屋に比べて小さくなるため、屋根工事費が抑えられます。
土地費用 一階建てで広い敷地が必要なため、特に都市部では土地費用が高くなる傾向があります。 二階部分を支えるための構造材や工法が必要となり、これが追加費用として発生します。

建築後に必要な費用 平屋 二階建て
メンテナンス費 平屋は構造がシンプルで、屋根や外壁のメンテナンスがしやすく、費用も抑えられる傾向があります。 二階建てでは屋根や外壁のメンテナンスが複雑で、高所作業が多いため、メンテナンス費が高くなります。
エネルギー費 冷暖房の効率が良いため、エネルギー費用が節約できます。 冷暖房の効率が落ちやすく、エネルギー費がかさむことがあります。
リフォーム費 広い一階部分を活用してのリフォームが容易で、比較的低コストで実施できます。 二階部分を含むリフォームは構造的な制約が多く、工事費が高くなる傾向があります。

以上のように、平屋と二階建てにはそれぞれ異なる費用構造があります。建築時の費用では二階建てが有利な場合が多いですが、建築後の維持費やリフォーム費用では平屋が有利なことが多いです。どちらを選ぶかは、ライフスタイルや予算、将来的な計画に応じて慎重に検討する必要があります。

【比較2】土地の条件

次に、「土地の条件」についての比較です。

土地の条件の「土地の広さ」と「土地の周辺環境」について、平屋と二階建てでは、どういった違いがあるのか?特徴や優位性を検討していきます。

土地の広さ 平屋 二階建て
必要な広さ 平屋は全ての居住空間が一階に広がるため、広い土地が必要です。特にリビングやダイニング、寝室、バスルームなどの生活空間を一階に収めるためには、広めの敷地が求められます。 二階建ては建物を縦に伸ばすことができるため、平屋に比べて敷地面積が少なくても同じ床面積を確保できます。狭い土地でも、二階建てにすることで広い居住空間を実現できます。
確保の容易さ 平屋では広い土地が必要になるため、都市部のように土地が高価で限られている場所では、敷地の確保が難しくなることがあります。 都市部や土地が限られている地域では、二階建ての方が土地を有効に活用でき、庭や駐車スペースを確保しやすいです。

土地の周辺環境 平屋 二階建て
プライバシー 平屋は全ての部屋が一階にあるため、周囲の建物や道路からの視線が気になりやすく、プライバシーの確保が難しい場合があります。特に隣家との距離が近い場合は注意が必要です。 二階建ては二階部分に寝室やプライベートな空間を配置できるため、外からの視線を避けやすく、プライバシーを確保しやすいです。
景観と快適さ 平屋は低層のため、周辺の景観や自然環境と調和しやすいです。広い庭を持つことができる場合、緑豊かな環境を楽しむことができます。 二階建ての上階からは、周囲の景色を楽しむことができるため、眺望が良い場所に建てることで快適な住環境を作ることができます。

以上のように、平屋と二階建てには土地の条件に関する異なる特性があります。土地の広さや周辺環境を考慮して、自分のライフスタイルやニーズに合った選択をすることが重要です。

【比較3】暮らしやすさ

「暮らしやすさ」についての比較です。

暮らしやすさの「間取りや動線の使い勝手」、「日当たりの良さ」、「水回りの位置」について、平屋と二階建てでは、どういった違いがあるのか?メリット・デメリットを検討していきます。

間取りや動線の使い勝手 平屋 二階建て
メリット 全ての部屋が同じ階に配置されるため、家事や移動が効率的です。高齢者や小さな子供がいる家庭では、階段の上り下りがなく安全です。家族全員が同じ階にいるため、自然とコミュニケーションが増えます。 縦に空間を使うため、限られた土地でも広い居住スペースを確保できます。プライベートな空間と共有スペースを階で分けることで、生活にメリハリをつけやすいです。
デメリット 一階部分が広く必要なため、広い土地が必要です。土地が狭い場合、間取りに制約が出てきます。 階段の上り下りが必要なため、高齢者や小さな子供には不便です。日常の移動距離が増え、家事の効率が落ちる場合があります。

日当たりの良さ 平屋 二階建て
メリット 建物が低いため、周囲の建物の影響を受けにくく、日当たりが良好です。大きな窓や天窓を設けることで、自然光を取り入れやすくなります。 二階部分は周囲の建物より高いため、日当たりが良く、景観も楽しむことができます。上階にリビングや寝室を配置することで、より良い日当たりを確保できます。
デメリット 敷地が狭い場合、周囲の建物や塀が日当たりに影響することがあります。 一階部分は周囲の建物の影響を受けやすく、日当たりが悪くなることがあります。特に都市部では、隣家との距離が近いため注意が必要です。

水回りの位置 平屋 二階建て
メリット 全ての水回り(キッチン、バスルーム、トイレ)が同じ階にあるため、配管がシンプルでメンテナンスが容易です。家事動線も短くなり、効率的に家事を行えます。 二階にもトイレやバスルームを配置することで、生活の利便性が向上します。特に家族が多い場合、混雑を避けることができます。
デメリット 広い敷地が必要なため、全ての部屋を同じ階に配置するための設計が難しい場合があります。 水回りが複数階にわたるため、配管が複雑になり、メンテナンスコストが高くなることがあります。配管の問題が生じた場合、修理が困難になることがあります。

以上のように、平屋と二階建てにはそれぞれ異なるメリットとデメリットがあります。自分のライフスタイルや家族のニーズに合わせて、どちらがより暮らしやすいかを検討することが重要です。

【比較4】生活上の安全性

「生活上の安全性」についての比較です。

生活上の安全性の「防犯性の高さ」、「災害時の安全性」、「プライバシー性の高さ」について、平屋と二階建てでは、どういった違いがあるのか?メリット・デメリットを検討していきます。

防犯性の高さ 平屋 二階建て
メリット 全ての窓やドアが地上階にあるため、防犯対策を集中させやすく、監視がしやすいです。防犯カメラやセンサーを効果的に配置でき、迅速に対応できます。 二階部分への侵入が難しいため、防犯性が高いです。寝室やプライベートな空間を二階に配置することで、安全性が向上します。
デメリット 窓やドアが全て地上階にあるため、侵入経路が多くなり、防犯対策が必要です。周囲の視線が直接届くため、窓からの侵入リスクが高まります。 一階部分の防犯対策が必要ですが、平屋よりも侵入経路が少ないため、比較的対策が容易です。

災害時の安全性 平屋 二階建て
メリット 地震の際に構造的な揺れが少なく、建物全体が安定しやすいです。避難経路が明確で、すぐに外に出ることができるため、迅速な避難が可能です。 洪水や津波などの水害に対しては、全ての居住空間が地上階にあるため、影響を受けやすくなります。
デメリット 水害時には二階部分が避難場所として機能し、安全性が高まります。地震の際には、二階に避難スペースを設けることで、一階部分の被害を避けることができます。 地震の際に階段を使っての避難が必要となり、迅速な避難が難しい場合があります。建物全体の揺れが大きくなるため、倒壊リスクも高まります。

プライバシー性の高さ 平屋 二階建て
メリット 広い敷地を確保できれば、庭や塀で外部からの視線を遮り、プライバシーを確保しやすいです。窓の配置を工夫することで、自然なプライバシー空間を作れます。 二階部分は外部からの視線が届きにくいため、プライバシーを確保しやすいです。寝室やプライベートな空間を二階に配置することで、安心して過ごせます。
デメリット 隣家が近い場合、全ての部屋が地上階にあるため、外からの視線を避けにくいです。特に都市部ではプライバシーの確保が難しい場合があります。 一階部分は平屋と同様に、外部からの視線を避けにくい場合がありますが、二階建ての場合はカーテンやブラインドで対応しやすいです。

以上のように、平屋と二階建てにはそれぞれ異なるメリットとデメリットがあります。防犯性、災害時の安全性、プライバシー性の観点から、自分の生活スタイルや地域の特性に合わせて、どちらがより安全で快適な住まいとなるかを検討することが重要です。

【比較5】家族構成・世代

最後に、「家族構成・世代」についての比較です。

家族構成・世代の「家族構成ごとの住みやすさ」と「居住者の世代ごとの住みやすさ」について、平屋と二階建てでは、どういった違いがあるのか?特徴を検討していきます。

家族構成ごとの住みやすさ 平屋 二階建て
小さな子供がいる家庭 平屋は階段がなく、全ての部屋が同じ階にあるため、小さな子供がいる家庭にとって安全です。転倒や落下のリスクがなく、親が子供を見守りやすい環境です。 階段の上り下りが必要なため、小さな子供にとっては安全面で不安があります。階段の使用には注意が必要です。
大人数の家庭 広い一階部分を必要とするため、大人数の家庭では各個人のスペースを確保するのが難しい場合があります。ただし、広い敷地が確保できれば、開放的なリビングやダイニングを作ることが可能です。 縦に空間を利用できるため、限られた敷地でも各個人のスペースを確保しやすいです。プライベートな空間と共有スペースを分けることで、生活のメリハリがつきます。
高齢者との同居家庭 平屋はバリアフリー設計がしやすく、高齢者にとっても安全で快適な住環境を提供します。全ての部屋が同じ階にあるため、移動が楽で生活がしやすいです。 階段の使用が避けられないため、高齢者には不便です。昇降機の設置や一階部分に生活空間を集中させるなどの工夫が必要です。

居住者の世代ごとの住みやすさ 平屋 二階建て
若い世代 平屋は間取りの自由度が高く、若い世代にとっても魅力的です。広いリビングやオープンなキッチン、ホームオフィスなどの設計が可能です。 若い世代には、生活空間を分けられる二階建てが魅力的です。プライベートな空間を二階に配置し、リビングやダイニングを一階に配置することで、生活のメリハリがつきます。
中高年世代 バリアフリー設計が容易で、階段の上り下りがないため、中高年世代にも適しています。全ての生活空間が同じ階にあるため、家事や日常の動線が効率的です。 階段の上り下りがあるため、体力のある中高年世代には問題ありませんが、将来的な体力低下を考慮する必要があります。必要に応じて一階部分に生活空間を設ける工夫が求められます。
高齢世代 移動が楽で、安全な住環境を提供します。高齢世代にとっては、平屋のシンプルな設計が安心感を与えます。 階段の使用が避けられないため、高齢世代には不便です。一階部分に全ての生活空間を配置するか、昇降機の設置などの対策が必要です。

以上のように、平屋と二階建てにはそれぞれ異なるメリットとデメリットがあります。家族構成や居住者の世代によって、どちらがより住みやすいかを検討することが重要です。自分や家族のライフスタイルや将来的なニーズに合わせて、最適な住まいを選ぶことが大切です。

どんな人におすすめ?平屋が向いてる家庭の特徴

ここまで、平屋について情報を網羅的にご紹介してきました!

では、どういったご家庭に平屋はおすすめか?

最も気になるどんな人におすすめ?平屋が向いてる家庭の特徴についてまとめていきます!

【特徴1】小さな子供がいる家庭

まず1つ目の特徴として「小さな子供がいる家庭」

平屋は小さな子供がいる家庭に非常に適しています。なぜなら、階段がないため転倒や落下のリスクがなく、安全性が高いからです。

例えば、活発な幼児が家中を駆け回る際にも、階段がないため安心して見守ることができます。また、親が家事をしている間も、同じ階にいることで常に子供の様子を把握しやすくなります。さらに、全ての部屋が同じ階にあるため、子供が夜中に目を覚ましたときや具合が悪くなったときも、迅速に対応することが可能です。

以上のことから、平屋は小さな子供がいる家庭にとって安全で安心な住環境を提供できるため、非常におすすめです。

【特徴2】広い土地を確保できる家庭

次に2つ目の特徴として「広い土地を確保できる家庭」

平屋は広い土地を確保できる家庭に非常に適しています。理由は、全ての居住空間が一階に配置されるため、広い敷地が必要となるからです。

例えば、リビングやダイニング、寝室、子供部屋などを一階に全て配置する場合、建物が広がるために充分な土地面積が求められます。このような広い敷地を確保できる家庭では、開放的でゆとりのある生活空間を実現でき、庭や駐車スペースも豊富に設けることが可能です。実際、庭ではガーデニングや子供の遊び場、バーベキューエリアなど、多様な用途に利用できます。広い敷地があることで、隣家との距離も確保しやすく、プライバシーも守られます。

ですので、平屋は広い土地を確保できる家庭に最適な住まいだといえます。

【特徴3】家族のコミュニケーションを重視する家庭

そして3つ目の特徴として「家族のコミュニケーションを重視する家庭」

平屋は家族のコミュニケーションを重視する家庭に非常に適しています。なぜなら、全ての部屋が同じ階にあるため、家族全員が自然と顔を合わせる機会が増えるからです。

例えば、リビングやダイニングを中心に配置することで、家族が食事をしたり、くつろいだりする時間を一緒に過ごしやすくなります。また、子供の部屋や寝室が近くにあるため、親が子供の様子を常に見守りやすく、安心感が生まれます。さらに、家族全員が同じ階にいることで、何か問題が起こった際にも迅速に対応でき、コミュニケーションが円滑になります。

このように、平屋は家族が一緒に過ごす時間を大切にし、コミュニケーションを重視する家庭にとって非常に理想的な住まいです。

【無料】新築平屋の家づくりで失敗しないための最適な方法

ここまで、平屋を建てるにあたってのメリット・デメリットをご紹介してきました。

平屋はやめたほうがいいと言われる理由があるのは確かです。なんですが、すべての家庭が平屋は向いてないとは限りません。

つまり、平屋に住むにも向き不向きがあるということ。家を建てる目的次第ですが、目的が明確でないまま建てれば、それこそ「平屋はやめたほうがいい」と建てた本人が感じることになりかねません。

でも実は、新築平屋の家づくりで失敗しないための最適な方法があることをご存知でしょうか?

その方法というのが「家づくり計画書の作成依頼」を活用することです。

結局のところ、後悔するリスクを回避するには「家づくりのプロ」にお願いするのが最適解です。

なかでも、運営歴11年の歴史を持つ「タウンライフを活用すれば、全国1,130社以上(2024年5月現在)の注文住宅会社があなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料で提案してくれます。

タウンライフを活用するメリット

  • 何社もの見積もりを比べられるから適正価格がわかる!
  • 複数社のプランを比較・検討できて、利用は全て無料!
  • 何度も住宅展示場に行ったり、複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!

人生で最も高い買い物とも言われる住宅購入。だからこそ、家選びは妥協したくないし、失敗するわけにはいかない。

今まさに家づくりを計画している方、今はまだ具体的に考えていなくても将来的にはマイホームを持ちたい方で、失敗したくない方に活用してもらいたいサービスです。

【Q&A】やめたほうがいいと囁かれる平屋のよくある疑問

最後にやめたほうがいいと囁かれる平屋のよくある疑問をまとめます。

【疑問1】なぜ今平屋が人気なのか?

「なぜ今平屋が人気なのか?」

平屋が今人気の理由は、生活の快適さと安全性が評価されているからです。

階段のない構造が高齢者や小さな子供を持つ家庭にとって安心であり、バリアフリー設計がしやすい点が挙げられます。例えば、全ての部屋が同じ階にあることで家事動線が短くなり、家事の負担が軽減されます。また、地震や火災などの緊急時にも避難がスムーズに行えるため、安全性が高いです。さらに、広い敷地を利用して開放的なリビングや大きな庭を設けることで、豊かな暮らしを実現できます。

このように、平屋は快適で安全な生活を提供し、多様なライフスタイルに対応できるため、今人気が高まっています。

【疑問2】平屋がダメな理由は何ですか?

「平屋がダメな理由は何ですか?」

平屋がダメな理由は、広い土地が必要であり、建築コストが高くなる場合があるからです。

全ての居住空間を一階に配置するため、基礎や屋根の面積が広くなり、工事費用が増加するデメリットがあります。例えば、都市部で平屋を建てる際には、広い敷地を確保することが難しく、高額な土地費用がかかります。また、プライバシーの確保が難しい場合があり、隣家や道路からの視線が気になることがあります。さらに、将来的な拡張や増築が困難であり、家族構成や生活スタイルの変化に柔軟に対応しにくいです。

以上の理由から、平屋にはデメリットも存在し、特定の条件下では不向きと感じることがあります。

【疑問3】平屋で住むデメリットは?

「平屋で住むデメリットは?」

平屋で住むデメリットは、広い土地が必要であり、建築コストが高くなる場合があることです。

全ての居住空間が一階に配置されるため、基礎や屋根の面積が広くなり、建築費用は増加する傾向にあります。例えば、都市部で平屋を建てる際には、広い敷地を確保することが難しく、高額な土地費用がかかります。また、将来的な拡張が困難であり、家族構成や生活スタイルの変化に柔軟に対応しにくいです。さらに、プライバシーの確保が難しい場合があり、隣家や道路からの視線が気になることがあります。

以上の理由から、平屋にはデメリットも存在し、特定の条件下では不向きと感じることがあります。

【疑問4】二階建てと平屋の建築費はどっちが安いですか?

「二階建てと平屋の建築費はどっちが安いですか?」

二階建てと平屋の建築費は、一般的には二階建ての方が安くなる傾向があります。なぜなら、平屋は全ての居住空間が一階に配置されるため、基礎や屋根の面積が広くなり、建築費用が増加するためです。

例えば、同じ床面積を持つ二階建てと平屋を比較した場合、平屋の方が基礎工事や屋根工事にかかる費用が高くなります。また、都市部で広い敷地を確保する必要があるため、土地の取得費用も高額になることがあります。このため、二階建ての方が土地の有効活用ができ、建築費用を抑えやすいです。

以上の理由から、建築費に関しては、二階建ての方が平屋よりも安くなるケースが多いです。

【疑問5】平屋で後悔した体験談をまとめたブログはある?

「平屋で後悔した体験談をまとめたブログはある?」

結論、平屋で後悔した体験談をまとめたブログはあります。

まとめ:平屋はやめたほうがいい理由と平屋に住む魅力・メリット

平屋はやめたほうがいい理由と平屋に住む魅力・メリットをまとめてきました。

改めて、平屋はやめたほうがいいと言われる理由をまとめると、

平屋はやめたほうがいいと言われる理由

  • 周囲の視線が気になるから
  • 防音対策が必要になるから
  • 日当たりと通気が良くないから
  • 防犯面で不安を感じやすいから
  • 水害の影響を受けやすいから
  • 収納スペースが少ないから
  • 2階建てよりも建築費用がかかるから
  • 固定資産税が2階建てより高くなるから
  • 建てるなら広い土地が必要になるから
  • 生活スタイルが変わっても将来的な拡張は難しいから